Latest Entries

『Fate/Grand Order』のメインシナリオに見るライターの性質の違いについて

冬コミの進捗状況ですが、アイカツ!本はほぼ完成済み。ラブライブ!サンシャイン!!本は編集作業の最中です。「アイカツ!もラブライブ!サンシャイン!!も両方出したい……。なら両方出せるようにスケジュールを組めばいい!」ということで実際にやってみたんですが、やっぱりつらいものはつらい。というかゲームが完全に滞るのが痛い。こっちはゲームを燃料として動いているところもあるというのに!

コミックマーケット91。当選しているので、よろしくお願いします。【三日目 東2 V18-a 魔界戦線】です。
新刊はラブライブ!サンシャイン!!とアイカツ!です。
詳しい事はWEBカタログでご確認ください。こちらからどうぞ



ディライトワークス開発・運営の『Fate/Grand Order』で四カ月ぶりとなる新シナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線バビロニア」が12月7日に実装された。この「第七特異点 絶対魔獣戦線バビロニア」は紀元前2600年頃のバビロニアを舞台に、人類全てを滅ぼそうとする三女神同盟に抗い続けるギルガメッシュ達人間を描いた物語で、2015年7月30日のサービス開始以来紡がれてきた物語の一つのクライマックスとなる物語である。
サービス開始直後からプレイしてきたユーザーの一人としては「ようやく完結するのか……」「一年半ぐらい付き合ってるんだな……」「ところでさらっと『観測できなくなった未来の時間』が変更されてません?」と言いたくなるような導入であり、人造生命体であるが故に寿命が尽きかけているマシュの運命に第七特異点突破者のみを対象とした大規模レイドバトルとなる事がアナウンスされている終章の存在など気になる事が多いが、ともあれようやく実装された第七特異点をまずは楽しんでいきたい。終章までの事を考えると三週間ぐらいしかないけども。

で、本題である。
本作のシナリオは『Fate』という作品を保有するTYPE-MOONに縁の深いシナリオライター達――具体的は奈須きのこと東出祐一郎と桜井光の三人――によって執筆されている。全ての物語の起点となる序章、物語の転換点を迎えた第六章(そしておそらく今回実装された第七章も)は奈須きのこが、第一特異点と第三特異点、第五特異点を東出祐一郎が、第二特異点と第四特異点は桜井光がそれぞれ担当しており、ライター陣の特色を活かして演出される物語はどれも面白く、どの世界も魅力的だ。

例えば東出祐一郎が描いた第一特異点も第三特異点も第五特異点もシチュエーションと構図がとにかく面白い。
第一特異点は「邪竜百年戦争オルレアン」というサブタイトルからも分かる通り1431年のフランスを舞台に、なぜかはぐれサーヴァントとして召喚されてしまったジャンヌ・ダルクと共にオルレアンを襲うドラゴンの脅威に立ち向かう物語であるが、読み進めていけば分かるように本作の根底にあるのは「『魔女』と辱められ、殺されてしまったジャンヌ・ダルクはきっと世界を呪っているに違いない」というジル・ド・レイのジャンヌ・ダルク観である。
そのジャンヌ・ダルク観に聖杯が結びつき、聖女ジャンヌ対竜の魔女ジャンヌ・オルタという構図が誕生。二人のジャンヌ同士の戦いと言う構図が成立し、両者の衝突にドラマが誕生する。またサブストーリーとして挿入される「サーヴァント」という二度目の生を得たからこそのモーツァルトとマリーアントワネットの出会いと別れは甘酸っぱくも切なく、『Fate』という作品だからこそ出来るシチュエーションは二次創作的ではあるものの、だからこその美しさと熱さがある。
第三特異点では「イアソン率いる英霊海賊軍団にフランシス・ドレイク達の協力を取り付けた主人公達が対抗する」という海賊対海賊の構図を誕生させ、第五特異点ではケルト神話という古き神話から登場した英霊達が神話を持たないアメリカの英霊達と戦う構図がまずあり、そこにアルジュナとカルナの因縁やラーマとシータの悲恋などが盛り込まれており、総じて東出祐一郎が担当した物語はシチュエーションや構図が先にあり、点と点が結ばれて線になるが如く物語が作り上げられていく――という特徴があるように思う。
一方、桜井光はどちらかといえばキャラクターを掘り下げていくシナリオを作るタイプであり、第二特異点も第四特異点も物語としてはナビゲーターを務める英霊達の内面に踏み込んだシナリオである。
第二特異点はネロ・クラウディウスが英霊として限界した歴代のローマ皇帝達に自分の治世とアイデンティティを揺さぶられ、「このままで本当に良いのだろうか」と自問する中で自己を確立する物語であったし、第四特異点は「父親に反逆してブリテンを崩壊へと導いたモードレッドがなぜロンドンを守るために戦うのか」というところに切り込み、「父上が守ろうとしたものだから俺が守る」と言わせるなど、「二度目の生を得た英霊が登場する作品」ということを活かした作劇が多い。
特に後者のモードレッドは黒化したアーサー王と敵対する事もあり、彼女の中における父親の価値とそんな父に相応しい存在になろうとした彼女の努力(とそれだけに裏切られた事による絶望)を感じさせる秀逸な展開であった。
奈須きのこについては終章がまだ展開されていない事もあり詳しい事は完結後に述べるが、個人の思いと生命賛歌に満ちた物語だったように思う。第七特異点冒頭でマシュの寿命について言及された今、第六特異点でマシュが得た思いはきっと人類史を破壊したソロモンにも深く突き刺さるはずだ。

第一部完結まであと少し。第七特異点が終われば次は終章である。
英霊やユーザー達が感じた思いとライター達が紡いできた世界が、どのような未来を切り開いてくれるのだろう。
ワクワクしながら「男性キャスター殺し」というあまりにもソロモンに刺さりまくるライダー「女王メイヴ」と、バイクでひき逃げ野郎ことライダー「酒田金時」を育成しながら終章の開始を待ち続けたい。

『血界戦線』第二期で見たいエピソードについて

FF15。作業の合間にちまちまとプレイしているのだが、楽しくて仕方がない。釣りにキャンプ、モンスター退治に写真撮影とやることも多いし、料理も美味しそう。最低でも10年ほどかけて開発してきただけのことはある。スクエニはプレイヤーがPS4の電源を入れてコントローラーを握れば旅行まで出来るほど凄い世界を作り上げてしまった……。凄いなースクエニ。戦闘が面白いオープンワールドゲームってだけでも十分評価できるのに、どこまでやったらいいのかわからないぜ、このゲーム。
あと地味にストーリーも面白いんだよね、これ……。「亡国の王子になってしまったノクティスが父親から託された王としての責任と力と向き合いながら成長していく」というのが物語の中心軸にあって、力を受け継ぐごとにノクティスが王としての自覚を持っていく。最初は本当にどこにでもいるような若者として描かれていたノクティスがちゃんと「王」になっていく姿は王道だけど、王道だからこそ熱い話になっている。凄くいいなぁ、これ……。
それにしてもイグニスのおかんっぷりは異常。なんだあれは。

コミックマーケット91。当選しているので、よろしくお願いします。【三日目 東2 V18-a 魔界戦線】です。
新刊はラブライブ!サンシャイン!!とアイカツ!です。
詳しい事はWEBカタログでご確認ください。こちらからどうぞ



内藤泰弘の『血界戦線』が2017年に再びアニメ化されることが発表された。
本作は人間の暮らす世界と人ならざる者達の暮らす世界が交差し誕生した都市「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、世界の均衡を守る秘密結社ライブラに所属することになった青年レオナルド・ウォッチの日常を一話完結形式で描いた作品で、2015年には松本理恵監督とボンズによって映像化されている。
今回のアニメ化は事実上の第二期シリーズに当たるわけなのだが、監督は松本理恵から高柳滋仁に、脚本家は古家和尚から加茂靖子に変更されている。高柳滋仁監督と加茂靖子のコンビといえば『だがしかし』が記憶に新しいところだが、高柳滋仁監督といえば個人的には『ギャラクシーエンジェル』シリーズが思い浮かぶ。いずれにせよ松本理恵監督がオリジナルキャラクターであるホワイトと共に紡いだボーイミーツガール的な物語からは少し変化し、我々の「非日常」が「日常」となるヘルサレムズ・ロットらしいコメディ路線になるのではないかと予想しているのだが、『血界戦線』でその手の類に該当する話は非常に多い。というか、八割以上は「そういう話」である。そしてその大半のエピソードはまだ映像化されていない。
今回のアニメ化でどれだけの話が映像にされるかは分からないが、高柳滋仁監督が手がけるのなら是非とも見たいエピソードが何本かあるので紹介していきたい。

■マクロの決死圏(七巻)

ある日「超兵器を駆使してあらゆるものを治療してみせる」と自称する細菌の医者「リ・ガド」と出会ったレオ。リ・ガドの目的はただ一つ、テロリスト病原菌「ゲムネモ」を捕縛することだった。ゲムネモの誘惑に負け、彼の施した術式の力で暴れまわる友人を止めるためにレオとリ・ガド、そして音速ザルのソニックは立ち上がる――と言う、このエピソードが見てみたいのは「世界をどう捉えるか」という尺度の話になっているからである。
この作品に登場する全ての人物がそれぞれの尺度を持って世界に接している。レオもリ・ガドもゲムネモも、ゲムネモに惑わされるレオの友人であるリールもそれぞれの尺度で世界を見つめ、その世界の中で生きている。体が小さな存在にとっては体が大きな存在は脅威に見えるし、腕力が強い存在から見れば貧弱な人間は「力でねじ伏せてカツアゲする対象」に見えることだろう。世界の見え方が一人一人異なるが故に辛い事や悲しい事に遭遇することも多いが、逆に一人一人世界の店方が違うからこそ出会える楽しいことや嬉しいこともある。
このエピソードは様々なキャラクターの視点を通じてその辺りを描いている物凄く深みのあるエピソードなのだ。
加えて言うのなら、単純にアクションシーンが多く映像的に映えるというのもある。チェイン、酔い潰れてるんですけどね、このエピソードでは。

■BRATATAT MOM(九巻)

子供の授業参観の日に仕事が重なってしまったK・K。何度も何度も仕事が原因で子供との約束を反故にしていた事もあり、どうしても授業参観に行きたかったK・Kは遠隔から砲撃支援が出来る兵器を駆使し、子供の授業参観の傍ら仕事に従事する。はたしてK・Kは子供の信頼を守りつつ、仕事を完遂することが出来るのか?というK・K主役回。
「母親」と「ライブラの一員」という二つの顔を持つK・Kにスポットを当てた回では「子供との約束」が軸になることが多いのだが、このエピソードは子供に嫌われたくないK・Kのドタバタコメディっぽさと、人間の子供を育てるブラッドブリードとの「子供を持つ親同士のやり取り」が熱い。
本来ならライブラとブラッドブリードは敵対し合う関係であり、仲良く談笑することなんてありえない。出会えば戦いになるしかないのだが、例えブラッドブリードであっても「同じように子供を持つ親同士」として殺し合いに発展する事無く、「敵」ではなく「親」として別れてしまう辺りが日常と非日常の曖昧さと、そこをあえて線引することの面白さが見えてたまらなく面白いのである。
オチの親の見解と子供達の現代っ子っぷりの落差も楽しいので、是非映像化して欲しい。

■The Outlaw of Green(六巻)

シリアス寄りのエピソードとしてはこれが一番見てみたい。
園芸サークルの会合に出席したクラウス。その園芸サークルで皆から「先生」と慕われる男の正体は最近力をため込んでいると噂される組織所属の極道者だった……!というところから始まるエピソードなのだが、ライブラ陣営ではクラウスとスティーブンぐらいしか登場せず、ゲストキャラとして登場するのも一人を除いて大人ばかり。全体的にもビターな印象の作品なのだが、クラウスの愚直なまでの善人っぷりでハートフルな方向でまとめ上げているのがたまらなく好きだ。
一話完結形式でならやれると思うし、『ギャラクシーエンジェル』などでもこうしたビターなエピソードは時折挿入されていたため、高柳滋仁監督の手によって描かれてほしいところだ。



『血界戦線』にはこの他に異界と混ざりあったあの日に起きた出来事と今の交差を描いた「幻界病棟ライゼズ」など、面白いエピソードが数多く存在しており、それらは映像化の機会を待ち続けている。
今回の第二期シリーズではそんな「アニメ化待ち」のエピソード達が一本でも多く動き出してほしいと思い色々書いてきたが、はたしてどのエピソードが映像化されるのだろうか。来年の本放送を楽しみにしたい。

『少年ハリウッド』クラウドファンディング達成に寄せて

FGO。第七章ピックアップと思いきや、第七章で活躍予定でストーリーガチャに入る予定なしの遠坂凛ことイシュタルのピックアップとは。なかなかに酷な事を考えるなぁ、運営。第七章で活躍予定なのに、第七章配信時には入手不可能とか鬼か。去年のジャックザリッパーは今でも恒常唯一の星5アサシンとして頑張っておられるというのに! うちには去年のクリスマスにきたね! 一年ぐらいずっとアサシン界のエースだよ、ジャックちゃん。最近は2030年装備クレオパトラという置物を運用することが多いので、うちでの起用機会は本当に減っているけども……。
それはそうとイシュタルは強いなぁ。「全体宝具のアーチャー」としてはアルジュナ、ニコラ・テスラ、ギルガメッシュもいるけど、イシュタルの強みは宝具のバスターアップを利用してのバスターブレイブチェインを狙える事と、スキル構成がゴリラな事でしょう。あらゆる能力が攻撃に全部向かってるのは一体何なんだ、イシュタル。スキル3もデメリットらしいデメリットはなしで凄まじい倍率を出してて気が狂ってる。強すぎィ。
欠点としてはNP効率や星生成力が並な事だけど、基礎ステも高いし……誤差の範囲内だよなぁ。しばらく使い続けよう。

コミックマーケット91。当選しているので、よろしくお願いします。【三日目 東2 V18-a 魔界戦線】です。
新刊はラブライブ!サンシャイン!!とアイカツ!です。
詳しい事はWEBカタログでご確認ください。こちらからどうぞ



橋口いくよ原作・黒柳トシマサ監督作品『少年ハリウッド』のクラウドファンディングが11月29日に終了した。
このプロジェクトは2016年に放送された『少年ハリウッド』二期シリーズ『少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 50-』の最終話「HOLLY STAGE FOR YOU」で一話丸々使って手描きのアニメーションで描かれた五人のクリスマスライブを完全なものにし、作品から広がる輪を広げるべく企画されたもので、1500万円が集まればBパート冒頭で最後の部分だけ描かれた「エアボーイズ」が、仮に5000万も集まればクリスマスライブのプログラムで用意されていた全ての楽曲のアニメーションが製作される事が公言されていた。
『少年ハリウッド』は高い評価を集めた反面ソフト販売では大きな数字を残せなかった作品なだけに、自分も含めたファンはこのチャンスに一縷の望みを託して出資・応援し続けたわけであるが、最終日である11月29日が終了した時点で集めた金額はなんと5958万2000円。最終目標としていた5000万円を遥かに上回る金額を集め、見事達成を果たした。
少年ハリウッドの五人のファンの一人としては大変喜ばしい限りであるが、一アニメファンとしてもこのプロジェクトの達成で喜ばしい点が二つある。
一つ目は、国内アニメのクラウドファンディングとしては珍しい「アニメの製作費を集めるプロジェクト」であったこのプロジェクトが無事に達成されたこと。もう一つは「ソフト購入以外のところでお金を使うファンの数がこれだけいる」という事を印象付けたことだ。

一つ目の「アニメ製作費を集めるプロジェクトの成功」についてだが、「アニメ制作」と「クラウドファンディング」というシステムの組み合わせは最近ではもう珍しいものではない。水島勉監督の『迷家』もクラウドファンディング企画で盛り上げようと努力していたし、現在公開中の『この世界の片隅に』もクラウドファンディングでファンからの出資を募っている。ショートアニメ枠ではあるが『学園ハンサム』が地上波放送を目指してクラウドファンディングを実施し、現在地上波にて絶賛放送中な事はもはや語るまでもないことだろう。
しかしながらこれらのプロジェクトで集まった資金がそのまま作品制作に回っているかというとそうではない。
殆どのクラウドファンディング企画は「プロモーション展開のため」であったり、「制作するためのパイロットフィルム制作のため」であったりと集めた資金が制作資金へと回った事例は数えるぐらいしかない。自分もすぐに思いつくのは『リトルウィッチアカデミア』ぐらいである。本気で作ろうと思えば製作費は集められる金額よりも桁一つ違う金額になるため、どうしようもないといえばどうしようもない事なのだが、「既に出来ている26話+α」という形とはいえ『少年ハリウッド』が「クラウドファンディングで集めた資金をそのまま製作費に当てる」というやり方に成功したことは「アニメの制作資金の集め方」において非常に大きな事ではないかと思うのだ。
ファンは自分が出資したおかげで映像で続きが描かれて嬉しく、制作側も自分達が望んでいた映像を作れて嬉しい。「WIN-WIN」である。
今後も増えていくかどうかは分からないが、少なくともこのプロジェクトの成功は良い意味で記録的な出来事のはずだ。

二つ目の「「ソフト購入以外のところでお金を使うファンの数がこれだけいる」という事を印象付けた」だが、現在多くのアニメはソフト販売を主として収益を上げている。そのためソフトが売れなければ「続きを作ろう」という話が出てくることも少ないのだが、その作品が好きなファンがどれだけ多くともソフトを買うかどうかは分からない。「ファンにとって一番欲しいもの」が「映像ソフト」になるとは限らないのである。
実際『少年ハリウッド』は2016年の『東京アニメアワードフェスティバル』アニメファン賞で第二位、ニコ生の一挙放送で歴代ランキング二位と視聴した人間からは高く評価されているもののソフト販売において散々たる結果に終わっている。しかしそんな「ソフト販売においては散々な結果に終わった『少年ハリウッド』」が、「クラウドファンディングで6000万弱もの金額を集めることに成功した」のである。この事実は「ファンにとって欲しいものはソフトではなかった」という事の反証でもあるし、同時に「ソフト以外の方法でファンの心に訴えかけるものがあれば、ファンは答えてくれる」という事の証明でもある。
従来のやり方は残しつつ、それとは別にお金を稼ぐやり方を模索するのは難しいことではあるし成功するかどうか分からないため博打になる部分もあるのだが、色々頑張って欲しいところである。

ともあれ『少年ハリウッド』26話の完全版の制作が決まった事は紛れもない現実である。
機会があれば是非見て欲しい。
限りある時の中で限りない夢を追いかけた五人と、そんな五人の未来を照らし続けたオレンジの太陽が生み出した景色はきっと今少年ハリウッドを知った貴方もきっと夢中にさせてくれるはずだ。



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター