Entries

新たなる時代の物語――『フルメタルパニック!アナザー』がアツい!


フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
(2011/08/20)
大黒 尚人

商品詳細を見る


ここ数年で完結したライトノベルで群を抜いて出来が良かった作品と言えば、俺は間違いなく『フルメタルパニック』を上げるのですが、そんな『フルメタルパニック』の十数年後の世界を描いた公式外伝、『フルメタルパニックアナザー』が本家にも負けず劣らない出来、そして今後を期待させる素晴らしい作品でした。

物語は『フルメタルパニック』本編終了から十数年後。
作業用アームスレイブことPS(パワー・スレイブ)の操縦に長けた男子高校生、市ノ瀬達哉はひょんなことからアームスレイブに乗りこみ、トラブルを解決をしたことからD.O.M.S.社にスカウトされる。様々な事情によりその誘いを受けた達哉だったが、その決断が彼の運命を大きく変えるものだった――という非常にオーソドックスなシナリオなのですが、非常に面白い事に前作との対比として非常に面白い。
前作の主人公がプロフェッショナルであり超人アクションをこなす職業軍人ならば、今回の主人公はプロフェッショナルではないため超人アクションはできません。
またパワー・スレイブの運転長けていようとも軍事用であるアームスレイブとは異なるため、宗介の「スマートさ」とは無縁の「荒々しさ」を感じさせますし、一方でヒロイン同士も対比になっておりまして主人公に対する立ち位置こそ同じだけれど、かなめが日常の象徴であるのにたいして、アデリーナは非日常の象徴といった様子。
また物語についても「主人公がヒロインとの出会いにより、非日常の世界に飛び込んでいく」というボーイミーツガールの基本を守りながらも、主人公達の「日常」が全く異なるため、語られる物語も全くの別物なんですね。
宗介にとっての非日常が「東京の高校生生活」であるのならば、達哉の非日常は「AS乗りとしての訓練生活」なのでそこの違いは大きいんですね。
確かにこれ単体では分かりにくい面白さではあるんですが、外伝という事を考えるとこういう楽しみ方も出来るわけで、その対比が非常に面白い。
またアームスレイブの描写が徹底して「パワードスーツの延長線上にあるもの」として描かれているのも面白い点。

富士見でも最速の重版がかかったと言う事からも、読者も編集部からも期待も高い本作。
二巻の発売は今年末で、どうも主人公機も二巻から活躍するようですし、今後が楽しみですね!

そしてこっちも。


フルメタル・パニック! 3D&設定資料ASクロニクルフルメタル・パニック! 3D&設定資料ASクロニクル
(2011/08)
不明

商品詳細を見る


ASの設定資料集!
どちらかと言えば玩具のカタログなので、あんまりお勧めできませんが、読み応えのある一冊でした。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1758-56bd2ea1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター