Entries

そに子騒動について思うこと

最近真面目な話ばかりしているので、最近読んだ『天冥の標』が面白かったと言う話とか、スクウェア・エニックスの『拡散性ミリオンアーサー』の運営がダメダメでゲーム自体の寿命が尽きかけてると言う話とかしようと思ったけど、これだけは触れておかないといけない。

ニトロプラスのマスコットキャラ、すーぱーそに子周りでの一連の騒動について。
色んな所に飛び火していて全体像を捉えにくいので、個人的に色々調べてある程度結論が出たのでちょっと書いておく。
なおこれはあくまで私見だし、俺の集めた情報も正しいとはいえない状態なので何かあったらツッコミをよろしくお願いする。
あと本文中では「すーぱーそに子の声優はすーぱーそに子」とは書いていないけど、それをやると話がややこしくなるので本文では便宜上声優は山本彩乃さんであると書いておきます。



事の発端はすーぱーそに子の声優である山本彩乃さんがTwitterですーぱーそに子関連での仕事に対する不満をぶちまけた事。
詳しくはTogetterにまとめられているので、そちらを見たほうが手っ取り早いと思う。

Togetter - ニトロプラスのキャラクター・すーぱーそに子を演じる声優「酷すぎる環境にもう限界」

この流れをみて、ニュー速VIPブログがそれを記事にしてまとめる。

声優の山本彩乃さん「辞める、絶交するわ、バイバイそに子さん。酷すぎる環境に限界、自分自身が誰よりも楽しむことが大切」 そして謝罪へ

その記事を見てニトロプラスの広報のニトロくんが「すーぱーそに子の声優はすーぱーそに子なので訂正してください」という修正願いを出し、ニュー速VIPブログは修正記事を出す。

ニュー速VIPブログが株式会社ニトロプラスに怒られる

その後ニトロプラスの広報であるニトロくんが公式見解として「そに子に中の人はいない」「そに子とその友達が喧嘩しただけ!」という謝罪にすらなっていない公式声明を出す。ニトロスタッフもそれに同意する形でTwitterで次々とコメントを出す。










この騒動を知ったJ-CASTが記事にする。

バーチャルアイドルが反乱? 「絶交するわ」「バイバイ」発言で騒ぎに

なお事態は一応そに子のなかの人である山本彩乃さんがすぐに謝罪して沈静化はしている。



今回誰が悪いのかという話だけど、俺が調べた限りだと一番最初にルール違反をしたのはそに子の声優である山本彩乃さんだろう。
守秘義務がある中でその義務を忘れてTwitterという公共の場所で全部書いてしまったということは、たとえ彼女が言うことが全て真実だったとしても許されることではないと思う。
例えスケジュールが本当に厳しくともそれはやってはいけないことだし、それをやった彼女が一番最初にルール違反を犯したというしかない。

でも今回は彼女以外の他の登場人物たちの対応も正直どうかと思うんだよなー。
今回の件は簡単にいえば「声優が厳しいスケジュールを要求されたことで役を辞めたいと言い出した」ということになるんだけど、そもそもそのような文句が出てくるような厳しいスケジュールを組んでくる所属事務所であるマウスプロモーションもどうかと思うし、声優に負担がかかるようなスケジュールになる発注の仕方をしているニトロプラスもどうかなーと。

そしてこの問題が発生した時の対応に関してだけど、今回ニトロプラスは悪手ばかり打っていて、さすがにこの対応の悪さと下手糞さは話にならないんじゃないかな。
このような過密スケジュールを要求しておきながら本人に対する公式の謝罪は一度もないし、彼らは「そに子とその友達が喧嘩をしただけ!」と言う自分達の用意した脚本に演じたコメントを出しているわけなんだけど、そもそも内部事情が殆どバレバレなので、完璧な脚本に基づいたコメントであっても茶番にしか見えないし、本質的な問題を隠そうとしている行動にしか俺の目には映らなかった。

正直今回の件は内部事情がほぼバレたようなものなので、ニトロプラス側が取れる選択肢は「内々に処理してしまう」か「全部公開してしまう」かのどちらかしかなかったと俺は思うんだけど、彼らは山本彩乃さんの所属事務所に行くことをTwitterに書き込んだり、まとめブログに対して「そに子の声優はそに子!」という訂正メールを出したり全て公開情報としてやってしまった。
そんなことを誰もが見られるところでやってしまったら、「圧力で声優の声やまとめブログの記事を揉み消した」にしか見えない。「そに子と友達が喧嘩しただけ」という脚本も頑張って用意したんだろうけど、裏側まで全部想像できるようなことをしておいて、「信じてくれ!」と言われても土台無理な話ではなかろうか。



まとめると、今回の件は「本当だったら『声優が悪い!』というだけの話に落ち着くところを、ニトロプラス側の対応の悪さがここまでの大惨事を招いた」ということなんだけど、正直今回の件はニトロプラスの最近の悪いところが全部凝縮された感があって、ニトロプラスの一ファンとしてはなかなか複雑な心境だったり。
でも書かないと忘れるし、こういう対応の悪さはきちんと批判されて改善されるべきなので書いておくこととする。

しかし人間は物語のような劇的さを求めるし、そういう意味では「友達同士が喧嘩しただけだから!」も裏側まで筒抜けじゃなけりゃ説得力のある物語だったんだろうなーと思うわぁ。
全部筒抜けだったから「劇的だけど陳腐」に落ちただけで。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1784-a50c24e0

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1690] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター