Entries

成功する流れを形成しているからこその挫折が熱い『ラブライブ』三話

『仮面ライダーウィザード』を見ていると「仮面ライダービースト」を主人公にしてしまったほうがいいんじゃないかと思う時が多々あるわけなのだが、この辺りは主人公であるウィザードさんよりもビーストさんの方がキャラクターとしてブレるところが少なく、石ノ森的なテーマの背負わせ方が上手いからではないかとか思った。
でもビーストさんはフェニックスさんと同じ系譜だし、キャラクターが被るのはよろしくないわけでやっぱり難しいというか、業が深い問題だなーとか思いながら、高岩さんのアクションと八卦掌のカッコ良さで毎週見ているので、これも「いやよいやよも好きのうち」ってことなのか。
ちなみに作品的には脚本の薄味感が非常に残念な域で、二話完結よりもクリスマス回のような一話完結の方が面白いんじゃないかと思うけど、メイン脚本家だというきだたんらしさが今のところ微塵も感じられないのでもうちょっと頑張って欲しい、というのが今のところの印象。
高岩さんのアクションはここ数年で一番なのでそれだけで十分といえば十分なのだが、まあそれで終わられても困るので頑張っていただきたいなーというところで。

アニメ版『ラブライブ』の三話が面白かった!という事は今更書くようなことでも無いことなのだが、個人的にもこの話は素晴らしく、アニメ版『ラブライブ』の序盤を締めくくるいい話だったので感想としてここに書いておくこととする。
そもそもアニメ版『ラブライブ』自体は偽史であり正史ではないということはこのブログでも既に書いているのだが、個人的にはアニメ版『ラブライブ』三話はあまりにも上手くいきすぎているし、それに加えて一話、二話以上に虚構臭さが際立つ一話だったと思うのだ。

・ファーストライブ失敗の嘘臭さ

アニメ版『ラブライブ』三話はファーストライブとその失敗を描いた話だったのだが、そのファーストライブの失敗があまりにも嘘臭い。
これは「失敗することが嘘だ」という意味ではなく「失敗のさせ方が嘘」であるという意味で、もっといえばリアルな失敗ではなく「失敗をさせて現実感を味合わせる」という作劇上の意図を感じさせる失敗のさせ方で、無情な現実ではなく「無情な現実感」を演出しようとしていたように見える。
この辺はそもそも「ライブに一人も入らないということがありうるのか?」という話になるのだが、手伝いに来てくれた三人のクラスメートの他にもクラスメートがいるわけで、そんなクラスメートですら見に来ないとはとても思えない。
もうこの辺は「あえて一人も入れないという演出をすることで、無情な現実感を突きつける」という演出をしているとしか思えないし、この時点で三話で展開された「ファーストライブ」というもののリアリティのレベルは「物語的なリアリティ」であったのではないかと思う。
そこから考えるとこの作品におけるファーストライブというものは少年漫画的な倒すべき敵を登場させるための回だったのではないだろうかと思う。

・負の要素をさり気なく排除している脚本

ただこの少年漫画的な敵である「無情な現実感」の登場については、三話は素晴らしい出来であったといえる。
特に「失敗」に繋がりそうな負の要素が徹底して排除されているということについては実に見事だった。
三話のアバンタイトルだけで「一ヶ月の練習でダンスも上手く踊れるようになった」と一話で提示された不安要素は既に解決済みとされ、二話では「歌う曲が無い」という問題が解決されているように描かれている。
三話では「肝心のライブに客を呼ぶ」という問題を描いているが、チラシを受け取る人間もそこそこにいるように描いているし花陽以外にも「ライブに行くよ」という人間が出ているなど、さりげないことではあるが三話の中で失敗しそうな要素が無いように見えるというハッタリをかましている。
この流れは明らかに「上手くいきすぎている」と感じる人がいるのも当然だし、正直俺も上手くいきすぎていると思う。
だが、そうして「上手くいきすぎているようなハッタリをかましている」からこそ、三話は素晴らしい。
「一ヶ月前までは素人同然だった三人があんなに踊れるわけがないし、もっと歌だって酷いだろうし、そもそも衣装だってあんなものが出来るとは思えない」のだが、そうして「上手くいきそうに見える」というドラマをきちんと描き、持ち上げているからこそ「失敗」が目に見える形で提示された時の衝撃が生まれる。
この「失敗」が「大失敗」であればあるほど、壁が高ければ高いほど越えるべき壁が大きくなるわけなので、ラブライブで登場する無情な現実感という名の敵は花田十輝は上手いこと登場させているのではないかと思う。

あとエリチカがずっと穂乃果に現実感を突きつける役回りで、希がずっと穂乃果達を応援する側だというのもちょっと出来過ぎですよ。
まあだからこそ、作られた嘘が現実を超えるほどの物語を生み出していると思うのだが。

・外発的な目的から内発的な目的への転換

個人的にアニメ版『ラブライブ』三話が素晴らしいのはここだと思う。
『ラブライブ』は「廃校を阻止するためにアイドルをやる」というのが物語の導入に仕込まれているわけなのだが、今回のファーストライブは大失敗といってもいいほどの失敗をした。
眼の前にいる一人の客を喜ばせるために穂乃果達はライブをやってそれは素晴らしい出来であったのかもしれないが、少なくともライブとしては失敗だといってもいい。
そこで「廃校を阻止するため」から「自分がやりたいからやる」にきちんと目的を転換できているのは本当に素晴らしいと思う。
この辺は外発的な目的だと『お前がやらなくてもいい』や『お前じゃなくてもいい』で否定されてしまうほど柔いモチベーションだと思うんだが、それを自分の中の「内発的な目的」にきちんと転換した上で「穂乃果でなければならない」という理由をきちんと展開できたのは良かったし、その上で「倒すべき敵」を提示できたのは素晴らしいと褒め称えたいところ。



ちなみに俺は「この物語は偽史である」という理屈を掲げているわけなんだけど、では正史はどうだったかというとおそらくもっとひどい失敗をしているだろうし、あんなにスラスラと台詞を言えるわけが無いと思っている。
だからこそきちんとした流れを形成したアニメ版は素晴らしいと思っているのです。

ラブライブ!  1 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る


ラブライブ!  2 (初回限定版) [Blu-ray]ラブライブ! 2 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/04/24)
新田恵海、南條愛乃 他

商品詳細を見る


僕らは今のなかで【DVD付】僕らは今のなかで【DVD付】
(2013/01/23)
μ's

商品詳細を見る





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1828-47f4a75e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター