FC2ブログ

Latest Entries

『ゴッド・オブ・ウォー』新シリーズに期待をもたせる神のゲームだった

昨年末からプレイしていた『ゴッド・オブ・ウォー』を無事に終えた。
冬コミや年末年始に片付けていた仕事などもあって正確なプレイ時間は覚えていないが、『レッドデッドオンライン』のβテストが始まったのはいいがゲームサイドの都合でろくにプレイできない状況にうんざりして起動したことは覚えているので、プレイ開始から一ヶ月ほどプレイしていた事になるのだろう。合間に休憩をはさみながらとはいえ、約一ヶ月も付き合うこととなったクレイトスとその息子アトレウスの旅であるが、結論から言えばやはり素晴らしいものだった。
「私の遺灰は世界で一番高い山の上から撒いてほしい」という亡き妻フェイの遺言に従い、クレイトスとアトレウスは神々の追手を退けながら世界一高い山を目指すことになる……という導入から始まった物語は「世界一高い山の上で亡き妻の遺灰を撒く」ことで幕を下ろす。メインストーリーはほぼそれだけであり、奇を衒った要素も大どんでん返しもない。最終盤においてある要素が明かされるため北欧神話をよく知らない人であれば驚く要素かもしれない。だが逆に言えば北欧神話を知っていれば何となく読めることであり、それそのものは「大きな驚きがある」とは言えないだろう。
ただそれでも本作の物語が素晴らしいものだと言い切るのは、この物語がクレイトスとアトレウスという二人が旅の中で一つの家族になっていくからだ。
物語が始まった当初のクレイトスは実の息子であるアトレウスとの距離感を上手く掴めていないし、口数も少なく必要以上の言葉を紡ごうとしない。
息子に対しても上から目線で押さえつけるような物言いをするため、本当はアトレウスのことを第一に考えているにも関わらずアトレウスの反発を招いてしまう。アトレウスはアトレウスで普段は家にいないにも関わらず、母親が死んだら父親のように振る舞うクレイトスに対してあまり良い印象を抱いておらず、そんなクレイトスに上から目線で押さえつけられるような物言いをされて不快感を示すのだが、そんな二人が旅をしていく中で一人では絶対に超えられなかった困難を乗り越え、また自分と共に戦ってくれる者の存在に励まされていく中で親子になっていく。ベタでこそあるものの、カットが切れること無く進行するゲームそのものの設計のおかげで感情の流れも一繋ぎになっているため、とても心地よいものであった。
そしてその親子関係がある程度出来上がった後に立ち上がってくるのが「神々の物語」なのも良い。
『ゴッド・オブ・ウォー』の前三部作はギリシャ神話の神々に運命を弄ばれたクレイトスが神々に復讐する物語だ。軍神アレスに騙され、ゼウスやアテナに謀られて神となったクレイトスは長き戦いの果に神を殺す。本作はそんな前三部作の延長線にある物語なので、クレイトスの神に対する不信感は強い。そのためクレイトスもアトレウスには「アトレウス自身も神である」という事実を教えることはなかったのだが、原因不明の高熱にかかった一件を経てクレイトスはアトレウスに「神とはなにか」を教える立場となって導いていく。この親子関係と神としての先輩/後という二つの関係性が合わさる事で、『ゴッド・オブ・ウォー』らしい神話的ダイナミズムを帯びさせることに成功しており、前三部作のストーリー部分の面白さと今作の面白さを共存させられていたように思う。相変わらず神は人間に対して厳しいのが最高であった。

ただゲームシステムについては「もうちょっと練り込みがほしい」というのが率直な感想である。
特に謎解きについては全体的に『ゴッド・オブ・ウォー』としては練り込みが足りなくて単純であった。武器二つと二種類の矢しか存在しないのであまりがっつり盛り込むことが出来なかったのだと思うのだが、仕掛けのパターンが少ないため物足りなさがある。また巨大な敵がドラゴンぐらいしか存在しないのも寂しく思う。前三部作では一作品につき数体巨大なボスというのがいて、そうした巨大なボスの存在がクレイトスの超人性と「神話の中の世界」という雰囲気を作っていたのだが、今作はそういうのがいないので全体的に寂しい。巨人ともうちょっと戦ってみたかった。

総じて「新シリーズの立ち上げとしては申し分ない出来」で「期待を込めて☆5つ」みたいな作品ではあるのだが、「クレイトス」という戦士とまた再び冒険ができるのかと思うとシリーズのファンとしては嬉しく思う。今回の舞台は北欧神話の世界であるが、今後も旅をしていくのであれば死の女神ヘルやスルトとも出会えるのだろうか。ともあれまずはあの続きからどう繋がっていくのか見てみたいので、本作については「アトレウスのような期待を持てる作品」ということにしておく。次作では神(ゲーム)としての力を発揮して、成長した姿を見せてほしい。


『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』で持て余している感情とそれが解決する日はいつかという話

『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』を視聴してから一週間が過ぎた。
しかし自分の中では不完全燃焼めいた何とも言えない居心地の微妙な悪さがあり、一週間考えても未だに解消できずにいる。
作品としては悪くない作品だと思うのだ。「三年生が卒業してもAqoursを続ける」という道を選んだ以上、「三年生抜きでのAqoursとはどのような存在なのか」を描かなければならない。「それはAqoursをどう続けるか/どう続けていきたいのか」ということであり、そこについては非常に満足のいく解答を見せてくれたと思っている。「三年生の卒業に合わせて今のユニットは終わらせ、新規に立ち上げる」というAqoursとは違う道を歩んだセイントスノーについてもあの落としどころは悪くないし、あの辺りの話は新しい物語の息吹を感じている。その光景を見ていた渡辺月の「これを見ているのが自分達だけだなんて」という台詞も含めて気に入っている。
ラブライブ!シリーズは(公私共に色々なものを得たので)相当好意的に見ているところがあるけれど、少なくとも自分は大好きである。
しかしながら『ラブライブ!サンシャイン!!』をプロジェクトとして見るとあの作品がどこに収まる作品なのかが余り見えてこない。
2016年から続いてきたアニメシリーズのゴール地点であるという点において疑いの余地がない作品ではあるけれど、プロジェクト全体でみるとあの作品が一体どこに収まる作品なのか見えてこないのだ。
この後、三年生組を演じた諏訪ななか、小宮有紗、鈴木愛奈を卒業させて六人で続けていくのか。それともアニメシリーズの流れは一旦リセットして、今後も九人で続けていくのか。
それさえも現在のところ分からない。そしてそこが分からないので未だに作品をどう飲み込んで良いのか、そもそも飲み込んで良いものなのかが分からない。口の中で固形物として残ったそれを、今もなお舌の上で転がし続けている。

前作『ラブライブ!』の時は本当に単純明快だった。
周囲から今後のライブを期待され、また続けていくことを望まれていることを知った上で、それでもスクールアイドルとして九人で最後まで全力で駆け抜けた『ラブライブ!The School Idol Movie』は「これ以上どうやっても続けられない」「正真正銘のラストステージ」と思えるほど素晴らしい作品であった。そしてそれは『ラブライブ!The School Idol Movie』の後に行われた東京ドームでのライブが現実世界でのμ'sの最後のライブになったことで、より純度の高いものになったように思う。
「『ラブライブ!The School Idol Movie』は、『ラブライブ!』というプロジェクトの最後に位置する作品でありこれまでの集大成」。
そういう作品になったからこそ、あの作品は本当に素晴らしい作品になったと思うのだ。
そういう意味では『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』は今後の展開が見えてこない今はまだ真価が発揮されていないと言える。
逆に言えば今後の展開が見えてくれば面白さが見えてくるはずだ。
自分が持て余しているこの何とも形容しがたい気持ちも今後の展開が発表されれば氷解するはずであり、そうすれば自分の『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』への理解が進むことだろう。そういう日が来るのが楽しみなのだが、3月から行われる事が告知されているアジアツアーで発表されることはないだろうし、発表されるとしたら今年下半期になりそうなのが辛いところだ。
その頃には映画も公開終了しているだろうから、それまでに円盤が出ていることを祈っている。

『メギド72』の年末年始施策とグリマルキンについて

世間様の目など気にせずに我が道を往くことで有名となりつつある『メギド72』だが、そのマイペースさ加減は年末年始においてもさほど変わらないものであった。
真の仲間であるガチャピンの降臨とシヴァのプレイアブルキャラクター化、毎年恒例の十二神将の実装と「お祭り」という印象を強く残した『グランブルーファンタジー』、波風一つ無い穏やかすぎる年末からの第二部三章クリア者のみ限定新規イベント開始で阿鼻叫喚と不平不満の大嵐を巻き起こした『Fate/Ground Order』、毎日無料10連ガチャに加えて大晦日に突如赤城みりあで強襲をかけてきてビッグサイトにいたプロデューサー達がスマホを見つめていたと伝え聞く『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』と比較すると、『メギド72』の「年末年始のイベント開催」は年末年始施策とは思えないほど大人しい。そのイベントにしてもイベント内容はごくごくいつも通りのもの。特別なのは「イベントアイテムを集めることでメギド一人が必ずもらえる福袋ガチャの実装」ぐらいであろう。それにしても年末年始施策としては非常に大人しいものである。もっとも、一周年施策が行われたのが12月の頭のことなので、そこから一ヶ月も経たずに大きな企画は打てないのも当然のことであるが。

さて。そんな『メギド72』の新年一発目のガチャの目玉として、サバト限定のネルガルとともに実装されたグリマルキンであるが、色々言われているものの個人的には彼女に可能性を感じている。
その可能性とは猫を擬人化したかのような愛らしい仕草、山下七海の好演による猫っぽい絶妙な気まぐれさ加減、モコモコしていて触り心地の良さそうでバステトめいたメギド体など様々なものがあるのだが、何より可能性を感じるのは(現状は)彼女専用システムとなっている「エレキ状態」の存在だ。
グリマルキンのスキルはダメージを与えた後、相手を雷属性攻撃のみダメージを半減して計算するエレキ状態に移行させる。一見するとデメリットしか無い行動ではあるが、このエレキ状態の敵にグリマルキンの奥義を使用するとエレキ状態が解除され、付与されてから解除されるまでの間に使用した雷属性攻撃回数(ゲーム中ではエレキレベルと表記される。最大値は50)×20×グリマルキンのレベル分の固定値を相手に発生させる事ができるのだ。
グリマルキン自体に雷連続攻撃が出来る手段がないので連続攻撃を与えられるインプやシトリーと言った相方が必須であるものの、最大で7万点もの固定値を相手に一方的に押し付ける事ができると考えると可能性を感じずにはいられない。7万点ならメインシナリオでも屈指の難所であるアスモデウスですら削りきれるし、ベリーハードの方だって2000ぐらいしか残らない。いやグリマルキンの奥義自体もダメージに入れるのなら計算上は削りきれる。暴力オブ暴力である。固定値は大正義だ。

またどうもこのエレキレベルの固定値は現状無敵状態であっても押し付ける事が出来るらしい。
不具合なのか仕様なのかはわからないが、いずれにせよ守りが硬すぎる相手ならばグリマルキンを使う理由になりうるだろう。というかなる。なぜならこの仕様はベリアル育成に必須の真珠姫ルゥルゥを圧倒的に楽にしてくれるからだ。
ルゥルゥは「雷攻撃を規定数叩き込んで殻を開けさせる→殻が開いている間に攻撃を叩き込む」を繰り返して削っていく大幻獣でだ。HPそのものは低いことや特性の効果によってシトリーやバエルなら奥義の一撃で倒す事が出来るわけだが、取り巻きがフォトン破壊で行動を阻害してくること、殻が閉じている状態で奥義を撃たれると全滅確定であることからユーザーの間でも面倒な大幻獣であるという印象が強い。
しかしグリマルキンを軸とするのなら話は少し変わってくる。
一旦エレキ状態にしてしまえば殻開けに専念しているだけで確殺出来るエレキレベルまで伸ばす事ができるからだ。あとは適当なタイミングで奥義を打つだけでルゥルゥは蒸発するので、ゆっくりと取り巻きを片付ければよい。火力に関しては取り巻きを片付けられる程のものがあればいいのでベインチェイサーを装備したガープがいれば十分だ。
自分はアムドゥスキアスをリーダーにして両脇にユフィールとガープ、両翼にシトリーとグリマルキンという編成でルゥルゥEXを周回している。フォトン運がよっぽど悪くなければ回ってしまうので本当に楽だ。時間はシトリーの奥義で1ターンキルするよりもかかるものの、「攻撃するタイミングを考える」が消滅しているので何も考えずに周回できてしまう。取り巻きはユフィールの覚醒スキルでシトリーの奥義2連打である。カウンターであるシトリーはケラヴノスを持つことが出来るので大体奥義で削りきれる。塵芥となって消え失せるがよい。

なお自分が一番分からないのはサタナキアである。どう使えばよいのだろう……。
後列一人で耐えるにしてもライブ状態のプロメテウスの方が硬いしなぁ……。


Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター