Entries

恋愛×狂気!?『ねじまきカギュー』が面白い!!

最近はずっと読書しておりまして、テッド・チャンの『あなたの人生の物語』やら長谷敏司の『あなたのための物語』やら上遠野浩平の『恥知らずのパープルヘイズ』やらを読んでいたのですが、息抜きに読んだ『ねじまきカギュー』が面白かったのでご紹介。


ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス)
(2011/06/17)
中山敦支

商品詳細を見る


ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)ねじまきカギュー 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/09/16)
中山 敦支

商品詳細を見る


本作は、女難体質で怪物的にヤバイ女の子ばかりに好かれると言う新米教師・葱沢鴨。そんな彼の前に現れたのは謎の拳法家・鉤生十兵衛。「先生を護る!」と宣言する十兵衛は実は美少女で、十年前に別れた鴨の幼馴染だったのだ――、と言うところから始まるアクション漫画作品。
作者の中山敦支はサンデーで連載していた『トラウマイスタ』などで有名ですね。まあ『トラウマイスタ』は打ち切られちゃったんですけども。

本作の面白さはやはり中山敦支氏お得意の「狂気」を帯びたキャラ達とヒロインである鉤生十兵衛の愚直で一途な「信念」にあると思います。

『トラウマイスタ』の時も思いましたが、この作者は狂気の漫画での描き方が抜群に上手いんですよね。
絵のタッチこそは確かに漫画的なんですが、「この子はおかしい」を端的に分かる絵を描け、そしてその狂気性がきちんとその一枚の絵で理解できるというのは、かなり強力な武器だと思います。
本作でもその「武器」は存分に生かされているのですが、そこに『トラウマイスタ』終盤で見せたあの熱量を、毎回載せてくるのだからその破壊力は半端じゃない。
長編ではなく、中編や一話完結型で才能を発揮する人だとは思うのですが、それにしても毎回迫力のある絵を描きながら、物語をスピーディーで過不足なくまとめあげていくその手腕にはただただ脱帽するしかありません。
この人、この漫画でまた漫画に目覚めた感じがありますねー。

二巻以降からは長編に入っているのですが、一巻までの積み重ねが二巻の段階である一つの壁を越えており、またちょっと凄いですね。
「今後どうなるのか」が作者である中山氏と共に楽しみな漫画であります。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1762-334745ab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター