Latest Entries

『リルリルフェアリル』種族を超えた恋愛を巡るりっぷとローズの描写について

『リルリルフェアリル~妖精のドア~』は人間(作中ではヒューマル)と妖精(作中ではフェアリル)の交流と絆を描いた物語だ。
ヒューマルとフェアリル。異なる世界で暮らし、異なる文化を持つ二つの種族と交流は友情もあり、自分の夢を追う熱さもありで種族の壁を乗り越えて強い絆で結ばれたヒューマルとフェアリルの作る「バディ」という関係性は多様的で、実に面白い。
自作した服やアクセサリを販売する洋服屋を営む青葉ゆかりとバディになったすみれに、かのとはるととバディになり夢を追いかけはじめたひまわりとダンテなどどれも印象深いバディだが、その中でも特に重要なのは「りっぷと望」「ローズと優斗」だろう。
なぜならこの二組は「種族を超えた恋愛」という物語を背負わされた者達としてあまりにも対照的な描写がされており、「種族を超えることの難しさ」と「結ばれた時の喜び」を実感させる二組だからだ。

りっぷもローズもヒューマルへの恋心を持っていた。
りっぷは生まれてくる時に見た望の姿に、ローズは初めてヒューマルの世界に来た時に恋に落ちた。その想いは二人の頑張る理由として力になっていたわけだが、ヒューマルとフェアリルの恋愛には「人間と恋愛をしたフェアリルは羽根を失い、その恋愛から想いが冷めてしまうとフェアリルは消滅してしまう」という大きな障害があった。
この事実を知らされたりっぷとローズは大きなショックを受けるのだが、そのショックの後に取った行動によってローズとりっぷの立ち位置は大きく変化し、二人は対極に位置する存在となった。

ヒューマルの世界への扉を開くことに成功したローズは優斗の元へと向かった。
「片思いでもいい。せめて最後に……」という思いで優斗を見守っていたローズであったが、真正面からぶつかっていくローズの真剣さと他者への慈愛は優斗の心を動かし、二人はバディとなった。「器用そうに見えて、対人関係についてが不器用気味」というローズだからこそ真正面からぶつかり、一度蓋をしようとした想いに身を任せる事で「バディ」と言う最高の関係性を手に入れて自分の幸せを勝ち取ることができたのだ。

一方りっぷはというと、自分の本心には気づいているものの、ある理由により望に本心を打ち明けられずに封じ込める道を選んだ。その理由とは「自分は望が探し求めたフェアリルだから、正体を明かせば愛してくれるだろう。しかしそれは私を愛してくれているわけではない」というもので、望のフェアリル愛が純粋であることを知っているからこそ、りっぷはその純粋な想いに苦しめられる。
りっぷに『プリティーリズム・レインボーライブ』の天羽ジュネのような「それでも私は愛に生きる」と言い切れる強さや、手段を問わずに好きなものは手に入れる悪女の気質があれば、このような苦しみを味わうことはなかっただろう。しかしりっぷは健気で純粋な性格で独善的な考え方を持っていない。だから苦しい。だから辛い。だから「本心を封じ込める」という道を選ぶ。
あまりにも悲恋だ。その想いを封じ込めて、「皆を笑顔にするアイドル」という夢を追いかけ始めるりっぷの姿は何とも痛ましい限りである。隣りにいるローズは想いを通じ合わせる喜びを得たというのに……。

悲恋の色が濃くなってきた本作だが、まだ希望は残されている。なぜなら、望の口から全てが語られたわけではないのだから。
りっぷの恋は結ばれるのだろう。本作は皆の笑顔で終わるのだろう。
その笑顔の世界に繋がる筋道がどうなるのだろうか。見守りたい。


『プリパラ』神アイドルグランプリ第一回戦の勝敗を分けた数々の理由について

OPが変更され、アイドルの頂点「神アイドル」の座を賭けた神アイドルグランプリの開幕と三年近くに渡って展開されてきた物語の終幕を否が応でも感じさせられる展開の続く『プリパラ』。
神アイドルグランプリも既に第一回戦が終了し、ドレッシングパフェとガァルマゲドンの戦いはドレッシングパフェが制し、トリコロール対うっちゃりビッグバンズは語尾の彼方へと辿り着いたトリコロールが11cm差で勝利した。そらみスマイル対ノンシュガーの姉妹対決は激闘の末にらぁら達そらみスマイルが二回戦へと足を進めた。第二戦はトリコロール対そらみスマイルとなり、この戦いの勝者が決勝戦でドレッシングパフェと戦うことになるのだが、この神アイドルグランプリ編の面白い点がある。
それはそれぞれの戦いで「勝敗を分けた理由(=勝者が勝つ理屈)がしっかりと存在している」ということだ、

例えばドレッシングパフェ対ガァルマゲドンの戦いでは、「今に真剣に向き合えているかどうか」が勝敗を分けていた。
「戦う」ということになった時、ドレッシングパフェもガァルマゲドンも新たなメイキングドラマの開発を考えていたものの、ドレッシングパフェが三人の知恵をあわせて悩んでいたところ、ガァルマゲドンはイタズラに励んでいて「今」というものにあまり真剣に向き合えていなかった。新たなメイキングドラマを開発したのに、ぶっつけ本番でメイキングドラマを生み出したドレッシングパフェにガァルマゲドンが負けたのはその真剣さの違いだろう。
何も生み出せなくとも「今」に真剣に向き合い、自分の全てを注いだドレッシングパフェがイタズラ三昧のガァルマゲドンに勝つのは必然だったのだ。

トリコロール対うっちゃりビッグバンズは他者への向き合い方がトリコロール――特にひびきを勝利に導いた。ひびきは語尾アレルギーで、語尾を大量に浴びてはダメージを受けるアイドルである。それだけに自身の全力を尽くすために先に歌うことを望んでいたものの、何やかんやあってうっちゃりビッグバンズが先攻に。語尾アレルギーであるひびきはその語尾濃度故にうっちゃりビッグバンズのライブを見ないのかと思いきや、彼女はそのライブを棄権が選択肢に入るほどのダメージを受けながらもきちんと見届けた。
自身の矜持だったのかも知れない。しかしひびきは己の身を傷つけながらもうっちゃりビッグバンズのライブを見届けたのだ。
その相手の本気をきちんと自分なりに受け止めるストロングスタイルな精神。それこそがひびきに勝利をもたらしたのである。

ノンシュガー対そらみスマイルの勝敗を分けたのは単純に「時間」だ。
らぁらものんも実力面ではそこまで大きな差はない。作中でもそのように明言されているし、そもそもジュリィが認めてスーパーサイリウムコーデを手にしている以上、両者がどちらが勝ってもおかしくないほどの実力は持ち合わせているのだろう。
神アイドルに賭ける想いもその強さも両者は同じ。であれば、勝敗を分けた理由は「時間」しかない。
らぁらはのんよりも早くプリパラを始め、プリパラのアイドルとしてみれぃやそふぃと共に研鑽してきた。確かに普段は「ダメな姉」かも知れない。しかしらぁらは「ダメな姉」であると同時に「パラ宿を代表するアイドル」なのだ。その時間=経験値の差は重いものとなる。特に実力が肉薄しているのなら、その差はより顕著なものになるだろう。残酷なほどに。
結果としてその時間の差故に敗北したのんだが、負けたからこそ得たものもある。
特に「友達と流した涙」はトライアングルを一人で演じていた時には絶対に得られなかったものの一つだ、
真剣にアイドルに向き合い、ちりやペッパーと共に頂点を目指したからこその悔しさ。その悔しさはきっとらぁらと同じだけの時間を過ごした時、のんをより強く輝かせるに違いない。

『プリパラ』もあと少し。『アイドルタイムプリパラ』にもそらみドレッシングの出演は決まっているが、彼女達の頑張りを見届けたい。
そして彼女達しかなれない神アイドルを見たいものである。


『アイカツスターズ!』M4が歌った日

『アイカツスターズ!』43話「チョコっと歌にこめる想い☆」は虹野ゆめと結城すばるの関係が一新された記念すべき一話だった。
出会いは「最悪」。しかし「アイドルの先輩」であるすばるのからかい混じりのアドバイスはゆめを成長させ、またすばるも素の自分に真っ正面からぶつかってくるゆめのおかげで様々な気付きを得て成長してきた。クリスマスではゆめがすばるを名前で呼んだことで、すばるの中でゆめは特別な感情を持つ異性へと変化。以降ゆめの中ですばるはどう変化するのかとやきもきさせられてきたが、今回のエピソードでゆめはすばる(とM4)を「ライバル」と認定。関係性が一新された。
すばるにとっては大変な展開だが、「M4」という身近で対等な立場の異性がいるからこそのラブコメ展開は前作『アイカツ!』にはなかった展開で面白い。この後どうなるのか注目したいところだが、それよりもこのエピソードで重要なことがある。
それは「M4についにライブパートが与えられ、短い時間とはいえ描かれた」ということだ。

『アイカツ』シリーズにおいて、ここまで男性キャラクターのライブパフォーマンスが丁寧に描写されたことは今までなかった。
前作に当たる『アイカツ!』にもジョニー別府や四ツ葉春、 涼川直人など、ステージに立ってパフォーマンスが出来るキャラクター達はいたが、いずれもステージを披露することは少なく、披露しても止め絵で済まされていた。
『アイカツスターズ!』になってからは「同年代の異性」として前述した結城すばる、五十嵐望、香澄朝陽、吉良かなたによる四ツ星学園男子部トップアイドル4人組「M4」が登場したことで、「ついに男性アイドルのライブが!?」と期待していたものの、『アイカツスターズ!』は女児向け作品ということからなのか、彼らは「メインキャラクター達と同年代の男性アイドル」という熱い存在でありながらライブパートは描かれる事はなかった。普段はあれだけアイドルをしていて、メインキャラクター達には「アイドルの先輩」として振る舞っているにも関わらず、である。
しかし今回のエピソードでついに彼らのライブパートが描かれた。『アイカツスターズ!』の魅力の一つである3DCGではなく手書き作画だし、「僕らの奇跡」という専用曲が与えられていたものの時間そのものは短かった。しかし確かに彼らのライブパートは『アイカツスターズ!』の中でしっかりと描かれたのだ。ファンの前でアイドルとして歌うM4の姿はこの作品に必要なものとして描かれたのである。これは本当に偉大な一歩だ。

かつて『プリティーリズム』が三作目『レインボーライブ』で速水ヒロを躍らせたことが、『KING OF PRISM』という作品に繋がったように。今回のM4のライブパートは今後のシリーズの発展を見つめる上でも重要になる事だろう。
今後は彼ら四人にも注目だ。

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター