Latest Entries

『プリパラ』個人的ベストエピソード 2nd season編

『プリパラ』が終わってしまう事を受けて先日からやり始めた個人的なベストエピソード。前回は『1st season』のベストエピソードについて書いたが、今回はドリームアイドルグランプリを巡る戦いを描いた『2nd season』のベストエピソードについて書いていきたい。
この『2nd season』から『プリパラ』は3クールアニメから4クールアニメへとスターランクアップした事や登場キャラクター数も大幅に増えた事もあり、『1st season』の時のように三本に絞り込めなかったので今回選んだのは39話から89話までの五十本の中から五本である。ドリームチームは五人で結成するものなので「五本」という数字も意味がある。それで納得してください。納得してくださいってば~!
そんなわけで。以下が『2nd season』での自分のベストエピソードである。よろしくお願いします。

■第四十三話:ドリームシアター一番乗り!クマ!(脚本:中村能子 絵コンテ:森脇真琴 演出:橋口洋介)

『2nd season』の序盤においてそらみスマイルもドレッシングパフェも、「ドリームアイドルグランプリに参加するかどうかを自分達で考えてもらう」という名目で解散させられているのだが、そらみスマイルが再結成を果たしたこのエピソードはそらみスマイルとドレッシングパフェの双方において印象深い一話だった。
そらみスマイルは互いに支え合いながら前へと確実に進む。自分達のペースを変えることなく、体力がないそふぃも決して見捨てることなく三人でゴールするために一歩づつ確実に歩んでいく。一方ドレッシングパフェは元より我が強い三人なので、ゴールが遠くにあれば三人の息はあってポテンシャル以上の実力を発揮するもののゴールが近づくと(主にドロシーの暴走で)失敗することもある。こうした関係性を三人四脚の中で描写しながら、最後までチームとしての力を目指したそらみスマイルに勝利を与える。
両チームの違いを改めて定義したこの展開は、後のドレッシングパフェ再結成やジュルルを巡るエピソードにもつながる。これだけ見ても正直大好きな一話だが、地味にアロマゲドンも熱い。ここまでのエピソードではあろまの悪戯三昧っぷりばかり目につくが、あろまはあろまでみかんの運動力があるからこそああいう事が出来ることが明かされ、二人の関係性を垣間見ることが出来る。
両者の友情をも演出するこの一話、本当に最高だ。

■第五十六話:走れ!サマドリグランプリ!(脚本:土屋理敬 絵コンテ:森脇真琴 演出:黒瀬大輔)

緑風ふわりの物語は簡単に言えば「本当の自分と他者の求める自分とのギャップをどうやって克服するのか」という話である。
パルプスで動物達に囲まれながら過ごしていたふわり。そんなふわりに自分の求めるプリンセスの素質を見出したひびきは彼女をプリパラへスカウト。パラ宿へとやってきたふわりは偶然らぁら達と出会い、共に過ごすことで「ひびきの求めるプリンセスになるだけで本当にいいのだろうか?」という悩みを抱くことになる。紆余曲折の末、ふわりはある答えを見つけるのだが、その答えを披露したこの五十六話は本当に素晴らしいの一言だ。
ひびきが送り込んだセレブリティーな4人の面白さに友達であるふわりのために全力を尽くすらぁらとドレッシングパフェ。走り回る中でより強く、より美しく紡がれていく友情。そしてその友情が結実した「ドレッシングふらわー」というチームの冒険心をくすぐるドリームシアターライブ。どれをとっても本当に本当に美しくて楽しく、プリパラらしさに溢れた一話だった。
ふわりに振られた事でひびきにとっては痛手となったものの、この時ふわりに振られていたからこそひびきにとっての転機が生まれた事を考えると色々な意味で重要な一話だったのかもしれない。

■第六十三話:トモチケは世界を救う(脚本:福田裕子 絵コンテ:菱田正和 演出:菱田正和、今中菜々)

『2nd season』からは少し余裕が出てきたからなのか、ピンポイントでとんでもない剛速球を放り込むようなコメディ回が増えているのだが、その中でも一番好きなのはこの「24.5時間テレビ回」だ。サブタイトルからも分かる通り、一話丸々24時間テレビのパロディで、友達を嘲笑する怪盗ジーニアスに友達の力を見せつけるためにらぁら達が様々な企画に挑戦するのだが、24時間テレビでありがちな企画を徹底的にパロディにしつつ、要所でひびきがティーカップを割る繰り返しのギャグ描写が面白く、テンポの良い進行もあって凄まじい満足度の一話だった。
個人的に秀逸だったのは「勝手に走り出す雨宮」。24時間テレビではチャリティーマラソンが定番の企画になっているが、『プリパラ』の24.5時間テレビではみれぃファンの雨宮が勝手に走り、勝手にゴールをする。わざわざみれぃの等身大立て看板をゴール地点に設置して勝手に走っていく姿は行き過ぎていて笑えてしまう。どこまで業を積み重ねるんだ雨宮。

■第八十話:ポップ・ステップ・ガァルル(脚本:大場小ゆり 絵コンテ:みさわしん 演出:小林浩輔)

『2nd season』のテーマの一つに「努力と天才」があり、年末に開催されたウィンタードリームアイドルグランプリは天才チーム対努力チームが激突。天才チームが勝利し、「才能のある人間以外はステージに立つ事すら許されない」という格差推奨のセレパラが誕生した。
そのことを受けて天才チームとのプリパラをかけた戦いを承諾したみれぃは心が折れ、「もう無理」とアイドルを引退することを告げて飛び出して行ってしまうのだが、そんなみれぃが再起を誓ったこのガァルルデビュー回は『2nd season』でも屈指の傑作回だろう。
確かに努力は無駄かもしれない。努力しても努力しても天才達も努力している以上、なかなか追いつくことが出来ないかもしれない。でも努力している姿は無駄になるわけではない。ステージの上で何度転んでも立ち上がり続けるガァルルの姿に勇気をもらったみれぃのように。努力は無駄かもしれないが、努力している姿は誰かの頑張る力になるのだ。
そういう姿をめが兄ぃの再起と共に丁寧に描いたこの一話は『プリパラ』を見ている/見ていないに関わらず、「努力って何?」と思っている人ほど見てほしい。

■第八十八話:キセキの鐘をならせ!(脚本:大島のぞむ 絵コンテ:坂田純一 演出:小林浩輔、今中菜々)

セレパラでシステムに負荷をかけ続けたひびきは、プリパラが再構成される過程で消去される運命にあった。助けるために咄嗟に飛び込んだふわりやあじみも消滅する危機に。らぁら達はひびき達を取り戻す奇跡を起こすためにドリームパレードを実施する!という一話なのだが、何といっても素晴らしいのはひびきが過去の呪縛から解き放たれ、自分の計画では絶対に見ることが出来なかった「アイドル全員がサイリウムエアリーで一つの世界を作り出す」という光景を「最高だ」とほめたたえた事だろう。この心変わりは唐突に見えるかもしれない。しかしそもそもひびきはプリパラをより良いものにしたかっただけなのだ。セレパラを目指していたのも、それが一番手っ取り早い方法だったからだ。そんな彼女が心の底から「最高」と言える景色を作り出せた。それも一人の天才ではなく、多くの人間達の手で。その事実は彼女がプリパラで生きていく理由として十分すぎるものなのではないだろうか。

この他にもひびき様がデビューした73話とか菱田正和監督が絵コンテを担当したひびき様との最終決戦を描いた86話とか、あじみ先生が登場した回とか『2nd season』も取り上げたい回が多すぎるのだが、全てを上げると本当にきりがないのでこの辺りで終わらせておく。
何にしてもキャラも増え、話数も増え、コメディ回も増えているのに根幹にあるのは価値観の多様性だったりして「真面目なところはとことん真面目」というのが『プリパラ』らしくて、『2nd season』も本当に本当に最高だ。ひびき様の「最高だ」の一言を聞いた時には涙が止まらなかった。本当に本当におめでとうひびき様……。
なおこの辺りで公開されたのが『映画プリパラ』だけど、最終的に十数回見てますし、『キンプリ』は三桁回見てます。ちゃん子ちゃんのデビューがまさかああなるとは誰も予想がつかなかったし、キンプリはもう最高なので6月までに早く見てください。
そんなわけで。次は『3rd season』です。



『プリパラ』個人的ベストエピソード 1st season編

『プリパラ』があと一話で終わる。2014年7月から2017年3月末までの約2年9ヶ月、全140話にもなる物語があと一話で終わろうとしている。「ついにここまで辿り着いたか」と思えば感慨深く、「研究生だった彼女達も神アイドルになってしまったか」と思えば僅かに寂しさを覚えてしまうが、『プリパラ』が終わるという事実はどうあっても揺るがない。テレビ欄の番組横についた「終」の文字は絶対に変えられない運命なのである。まあらぁらもみれぃもそふぃもシオンもドロシーもレオナも、続編として位置づけられた『アイドルタイムプリパラ』への出演が決定しているし、らぁらに至っては夢川ゆいと共に主人公を務めることが発表されているので、自分にはそこまでダメージは大きくないのだが。せいぜい致命傷と言ったところか。
それはそれとして。
『プリパラ』は2年9ヶ月も放送されているので、いざ終わりが近づくと様々なエピソードを思い出される。
コメディやシリアス、酷いパロディの回もあったりと「何でもあり」な『プリパラ』なので思い出すことも、面白かったことや楽しかったこと、涙したことやあまりに素晴らしい展開に拍手喝采したことなど様々なものがあり、「自分にとってのベストエピソード」と言えるものを選出するのも難しいのだが、頑張って各seasonごとぐらいに数本づつ取り上げていきたい。

■第一話:アイドル始めちゃいました!(脚本:土屋理敬 絵コンテ:森脇真琴 演出:徳本善信)

記念すべき『プリパラ』の第一話。アバンタイトルで登場したセインツの三人がプリティーリズム三部作の主人公達で、「プリティーリズムと繋がってるんだ! プリティーリズムがなかった事になったわけではないんだ!」と強い衝撃を受けた事を今でも思い出す。正直「ファンサービス」の範疇ではあるのだが、「『プリティーリズム』があったから『プリパラ』が生まれた」という頭で理解していても、心ではなかなか納得できない事実を納得させてくるだけのパワーがあり、プリティーリズムが大好きだった人間としてはとても嬉しいサプライズだった。
肝心の内容もよく出来ている。「女の子は誰でもアイドルになることが出来る「プリパラ」という場所が存在する世界であること」「そのプリパラに行くためのチケットはどこからともなくやってくるということ」「プリパラはとても楽しい場所であること」「トモチケを交換する事による友達の誕生」などなど、今日の『プリパラ』につながる要素がこの一話の中で無理なくぎっしりと詰め込まれている。ライブパートも「初めてのステージで戸惑うらぁら」という芝居を挟んでから突入していたりとドラマとのつながり方も抜群。みれぃの「プリパラは好きぷり?」から連なる台詞は終盤においても使われていたりと、この第一話には本当に『プリパラ』の全てが詰まっている。全エピソード中でもトップクラスに好きなエピソードの一つだ。

■第十八話:レオナ、全力ダッシュなの!(脚本:中村能子 絵コンテ:柊陽菜 演出:小林浩輔)

『プリパラ』の凄い点の一つにジェンダーフリーの意識がある。「男らしく」「女らしく」ではなく「自分らしくあること」が何より大事なものとして描かれており、自分らしくあろうとしている姿がアイドルとしての輝きとして評価されるなど、生まれながらの性別にこだわらないフラットな意識はキャラクター一人一人を純粋に愛させ、応援する気にさせてくれる。
そんな『プリパラ』のジェンダーフリーな考え方が丁寧に描かれた十八話はあまりにも凄かった。
「ドレッシングパフェのレオナ・ウェストは男だった」という事実はファンにとっては大きな衝撃だったし、らぁら達も予想外だったようで「えー!男だったのー!?」と驚いているのだが、このネタは特に引っ張られることがなく「なーんだ」とアバンタイトルの短い尺の中で終わらせて、物語の主題は「優柔不断であるレオナに憤慨した同じチームのシオンが、一人でメイキングドラマを作るように話す」へと移っていく。その中で「レオナの優柔不断さは誰に対しても優しすぎるから」と言う事実が描かれ、そふぃとの交流を経て彼女は優しさはそのままに要所では自分の意見はしっかりと述べるように成長していくのだが、同時にシオンがいかに酷い事を言っていたかを認め、それぞれの良さを認めあってドレッシングパフェは結束力を高めていく物語も展開されており、「チーム物としての面白さ」も忘れられていないのも熱い一話であった。
余談ではあるが、このエピソードで描かれたレオナの自分らしさは『2nd season』におけるひびきとの問答においても重要であり、本作の屋台骨の一つだったりする。こういうところを活かし切るのが『プリパラ』の良さだ。最高。

■第三十七話:奇跡よ起これ!ミラクルライブ(脚本:大場小ゆり 絵コンテ:森脇真琴 演出:徳本善信)

『プリパラ』のそのシーズンにおける最終話一話前は事実上の最終回であることが多いが、その流れを決定づけた37話は文句なしの大傑作回である。らぁらとトモチケをパキろうとしたばかりに昏睡状態に陥ってしまったファルル。そんなファルルを目覚めさせる奇跡を起こすためにそらみドレッシングは伝説のパラダイスコーデを身にまとってライブに挑む!というエピソードなのだが、一つのライブの中に「らぁらの成長」「ファルルへの皆の思い」「パラダイスコーデが輝くかどうかのスリル」「それでも思い虚しく奇跡は形にならなかった悔しさ」「ファルルに声を届けようと思うアイドル全員の歌によって起きる奇跡」「ファルルの再誕」という物語を詰め込んでいて、何度見ても泣ける最高の映像である。
最後の最後に持ってくるのもらぁらが最初に歌った「Make it!」であることや、普通の女の子へと生まれ変わったファルルに歌わせる「夢はもう夢じゃない」という歌詞、らぁらだけが持つ特別な力だと思っていたプリズムボイスが人間が誰しも普遍的に持つ「思いを届けようとする力」と再定義される一連の流れも素晴らしく、「みんな友達!みんなアイドル!」な『プリパラ』らしい奇跡が誕生する瞬間を描いたこの37話を上げずして何が『プリパラ』のベストエピソードか!
なお自分にとってこのエピソードはリアルタイムで見てしまい、泣きすぎて仕事にならなかったことでも大変印象深いです。



『1st season』は以上の三本をベストエピソードに選んだが、『プリパラ』は前述したように何でもありなので他にも面白いエピソードは多い。例えば大神田校長とらぁらママが仲直りする2クール目終盤のエピソード達は、「どんなに長い年月が過ぎたとしても、友情はアップデートできる」という事を描いていて、友情の美しさが伝わるエピソード郡だし、みれぃのファンである雨宮によってみれぃが再起する「みれぃ、ぷりやめるってよ」はタイトルは完全にパロディなのに、みれぃの核となる部分に迫った名エピソードである。そふぃ様がらぁら達とチーム結成する12話も最高だった。
上げ始めるときりがないのでこのあたりで止めておくが、『プリパラ』は本当に素晴らしい作品なのでまた見直したい。
あと次は『2nd season』です。こっちは五本ぐらいあげたいのでよろしくお願いします。

『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!』全ルート公開に寄せて

3月18日に最後のルートが上映開始され、『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!』が一巡目を終えた。
前シリーズとなる『プリティーリズム』の劇場版で行ったものが大好評だったことがきっかけとなり、『プリパラ』へとシリーズが移行してからも続けられてきた「毎週少しだけ内容が変わる」というルート分岐のギミックも今作で三作目ということで、応援上映会共々すっかり定番に。
一作目ではプリティーリズムシリーズの総集編も兼ねた「プリズムショー見学ツアー」だったものも、二作目からは「らぁら達がプリパリを目指していた頃、他のアイドル達は何をしていたのか」と他のアイドル達にスポットライトをあてた新作映像に代わり、徐々にパワーアップ。三作目となる今作は舞台が「プリパラ内の宇宙」というSF濃度が高い場所という事もあり、「あり得たかもしれない可能性を覗く」という、SF的外連味の強い体裁でのライブとなっているが、どのルートも圧倒的な迫力のライブばかり。反面、物語要素はいつもよりも少し短めになっているが、どの道のりを辿ったとしても決して変わらない想いは『プリパラ』という作品の魅力を引き出してくれている。これもまた「『プリパラ』の一つの集大成」と言えるのではないだろうか。
そんな『劇場版プリパラ』の全てのルートを早いうちに見ることが出来たので、以下にルートごとについての感想を含む雑感を書いていきたい。

■ルート1:らぁらルート

第一週となるらぁらルートで描かれたのは「初めてプリパラを訪れたらぁらがみれぃではなく、もしなおと出会っていたら」だ。
描写上は「本編においてみれぃが果たしていた役割をなおがやったら」で、特に変わった事はなく進行し、らぁらはなおと一緒にアイドルデビューを果たす。
描かれるライブパートも第一話のアレンジであり、みれぃをなおに置き換え、コーデを一話の色替えているだけで「一話の変奏曲」と言った趣きを強く感じるが、「らぁらは誰と出会ってもアイドルとしてデビューする」からこそ強調される「そのきっかけを作ってくれた人物との友情」は実に美しい。プリパラレルワールド中ではらぁらとなおの友情を感じさせるが、本編ではらぁらとみれぃ、もしかしたらそふぃがらぁらをアイドルデビューに誘っていたかもしれないし、シオンやドロシー、レオナだった可能性もある。
ともあれ「どういう形であってもらぁらがデビューする事実は揺るがない」という形で「プリパラアイドル・らぁら」を肯定しつつ、「始まりのきっかけを作ってくれた人」との絆を大切に描いてきたこのルート1は最初に持ってくるにしては強力すぎて、何度見ても涙を流す。
SFとしては「並行世界SF」らしいもので、今回の構造的に一番綺麗だったように思う。そういや『インターステラー』っぽいですね、これ。

■ルート2:ひびきルート

昨年に続いて単独ルートを与えられたひびきのルートだが、ほぼ全編に渡って『キャプテンハーロック』のパロディと言って差し支えない。「宇宙海賊となったひびきとふわり、そしてファルルが一緒にライブをする」以上のものは何もないのだが、その分ライブの魅力に特化。ミュージカルのような楽曲に合わせ、映像そのものも変化していく。空間を活かしたカメラワークも多いし、砲撃戦もあり。メイキングドラマではまるで映画のクライマックスシーンのような派手なアクションもありと派手ではあるのだが、「画面が大きな映画館でしか見れないもの」として見るのならおそらく一番満足度の高いリッチな映像である。ライブの最中に片付けられる宇宙人達は可哀想だが、ひびき様なので致し方なし。それにしても船長だからせんちゃんは凄いあだ名である。いつものことだけど。
しかし別の世界観になったからこそ再定義されて描かれる三人の関係性は見ていて面白い。誰よりもリーダーシップを発揮しているのに、ひびき様はいじられ役……。でもふわりが生き生きとしているからいいか。

■ルート3:みれぃルート

最後のみれぃルートはまさかの「南みれぃ三人ライブ」。ファンからずっと望まれていたアイドル検事みれぃとアイドル弁護士みれぃ、そしていつものみれぃの三人でのライブであるが、「アイドルと恋愛の間で揺れ動く乙女心」を裁判に見立てて演出していく流れはポップでコミカルで実に楽しい。みれぃを演じる芹澤優が三人を巧みに演じ分けて歌っているのも最高で、みれぃファンにとってはたまらないライブだろう。
個人的にはドラマとライブパートのつながりがどのルートよりも強い点が本当に好きだった。アイドル弁護士もアイドル検事もノーマルのみれぃも可愛いので雨宮発狂物である。
みーんな大好きみ・れ・ぃ!

個人的な好みもあってひびきルートが一番面白かったが、不覚にも涙してしまったのはらぁらルートだった。というからぁらルートはこれまで見てきた人間にとっては本当に凄い破壊力を誇る映像なので、プリパラファンは必見である。プリパラを見ていない人はひびきルートだけでも見てほしい。東映パロディの多い今作の中でも特に東映色が強いので、統一感が取れて面白いと思う。
何にしても既に全ルート合わせて八回ぐらいみているので、あと二回ぐらい頑張って見に行きたい。

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター