FC2ブログ

Latest Entries

『アイドルタイム・プリパラ』WinterLIVE2017の見どころについて書いておく

今週末には現在放送中の『キラッとプリ☆チャン』と前作『プリパラ』『アイドルタイム・プリパラ』の合同ライブが開催される。
『キラッとプリ☆チャン』はメインキャラクターが出揃ったとはいえ、三森すずこ演じる白鳥アンジュはまだマイソングを披露していないし、そもそも楽曲数がOPとEDをあわせても10曲に満たないので、セットリストのその大半が『プリパラ』関係の楽曲になることだろう。
まあ『プリパラ』の最初のイベントも『プリティーリズム』との合同ライブだったわけであるし、「新シリーズの一年目には合同ライブがあり、事実上のバトンタッチが行われる」という伝統としていくのが綺麗な落としどころではないかな、と思う次第である。
エイベックスもタカラトミーアーツもシンソフィアも、「『プリパラ』は終わってないし『プリティーリズム』も終わってないですよ」と言わんばかりに新曲や新グッズを販売しているので、年末のプリティーシリーズ合同ライブはどうなるのやら……と古参も古参な人間としては戦々恐々としているのだが、それはそれとして去年いいね!といいぜ!が吹き荒れた『アイドルタイム・プリパラ』のWinter Live 2017の見どころについて書いておこう。
まずはなんと言っても「クールスター」だろう。この楽曲は元々アーケードゲーム筐体で使用されている楽曲なのだが、今回のライブでは北条そふぃと北条コスモの二人が披露する形が取られており、君100%人生(コスモ)→Red Flash Revolution(そふぃ)からの締めとして持ってこられ、去年舞浜もといマイパマで「せっかくコスモ役の山本希望も出てくれたんだから、北条姉妹のデュオ見たかったなー」的な思いを持っていた人間を開始直後から射殺した。掛け合いでいちいち良い姉妹関係を押し出してくる……!この圧倒的な姉妹百合……!そういえば『プリパラ』って姉妹キャラ多いのに、こういう姉妹関係って実は少ないんですよね……!
そこから畳みかける勢いで突入するデュオソングの流れは繋ぎ方が上手いのがたまらなかった。あ、オススメは「快打会心♡カッキンBUDDY」です。ドロシーとレオナの間を抜く形でにのとシオンが登場するカメラアングル、最高すぎる。
その次はやはり「Giraギャラクティック・タイトロープ」「CRAZY GONNA CRAZY」のダンプリコーナーか。ダンプリは作中設定的に男の声しか飛ばないので、登場した瞬間の観客の沸き立つ声と即座にいいぜ!コールに切り替えていいぜ!を連呼する様はあまりにも作品そのもので笑ってしまうのだが、内容は割と本気でときめく。「Giraギャラクティック・タイトロープ」はサビの最後で一瞬無音になるところがあるのだが、観客が空気読みまくってそこだけ無音になり、「Be with you」で観客がぶち上がるのがまさしくダンプリ……。そのあとの「CRAZY GONNA CRAZY」は「お前ら、分かってる奴らだろ?」ぐらいの奴すぎてやっぱり笑う。共通点はどちらもプリティーリズムが生んだ作品であるって事と、小林竜之ってだけじゃないか!
後半戦は「パン!ゴハン!メンルイ!」の狂気的なコールが吹き荒れる「ハートフル♡ドリーム」に田中美海と芹澤遊の一人三役二曲といったガチな見どころも多いが、やはり『プリパラ』が生んだ狂気である黄木あじみ地獄は語る際に外せない。「コノウタトマレイヒ」はあじみガチ勢がコールを入れてきた過去を踏まえて「お前ら、どうせ今回も入れるんだろ? だからあじみ先生も用意してやったぜ!」と演出側が殴りかかってきて笑い死ぬ。モニターいっぱいに表示される「歌川国芳」の文字は『プリパラ』以外で見れない
!紫京院ひびきクリスマスメドレーのあの茶番感といい、黄木あじみガチ勢に対する手厚すぎるサービスはちょっとどうかと思います(嬉々としてた人)。
これは完全に個人的な意見だけれど、あのライブの映像として「オールアイドル組曲プリシャス♪」が手元に残る形になったのは嬉しかった。「無から生まれる何かは君を変えてはくれない」「もらった優しさ当たり前だと勘違いしないで」とか大人になればなるほどぶっ刺さる歌詞がもう最高オブ最高だったのだけれど、「映画の楽曲だし、そもそも必要なキャストが多いしライブでは無理かなー」と思っていただけに、ライブで披露され、しかもそれが映像として今手元にあるのは感無量だ。ありがとうプリパラ。

とまあ徒然と見どころについて書いてきたが、基本的には「合間に掛け合いが挟まる程度でほぼMC無しで最後まで進行する」という感じなので、歌をBGMに出来る人間ならば実用性は高いと思います。あと最後の最後だけは今回出演したキャストがわちゃわちゃやりながら歌ってるので、そういう賑やかな絵面が好きな人も見るといいかと。値段? 出演声優がとにかく多いのに、定価はBDでも5400円です。安い!
このへんの映像を見て興味がわき、タイミングが合えば是非現地にも来てください。

…………思い出したけど、このライブの物販は農協協力の元で米を売ってるんですよね。本物の白米なんですけど。
米を抽選でプレゼント!から米が買えるライブになるとは、行き始めた頃は思ってなかったなぁ。

私が『プリパラ』のライブに行く理由

今月29日に『プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!』の東京公演が開催される。
既に大阪公演の時点で今年12月9日に幕張メッセ(もとい幕パリメッセ)にて、『プリパラ』『アイドルタイム・プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』による毎年恒例のライブ公演『み~んなでキラッとプリティーライブ2018』の開催が告知されているためこちらにも参加予定でスケジュールを調整している。単独イベントにて新曲を多数発表したWITHが再び幕パリに戻ってくるという事実に感無量さを覚えているわけだが、さて『プリパラ』のライブ公演にほぼ毎回参加していると「なぜわざわざ行くのか」と尋ねられることが多い。
「なぜ」と言われてもものすごく簡単に言えば「楽しいから」なのだが、『プリパラ』は何というか「手段を選んでない」のである。

公演時間は長くても二時間半程度なのでそれほど長いわけではない。これは「『プリパラ』のメインターゲットは子供であって大人ではないから」ということなのだと考えられるが、何にせよ「二時間半」という時間は何年もやっているシリーズがライブをやるには短すぎる。「時間を伸ばすことが出来ない」「しかしやりたい楽曲は多い」という難題に対し『プリパラ』が出した解答が「物販紹介やエンディングMC以外の時間はほぼ全て歌い続ける」という密度を上げるものであった。
例えば先日BDが発売された去年のウィンターライブは大体二時間半ぐらいであったが、合間のMCはエンディングMCぐらいしかない。それ以外はほぼ全て歌であり、キャストが入れ替わり立ち替わり次々とステージに立つ歌うメドレーのような状態になっている。実際に現地にいた人間としては「凄まじい密度だ」という感想しか出てこなかったのだが、映像で見てもとんでもない密度である。30曲以上やってるのはおかしい(大半は90秒版だがそもそも本編で見るのは90秒版なので別におかしくはない。初お披露目は大体フル尺なので物足りなさは特にない)。ちなみに「CDが発売されている」とか一切関係なく「直前の放送話数で初お披露目となった楽曲」すらライブでやってくるので、ライブに参加した人間はCD音源よりも先にフル尺を聞いていることが多々あったりする。大体えもさで死ぬ。
そして演出も大概手段を選んでいない。
基本的なコンセプトとして「プリパラのライブイベントの再現」をらぁら一周年記念イベントから一貫してやっているわけであるが、「ヤギが出てくる」「サイリウムエアリーと称してワイヤーで吊られたキャストが空を飛ぶ」といった作中でやった演出の現実再現をやったと思ったら、「プリパラで一番ヤバイ奴」こと黄木あじみでは本当にヤバイ事として「歌川国芳」が正しいコールとして成立するライブをやってくる。挙句の果てに「去年はクリスマスソングを熱唱しているひびきに駆け寄ろうとするも、安藤に追い返される黄木あじみ」という茶番をライブでやってしまった。もう何でもありである。なおダンプリ勢が出てきた瞬間、椅子に腰を下ろした男性客も立ち上がって「いいぜ!いいぜ!」といいぜ!コールを送っていたりするので、向こうもおかしければこっちも大概おかしいことを付記しておく。
ただこういう事をやっているからこそ、メインターゲットである子供の参加者も笑顔で会場を後に出来るのだな、とも思う。
ライブには「家族席」という親子で鑑賞できる座席が必ず用意されているのだが、大体子供はそういう席で楽しんでいるし、キャストも座席近くに行った時に子供が一生懸命に手を伸ばしていたらハイタッチしに行ったりと、子供とキャストが仲良く交流していて滅茶苦茶熱い。渡部優衣に至ってはこのライブの間はずっと白玉みかんとしてステージに立っているぐらいで、ファンにとっては本当に嬉しいんじゃないかなーと思いながら毎回見ている。相方になっている牧野由依も七割ぐらいあろまだし真田アサミもほぼガァルルなので、「そりゃ子供人気一位がガァルマゲドンなのは納得ですわ」というもの。最高。

そんなこんなで「もうじき東京公演かー」と楽しみにしているのだが、「先週紫藤めるがメルティックスターに復帰して新曲をやった」ということはフル音源がまだ発売されていない楽曲が「りんかのマイソング」「ミラクルキラッツのユニット曲」「メルティックスターの三人曲」の三曲になり、予習ができなくて死ぬ。どの曲もいい曲なのに!予習ぐらいさせてよ!!スキスキセンサーで死ぬことは覚悟しているのだから、それ以外の曲では死にたくない。




『キラッとプリ☆チャン』何気ない言葉を特別なものに変えた紫藤めると永遠に落ちないメルティックスターについて

何気なく言った言葉を友達が覚えてくれていたら、どう思うだろうか。
その言葉を友達が一つの意味ある形にしてくれたとしたら、どんな気持ちになるだろうか。
人によってまちまちであると思うが自分はやはり「嬉しい」と感じることだろう。決して特別な意味などない。ただ言ってみただけの中身のない言葉。その言葉を友達が意味のあるものへと変えてくれたのだ。嬉しく思わないわけがないのである。
『キラッとプリ☆チャン』第24話「星の願いかなえてみた!」はそんな「何気なく言った言葉」が特別な意味を帯びた形になった一話であった。
1話から存在が示唆され、22話の最後に日本へと帰国を果たし、先週放送された23話で本格的に物語へと参加することになった紫藤める。彼女は音楽活動を休止する以前のメルティックスターに所属していたプリチャンアイドルであったが、突如赤城あんなと緑川さらの前から姿を消してしまっていた。そのことがきっかけでメルティックスターは音楽活動を休止していたこともあって、紫藤めると再開を果たした赤城あんなと緑川さらの冷たく、めるの言葉に全くと言って耳を貸そうとしないのであった……。
この24話はそんな23話から引き続いて紫藤めると赤城あんな・緑川さらにスポットを当て彼女達が仲直りを果たし、メルティックスターが真の意味で復活する、メルティックスターにとって欠かすことが出来ない重要な話なわけだが、こうした重要な話であればあるほど絶対に外さないのがプリティーシリーズである。やはり素晴らしかった。
メルティックスターの話で重要なのは「なぜ紫藤めるが突然二人の前から姿を消したのか」である。
紫藤めるが突然姿を消さなければ赤城あんなも緑川さらも突然いなくなった事に傷つかずに済んだし、仮に姿を消す必要があったとしても赤城あんなと緑川さらには何らかの理由を話しておけば、三人で始めたメルティックスターは音楽活動を休止する必要までなかった。それに三年間も何の音沙汰も無しである。突然いなくなったのに、何の前触れもなくいきなり現れて「また三人でメルティックスターをやろう!」。そんな事を言われて「また一緒にやろう」と即座に言える人間としたら聖人君子か何かである。赤城あんなや緑川さらが「二人でいい」と返すのも当然と言えよう。
しかしながら紫藤めるには紫藤めるの考えがあったからこうなったのもまた事実である。彼女はある理由があって赤城あんな達の前から姿を消し、ある理由を果たすために赤城あんな達のまえに再び現れたのだ。その理由とは「永遠に落ちず、消えることのない流れ星を見つける」ということ。
三年前のある日、流れ星を見つけた三人は願いをかけようとした。しかし赤城あんなが三回願いを言い終わる前に流れ星は落ち、消えてしまった。その時にあんなはこう言った。「落ちない流れ星があればいいのに」。あんなとして見れば、いつものように何気ない言葉であったし、無理難題で叶うはずがない願い事で、特別な意味なんてないことだったのだろう。ただ口に出ただけの戯言である。しかし紫藤めるはそんなあんなの言葉を面白いと感じ、叶えたいと思った。そして23話で描かれていたように「思ったらすぐに行動に移す」が紫藤めるである。
とはいえ、「そうした事情を知った上で赤城あんなが紫藤めるを許すかどうか」はまた別の話である。
しかしその「事情を知った上で許す/許さない」という葛藤を、リレーのバトン渡しの中に込めて「紫藤めるから渡されたバトンを受け取る(=紫藤めるの事情を汲んで許す)」としたのは、今回のラストシーンが紫藤めるが世界で最初に見つけた「メルティックスター」という名の落ちない流れ星であることを考えても、深刻化する一歩手前で踏み止まっていてとても素晴らしかった。深刻化していたらカタルシス的には少し微妙であった。
また葛藤の末にバトンを受け取る→ゴールまで走る!というアクションの疾走感と、その勢いを殺さずに雪崩れ込むように突入した新生メルティックスターのライブに感動があったのも良い。それらも合わせると、『キラッとプリ☆チャン』のエピソードの中でも完成度としては上位に食い込むほど良いエピソードだったと思うのだ。

それにしてもである。
赤城あんなが何気なく言った言葉を形にするために、アメリカに渡ってNASAに入り、本当に落ちない流れ星(彗星)を見つけてしまう紫藤めるは赤城あんなのことが好きすぎやしないだろうか。緑川さらも紫藤めるがいなくなって傷ついたあんなのそばに居続け、時折発破をかけているわけで、赤城あんな大好きすぎなのでは。つまりメルティックスターとは赤城あんなを中心としたハーレム……。顔も性格も良い美人と天才天然美少女を従える赤城あんな。すごすぎる。


Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター