Entries

今日のニュースと「二日目だけは午後からの話しか覚えてない」

[雑 記]二日目のお話その1

冬コミ参戦組の朝は早い。
始発にもかかわらず、ラッシュ時と変わらない満員電車に乗りこみ、国際展示場へ向かう。
手にした切符は地獄へのフリーパスであり、同時に勝利へ繋がる唯一のパスでもある。
私はその切符(相当のSUICA)を手に、満員電車へと乗り込んだ。
「人多いっすね!」
戦友へと声をかける。
「まあ、ラッシュ時と同じと思えばこれぐらいは」
彼の言う事はもっともである。コミケ時の始発はラッシュ時と同じ程度である。
これぐらいはこなせなくて、なにが戦士だろうか。
企業戦士達は毎朝この戦いをこなしているのだ。
私が経験する闘いなど大したことではない。
これで根を上げているようでは、この先生き残れない。そう言われている気がした。
気がしただけだった。特に深い意味はないのだった。
国際展示場。
そこはこの日のために耐え忍んできた戦士達の戦いの場であった。
コロッセオだった。彼らは己の全てを賭けて、今日一日の戦いに挑もうとしている。
私がこの地に着いたのは時は開場4時間ほど前であった。
散るものは今日も散る。私は散るわけにはいかなかった。
なお、仲間とはぐれて、あの広い空間でプチ迷子だったことはなかったことにされた。
さて、我々はここで寒さを凌ぎ、移動開始まで待機である。
冬の風は冷たく、戦士達から容赦なく体力を奪っていく。
準備をしていないものにとって、この風に耐えられるはずもないと私は感じた。
とにかく冷たく、容赦なく吹き付けるのだ。
防寒グッズをそろえていなかった時のことを思うと、震えが止まらなかった。
いや寒さでは震えていたのだが、別の意味で震えが止まらなかった。
耐え忍ぶこと四時間。ようやく開場である。
戦士達は走った。何を求めるのか。
それは自分自身しか知らない。みな何かを求めて走り続ける。
己の勝利のため。己の名誉のため。己の欲を満たすため。
彼らは走った。闘いの最後を勝利で飾るために。
なお、俺の戦いは即座に終了した。
とらのあなが一日目で全部売り尽くしたという情報を開始三十分で確認したためである。
闘う前から負けているのであった。。
自棄で購入した「ブラスレイタ-」の設定資料集とバカゲー三本を片手に、俺は国際展示場を後にした。
俺には、もう一つ重要なことがあるのだ――!

冲方丁「マルドゥック・スクランブル」アニメ化が再開!?
アニメ化して成功してOVAでヴェロシティ出せばいいじゃない。
俺が買いますよ。三本ぐらい。

ボーカロイド第3弾「巡音ルカ」登場…声優は浅川悠、クールな20歳女性の設定
ブラボー!マーべラス!エクセレント!な
や、これはよくね?

エロゲSD原画師のまとめ
あやかしびと……。
中央東口好きですんで!

2008年エロゲソングマイベスト5
1位と2位は俺もー。
あ、三位は闘神都市Ⅲで!

ジャンプSQ今月号から内藤泰弘「血界戦線-魔封街結社-」が3号連続集中連載。第1話がWEBで無料公開中。
今回も燃えそうだから困る。
読むべ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1476-bde53abb

1件のトラックバック

[T194] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-01-27

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター