Latest Entries

『劇場版プリパラ』のルート分岐の変遷

『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン』の最後のルート「レインボーライブルート」がようやく公開された。
プリティーリズム三部作の全てのルートが出揃った事で「プリリズヤクザの走馬灯」と公開初日から言われてきた作品が「完全に死の間際に見る映像とはこういう映像のことを言うのだろう」へとサイリウムチェンジを果たし、映画館へと詰めかけた人々はサイリウムを握りしめながら彼岸へと渡っていく。「鑑賞料金は実質六文で、プリチケには死に装束が印刷されてる」という状態と化しているが、全ルートを見終えた今なら断言してもいいだろう。「ヤクザは一人残らず全員死ぬ」と。「スキスキセンサーマジヤバイ間違いない」と言っていた頃がまだ幸せであったと。りずむちゃんのところで悲鳴が上がるのは仕方がないね。同時期にプリズムショーを始めた親友に「才能の絶対的な差」を見せつけられたら、そりゃ心の煌めきに陰りが出るのも仕方がないというものよ(子供向けアニメです)。

今回の『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン』で「ルート分岐と称して本編内容の一部が変化する作品」も四作品目となった。もはやこのギミックは「このシリーズの劇場版アニメの特徴」と言ってもよく、自分のように「全部確認しておきたい」と思うタイプの人間は次のルートに切り替わるとワクワクしながら映画館に向かうわけだが、今回の『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン』はこれまで以上にギミックが洗練されたものになっていて、非常に楽しく見ることができた。
そもそも『劇場版プリパラ』シリーズでルート分岐が行われるようになったのはアトラクションのようなものを志向していたからだと言われている。
エイベックスの岩瀬氏が打ち合わせの席でライド系アトラクションに乗ってきた話をしたところ「面白いんじゃないか」という話になり、ライド系アトラクションで見かける「ルート分岐」が作品の中核へと据えられることとなった。そうして生まれたのが第一作『劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』で、この作品は「北条コスモの導きでプリズムショーシステムへとやってきたらぁら達が巡るプリズムショーの世界」として共通パートを終えた後で四つのルートに分岐して再び共通パートに戻ってくる作品構造となっており、「何をどの程度流すのか」も含めて二回目三回目を見に行く楽しさを提供してくれていた。
とはいえ実験作でもあった点は否めないのも事実で、「分岐部分が非常にわかりやすい」「プリパラは特に新規が存在しない」など未成熟な部分はたくさんあった。それらの点をいくつか改良した作品となったのが『映画プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』だった。
「ファルルを助けるためにアイドル達が世界中をめぐってライブを行いながらファルルのいるプリパリを目指す」という完全オリジナルの物語が存在するために「劇場版」ではなく「映画」を冠としていただくことになったこの作品は分岐そのものを「一方その頃、一緒に旅だったあのアイドル達は何をしていたのか」を三つのルートという形で掘り下げることで、全体のテンポの良さと密度の高さをそのままにボリューム感を確保。楽曲は完全新規がちゃん子の一曲しかないものの、それ以外のルートでは劇場版でしか見られない特別なものにマイナーチェンジされており、「ここでしか見られないもの」で満足感を底上げした(とりわけふわり&あじみは後のクリスマスライブでわざわざあじみのコール部分をねじ込んでくるファン――通称あじみガチ勢を生み出す狂気をもたらした)。
そんな『映画プリパラ』の路線を踏襲しつつ発展したものとして、「ぷちゅう(宇宙ではない。府中でもない)の惑星を回るライブツアー」というSF的な導入を採用した『劇場版プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』が上げられる。
作中プラックホールに飲み込まれたアイドル達は「あり得たかもしれない可能性の一つ」を見る事になるが、この「可能性」を分岐シナリオに当て、「本来ならあり得ないもの」を展開する。「らぁらが現実世界での親友であるなおの誘いでデビューする」「三人で宇宙海賊を結成して暴れまわるトリコロール」「アイドルに許されない恋をしてしまったみれぃ」という三つの可能性はわざわざこのためだけに製作された完全新規となっており、シリーズが歩んできたものの一つの到達点ともいえる会心のルート分岐であった。あ、みれぃの曲はガチ。
そして例年より遅れること二か月してようやく公開と相成ったのが現在公開中の『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン』なわけだが、今回は若干省エネ的なつくりではあるものの「ルート分岐」に関してはこれまで以上の力が入れられている。
まず本作ではルート分岐を「タッキーゆめかわゲームでピンク・青・黄の三色のタッキーの誰が勝つか」で分岐を行っているが、このタッキーゆめかわゲームはルートごとに「早炊き対決」「おにぎり集め」「スロット」の三つに分けられており、小ネタも大量に放り込まれているためここだけでまず楽しい。
分岐後も各種ルートは便宜上プリティーリズム三部作のタイトルが冠されているものの、プリパラサイドのライブパートも各種作品のテーマに沿う形で散りばめてあるため前後の流れをきちんととらえると内容を理解しやすくなっている。「入口となれるように」というのはかねてから行われていることであるが、今作はそうした部分が強く表れている。今作を見てプリティーリズムに興味を持ったなら、それを見てからもう一度今作を見直すと「走馬灯」といわれる理由も良く分かるのではないだろうか!
そして最後は「Make it!」からのWITH。完璧である。応援上映会も楽しい作品として本作は過去最高レベルの面白さであった。

最後に。とりあえず自分は11回(AD3回DMF7回RL1回)見ているのだが、11回見ても飽きてないのでまた見に行くことだろう。
ああ早く円盤が欲しい……。『とびだすプリパラ』と一緒に早く円盤を出してほしい……。


「プリマ☆ドンナ? メモリアル」の歌詞がプリティーシリーズを的確に表していてエモい

人類ー! もう『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン きらきらメモリアルライブ』はもう見た? 見たよね?
『プリパラ』と『キラッとプリ☆チャン』、そして『プリティーリズム』のライブ&プリズムショーパートだけをぎっしり詰め込んだ盛り沢山の内容で「いいね!」とか「いいぜ!」とかを送りたくなる最高の内容だったよね! 三つのルートも禁じ手に近い『オーロラドリーム』『ディアマイフューチャー』『レインボーライブ』とプリティーリズム三部作のタイトルをルート名に拝借して、それぞれの作品に絞ったピックアップしているのも良い。曲の繋ぎ方も素晴らしくて、ただでさえ良い楽曲がさらに良く感じられたので大満足です。
そして楽曲と言えば「プリマ☆ドンナ? メモリアル」ですよ!

「プリマ☆ドンナ? メモリアル」は『キラッとプリ☆チャン』のメインキャラクターやOPを担当しているRun Girls, Run!の楽曲で、今作では主題歌として使用されているんですが、あまりにも歌詞が良すぎるんですよ。聞いていてこんなにエモい気持ちになる主題歌とかプリティーシリーズでは久しぶりですわ……。具体的には「Memorial」以来ぶりぐらい。
「プリマ☆ドンナ? メモリアル」のエモいところはやっぱり「『プリティーリズム・オーロラドリーム』から『アイドルタイム・プリパラ』までの五作品全てを彷彿とさせるフレーズが含まれていること」でしょう。それもプリティーシリーズらしく「詰め込む」形で入っているので、本当にこの作品らしい。
だってAメロからして「『空色の夢』(オーロラドリーム)」「『まだ見ぬ私』(ディアマイフューチャー)」「『虹の軌跡』(レインボーライブ)」が入ってるんですよ!補完的にコーラスで各作品のタイトルも入ってるし! で、Bメロは「プロミス リズム パラダイス」と『プリパラ』のチーム結成時に使用されたフレーズが入っているんですけど、この辺の流れが「プリティーリズムからのプリパラ」を感じさせるんですよね。で、サビでは「なりたい自分にジャンプ!」という『オーロラドリーム』の要素や「未来のわたしが一番!」という『ディアマイフューチャー』の要素、「未来に描いたイメージを叶えちゃおう!」という『レインボーライブ』の要素と一旦プリティーリズムに戻している辺りも良い。キャッチフレーズの力強さもプリティーシリーズの特徴だと思うんですけど、その辺を上手く落とし込んでいるのがいいんですよね。
で、この辺に気づいてしまった人間は大体主人公達の名前が散りばめられた二番で死ぬわけです。
「愛らしい(あいら)」「見上げて(みあ)」「なるんだよって(なる)」「Laalala(らぁら)」「結い合わす(ゆい)」のコンボは気づいた瞬間に感動というか、「えもい」以外の語彙を殺されるというか。コーラス部分で「1000%キュンキュンさせてよ」とか「Life is just a Miracle~生きているって素晴らしい~」としか思えないフレーズがあるのも素晴らしい。『レインボーライブ』はEDの「I Wannabee myself ~自分らしくいたい!~」で、『プリパラ』は「Growin' Jewel!」。それぞれの楽曲で歌われている事を考えると、より一層深みが増すんですよね、この辺。
ただやっぱり今回の歌詞で秀逸なのは「輝くわたしになりたい!」だと思うんです。
何故かというと、これこそが『プリティーリズム』『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』の三作品を貫くテーマだと思うから。
思い返してみれば『プリティーリズム・オーロラドリーム』からずっと「自分を偽ること」「自分を押し殺すこと」って悲劇のきっかけで。プリズムスタァやプリパラアイドル達はそこに気づいて「自分」というものを輝かせ、遥か高みへと昇り詰めていく。その果てにあるのがオーロラライジングやグレイトフルシンフォニア、七連続ジャンプと言った「前人未到の境地」だったわけじゃないですか。
『プリパラ』も「みんなの思いで奇跡を起こす」を三年九か月の物語の間ずっと描いてきましたけど、奇跡が起きたのはやっぱり「自分たちの本当の想い」を貫いていたからこそでしょう(その辺を考えると、世界との接続を断つことで「自分」というものを抹殺しようとしたひびき様はヒール役として素晴らしかったなぁ)。
もちろんそういうことを現実で実践するのは難しいことは否定できないわけですけど、そう「自分として輝いてもいいんだよ!」というメッセージをその時々のトレンド織り交ぜながら発信してきたことってやっぱり凄く意味のあることで。そういう作品だったからこれまで長く愛されてきたのだろうと思うわけですが、それをシリーズの一つの集大成ともいえる作品の主題歌で改めて言われると「生きててよかったなぁ」という思いで胸がいっぱいです。おまけにこの曲、『プリティーリズム・オーロラドリーム』から『キラッとプリ☆チャン』までを彷彿とさせるフレーズが散りばめられた曲ですからね。この一曲の中で各作品について触れつつ「プリティーシリーズ」が歌われてるんだから、そりゃもう強いですよ。最強!

と、ここまでは「松井洋平さんの作詞、いいわー」という話をしてたんですが、桑原聖さんと酒井拓也さんの作曲もいいんですよね……。色々とオマージュが散りばめられていて楽しい……。無限にきけますわー。

プリティーシリーズ企画展「プリティーミュージアム」に潜入してみた

4月21日から5月13日にかけて東京アニメセンター in DNPプラザにて企画展「プリティーミュージアム」が開催されていました。
この企画展は『プリティーリズム』『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』の三作品がクロスオーバーした作品『劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』の劇場公開を記念して開催されたもので、「女の子の輝きたい気持ちを大切に」を合言葉にドッカーン!と突き進んできたプリティーシリーズの歴史を感じさせてくれるような夢の企画展だったわけですが、そんな夢の企画展に『プリティーリズム・オーロラドリーム』で衝撃を受けて『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』で生きる希望をもらってしまったせいで、「プリティーリズムと出会う前の生活が思い出せない」「プリリズに人生を変えられた」と真剣な顔で述べたことがある自分が「行かない」と言う選択肢を選べるでしょうか、いいえ、選べません。普段の仕事を休んででも行くのが当然でしょう。
ということでスケジュールを調整して最終週にプリティーミュージアムに行ってきました。もとい「プリティーミュージアムに潜入してみた」。
入場料を支払い、『プリパラ』のめが姉ぇに導かれて奥へと進むとまず目にするのはこの作品紹介!
『プリティーリズム・オーロラドリーム』から『キラッとプリ☆チャン』までが簡潔に紹介されているんですが、パネルの数を見ても分かるように結構な作品数で「さすがは八年続いた作品……」というパワーが!超エモい!

DcwIQTRVAAAmBXl.jpgDcwIQTPU8AYfadg.jpg
DcwJZ1hU8AACSrz.jpgDcwJZ1fVMAAM4ed.jpg

上は名シーンをスライドショー形式で表示、下は作品を彩ってきた名台詞が展示されているんですが、一番最初に来るのが「いっちばーん!」というみあのセリフだったり、最後を締めくくるのが「プリパラは好きぷり?」だったりする辺りの理解っぷりがたまりませんでしたね。みれぃの「プリパラは好きぷり?」は『アイドルタイム』でらぁらが使っていたりと熱い使われ方をしていたので、このセリフで作品紹介を締めくくってたのはもうファンとしてはいいね!を連打したくなりました。
ちなみに作品紹介の正面はプリズムスタァとプリパラアイドル大集合の巨大パネルでした。この段階で「無理。死ぬ」となっていた事をここに書いておきます。

DcwI7HQV0AAuHSx.jpg DcwJZ1hVAAAy8yF.jpg

作品紹介で現世と冥界の狭間を適度に彷徨った後、一歩奥に進むとそこはプリティーリズムのコーナー!
プリティーリズムシリーズに登場する全てのプリズムストーンと放送期間中に発売されたグッズがずらりと並んでいて、その正面ではプリティーリズムのOPとEDがずっと流れているので、熱狂的なプリティーリズムファン(俗にいう「プリリズヤクザ」を名乗る人達)は「ここをキャンプ地とします!!」と叫びたくなるほどの至福の空間でした。ちなみに上に乗っているのはプリティーリズムの企画書ですが、これは撮影禁止なので「そういうものがあった」ということだけ覚えておいてください。自分は中身も読みましたが、ピンポイントで射抜くようなすごい企画書でした……。

DcwLFjDV4AAy7tF.jpg
DcwLFjEU0AA0FBY.jpg
DcwLFjFV0AEWKQf.jpg

展示物で一番貴重だったのは多分これですね。ミニスカート時代のプリズムストーン!

DcwLb11U8AA95dG.jpg
DcwLb14V0AAXBnV.jpg

プリティーリズムシリーズは『ミニスカート』からスタートして半年後に『オーロラドリーム』へとリニューアルしているので、この『ミニスカート』のプリズムストーンはかなり貴重なんですよ! それが全分揃ってる!嬉しい!
自分が行ったのは最終週ということもあり、このコーナーには『レインボーライブ』のメインキャラクターの一人でもあるりんねちゃんのデザインが展示されていて、見ただけで「プリズムのキラメキー!!」とテンションマックスに。各作品の一話脚本も展示されていて、ちょっと泣きそうになりました。

そして『プリパラ』のコーナーへ! 「アイドル名鑑」という形で各アイドルの衣装やらデザイン決定稿やらがパネル展示!こうやって見ると本当に色々なアイドルがいたなぁ、ということが思い起こされるわけですが、「このエピソードのこの顔ってほぼここ以外使ってねーだろ!!」というものまで混じってて興奮! 歌いたいワニのらぁらとか、WITHのおめんを付けてるらぁらとか!面白いところを……!

DcwNOD8VwAAlCwm.jpg
DcwNOD7VMAAHo36.jpg
DcwNOD6UwAEuY-Z.jpg

こっちはアイドルタイム組! ミーチル様のパネルは凄くよかった。ミーチル様だけじゃなくてみちるのコスプレ姿もあって。
そしてしゅうか様は大口を開けてるイメージがあったんだけど、デザイン面ではそこまで大口を開けて無くて面白かった。あとやっぱり制服の丈は短めだったんですね……。モデルみたいで可愛い……。

DcwO7htVQAAMf_Y.jpg
DcwPiC5VAAECHJu.jpgDcwP9HOVMAA2wup.jpg

プリパラコーナーはまだまだ続く! ということで、今度は衣装のスペースに。
『プリパラ』は何だかんだでライブ公演が年に二回ほど行われているのですが、そのステージでキャスト陣が着たものがそのまま展示されています。最終週はトリコロールとガァルマゲドンの展示で、人気ユニットだけあってさすがのデザイン……。ひびき様とふわりは足元に薔薇がある……。あろみか大正義……。


DcwQUrpVQAEUlZd.jpgDcwQUroVMAEOJlL.jpg

この後は『プリパラ』の美術設定やらメイキングですね。
この辺は流石に伏せておきますが、最初はそふぃの位置にコスモがあてがわれていたり、ゆいの米好き設定が当初からのものであったりとなかなか衝撃的な内容がちらほらと。個人的に一番やばかったのは初期デザインのみれぃで、これはもう「強い」としか言えないすごいデザインでした。可愛すぎる。
メイキング映像は動画はおろか静止画撮影も不可でしたが、「あのライブ映像はこんな感じで作られてるのかー」という雰囲気を掴むにはぴったりだったかと。メイキングドラマの制作も「なるほど!そういうやり方で!」と納得できるもので楽しかったです。

DcwSV4rVwAATWJD.jpg
DcwTOOoVMAAoB-4.jpg

ここまでが「これまでのプリティーシリーズ」だとすればここからは「これからのプリティーシリーズ」ということで、『キラッとプリ☆チャン』と『プリティーオールフレンズ』の紹介が! 『オールフレンズ』はここが初出の情報もあってお土産感があって嬉しかったなー!

DcwTipUVMAATV2x.jpg
DcwT7U2VAAAvmES.jpg

プリティーミュージアムについては以上で終わりです。展示物の九割が撮影可能ということで殆どの人が余すところなく記録しようと撮影してたんですが、まー時間がいくらあっても足りない!二時間かかって撮影を終えてももう一周行きたくなるぐらいのパワーが有りましたね。これがプリティーシリーズのキラキラですよ!恐ろしい!
そしてここに足を運んだファンは全員そんな「キラキラ」が好きで、応援したくて今まで生きてきているので、そりゃ入場者の寄せ書きコーナーもこうなりますよ!

DcwUZ0WU0AA0g3Q.jpg

この壁一面だけじゃなくて、ほぼ全ての壁にメッセージが寄せられていて、なんかもうそれだけで泣きそうだった。プリティーシリーズっぽくいえばエモかったし、いっちばーん!だった。ハピラキ!な気持ちで、ハピなるでした。マジヤッベー!
企画展に携わった全ての人達に感謝といいね!を。
10周年を迎えたら、その時もまたこういう企画展はやってほしいですし、その時もまた行きたいと思います。その時はみんなでフォロチケをパキろうね……。

おまけ。
このプリティーミュージアムに行く前に東京駅とキラ宿のプリズムストーンにも撮影しに行っていたんですが、らぁらとゆいに感動してました。
DcuNTY4V4AAmAij.jpg
DcugtU0XcAEMUIH.jpg

それにしてもゆい、この格好が似合うな……。ゆめかわではないと思うけど。



Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター