Entries

ラブライブ一話視聴したという話

タイトルそのままなんだけど、『ラブライブ』の一話が関西でも放送されたので視聴していた次第。(ほぼリアルタイム)

一年近く前に1stライブで発表されたアニメ化だけど、シリーズアニメ化という話からTVアニメ化となり、ニューイヤーライブから数日経って放送された『ラブライブ』だけど、出来自体は凄く良かったんじゃないかなー。
OPについてもいつもの絵コンテじゃなくて監督を務める京極尚彦さん自ら切っているようで、カット割りやキャラクターの魅せ方なんかもかなり違っていたし、今までのPVは舞台全体を見せるなどのカメラワークがあったのに対して、TVアニメOPではその辺はかなり押さえて、キャラクターを見せる方に重点を置いていたように俺には見えた。
まあメインとなるキャラクター自体も多いので、このOPに関しては「キャラの魅力をちゃんとわかってるんだなー」と感服した次第。
モデル自体もニューモデルだったけど、ラブライブの特徴である「2Dと3Dの両方を使い分ける」ということもやっていたしね。
その辺の2Dと3Dの使い分けについてはPVの話をした時にしているんだけど、

PVで分かるラブライブの歴史

ラブライブではサンライズが担当する2Dアニメーションパートとサンジゲンが担当する3Dアニメーションパートの二つがあって、この二つを上手く組み合わせることで相乗効果を生み出しており、新曲を出すごとにどんどん進化していき、『もぎゅっと』辺りではレイヤーを重ねるところまで行き着いている。
今回のOPでは絵コンテを監督自ら切っていて今までとはちょっと違うPVになっているんだけど、技術的には今までのラブライブの技術をちゃんと使っていて、その辺りの気持ちよさは『もぎゅっと』以降のラブライバーだけど、見ていて嬉しいところだった。

内容については概ねコミック版準拠なんだけど、声がついたことと動きがあることでその辺りの「アニメならではの面白さ」に繋がっているのもいいところだなー。
全体的にデフォルメ化された表情が多かったように思うけど、ああいうことが出来るのもアニメの特徴ではあるし、また今まで日常的な物をちゃんと描いたのはコミック版だけということもあって、動く形でああいう「日常の表情」を見せるようにしていたのは素晴らしい。
いやあ俺はいつものPVでの凛々しかったり可愛かったりするのも好きだけど、デフォルメ化した時の愛玩動物的な可愛さは「アニメでしか味わえないよなー」と思う。
声がついたことでの面白さと言えば、アニメになって声がついたことで海未の妄想が予想以上に可愛いものに変化していたし、二年生三人の関係性はアニメで見せられるとぐっとくるなぁ。
あと「概要」という形ではなくて、きちんと筋立てて様々な要素を付加することで「物語」という形でラブライブの物語設定を見せられると結構残酷さを感じるなー。その前段階で「歴史」を繰り返しているだけに、「学校の廃校」というものの重みがちゃんと出ていたように思うし、演出として穂乃果の母親を写すのは良かったね。

EDは二年生組のダンスで締めだったけど、こういうミュージカルっぽい演出をしているということはもしかして『マクロス』のように、「歴史を元にしたフィクション」ということだったりするんだろうか。
だとしたら滾るけど、実際にどうなるかはこの後次第というところか。

ところで真姫ちゃんが『愛してるってばんざーい!』を歌ってたってことは、あの曲は真姫ちゃんが作詞作曲をしているということなのかな? 道理で名曲なはずだと。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1819-befb2a01

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター