Entries

拡散性ミリオンアーサーの話

ラノベサイト界隈がプレイ開始していたので、スクウェア・エニックスのソーシャルゲーム『拡散性ミリオンアーサー』を始めてみて二週間ぐらい経つのでつらつらと書いてみる。

その他のソーシャルゲームと同じく「カードを集める」「バトルする」「カード同士を合体させて育成」と言う部分は同じのだけれど、今までのソーシャルゲームと違うのはあくまでブラウザゲームだったのに対して、アプリで行なっているという点。
結局サーバー通信をする必要があるので、クライアントでしかないんだけど、アプリにしたことによりソーシャルゲームであるにもかかわらず音楽が流れるし、部分的とはいえ声まで付いている。
また今まではバックグラウンドでしか語られず、世界観とシステムの意味付けのためにしか存在していなかったシナリオが表に押し出されており、ソーシャルゲームと従来のゲームの間ぐらいの位置づけ。
ちなみにスタッフもなかなか豪華でライトノベルのイラストを手がけているイラストレーター、例えば『狼と香辛料』の文倉十や『キノの旅』の黒星紅白、『ムシウタ』のるろおなんかも参加しているし、シナリオは『とある魔術の禁書目録』の鎌池和馬、音楽はヒャダインこと前山田健一であり、声優も宮野真守や井口裕香、伊藤かな恵、釘宮理恵、花澤香菜などかなり豪華。電撃文庫関係者が多い気がするがまあいいや。

私見としては「音楽とシナリオの存在」と「イラストレーターのクレジット」は感心したかな。
特に後者は知名度のあるイラストレーターを引っ張ってきているんだけど、塗りまでやってる人とそうじゃない人がいるのでその人の絵かわかりにくいんだけど、クレジットしてくれたのはよかったなー。
収集意欲的な意味でも、俺は文倉十とるろお集めるためにやってた&やってるので誰かわからないよりはこっちのほうがしっくり来る。
シナリオと音楽は言わずもな。これにより作業感が薄れているので個人的には評価していたりする。
まあ面白いかどうかは別の問題で、少なくともシナリオはいい意味でも悪い意味でも鎌池和馬なので苦手な人は苦手だろうなーという印象。

で、ここからは愚痴になるんだけど、正直このゲームの開発費と開発期間を知りたい。
なぜかというとこのゲーム、運営の判断ミスで開発費をペイできるかどうかかなり怪しいから。
このゲームもプレイ人数が増えてきたので先日サーバーメンテが行われたんだけど、このメンテが長引いた結果一日何も出来ないと言う状態になった。
まあさすがに運営も悪いと思ったのか、お詫びという形でアイテムが配布されたのだけれど、そのアイテムとは有料のガチャを回せるチケットが十枚
かーずさんがモゲマスのガチャに相当突っ込んだ話を知っている人は結構いると思うのだが、現状ソーシャルゲームにおける収入はやっぱり有料ガチャが主な収入源になっているらしい。

Togetter - バイルSNSゲームが儲かる本当の理由。かーずSPはなぜ15万もつぎ込んだのか?

で、拡散性ミリオンアーサーの悪いところは何かというと、そんな主な収入源である有料ガチャを一時的とはいえ十回以上回せるようにしたこと。しかもシステムの穴を突いた方法ではなくて、正規の方法で。
元々ミリオンアーサーのレアカード以上ってそれほど多くないし、同じレアが二枚以上あっても特に使い道がないからいらないという仕様なので、一度に十回も回したらガチャを回す意欲がなくなるんだよなぁ。
まあガチャチケ一切なしよりはあったほうがいいんだけど、十回はちょっとばら撒きすぎだし何を思ってばら撒いたんだろうなー!

とりあえずるろおのカードも文倉十のカードも手に入ったのでちょっとペースは下がってるんで機を見て適当にプレイしていくかなー。





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1785-caca7368

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター