Entries

デビルサバイバー2がアニメ化という話

アトラスの『デビルサバイバー2』がアニメ化するらしい。

『デビルサバイバー2』プロジェクトが新たに始動! ティザーサイトオープン、アニメ化決定&コミカライズ連載開始

『太陽戦士サンレッド』『ペルソナ4』を手がけた監督、岸誠二とシリーズ構成を担当した上江洲誠が今回のアニメも手がけ、音楽は『ガンソード』や『コードギアス』などの音楽を手がけた中川幸太郎が担当するらしい。
個人的に『ペルソナ4』は「アニメとしては面白いが、原作のテイストを生かしているかどうかだととりあえず醤油をかけてみた的な作品である」という見地であり、少々不安なのだがまあ「デビルサバイバー2だしなー」ということでとりあえず納得させておくこととする。

さて『デビルサバイバー』の話をしておくと、所謂ペルソナシリーズを代表とする『女神異聞録』シリーズに連なる作品群である。女神異聞録シリーズはアトラスの看板シリーズである「女神転生シリーズ外伝」的な側面が強い作品郡であり、本作ももれなく「電子機器を用いて悪魔を召喚し使役する」や「善悪の判断はプレイヤーに委ねられている」などの特徴を持つ。
『デビルサバイバー』シリーズとしては現在のところ『デビルサバイバー』とその上位互換に当たる『デビルサバイバーオーバークロック』、そして今回アニメ化された『デビルサバイバー2』の三本が発表されているのだが、『デビルサバイバー』の上位互換である『オーバークロック』からは女神異聞録のタイトルが外されており、ペルソナなどと同じように新たなシリーズとして展開されていくようだ。

このシリーズの特徴としては『魔神転生』以来の戦略シミュレーションゲームであることもあるが、最大の特徴はそのシナリオだろう。
デビルサバイバーシリーズはいずれも「何らかの理由により主人公達が生き残りをかけて戦う」というドラマを展開しており、第一作にあたる『デビルサバイバー』では自衛隊により封鎖され、悪魔が闊歩するようになった東京を舞台に、悪魔を召喚する力を得た主人公達が七日間を生き抜くというドラマが展開された。


女神異聞録 デビルサバイバー女神異聞録 デビルサバイバー
(2009/01/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る



デビルサバイバー オーバークロックデビルサバイバー オーバークロック
(2011/09/01)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


情報すら与えられず食料調達すら困難になった東京における人々の戸惑いや狂気。そして救いを求めて宗教に縋ったり、手に入れた悪魔の力を使って人々を殺戮する存在など「極限状態における人々の動き」を描いた本作は高い評価を受けた。
俺などもアホほどやりこんで隠しボスをボコボコにしたりしていたのだが、まあアトラスなのでまともなエンディングが一つもないのはデフォルトということにしておきたい。
アトラスなのだから安易な判断ではエンディングも後味が悪くなり、かといってどの結末にもメリット・デメリットが提示され、どの結末も大体ろくでもないのは、まあ「人間の業」や「人間の本質」的な部分を描いた『デビルサバイバー』シリーズでは仕方がないのかと個人的には思う。
どうでもいいが、魔王ルートの「悪魔を従者化する」というエンディングは今考えれば『屍者の帝国』っぽいとは思うのだが、単なる偶然だろう。

さて、今回アニメ化された『デビルサバイバー2』だが、前作が「東京封鎖に伴うリアリティのあるサバイバルドラマ」「人間の業」を描いたドラマだとすれば、こちらは「人類滅亡の危機」というところに重点が置かれており、前作ほどの生々しい人間ドラマを見せられることは殆ど無い。


デビルサバイバー2(特典なし)デビルサバイバー2(特典なし)
(2011/07/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る


「人類に生きる価値なし」と判断し世界を崩壊させた造物主のエゴを退けるべく、主人公達は悪魔を用いて造物主の刺客であるセプテントリオンと戦う!というのが本作のドラマであるが、冒頭が大学入試の模擬試験から始まることやシナリオにスパイスを与える「死に顔が見れる」というニカイアの存在などから考えても、「どう生きるのか」という「生きる姿勢」が印象に残る作品だったように思う。
なにせ世界が崩壊しているところから始まり、多くの都市は既に抹消済み。残っている場所の方が少ないという作品であるので、都市機能も殆ど生き残っていない。
我々の知る世界が崩壊した後、果たして生き残った人達は「それでも生きたいと願うのか?」というのが造物主の試練であり、プレイヤー=主人公はそんな造物主のエゴと戦いながら、「自らが生きる世界」について自問していくことになるのだが、この辺りの展開の仕方は上手かったかなーと思う。
あと生き残った都市描写の緻密さは『1』から継続されており、前作では東京に住んでいれば分かるような場所が多かったのだが、今作では東京以外が登場するため、そういった場所を探す面白さもあるだろう。大阪とかビッグマン前で非常にわかり易かった。まああそこになるのは何となく読める展開ではあるのだけれども。
ゲームとしてはスロースターターなゲームなので、『1』ほどやりこむ気が起きず、そんなにやっていないのだけれども、「独自の悪魔合体システム」やペルソナのコミュニティシステムのデビサバ版である絆システムなど、システムの面白さは本物であるため、一度はプレイして欲しいゲームの一つである。

『デビルサバイバー』シリーズは個人的に好きなシリーズなので徒然と書いてきたわけなのだけれど、まとめると

「デビルサバイバーシリーズのシナリオはマジ面白い。特に1」
「ゲームシステムがそんなに煩雑じゃないけど、やり始めると結構奥が深い」
「毎回おっぱいが凄いキャラがいるけど、メッセージウィンドウが消せないバグが一向に修正されないのはなんで?」
「ところで1はなぜアニメ化しないの? 宗教ネタがあるから?」


という話になる。
特に3つ目に関しては早く修正して欲しいので、早くメッセージウィンドウを消せる『デビサバ2オーバークロック』的なのを出してください。俺はイオっぱいが見たいんや!


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1812-4c0b75da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター