Entries

『黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない』の先輩に見るセクハラという切り口について

『プリティーリズム・レインボーライブ』と『ジュエルペットハッピネス』が終わってしまった。どちらも内容としては素晴らしく、一年間の集大成にふさわしい幕引きで土曜の朝っぱらから涙を流しながら見ていたわけなのだが、いざ終わった時に世界の滅亡にも等しい喪失感を抱いてしまっている俺がいて、ドアサアニメの罪深さと素晴らしさを再び噛みしめている。一週間後には『レディジュエルペット』と『プリティーリズムオールスタ...

『艦これRPG』に見る原作再現による「原作らしさ」について

『Wake Up,Girls』は「アイドルオタクの山本寛が作るアイドルアニメ」ということで、グダグダ言いながらも一応毎週チェックしているのだが、相変わらず「特に書くことがないアニメ」という印象が拭えない。面白くないわけではないし、理屈も一応筋が通っている。ただ盛り上がりに欠けるというか盛り上げ方が甘いというか、『かんなぎ』以降の山本寛監督作品に見られる「冷やかな視線」が話の山場においてノイズとして機能してしま...

『プリティーリズム・レインボーライブ』と彩瀬なるという主人公のプリズムショーについて

『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』と言う本を薦められた事もあって二回ほど読んだのだが、本作はサイレント映画から現在のように音声が付いている映画に至るまでに様々な変遷があったこと、そしてその過渡期においてアニメーションが「どのような変化を遂げてきたのか」ということを記した本として読む意味がある本だった。主に俺にとって。『ラブライブ!』辺りからアニメのライブシーンについての話をすることが多くなっていて、...

『ジョジョの奇妙な冒険スターダストシューターズ』に見るキャラゲーとしてのこだわりについて

『プリティーリズム・レインボーライブ』の蓮城寺べるの七連続ジャンプに感動して思わず文字起こしをしてしまったのだが、やっぱり文字起こししてると気持ちが落ち着くというか整理されるというか。あの七連続ジャンプの中で見せてくれた「プリズムクイーンを目指し、孤独をも覚悟した挑戦」というものは尊いものなのだが、そんな「審判のクイーンズゲート」で見せた覚悟が「宣誓!永久のワルキューレハート」で蓮城寺べるの夢とし...

『プリパラ』のスタッフとアイドルアニメの関係について

最近はラブコメに食指が伸びなくて、結局今期は『いなり、こんこん、恋いろは。』と『未確認で進行形』ぐらいしか見てない(ニセコイは一話見て映像表現としての目新しさを感じなかったので以降視聴してない)のだが、この二作はどちらも主人公よりも男連中の方が萌える気がする。前者は主人公の兄貴のキャラ立てが絶妙。現役中二病患者ではあるものの、捻くれてぶっきらぼうなだけで根っこの部分は素直で他人のことを心配できる人...

『サムライフラメンコ』とヒーローとして「やりたいこと」について

ニチアサをちゃんと『聖闘士星矢Ω』から『ハピネスチャージプリキュア』までちゃんと見ている人間だけど、今年のニチアサはどうなんだろうな。個人的には安定して面白い作品が一作、ブッチギリすぎていて何も言えなくなる作品が一作、残りはもうどう扱っていいのか分からない作品!と言う印象が強いのだが。とりあえず『烈車戦隊トッキュウジャー』は主なスタッフが『侍戦隊シンケンジャー』と同じだけど、作風としては『シンケン...

『劇場版プリティーリズム』と総集編としての工夫について

少女は華やぐ。輝くスターを瞳に映し。少女は舞う。弾ける夢を胸に掲げ。少女は奏でる。無限の未来を追いかけて!『プリティーリズム』が映画化と聞いて黙っていられるか! というわけで初日に『劇場版プリティーリズム』を見てきたわけなのだが、「今までプリティーリズムシリーズの中でやってきたプリズムショーを集めた総集編」という第一報通りの総集編ではあったものの、単なる総集編かというと一味違った総集編であった。遂...

『アイカツ!』とドリームアカデミーの精神と体現する存在の誕生について

神は俺達を見放してはいなかった! 『あいまいみー』がブルーレイ化だ!あいまいみー(Blu-ray Disc)(2014/05/16)不明商品詳細を見る去年放送されたアニメの中では五本の指に入るほどの大傑作ギャグアニメ、『あいまいみー』がまさかブルーレイ化される日が来るとは! 俺はDVD版はもちろん購入していて一ヶ月に一回ぐらいのペースで再視聴している人間なのだけれど、こうしてブルーレイ化されるとなっては夏コミでちゃんと『裏あ...

『プリティーリズム・レインボーライブ』と愛が見せる強さについて

『キックアス・ジャスティスフォーエバー』を見てきたけど、正直『キックアス』を下地にしている『サムライフラメンコ』のここ最近の怒涛の展開の面白さの方が『キックアス2』よりも面白いように思う。キングトーチャー編の自分達に出来る範囲内での戦いや怪人とヒーローの戦いが日常化していくことによる社会の変化を、戦い自体を白々しく描くことで表現していたり、フラメンジャー編の取ってつけたような展開とそこからくる茶番...

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター