Entries

『ラブライブ! School idol diary 高坂穂乃果編』に見る世代を超える「場所」について

『ラブライブ!』のグループ内ユニット、lily whiteの新曲は『微熱からMystery』で作曲家が佐々木裕らしいのだが、またアイドルソングっぽい作曲をする人を連れてきたなぁ、とちょっと胸がときめいてしまった。
宣伝文句を見る限りでは初恋を知った少女の夏を歌った楽曲らしいのだが、夏に発表するからその辺は今回の企画のコンセプトに据えているんだろうし、ラブライブ!は夏らしい楽曲が『夏色えがお』『Mermaid festaVol.1』と『Mermaid festa Vol.2』ぐらいしか無いので、三ヶ月連続発売というのならそういう縛りも面白いのかもしれん。
しかしlily whiteは90年代位を意識している部分があるので、その辺の文脈をどう組み込んでくるのか楽しみだわぁ。


TVアニメ ラブライブ! ユニットシングル 2nd sessionTVアニメ ラブライブ! ユニットシングル 2nd session
(2013/06/26)
星空凛(飯田里穂),東條希(楠田亜衣奈)from μ’s~ lily white~園田海未(三森すずこ)

商品詳細を見る




電撃G'sマガジンで公野櫻子がテキストを執筆する『ラブライブ!』の新しい企画が始まっていたけど、そんな中で九ヶ月連続刊行ということで『ラブライブ! School idol diary』が発売していたので早速購入。そして読了。


ラブライブ! School idol diary ~高坂穂乃果~ラブライブ! School idol diary ~高坂穂乃果~
(2013/05/30)
公野櫻子

商品詳細を見る


このシリーズは「担当キャラクターの視点で綴られた活動日誌」という体裁で執筆されたもので、「同じイベントでも視点となるキャラクターが違えば見え方も違う」という『べびプリ』のメソッドを持ち込んだ小説だと思えば大体あっているのではないかと思う。感覚としてはサウンドノベルの傑作との誉れ高い『街』とか『428』とかあんな感じだ。
それぞれ様々な物語を背負っていて、自分に出来る事・やれる事が違うということで物事に対する認識が変わっているという事を「キャラクターが綴る活動日誌」という形で展開していく小説になっているのだが、第一弾はμ'sのリーダーでもある高坂穂乃果の視点から綴られた活動日誌となっている。
音乃木坂学院におけるスクールアイドル=μ'sのアイドル活動の発起人である穂乃果の視点で見えてくる物語というのは「この街が好き」ということや「この学校が好き」ということで、それは「音乃木坂学院という場所自体がどれだけ魅力的なのか」ということだ。
穂乃果自身がアイドル活動を通じて学校の中で動きまわることで、この音乃木坂学院という場所が意外と魅力的な場所であり、それをその学校で過ごしている自分達も意外と気づけてなかった!ということに対する驚きや音乃木坂学院に憧れるかつての自分自身など、そうした「音乃木坂学院」という場所の魅力と「それが好きなんだ!」という穂乃果の気持ちが文面から伝わってくる。
また音乃木坂学院という場所が地元の人間にとってどういう場所であるかということもちゃんと作中で描かれていて、幼き日の穂乃果が抱いた音乃木坂学院の生徒への憧れが廃校の危機によって掘り起こされたことがきっかけになっている部分もあるようだし、穂乃果の家は三代音乃木坂学院なわけで、その辺の「地元性」と「世代」というものが穂乃果の音乃木坂学院廃校阻止における重要なファクターになっているのだが、その落としどころとして妹である雪穂のドラマと絡めて「雪穂のような音乃木坂学院に通いたいと思っている人達のために頑張ろう」という持って行き方をしたのは上手いやり方だなぁ。
全体的に廃校ということが話に上がったことで、「じゃあ自分にとっての音乃木坂学院とはどういう場所なのか」という物語を掘り起こしているような感覚があって、「特別な誰かの物語」ではなく「誰もが持っている物語」のように描いているところも面白いところで、この辺のアマチュアさ加減や部活物っぽさはこの『ラブライブ! School idol diary』の魅力の一つではないだろうか。
話としては漫画版ともアニメ版とも繋がらないし、BD特典の『活動日誌』やG'sマガジンで始まったビジュアルノベルともまた違う物語なのだが、こういう「各キャラクターのモチベーション」や「意識の違い」というものをそれぞれの視点を用いて描いていく事で、本物ではないからこその等身大っぽさに感じられるし、それはつまりキャラクター自体の魅力でもあると思うの。アイドル的なキャラ作りの間から見え隠れする素の部分というのがあるというか。

今回は穂乃果の視点での物語なんだけど、来月は園田海未の視点から描いたμ'sのアイドル活動を綴った『園田海未編』が出るので、そちらではどういう場所として描かれるのか気になるわぁ。


ラブライブ! (2) (電撃コミックス)ラブライブ! (2) (電撃コミックス)
(2013/06/27)
鴇田アルミ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1889-194f2047

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター