Entries

『ゼノグラシア』と無条件に貶される風潮について

『アイドルマスターゼノグラシア』を貶すことは様式美的なギャグであり、『ゼノグラシア』は誰もが無条件にけなしていいと考えている人達がいるのだが、そういう人達が『ゼノグラシア』を貶したり、駄作であることを前提としたギャグとして用いる度に俺のような本気でゼノグラシアが好きな一部のファンが迷惑を被るという構図は本当にどうにかならないものか。

いや貶したくなる側の人間の心境は良く理解できる。
俺もアーケードで稼働していた頃からのファンであり「アイドルマスターがアニメ化!」と聞いて喜んだ一人だから。蓋を開けてみれば声優は全部変わってるし、設定も変わってるし、そもそもロボット物でSFだしで「アイドルマスターらしい要素」というのは名前ぐらいのもので、そもそも「アイドルマスター」という言葉の意味するところも大きく変わっていた。
そういう「自分が好きなアイドルマスターがアニメ化すると思ったら、首だけすげ替えるどころか丸々別物になっていた」ということに対して失望し愛憎を募らせた人間が多くいるのも俺は知っているんだけど、そういう人間の愛憎と失望に満ち溢れ、茶化すことでしかひとまず感情を抑えることが出来なかった人間もいると思う。
でもそういう人間が当時の感情で書き綴ったテキストを読んだ人間が「ゼノグラシアは無条件に貶していい」と思い込み、ゼノグラシアが貶したり、黒歴史だという扱いをして『ゼノグラシア』という作品が世に生み出された事を否定するのは何かちょっと違うんじゃないだろうか。
先人達のその愛憎にまみれた先入観に毒されて、自分の目で確認する気がないというのは、「ゼノグラシアを作り上げた者達」に対して、最終的に「嫌い」「つまらない」だと言うにしてもちょっと不誠実すぎるのではないかと思うのだ。

「設定が変わってる」「声優が変わっている」という部分で敬遠したい気持ちは分からんでもない。
『アイドルマスター』というコンテンツは2005年にアーケードゲームとして世に送り出されてから、『ゼノグラシア』放送開始の2007年までの間に二年という短いようで長い歴史があって、ファンはアイマスというコンテンツとともに歩んできたし、これは声優にとってもそうだ。
そんな声優やファン、そして原作である『アイドルマスター』が3つの存在が手と手を取り合い、一緒に歩んできた二年という歴史をなかった事にするような采配は確かに問題があると言わざるをえないのだが、しかしながら「世間で言われているように黒歴史にしていい作品かどうか」「駄作かどうか」ということについては視聴してみなければ判別出来ないことだろうし、先人たちの愛憎にまみれた先入観を持って「駄作」「黒歴史」と貶す人間よりは遥かに好感が持てるし、そう思うだけの理由を聞きたくもある。
いや別に最後まで見ろ!と言っているわけではないの。途中で自分には合わないと判断し視聴を止めるてもいいんだけど、ただ「先人達が貶しているから作品に対して不誠実な向き合い方をして貶し続ける」というのはよくないし、貶すにしても誠実な向き合い方をしてくれないと本気で好きな俺みたいな奴から怒られるぞという話だ。

この作品は「アイドルマスターであるかどうか」ということについては俺もよく知らない。というか一言でいうことは出来ない。
ファンはアイマスじゃないっていうし、俺みたいなゼノグラ好きにとっても「アイマスかどうか」ということについてはよくわからない。俺はアイマスがなければ成立しなかった部分もあるんじゃないか?と思うからアイマスだと思っているんだけど、少なくとも公式の見解としては「アイドルマスターである」ということは公式サイトの関連リンクを見れば分かる。
ガンダムシリーズがどれだけファンが「この作品はガンダムじゃない」と認めず貶し続けることになろうとも、サンライズが「これはガンダムだ」と認めればガンダムであるように、ファンがいくら「ゼノグラシアはアイマスじゃない」と言い続けようとも、少なくとも公式見解としてはアイマスであることは疑いようもない事実として受け止められるべきだろう。
その上で「自分は認めない」というならそれは個人の思想の自由だから別にいいんだけど、公式の見解としては今でもゼノグラシアはアイドルマスターの一つの展開なのだろうな。本人たちがどう思ってるのかは知らないけど。



久しぶりに『ゼノグラシア』を見返してたら、ゼノグラシア=駄作みたいな文脈で語っている記事があったので反論目的で書いてたんだけど、とりあえずこれだけは書いておく。
ネットに散らばっている「ゼノグラシアは駄作」という戯言なんか気にせずにまずは見てほしい。
周りは駄作だと言っている作品はあるのだが、自分で確かめてみたら存外面白かった!ということはあるし、自分で見ても不出来だとは思うけど好きになれる作品というのは結構あるものだと思うぞ。

何気に井口裕香の主演作なのよな、ゼノグラシア。
だからといってどうという事でもないけど。


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1) [DVD]アイドルマスター XENOGLOSSIA (1) [DVD]
(2007/07/27)
井口裕香、堀江由衣 他

商品詳細を見る



追記。

バンダイチャンネルで確認したら『ゼノグラシア』って「原作:矢立肇 原案:バンダイナムコゲームス『THE IDOL MASTER』より」という記述になってたんだけど、「アイドルマスターを原案にした別作品」という解釈なのな。
まあ「スターシステムだ」って監督の長井龍雪は当時のインタビューで答えてたんだけど。

2013-04-10_14h49_31.png
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1861-b0344c22

0件のトラックバック

33件のコメント

[C1162] 匿名子

井口さんのデビュー作は確かデ・ジ・キャラットのうさだあかりだったと思うのですが…。

[C1163] Re: 匿名子

> 井口さんのデビュー作は確かデ・ジ・キャラットのうさだあかりだったと思うのですが…。

思い込みで書いては行けない(戒め)
  • 2013-04-10
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1164]

自分の観測範囲ではアイマスである意味はないけどオリジナルロボットアニメとして見れば良作というのが大方の意見ですね。
アイマスファンでも過激な原理主義者以外は差異を楽しむ余裕ができてきた気がします。

[C1165]

>>過激な原理主義者

違法アップロードであることは承知なんですが、ニコニコ動画で上がっていた時には概ね全員楽しんで見ていたのが面白かったです。
むしろ今のほうが歪められた歴史のようにも感じますね。いや印象論なんですけど
  • 2013-04-10
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1167]

ゼノグラシアは観たことがないのですが、別作品で同じような扱いをされて憤慨したことがあるので大きく頷ける記事でした。定まったように見えるネットでの評価=真理とするような発言が幅をきかせすぎてて、反論もままならない世知辛さですが、この記事を読んで少し胸のすく思いです。

[C1169]

ゼノグラシアではないんですが自分の好きな作品がネットで「みたことないけど全然売れてないから駄作なんでしょ」というのが最近よくあって嫌な思いをします…

[C1171]

>失望し愛憎を募らせた人間が多くいるのも俺は知っているんだけど、そういう人間の愛憎と失望に満ち溢れ、茶化すことでしかひとまず感情を抑えることが出来なかった人間もいると思う。

>ゼノグラシアが貶したり、黒歴史だという扱いをして『ゼノグラシア』という作品が世に生み出された事を否定するのは何かちょっと違うんじゃないだろうか。

>敬遠したい気持ちは分かるし、そのことで敬遠したくなる気持ちは分からんでもない。

この三つが、本気で何を言いたいのかわからない。


>公式の見解としては今でもゼノグラシアはアイドルマスターの一つの展開なのだろうな。本人たちがどう思ってるのかは知らないけど。

本人ってだれだ。公式か?声優か?

[C1172]

>>ネットの評価=真理

ネットの評価というのは概ね声が大きい人の意見なのであんまり当てにならんと思うところであります。
あと声の大きい人の意見に同調してれば自分の主張になると思っている人も多いような気もするが、これも印象論だった。

>>売上

まあアニメも商売なので、ある程度は売上が加味される部分はあると思うんですが、売上そのもので面白さが図れるかというとそうではないというか。
ガンダムだって打ち切り作品だ!みたいな話になるんですけども。

>>本気で何が言いたいのかわからない

そうか。じゃあ日本語の勉強をしなおすついでに、機械の星に行って良心回路辺りでも詰んでから出直してきてください。


あとせっかくだから反論しておく。

「ゼノグラシア化」や「剛力化」というジャーゴンが存在するのだが、それを「原作を蔑ろにしているメディアミックス作品」という意味で使っている人へ。
どっちにしてもあなたのやっていることは俺がこの記事で上げたように「無条件に貶す」ということであるだけでなく、そうして作品や人の名前を現象名にすることで「無条件に貶す」という行為を助長する行為であるという事だと俺は思います。
つまり「無条件に貶す」ということよりたちが悪いってことだ。

  • 2013-04-11
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1173]

昔、某山本弘が「レイアースは糞アニメw」と発言した時に
「糞アニメのファンは馬鹿ばっかw論理的な反論もできないw」とか言っていたんだけど。
たとえ感情的であっても、いやむしろ感情的な反論をするファンの存在自体が
糞アニメでない、全否定できない証拠じゃないかと思いました。

ゼノグラシアに関しても水音さんの今回の記事で全否定はできなくなったのかと。

ただ駄作という言葉の定義が全否定、100点満点中0点ではなく
30~40点ぐらいだとすれば否定しきれないというか。

作画はハイレベルで維持できてたし、巨大ロボと美少女の恋愛とか、
彼女とよりを戻した途端元カノポイ捨てとか光る要素も有ったけれども。
エヴァの劣化コピー的な、謎と称して設定をろくに説明しないで
ラストも何やったのかよくわからない的な所は、個人的には大きく減点対象です。
  • 2013-04-11
  • ゲームは未プレイでした
  • URL
  • 編集

[C1174]

あなたは何と戦ってるの?何を傷ついているの?何故自分を信じられないの?
どうせならゼノグラシアが面白い理由を語ればよろしいのに。なんちゃらの遠吠えにも似た情けなさを覚える

[C1175]

>>ゼノグラは駄作か否か

まあその、ご指摘の通り作劇面では明らかにミスっていて、特に中盤の中だるみっぷりや設定展開の雑さ加減、そして終盤の力技気味な畳み方とか一回見ただけじゃ分かりづらい部分があるのは間違いないと思います。
俺も初めて見た時はポカンとしましたし。

>>あなたは何と戦っているの?

「あの作品は無条件に貶してもいい作品だ」という風潮。
  • 2013-04-11
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1176]

そもそもそんな風潮が形としてあるのか。
観測者である筆者自身の思い込みなのではと正直思わなくもないので、まずその辺りを明らかにしてもらえればなあと。

詰まるところこの内容では同好の士と語らうしか出来んでしょう。
仮にアレな風潮があって当事者達に訴えかけるにしてはあまりに自己と作品の正当化が過ぎます。

もし傷の舐め合いが目的であるならこの記事で充分なんでしょうが。

[C1177] Re: タイトルなし

何か勘違いしておられるかと思うんですが、俺がこの記事で書いている内容というのは「ゼノグラシアは無条件に貶されている!おかしい!」という話ではなく、「無条件に貶されていい作品なんて無いし、最終的に貶すことになったとしても、もうちょっと誠実な向き合い方をしてください」という話をしています。
だから話の着地点として「「先人達が貶しているから作品に対して不誠実な向き合い方をして貶し続ける」というのはよくない」というところに行き着くのです。
  • 2013-04-11
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1178]

流石にキャラの性格、容姿、声を変えてスターシステムは
ちょっと無理が有るんじゃないかと
シナリオ上仕方ない部分がある性格はともかく、
胸を増量したりするのは話と関係ないですし
オリジナルの企画のキャラを申し訳程度に似せて
アイマスとして通したと考えたほうがしっくりきます

  • 2013-04-11
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C1179]

タイトルはあからさまにゼノグラシアについてと言わんばかりにも関わらず、本文においては最終的に一般論でしょと言わんばかりに話を広げておいて、勘違いも何も。

所謂釣りを想定したタイトルなんでしょうか。ゼノグラシア嫌いじゃないもんでつい引っかかちゃいましたよ(笑)
個人的には作品名はボカすなりフォーカスは避けるなりして欲しかったですね

[C1180]

>>スターシステム

元々はバンナム側から持ち込まれた企画ですし、監修として参加した石原D自ら「僕たちはキャラに拘りがない」と発言していたような。

>>タイトル

まあ狙った部分があることは否定しないんですけども、「ちょっと煽りすぎた」というのは反省しておるところです。
  • 2013-04-11
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1181]

>>1178
あるものを例として提示して、それから一般論にもっていくのはよく用いられる手法だと思うのですが。タイトルも「『ゼノグラシア』と無条件に貶される風潮について」となっており、「『ゼノグラシア』が無条件に貶される風潮について」ではないのでなんらおかしい所は無いと思います。

>>1176が今までそういった意見を耳にしなかったのは精神衛生上非常に好ましい事とは思いますが、
自分が知らない→そんな風潮は存在せずこのブログ記事はおかしい
と言い切るのは誤りではありませんか?

そもそも>>1174で明らかに煽るような書込みをしておいて、後でこのブログタイトルは釣り目的だとか言い出すのはおかしいと思いませんか?

[C1182]

>>1181

まー俺の言いたいことは七割ぐらいの人に伝わってるようなので、それで満足ではあるんですけども。


あとせっかくだから反論しておくけど、俺は本文中で一度も「出来の悪いメディアミックス作品を原作好きは許すべき」とは書いてないし言ってない。
「許すor許さない」と「作品に対して誠実であること」は両立できるし、「許せないからといって無条件にけなしていい理由にはならない」ということを書いています。
あと「面白無罪とかふざけんな。一生呪われろ」という発言をしていた人は、ゼノグラシアが世に生まれた事で何か大切なモノでも失ったのだろうか。
そして否定的な目で見ておいて『つまらなかったよ』というのはそりゃつまらんだろうなーと思うわけですけど、「自分が好きであるならそれでいいのに、他人に何を求めてるんだ?」という人はナルシズム極めすぎてて素敵なのでそのままの君でいて。
  • 2013-04-13
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1183]

ちなみにですけど、俺は未だにTVAPhantomは許してないですし、真下監督は本当に余計なものを付け足して微妙な出来にしやがって!と思ってますけど、彼が彼なりの考えがあってあの最後にしたということまでは理解してますからね。
ただそれが蛇足に映ったし見事に美しく終わってる作品に冷水をぶっかけるような行為であったからこそ、俺は「TVAPhantomだけは許さない」と言っているわけで、作品に対して誠実である事と許すor許さないは全く別の話です。
作品としてはドライとクロウディアの作中における落とし所を作ったという改変は評価する。
  • 2013-04-13
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1184]

個人的にはとあるパロディ騒動の際にサンボマスターのVoが言っていた、
「ファンと話し合って欲しかった」
これが全てだと思います。
誰もが納得できる作品なんて地球上に存在する筈がない!
だからこそ、原作者に対して、作品に対して、視聴者に対して、そして原作ファンに対して誠意を見せる。
それが重要なんじゃないのかと。
2011版や錦織監督はそこが上手かった。汚い言い方だと、ファンを煽るのが上手かった訳です。
丁寧さ、真面目さはゼノグラも負けてない。
だけど誠意が足りなかった。それも一目瞭然で。
だから原作無視の代名詞たり得、ジャーゴンとしての位置を得たわけです。
結論として、ゴーリキーもゼノグラも「誠意が足りない」というスラングとして読み解く、というのはいかがでしょう。
ファンの権利意識がモロ見えで中々面白いと思うんですがw

[C1337]

オタク自体叩くことに飢えてるような人種ですから、一度空気が出来て"許し"が出てしまえばいくらでももの叩きに勤しむのはもうどうしようもないです。
今後も何かを褒めるダシとして貶されたりすることは間違いないでしょう…
自分はガンダム好きですが、もう何度も味わっている空気です。

[C1338]

>>誠意が足りない

個人的には作品に対して向き合った時点で誠意というものは果たしていると考えるタイプなので、「ファンの考える誠意の見せ方」というのが「原作に忠実であること」というのは自分の理解を超えてますね。

>>ガンダム

ああ、言われてみればガンダムは何度も何度もそういう空気の中に立たされてますね。
普段から悪口をいう人間がいうのもなんなんですけど、「とりあえず貶す」ほど行儀のよろしくない行為もあんまりないので、そういうみっともなさを感じてほしいところです。
  • 2013-06-22
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1339]

バンダイチャンネルで視聴できますし黒歴史ではないかな。売り上げのせいでBlu-ray計画がないのですが

放送当時のアイマスの現状
知名度は箱○で発売されてニコニコ動画でようやくあがっただけの無名状態(今はソシャゲになりヲタ以外にも知名度がありますが)
箱○でアイマスが発売(一部の都民、府民のヲタ以外はみんなが初タイトルだと思ってた)
本家は声優が無名。箱○からの声優のたかはし智秋、釘宮理恵が知名度があるくらい。
ゼノグラシアの当時は井口裕香、喜多村英梨は知名度がそこそこなわけですが

パラレルワールドとして見たらいいと思います。
  • 2013-06-24
  • 名無し(^β^)
  • URL
  • 編集

[C1340]

パラレルとしてみればいいというのには基本的には同意なんですけど、ゼノグラの声優知名度で桜井智と中原麻衣と清水香里だけは忘れてほしくなかった!
あと田村ゆかりですね。大事です(王国民的に)
  • 2013-06-26
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1343] ゆう

自分は舞HiMEチームによる制作&声優の変更(ぼほ舞HiMEから引継ぎ)って話を聞いて
初めから舞HiMEシリーズの一つとしてしか見ていませんでした。
なのでアイマスとしてはうーんって感じですけど、舞HiMEとしてなら普通に面白いと感じました。
決して駄作ではないですね。

個人的には声優の変更がなかったらここまで駄作だとは言われていなかった気がします。
ゼノグラシアの発表当初は昔のエイプリルフールネタが実現したとか盛り上がってましたしw

[C1447] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C1588] MAX

「アイドルマスター」を何となく全話見て完全にその魅力に魅かれしまい、最終話もOVAも劇場版も見た後「これで見るものが無くなったなんて認めたくない!」と絶望していたところ「ゼノグラシア」というものがあるらしいと聞きつけ見てみることにしました。
事前情報でキャラが全然違うSF物ということだけは知っていましたが、本当に面白いアニメだったと26話を見た後でも言えます。
序盤こそ「これが真!?千早おい胸...ってやよい誰やこれぇ!」となりかなり困惑しましたが、ストーリーの流れや描写の丁寧さの御蔭で「アイマス」としてでなく「アニメ」として見ることができるようになりました。
終盤になるとアニマスとゼノグラシアを比べようにも比べられない代物だという認識に落ち着きました。

ま、ようするに自分のようなにわかにとってゼノグラシアは
とても面白い作品だったと満足させてくれるアニメです。
2クールやるだけのことはあるなというくらい丁寧に作られた作品じゃないでしょうか。
唯一気になるのが敵の目的がアニメを見ているだけではいまいち理解できなかったくらいです。
とりあえずiDOLはかっこいい!!
やよいも可愛い!!それで十分です。

[C1590]

少なくとも、原作派がゼノグラを徹底的に忌避するのは、
ゼノグラシアが意図的に原作アイマスを滅ぼすために作られた作品だから。
ゼノグラが流行ったら原作アイマスは間違いなく消滅してたから。
何で今ゼノグラシアが拒絶されまくってるか、それは声の違和感、
そして性格の違和感から来ている。
先にゼノグラが流行れば、当然マイナーハードのギャルゲーなんて
誰も知らないから原作にゼノグラから入った連中からは
原作キャラに拒絶感すら覚えるだろ。しかもスパロボという絶対優位な宣伝媒体まである。
サンライズは原作アイマスの依頼を「舞-HiMEの制作依頼と好意的に解釈して考えました」
つまり、「好意的」でなく、「普通」に解釈したら
アイマスのアニメ化依頼なんて俺様を馬鹿にしているのか?
と徹底的に原作アイマスを見下した発言だ。
そしてマイナーギャルゲーのアニメ化なんて
くだらない仕事を振ったナムコとバンナムに復讐し、
原作を徹底的に滅ぼすために作られたのがゼノグラ。
その証拠に、超無名だった原作に対し、原作そのままのアニメ化だと「魅力に勝てない」
「同じ土俵に立てない」なんて発言をしている。
同じ土俵に立って、原作を突き落す気が満々だったとしか思えない。
例え声優が違っても、いくらでも原作に配慮した配役のロボアニメが
作れたはずなのに、徹底的に原作のキャラの魅力を削ろうとしている。
もはや意図的としか思えない。

ところが、原作が先にニコニコで突発的に大ブームになり
360なんて糞ハードを買わなくても、しょっちゅうランキング
上位になって初期ニコニコファンは原作を刷り込まれ、
代わりにゼノグラは違和感で滅んだ。
まさに自業自得だ。

って言うか手放しでほめるほど傑作か?ロボデザインも
性格も糞だったし、ご都合主義が酷すぎるし、エヴァの盗用シーンも多すぎる。キャラの魅力もあんまりない。伏線も張るだけ張って放置が多い。
100点中45点ってところだろ。
少なくともこの数年前にやったファフナーやエウレカのほうがよほど傑作

[C1592]

とりあえず貴方が俺の文章を冒頭部分だけ読んでコメントを書いておられることだけは分かりました。
俺が言いたいのは「見ずもせずに貶す事の是非」であり、貴方の言う事は大体見当外れです。
  • 2015-02-07
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1593]

失礼します。
その人に対しては馬の耳に念仏だと思いますよ。
言い方からして、ネット上の色んなところのゼノグラについての掲示板やまとめに数ヶ月~数年後になってまでもコメントつけて「ゼノグラは原案を滅ぼすために作られた」って吐いてる人でしょうから。
記事の内容なんて読む気無いですよ、きっと。そんなの読む気あったら8年間も同じようなこと言い続けてないだろうし。

[C1594] Re: タイトルなし

忠告ありがとうございます。
貴方が仰るとおりだと思うんですけど、何も書かないと「認めた」と取られるのもまた嫌なんですよねぇ。

  • 2015-02-16
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1596] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C1689] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター