Entries

「悪意を持って嫌いなものを排除する」ということの是非

平坂読の『僕は友達が少ない』が実写映画化するらしい。
実写化の噂の出処自体は撮影を行うらしい龍谷大学のエキストラ募集がソースらしい。
まあこの手のメディアミックスや新作発表というのは、一応公式発表を待ってから判断するまでは疑って見るようにしているので今回の件もひとまず静観という姿勢でいたんだけど、先日この騒動を受けて平坂読がコメントを発表している。

平坂読『僕は友達が少ない』実写化に関して

本当に実写化だったということも驚きなのだが、平坂読自身も相当悩んだ上の決断だったことが伺えるので俺としては特に言うことはない。そもそも原作を数巻だけ読んだだけでファンですらないし、アニメ自体も一期はOPで離脱し、二期も友人の勧めが無かったら確実に見ていなかっただろう人間だ。だから今回の実写化についても特にいい印象も悪い印象もない。「へー。実写化出来るとは思えないけど、するのかー」ぐらいの気持ちだ。
あと単純に俺が映画好きだし、実写化云々についても最近では『HK/変態仮面』『スペースバトルシップヤマト』『妖怪人間ベム』みたいな原作を再現しようとする気概を感じさせる作品も出てきているわけで、少なくとも俺にとっては「実写化=悪」という考え方には否定的だ。「まずイメージカットを見てみないとなぁ」ぐらいには思ってるし、それ次第では見ない可能性もあるし「ないわー」ということはあるだろうけど、まあその程度の立ち位置である。
さすがに「ラブライブ!が実写化」と言われたら三日ぐらい気持ちに折り合いを付けるのと考えるための時間を貰いたいけど、どうせ俺が反対したって公開はされるだろうし、少なくとも製作陣は真面目にやっていると思うので「別物と割りきって見に行く」か「割り切れないから見に行かない」のどちらかの選択しかしないだろうなぁ。
特に貶すことはないな。うん。
まあそんなこと言い始めたら『ファンタスティック・フォー』とか見ていられないわ。
ドクター・ドゥームがあんなことなってるし、ギャラクタスもすげー小物になってるしよ!
まあグダグダ言いながらも見に行ったし役者の演技だけは評価するけどな!
演出とか脚本とかコメディ映画かと思ったが!
あと吹き替えのヒューマントーチの掛け声を「着火!」にした翻訳家だけはセンスの無さをもうちょっと恥じるべきだと思う。いくらなんでも「着火」はねぇだろ着火は。

話を戻す。
今回の『僕は友達が少ない』実写化の件で俺が一番気に入らないのは「力づくでも排除せねばならないと考えている人達」だ。
俺自身が実写化に対して特に悪い印象を持っていないし「別物」と割りきって見ている人間だからそう感じるのかもしれないが、『はがない』実写化という事を否定したい人達のその行動原理というのは「自分達が気に入らないから排除してもいい」という以上のものを感じ取れないのである。
確かに「自分の好きな作品が実写化するにあたって無茶苦茶なものになる可能性」はあるし、そこに対する危機意識があるのも理解できる。ただ「排除したい」というのは「許すor許さない」以前に、そもそも「存在自体を認めない」という姿勢なわけで。
これについては俺も似たような話を書いていたのだが、なぜか「ゼノグラシアは無条件で許されない存在だから」だの「ゼノグラシアとアニマスの両方が好きというやつはデリカシーが無い」だのボロカスに貶されたな。本当に文章を読まずに脊髄反射だけで書いてるな!とか思ったわぁ。

『ゼノグラシア』と無条件に貶される風潮について

俺が書いたことは「無条件で貶されていい作品なんて無い」「許す許さないはともかく、視聴してから貶す人間と視聴してないでとりあえず貶す人間とでは前者のほうが誠実だよね」という事で、「許せ」とは一度も書いてなかったのだが、世の中には過剰なまでに嫌う人間がいるということを失念していた。そこについては俺が悪いな。

まあなんだ。「どうしても気に入らないなら無視すればいい」というのは確かにその通りで、自分にとって気に入らない作品がそこに存在することで別に自分の人生に何がしかの影響があるわけでもない。そういう「気に入らないものをどうあしらうか」みたいな付き合い方も結構大事なんじゃないかな。
でもまあ「好きの反対は無関心」みたいなもので、ちょっと好きになれないというだけで「嫌い」と言いたくなる気持ちはわからないでもないんだが、だからといって「無条件に貶す」とか「排除しよう」という行動に繋げるのはちょっと老害みたいな事言ってるなーとは思いました。
俺も同じ事をTVA『Phantom』の最後にツヴァイが死ぬ展開を見た時に「真下監督なんて嫌いだ!」と言ったことあるから人のことをあんまり強く言うことはできないのだが、ただまあ実際どうなるかわからないものに対してぐらいは、もうちょっと寛容に、というか情報が出揃うまでは静観してもいいんじゃない?とは思うところである。
まあ結局この手の問題って作品に対する思い入れの強さと理想像みたいな話になるので、ファンがどうしても気に入らないというのならそれでいいんじゃない?とは思うけど、でもそれは無条件で貶していい理由にはならないということだけは理解しておくべきだとは思うなぁ。

あと俺は実写化というだけで「剛力彩芽が!」みたいな風潮は嫌いだし、彼女自身にはあんまり罪はないと思っているので剛力化とかいう単語を使っている人達には嫌い嫌い大嫌いと文句言っておくわ。
別に美人だとは全く思わないし演技力があるとも思わないんだけどな!
それとこれとは別の話であり、キャストの決定権を持ってる奴が一番悪いのではないか。
その辺を無視してまるで剛力彩芽が悪いみたいなニュアンスを感じさせる「剛力化」なんてジャーゴンを使ってる人の品性とは一体何だったのか。と個人的に文句をつけておこう。つけておいた。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1878-3a128bcc

0件のトラックバック

8件のコメント

[C1284]

『僕は友達が少ない』は過度な恋愛要素や一部の振り切った設定のキャラ等ラノベ的な味付けを取り除けば割と全うに『本人の不器用さと周囲の誤解で友人が出来ない主人公が同じ境遇の人間とであって友人になる』までの普通の物語に出来ると思います。
以前ジャンプSQ辺りで連載していたはがない+は星奈ルートのオリジナルストーリーでしたが、キャラをメインの3名に搾って展開したため割と普通の学園ものになってましたんで、アレンジ次第では実写化も無理のないものになるかな、と期待しています。

製作中止を求める署名活動まで始めた方々もいらっしゃるみたいですが、どんな作品でも重篤なファンになると自分たちの希望にそぐわない展開に対してはスルーではなく潰そうとする傾向が強くなってきている気がして怖いです。
インターネットの普及によって同志を見つけてコンタクトを取りやすくなった所為で群集心理が加速しやすくなってるんでしょうかね?

本題
ファンタスティックフォーは7~80年代のアメコミ映画の雰囲気がどことなくあってコメディ映画で良いと思います。
息抜きに見るとちょうど良いですよ。
ドゥームやギャラクタスについては同意ですけれど。

[C1285]

うわぁ…
馬鹿っぽい文章w

[C1288]

Twitterで発狂してるのみると本当に底が知れるなぁ
みっともなさが半端ない

[C1289]

>>1284さん

「俺の痛みをわかってくれる人間はこれだけいる」という感覚で強気になる理由はわからないでもないんですけど、「気に入らないから潰す」というのはかつてオタクが味わった事と全く同じなわけで。
その頃の痛みを知っている人と知らない人の違いなのかなーというのはちょっと思いますね。
俺は後者側の人間なわけですけど。

>>ファンタスティック・フォー

確かに70~80年代のアメコミ映画を今の技術で再現したかのような部分はありますね。
そういう意味では懐かしいというか、今のアメコミ映画が迷い込んでいる「ヒーローとは何か」みたいな話になってないので娯楽作品としては好きです。

>>1285さん

君もそうだね。


  • 2013-05-05
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1290]

>>1288さん

本当の意味で「誰もが発信できる場所」という場所になっているのは素晴らしいことではあるんですけどね。>Twitter
  • 2013-05-05
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1293]

自分は「XENOGLOSSIA」を放送前から楽しみにして、最後まで見て心底満足した人間の一人です。
だからこそ、一連の「悪意」を巡る記事には大いに共感していますし、「XENOGLOSSIA」を「好き嫌い」の度を超えた尺度で貶める発言を見ると少し落ち込みます。

今回の「はがない」の件もそうなのですが、「悪意」が伝染していくというのが恐ろしくてたまりません。
「XENOGLOSSIA」を自分が友人に薦める際、そのコンセプトに対して純粋な驚きを貰えることは当然ですし、むしろ楽しいリアクションだな、と思っています。
しかし、未視聴の人で「悪意」の伝染している人は、その驚きに「悪意」によるベクトル偏向があったりします。

「はがない」の事は個人的な嗜好はさておき、脊髄反射的なコメントにはそれを思い出して少し辛い気分になります。
「デフォルメされたキャラクター・ビジュアルが一つの大きな看板である作品を、それが崩れざるを得ない実写化でやるなんて!」くらい、ある程度の論理を持って叩いているのなら、そんなことはないのですが。
どうしても「悪意」による反応になるとそれが周囲に移ってしまうので、それだけはやめてほしいと思っています。

長文、失礼しました。
どうでもいいですが、「アニマスも~」のくだりだと僕もデリカシーのない人間のようです。

[C1295] Re: タイトルなし

>>悪意の伝染

SNSやらまとめサイトやらが登場し、一度に認識できる意見の絶対量が増えたからこそ起きている現象な気がしますね。
圧倒的多数の「らしい」みたいな曖昧で無責任な悪意の前に個人が流されずにいる方法というのは、確固たる自分というかリテラシーを持つしか無いわけですが、そもそもSNSにしろまとめサイトにしろ、そういう「リテラシーを身につけようぜ」という意見は総スルーで、どちらかといえば「コミュニケーションのための悪意」になっている感がありますね。悪意もツールと化すというか。
そういうツールと化した悪意は悪意と認識されづらいですし、悪意だと感じてしまう人間の方が「空気が読めない」扱いされるので、感じ取ってしまう人間にとってはつらいものがありますね。

  • 2013-05-11
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1688] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター