Entries

ゼロ年代の魔法少女モノについて~プリズマ☆イリヤ


Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (4) (角川コミックス・エース 200-7)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (4) (角川コミックス・エース 200-7)
(2011/10/07)
ひろやま ひろし

商品詳細を見る


『プリズマ☆イリヤ』がアニメ化らしいですなー。

コンプエース連載「プリズマ☆イリヤ」アニメ化決定!!キタ━━(゚∀゚)━━ !!!

Fate関係でのアニメ化は本編のアニメである『Fate/Stay night』『Fate/stay night Unlimited Blade Works』、前日談である公式外伝『Fate/Zero』の三本があるわけですが、『プリズマ☆イリヤ』はそれらの作品が「同一世界上の作品」であるのに対し、「完全な平行世界である作品」なので今までのFateのアニメ化企画ではなかった作品になっております。

物語はひょんなことから魔法の杖カレイドスターを手にいれたイリヤは魔法少女となって、本来の持ち主である遠坂凛の脅迫に従って英霊たちの力の結晶体であるサーヴァントカードの回収する!というもので、いわゆる「魔法少女物」の王道とも言えるストーリー。
作者のひろやまひろしさんといえばイリヤネタで有名な型月同人業界の人なんですが、さすがにイリヤ好きだけあってイリヤのことをよく分かった展開が多く、非常に可愛らしいイリヤを描いていると思いますし、Fateが伝奇活劇であるように本作の魔法少女もまた活劇(アクション)をしており、とりわけ第一期シリーズの「己の力との向きあう」というテーマを中核に据えた脚本は見事の一言。
現在は「サーヴァントカード回収を終えたイリヤ達が新たなる事件に巻き込まれる」という第二期シリーズ『ツヴァイ』が連載中であり、個人的にはFate関係では「最もFateらしさを受け継ぎながら独自路線を打ち出せている作品」だと思っております。

さて本作は前述したように魔法少女物なんですが、本作の魔法少女観は『ゼロ年代以前』ではなく『ゼロ年代以降』の魔法少女なんですよねー。
ここでの『ゼロ年代以降の魔法少女』とはまあ『魔法少女リリカルなのは』以降の「少年漫画的な魔法少女アニメ」のことで、昨年ヒットした『魔法少女まどか☆マギカ』もその類型に属するのではないかと個人的には思っていたり。
ゼロ年代以前の魔法少女が日常の問題を魔法の力によって解決する「エブリデイマジック」物であり、魔法はあくまで「間接的に問題解決に導くもの」であったのですが、『魔法少女リリカルなのは』で描かれた魔法世界は「魔法は直接的な問題解決の手段」として描かれています。
もっとも『カードキャプターさくら』のように、基本的には「エブリデイ・マジック」ながら、「問題解決の手段」として魔法を扱ってる場合もあり、一概にこのように分類できるわけではないのですが。

さて、『プリズマ☆イリヤ』もまた『なのは』のように「直接的な問題解決手段」として魔法が描かれており、サーヴァントカード回収という名目ながら彼らは魔法を使ってバトルを繰り広げていく。
ただ後書きを見ても分かる通り、本作は「エブリデイ・マジックとしての魔法少女物」ではなく、「バトルアクションとしての魔法少女モノ」というなのはメソッドというべきものを用いているんですね。
とある公式同人誌に登場した『アインツさん家のイリヤさん。』を下地にしている部分は見受けられるのですが、そもそものその作品ですら「なのは的な魔法少女物」のパロディ的側面が強いことからも、ひろやまひろし氏が魔法少女を「なのはみたいなもの」と見ている可能性はあるかと思います。まあこの辺は完全に私見なんですけども。

加えて押さえておきたいのは、『なのは』が「往年の魔法少女のお約束を守ると、よくある魔法少女パロディになる」ということで意図的にエブリデイ・マジック路線から外したという事実であり、当初は亜流魔法少女として描かれた『なのは』が時代を巡って「魔法少女のスタンダード」になったというのは興味深い点ではないかと思います。

余談ですが、『魔法少女まどか☆マギカ』における魔法少女は「一般的な魔法少女のイメージ」が舞台じかけとして機能しているんですが、まどかが最終回で行った世界改変はそんな『一般的な魔法少女の世界に変えた』ということではないかと思う次第です。

まあ何にしても。
『プリズマ☆イリヤ』は色々と面白い作品ですので面白い作品になってほしいですなー。
願わくば第一期シリーズのアニメ化を……!
俺、一期シリーズ大好きなんだ……。


Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)
(2008/04/26)
TYPE-MOON、ひろやま ひろし 他

商品詳細を見る



Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (2) (角川コミックス・エース)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (2) (角川コミックス・エース)
(2008/12/24)
ひろやま ひろし、TYPE-MOON 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1776-d908cb22

0件のトラックバック

1件のコメント

[C897] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター