Entries

ラブライブとアイマスを比較することのおかしさについて

『ラブライブ』のアニメが放送開始されて以降、『ラブライブ』について様々な感想や意見を見かけるようになったんだけど、どうも『アイドルマスター』と比較する人が結構多いようだ。
確かにアニメ『アイドルマスター』は素晴らしい作品であったのだが、それをわざわざ引っ張り出してきて『ラブライブ』と比較するというのは何故なのだろうか。
仮にアイドルが題材になっているからという理由から比較しているのだとしたら、それは「魔法が登場すればなんでもファンタジー」というようなものであり、個人的にはかなり強引で乱暴な方法であると思うし、「中身を全く見る気がなくて、上っ面だけで判断している」ということしか感じられない。

『ラブライブ』と『アイドルマスター』では描いている物語が明確に違う。
アイドルマスターの筋書きとしてはアイドルを目指しているヒロインと新しく事務所に入ったプロデューサーが二人三脚でトップアイドルを目指すという物語で、アニメでもその部分は押さえられた物語展開をしている。
ここで大事なのはヒロイン達の目的としてはアイドルとしての成功であるし、「自分の理想に近づくこと」というのが大事な物語だった(と思う。見直してないのでうろ覚え)
アイドルを題材にしたアニメとしては非常にオーソドックスな筋書きだと思うし、1クール使ってキャラクターを理解させた上でライブを挟んで、2クール以降で『アイマス』が持つ物語に上手くシフトできており素晴らしい作品だったのだが、それに対して『ラブライブ』はというと、ラブライブではスクールアイドルになることで入学希望者を増やして廃校を阻止するという筋立てになっており、「アイドルとしての成功」はあくまで途中でしかない。
彼女達の目的は「入学希望者を増やす」ということであり、『ラブライブ』ではアイドルとしての成功は=目的達成にはならないわけで、モチベーションという点から見てもこの二つを単純に比較することは難しいのではないだろうか。

また『ラブライブ』と『アイドルマスター』を比較する上でよく見かけるのがライブ演出の違いだ。
『アイドルマスター』ではセルアニメを使って演出をしており、『ラブライブ』ではセルアニメと3Dアニメを両方使用して演出を行なっているのだが、3Dアニメを用いている『ラブライブ』は手抜きであるという言説を一話放送直後から見かけた。
これについては大きな誤解である
『ラブライブ』のCGアニメは決して手抜きではなく、むしろ考え抜かれた上で選ばれた渾身の演出である。
『ラブライブ』ではアニメ放送以前からPVでCGアニメを部分的に用いている。
この手法について俺は以前、「セルアニメとCGアニメの共演を進めている」と書いた。(該当記事



もちろんこれはPVの話しだし、アニメの話ではない。
だがしかし、「アニメでも同じようにセルアニメとCGアニメを両方使った物を作成する」という事の意味を考えていただきたい。
これは俺の妄想でしかないが、アニメ版の監督を務めた京極監督は『ラブライブ』というコンテンツをTVアニメという媒体で展開するにあたって、何が大事なのかを見極めているように思う。
それは彼が今までのPVを手がけているからというだけではない。
アニメを見ているとファンならにやりとする描写が随所に見受けられるということもあるが、なにより「何をすればラブライブらしくなるのか」に対してとても真摯な作品作りをしているように見える。
その上で京極監督が選んだものが「PVと同じようにCGアニメとセルアニメを共演させる」という演出なのだとすれば、それのどこが手抜きだというのだろうか。
「考え抜かれた上での選択」を手抜きだというのであれば、この世の中に手抜きでないものは存在しないということにならないだろうか。
それはひいては自分達が褒め称える『アイドルマスター』のライブシーンすらこき下ろす行為であることに繋がるのではないか。



まとめると、

・ラブライブとアイマス、どちらもアイドルを扱っているというところ以外は物語的には全くの別物である。
・ラブライブの演出とアイマスの演出、どちらも考え抜かれていて、最終的には手段の違いでしか無い。
・よってラブライブとアイマスを単純に比較することはあんまり意味が無い。
・ところでアイマスのライブBDまだ買ってないんだけど、俺は早く購入して視聴するべき。
・早くラブライブのOPをフルで聴きたい。歌詞が無茶苦茶いいんですが!


といったところで。

本編とは全く関係ない話になるけど、『ラブライブ』と比較すべきは京極監督が副監督としている『プリティーリズム・オーロラドリーム』とか、学園全体がアイドル養成所みたいな場所になっている『アイカツ!』何じゃないかと思うんだけど、アイドルアニメ好きの人にこの辺りの話は一回して欲しいところ。


アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/27)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る



ラブライブ!  1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1823-f2a7eb9b

0件のトラックバック

14件のコメント

[C1082]

落ち着いてきてるのに何でわざわざ蒸し返すかな
  • 2013-01-17
  • 名無し
  • URL
  • 編集

[C1083] Re: タイトルなし

わざわざ蒸し返す意図はないのですが、そういう風に読み取れたのなら申し訳ありません。
ただ今回はラブライブとアイマスでしたが、この話はラブライブだけに収まる話ではないと思います。
「取り上げられている題材だけをもって単純比較するという行為は正しいのか?」ということが主題であります。
それが正しいのかどうかはそれぞれの考えがあると思いますが、俺は少なくとも正しいとは思っておりません。
だからこの記事を書くことで、その辺りの意識を変えて欲しいと思ったわけです。
後半の演出云々については、「目的とするものが違うのに、そこを汲み取る事をせずに単純比較して優劣を決めることに何の意味があるのか」という意味があります。

もう一度書きますが、もし蒸し返すために書いたと思われたのなら、俺の力が及んでいないということですので申し訳ないと思います。




> 落ち着いてきてるのに何でわざわざ蒸し返すかな
  • 2013-01-17
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1084]

アイマス厨のことね。

まあ、サンライズ・ランティス(共にバンナム配下)・畑亜貴と、あいつらが噛み付きたがる
要素がいっぱいあるしね。

[C1085]

管理人さんの考えの通りだと私も思います。そもそも「アイドルマスター」と「ラブライブ」には、アイドルのP(プロデューサー)であるのか、それとも一人のファンであるのか。ここが決定的に異なるのに比較するのは野暮な話ですね
  • 2013-01-17
  • さうすぽ
  • URL
  • 編集

[C1086]

>>噛み付きたがる要素

未だにアイマスの話をすると「ゼノグラシアの話はよせよ!」という人がいる辺り、一部のファンは未だにそこで時間を止めてしまっている人がいるんだなーとか思います。
ちなみに俺はゼノグラシアもアニマスも大好きです。

>>さうすぽさん

野暮というか何といいますか。
もっと視野を広く持とうぜ!という話であります。
  • 2013-01-17
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1087]

そもそも、比較してるような奴って、
殆ど対立煽って、楽しんでるだけで
どっちのファンでもないような気も
  • 2013-01-17
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C1088]

いないとは言い切れない辺りが恐ろしいですね。

> そもそも、比較してるような奴って、
> 殆ど対立煽って、楽しんでるだけで
> どっちのファンでもないような気も
  • 2013-01-17
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1089]

畑亜紀さんがラブライブのイベントで打倒アイマスを唱えたのが凶暴なアイマスオタが絡んでくる原因ですかね。
アイマス信者は釘宮さん以外マイナー声優で内向きの人気に特化し過ぎて
視野が狭くなってるんだと思います。
真面目に説得して通じる相手ではないのでアイマス関係のネタはスルーした方が良いですよ。
逆キレしたアイマス信者にコメ欄が荒らされでもしたら大変ですし。

[C1090]

具体例をあげず、いたずらにアイマスの印象だけ下げる卑劣な記事ですね。
コメント欄も同様

[C1091]

>>畑亜貴

なんと言いますか。
畑亜貴さんのその意気込みがどの程度本気かどうかについても、本人以外分からないんですよねぇ。
まあ冗談まじりの発言であり、本気で思っているわけではないと思いますが。

>>具体例を挙げない

そういうあなたも具体例を上げて記事を批判しているようには到底見えないわけですが、そのあたりはどのように考えられているのでしょうか?

  • 2013-01-18
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1093]

何を言っているんだお前は

[C1095] Re: タイトルなし

>> 何を言っているんだお前は

暇なのはわかったので、もうちょっと具体性のあるコメントをしてもらいたい。
  • 2013-01-23
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1464]

 両者の性格を理解したうえで、比較すること自体は悪いとはいいきれないのでは?
 だいたいこれまでアイマスにライバル的存在がなかった(競争がなさ過ぎた)わけであって。アイドル物のアニメは以前までアイマスが独占状態だった。その結果中だるみに入りつつあったと自分は感じている。
 自分としてはラブライブがアイマスと切磋琢磨しあうことが、楽曲も含め、よりよいコンテンツを作り上げていく原動力になるとおもっているよ。

[C1465]

これ書いたのって一年ぐらい前ですけど、その時期ってアイマスファンがラブライブ!を貶すというプレイが大変多く見られた時期で、この記事も「その貶しってなんか意味あんの?」という趣旨で書いたものなのです。
なので、比較した上で真面目に両者のコンテンツの差異や相似について論じたりするなら別にいいとは思っていますし、互いに意識していくことで磨かれるものもあるんじゃないでしょうか。

  • 2014-02-16
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター