Entries

『ガンダムビルドファイターズトライ』に見る「好き」だからこその理解について

『ドリフターズ』四巻。三巻から一年半ほど空いて発売となった四巻だけど、(雑誌で読んでいたとはいえ)待っただけのことはある面白さだ。今まで行われていたのはあくまでゲリラ戦であり侵略戦だったのに対して、今回描かれたのは防衛戦であり、戦いの性質の違いも面白いのだが、相手が銃のことを知っている時代の土方歳三というのがまた熱い。相手が「銃の戦術的な価値」を知らないからこそ優位に立ち回ろうとした信長だけど、土...

『アイカツ!』に見るメインキャラの違いが生むそれぞれの物語について

『妖怪ウォッチ』。色々あって一話から観直しているところなのだが、これだけ映画やら漫画やらドラマやら、ジャンルを問わず様々な名作や迷作をパロディを展開している作品は早々無いような気がする。『妖怪ウォッチ』は一話完結で毎週三話という構成で、一話終わるごとに仕切り直しが入る話の自由度が高いといえば高いのだが、それにしても多すぎる。そして面白すぎる。孤独のグルメのパロディである給食のグルメは今シリーズ化し...

『クロスアンジュ』のまずいプリンに見る「生きていく覚悟」について

『ハピネスチャージプリキュア』。強化フォームやら誕生日会やらで、登場人物がメイクする分には別に構わないのだが、メイクするにしても色の載せ方が下品で、メイクをしても「化粧が濃いだけにしか見えず、全然可愛く見えない」というのはどうにかならないものなのだろうか。いや「化粧している」と「可愛く見える」の中間ラインを探るのが難しいことも、子供に「化粧している事」が分かる用に調整しなければならない事も理解して...

『WIXOSS』に見る「自己犠牲以外の救済の模索」と友情の一貫性について

ウルトラジャンプで連載している『selector infected WIXOSS-peeping analyze-』。タイトルの通り、『WIXOSS』のコミカライズ作品なのだが、内容があまりにも面白すぎる。本作はTVA『WIXOSS』でるう子がタマと巡り合うよりもはるか以前を描いた前日談なのだが、『WIXOSS』の中でも一、二を争う人気を持つアキラッキーこと蒼井晶のルリグだったピルルクが人間だった頃の物語なのだ。「ルリグとは夢限少女となった元人間達である」と...

『ガンダムビルドファイターズトライ』に見る仲間とだからできること。

『アイカツ!』103話。「いちごの一日マネージャーをやったことで自分の武器に自信が持てなくなる氷上スミレ」から、自分の武器をもう一度見つめなおさせ、今できることを一生懸命やることの尊さを説く事で、彼女の最初の武器を認めてくれた姉をライブに呼ぶ、という一連の流れは、一期でやったことを二度も繰り返させずに少しずらすことで新鮮さと三期だからこその物語になっていて素晴らしいものだった。でもこの103話で一番好き...

『プリパラ』ドレッシングパフェに見るライバルキャラの魅せ方について

AGP愛宕。収納する場所も飾る場所もないので買うつもりはないのだが、それでもサンプル画像を見てしまうのは、このフィギュアのパーツの分割の仕方が面白いからだと思う。例えば胴体の分割を見ていくと、サンプル画像を見る限りでは胸の下で分割されている。しかし正面から見据えてみると、愛宕の特徴的なその豊満な胸のお陰で、分割した時に出来る分割線は目立たないようなところに出ているし、腰回りに備え付けられた装備が大型...

『アイカツ!』の氷上スミレに見る美人の演出について

『レディジュエルペット』。第二クール最後になってぶち込んできたのが、「ルビーがももなをレディ候補生として選んでいないということがバレる」という話な辺り、シリーズ構成がちゃんと組まれていて文句のつけどころがないなぁ。そもそも一話からしてももなは他のレディ候補生とは明らかに違う描き方がされていたわけで、そこを拾い上げる事については異論を挟む余地はないんだけど、その上でももなとルビーが喧嘩して仲直りする...

『少年ハリウッド』に見る「アイドルとして生まれる」ということについて

『プリパラ』十三話。チーム名を巡る話かなーと思ったら、計算高いみれぃと感性のそふぃとの相性が悪くて、噛み合わなくて喧嘩してしまうという話だった。「このスタッフだったら、らぁらがそふぃとトモチケ交換した時のみれぃの表情とかあったし、何らかの形でみれぃが疎外感を感じてしまうという話はやるだろう」と思っていたら本当に入れてきてびっくりしたけど、落とし所として用意したのが「トモチケ交換」と「交換した相手と...

『アイカツ!』二年目に見る「私の可能性の物語」について

昨年冬コミ出だしたアイカツ!本『スイッチオン!』で書いたアイカツ!一年目の総論を有料ですが公開しています。タイトルは『未来プロデュース ――アイカツ!が描いたもの』です。https://note.mu/mizune/n/n4615129b8d20なぜ今ごろになって公開したのかというと、この記事の本文に当たる部分が二年目の総論として書かれたものであり、一年目の総論の話を踏まえて書いている部分があるからです。二年目の総論もドリームアカデミー...

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター