Entries

アイドル声優と三森すずことアイドルっぽさについて

『ラブライブ!』の3rdライブが近いけど、ここ最近作業中に聞くのは全く関係ない楽曲ばかりであり、アイカツとか田村ゆかりとかPrizmmy☆とか所謂アイドル的なものが多い楽曲を中心に聞いているのだが、やっぱり三森すずこの『会いたいよ…会いたいよ!』は素晴らしいな!


会いたいよ...会いたいよ! [初回限定盤] (CD+DVD+NOVEL)会いたいよ...会いたいよ! [初回限定盤] (CD+DVD+NOVEL)
(2013/04/03)
三森すずこ

商品詳細を見る


もう何が素晴らしいかといえば作りこまれた三森すずこというキャラクターを演じきりながら歌っていると言うことだ。
三森すずこという声優は今までも色んな作品に出演して、色んな演技をしてきて、色んな楽曲を歌ってきたのだが、そのどれもが「微妙に違う歌い方をしている」というところが三森すずこの凄いところであり、面白いところだったのだが、デビュー作となるこの楽曲は今まで歌ってきたどの曲とも違う歌い方をしていて、「三森すずこ」というキャラクターを演じながら歌っている感があって、なんというか「ここまでアイドルな声優という事を全面に押し出しているのは田村ゆかり以来ではなかろうか」とか思った。
そもそも「アイドル声優」という枠組みを考えていく上で、今まで色んな声優がそういうジャンルに分類されて楽曲を発表してきているわけなのだが、「声優=役者が歌っている」ではなく「アイドルとして歌っている」ということをやれていた声優というのはどれだけいるのだろうか。
正直田村ゆかりぐらいなんじゃないのか、と個人的には思うのだ。
そもそも「役者が歌っている」ということの強みを考えていくと、役者というのは演技を通じてキャラクターを表現する存在なわけで、そんな役者が歌うのだから「歌詞やメロディに込められたものに感情を載せる」と言うことが何よりも強みであり、いいところではないかと思うの。誰かの代弁者じゃなくて本人が言っている感というか。
で、そこからアーティスト的なアプローチで脱却したのが水樹奈々で、水樹奈々というのは基本的に代弁者的な歌詞を書くし、それを体全体を使ったパフォーマンスで体現している。


NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUSII-×UNION [Blu-ray]NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUSII-×UNION [Blu-ray]
(2013/05/01)
水樹奈々

商品詳細を見る

まあこの辺りは本人の歌への思い入れの強さとかあるし、シスプリの亞里亞の頃からまるで変わってないところではあるのだが、水樹奈々の良いところはそういう「代弁者」として圧倒的な歌唱力で表現するところにあって、その一方で「本人が言っている感」を突き詰めていったのが堀江由衣なんだと思う。


BEST ALBUM(初回限定盤)BEST ALBUM(初回限定盤)
(2012/09/20)
堀江由衣

商品詳細を見る


なんだろうな、あの世界観の強固さ。堀江由衣パターンの強みはその辺で、世界観を感じさせる歌詞とその主人公たる存在を堀江由衣が演じることで成立している感がある。このパターンで言えば悠木碧とかその系譜だったと思う。


プティパ(初回限定盤)(DVD付)プティパ(初回限定盤)(DVD付)
(2012/03/28)
悠木碧

商品詳細を見る


で、田村ゆかりはというとあれは本当にキャラクターになり切るパターンなんだけど、キャラクター=世界観とかそういうレベルまでキャラクターを作りこむことでやっているのだが、これって物凄くアイドル的なもので、アイドルとしてのマインドセットみたいな話は前にも一度したけれど、田村ゆかりの凄いところは本当にそういう部分を徹底して演じきっている。


Fantastic futureFantastic future
(2013/04/17)
田村ゆかり

商品詳細を見る


元々田村ゆかりはアイドルファンだったらしいからその影響だと思うのだが、この田村ゆかりの作りこみ具合はちょっと凄い。ラジオなどを聞いていてもプロ意識というものがやっぱりあって、グダグダなトークをしていてもどこかで見せ場を作ることを忘れないし、ファンの視点というものを疎かにすることはない。
この辺りの「見られている」ということに対する意識と「何を求められていて、どう見てもらえばいいのか」という理解度の深さという辺りに俺などはなによりもアイドルっぽさを感じるのだが、この辺りの意識の強さというのは三森すずこにも感じるところで、デビューシングルからしてキャラクターを作りこんでいる辺りとかは流石だなーと思うところなのだが、どうもこのキャラクターというのもファンの中でのパブリックイメージを大事にした結果らしく、その辺を考えると売り出し方とかスタッフは理解してるし、本人も相当頑張ってやってる感があって好感が持てるわぁ。
なんというか。やっぱりアイドルってこういう売り出し方的なものもあるけど、「個性の垂れ流し」じゃ駄目で、個性をどうキャラクター的な部分に落としこむかみたいなのが何よりも大事で。その辺に関しては特に問題はないしデビューシングルらしい楽曲を、初々しいというか真っ直ぐな歌い方で歌い上げていてアイカツ、プリリズの間に挟んでも特に違和感なくてなぁ。素晴らしい。

アイドル声優って言うんだから、デビューシングルは全部こういう方向性でいいのに!とか思わないでもないんだが、それはそれで俺のCDラックがCDで溢れかえる事になりそうなので正統派のアイドル声優はみもりんとゆかりんだけいればいいとも思った。


三森すずこ2ndシングル 約束してよ?一緒だよ! (初回限定盤)(CD+DVD+NOVEL)三森すずこ2ndシングル 約束してよ?一緒だよ! (初回限定盤)(CD+DVD+NOVEL)
(2013/07/03)
三森すずこ

商品詳細を見る


でもライトノベルに関してはイマイチ面白みがない上に終わらないマラソンにしかならん気がするので、適当なところで辞めて欲しいところ。みもりんの魅力を伝えるのはPVと楽曲だけで十分だという話である。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1887-ec09f411

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1313] 名無し

よくよく考えたら声優の本業は「演技」とか「芝居」である訳で。
それは「キャラクターを演じる」ということだけでなく、作られた「自分の営業用イメージ」を演じきることでもあるのではないかと。
例えばイベントやラジオなどでのキャラ作りとか。

[C1314]

自分の営業用イメージというのは確かにあるんですけど、田村ゆかり・三森すずこラインのスゲーところは素の部分を殆ど感じられんというところにあるのです。
  • 2013-05-29
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1315]

個人的に田村ゆかり的なアイドル声優の若手といえばゆいかおりが真っ先に思いつきます(ぶっちゃければやまとなでしこの姿と被るというだけなんですが)
それはそれとして三森さんの今回の曲の方向性ってアイドル路線だったんですね。てっきりアーティスト、脱アイドル(脱ミルキィ)狙いかと思っていました。今度聴いてみようかな

[C1316] Re: タイトルなし

>>ゆいかおり

ゆいかおりというか、小倉唯も田村ゆかりの系譜ですね。
アーティスト路線のデビューシングルが滑った感じはありましたけど、二枚目は凄く良くてCD買いました。超かわいい。

>>みもりん

いやああれはアイドル的ですよ。
アーティスト路線とはまた全然違いますね。
  • 2013-05-29
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター