Entries

今日のニュースと「魔王編」

[雑 記]装甲悪鬼村正魔王編

いつからここは漫画系サイトの看板を名乗りながら、ゲームの話を繰り広げるようになったのだろうか。
それを知る者は主しかおらず、そしてその主は現在もなおバルドスカイに没入中。
それはすなわち今現在ここに変遷を知る者はいないと言う事を意味する。なぜこうなったのか。
その問いは虚空へと投げられ、すぐに掻き消えた。
答えるべきものはいる。答える意志はない。
ただそれだけである。それは言葉遊びだと苦笑するのも一興かと思い、私は笑ってみた。
「まるで言葉遊びのようだ」
しかしそれに対する反応は皆無。沈黙が空間を支配する。
だが。だが。道化とは。真なる道化とは。
何事をも気にしない愚者を演じるものではないだろうか。
そしてこの時こそ、道化としての真意を問われているのではないか。
私は愚者となろう。愚者を演じて見せよう。
それが物語の仕手であり、道化師である私なのだから。

ここに鎧がある。呪いの鎧だ。
ただこの鎧の呪いは、ただの呪いとは一味も二味も違う。
かけられた呪いは「善悪相殺」。
「敵を斬れば、愛するものを斬らねばならぬ」悪鬼の理。
それが最も現れたのが「魔王編」であるといえよう。



魔王編はヒロインを「光」とする物語である。
それは「光」という最も大事な人を敵として斬らねばならない男の苦悩の物語である。
斬らずに済むのであればどれだけよかったのか。
要は不運に振り回された兄妹の物語なのだが、このシナリオが一番「大河ドラマ」の形を成している。
物語の黒幕に迫るルートであるため、話が進むとともに世界が大きく変動する。
例えば戦争が起きる。英雄編でも起きているのだが、英雄編とは違い、本物の戦争である。
黒幕の思うがままに物語は進むのであるが、景明と村正は苦悩の果てにこれを打ち破り、光と向き合う。
今までも何らかの形で、自信の行いと向き合ってきた景明であるが、このシナリオにおいて向き合う者は過酷な現実。
故に辛い。そして物哀しい。
愛と憎悪。二つの思いを乗せて、景明は光へと挑む。

またこれは村正と仕手の物語である。
村正の真意を知った仕手が共に歩もうとする物語である。
契約と再契約の物語であり、それが大河ドラマでありながらギリギリ深刻な政治的な問題に行きかけるのをセーブしている部分がある。
そして村正がいるからこそ、この物語は完成をする。
そこに綴られた物語の物哀しさと陰惨さは嫌悪の対象になっても仕方がない。
だが、だからこそ美しいラストシーンへと繋がっていくのだ。

あ、俺としては魔剣対魔剣が秀逸だったのでまああとはどうでも……。悪鬼編が本編だしな!


次は最後かしら。

「武器は使わない」「ギブアップあり」 中学生が6対6の殴り合い→“決闘容疑”で書類送検
決闘罪って帯刀してた頃の話だった気がするのだが。
まだ残ってるのか。

【生キャラメル】 ついにハジケた田中義剛の花畑牧場バブル…東京の4店舗が閉店・札幌の工場も閉鎖
実は計画通りなんじゃなかろうか。
普通に考えて。

なんでそんなにギャルゲーが好きなの?
実は演出とか見ると、結構考えられてたりするのよね。
アクションの見せ方一つでもちょっと違うし。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1688-47a6dbb7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター