Entries

月刊ヒーローズ雑感

「未来形コミック」と題打たれた漫画雑誌『月刊ヒーローズ』の第二号が出ていたので惰性で購入したのだけれど、この雑誌はなにがしたいんだ!?以上のコメントが出せないなぁ。

どんな雑誌にでも其の雑誌の統一された色というものがある。
ジャンプだったら「王道の少年漫画」、サンデーだったら「優等生的」みたいなその雑誌ごとの特色というものがあるのだけれど、『ヒーローズ』にはそれがない。
正確には掲載作品にまるで統一性がなくて、一冊の雑誌として読むのが非常に辛い雑誌になっている。
詳しい掲載作品は公式サイトを見てもらえばわかると思うけど、『鉄のラインバレル』の清水栄一・下口智裕コンビのウルトラマン漫画と坂本龍馬漫画と現代版桃太郎らしい漫画と藤沢とおる原作漫画と島本和彦が同じ雑誌で連載しているんだぜ?
もう何がしたい雑誌なのかさっぱりだ。

Twitterでは『コミックギア』と比較して話していたけど、『コミックギア』の方がまだ統一性があってやりたいことがわかるだけに『ヒーローズ』よりはマシなんじゃなかろうか。
まあ『コミックギア』は統一されすぎて、「どれを読んでも同じような印象しか受けない」と言う意味では大失敗だったし、はっきりいって五十歩百歩ではあるのだが、やりたいことはわかる分『コミックギア』の方が好感が持てる。
次号から休刊になっても割と納得できるだけに、『ヒーローズ』はどこに行こうとしているのか気になるなぁ。

ただこの雑誌、「パチンコやパチスロの原作を作るための雑誌」だと思うと、「雑誌としての統一性のなさ」も理解できるんだよねぇ。
要は「パチンコ化しやすいorパチンコユーザーにウケがよさそうな作品」という統一性ですね。
だからこそ書店流通せずにパチンコ店やセブンイレブンでの流通になったんだと思うんですが、ただそれは「漫画雑誌としての面白さ」ではないし、「パチンコ化前提」と言う「漫画雑誌なのに漫画の扱いが軽い」という部分が俺にはどうしても気になってしまう。
雑誌にも関わらず「雑誌としての完成度」が低いというのはそれはそれで問題かなーと。

200円という価格設定は挑戦的なんだけどねー。
ヒーローズの200円は悪い意味で適正価格すぎて何とも。
同じぐらいの値段のジャンプとヒーローズなら、俺はジャンプを買うかな。
わざわざ『ヒーローズ』を買う理由が今のところないからねぇ……。

まあこの雑誌がどうなるのかは割りとどうでもいいのだけれど、『ULTRAMAN』は好感が持てるのでしばらく買い続けるかなーと。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1768-efa85afc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター