Entries

『ガルガンティア』とロボットの身体延長演出について

『ガルガンティア』はロボットの販促をする気がないハードSF作品としては面白いけど、ロボット好きとしてはどうにもしっくりこない。というかロボットアニメに付きものの「ロボットをどれだけ格好良く見せるのか」という販促タイムが生み出す作劇としうものが感じられず、やっぱり虚淵玄はロボット物を書けない=ロボットを売るための作劇面での販促戦略というものが出来ないライターなんだなーということを感じてしまい、作品論的なものを書く気はなかったんだけど、最新話のロボット周りでの演出(脚本は相変わらずロボットが格好良く見えない=チェインバーというキャラクターとしての描写に落ち着いていた。別に悪いことじゃない)は面白かったのでちょっと書いておくことにする。


翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1
(2013/08/28)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る


そもそもロボットアニメにおけるロボットというものの表現を追っていくと、「パイロットの身体の延長線としてロボット」という表現があまりにも多い。というかそれしか無いといってもいい。
この「身体の延長としてのロボット」というものは日本における最初の搭乗型ロボットである『マジンガーZ』からずっとそうで、ロボットアニメというのはつまるところ「ロボットはキャラクターとして扱う」と「ロボットはパイロットありきのシロモノである」という2つの要素によって描写された機械人形が「ロボット物」として扱われていたんだと思う。
だから『トランスフォーマー』というのはロボット物ではあるんだけど「人間同士の戦い」と変わらないし、逆に人が乗り込んだロボットというものはいずれも「人間の戦い」という作劇に落とし込まれやすい。
まあそもそも「機械生命体同士の戦い」である『トランスフォーマー』というものは、どうやったって「同族間での戦い」でしかないし、『トランスフォーマー』の作劇面における魅力というのは「有機生命体=我々人類とどう折り合いをつけて生活していくか」というもので、これはつまり『トランスフォーマー』という作品異種族との対話や共存といったテーマを内包している存在だと言えるのだが、でもそれって「ロボットだけどロボットじゃなくて、人間を描く時と変わらない表現にしかならないよね」という話である。
で、そうした「乗り込むパイロットの身体の延長としてのロボット」というものは度々描写されてきているもので、『マジンガーZ』では力の象徴としてマジンガーがあって、兜甲児は「神にも悪魔にもなれるマジンガー」というロボットに乗り込む事で一体となる。そうすることでマジンガーの行うことというのはイコール、兜甲児のやることというものになり、そこにドラマが生まれていた。
これがもうちょっと進むと所謂身体の動きと連動してロボットを操縦するという操作系統が生まれてきて、「身体の延長線としてのロボット」というものがもっと分かりやすい形で描写されるようになった。
『マシンロボクロノスの逆襲』におけるバイカンフーとか『Gガンダム』におけるモビルファイターといったものは「機械が戦っているのではなく、突き詰めていくと人が戦っているんだ」ということをもっと分かりやすい形で表したものであるし、「ロボット同士の戦いシーンなのに、実際の映像では乗り込んでいるパイロット同士が戦っている」という今川泰宏がよくやる演出というのはこの辺りの「身体の延長線としてのロボット」というものを意識して先鋭化させたものであり、あれはあれで「ロボットアニメのロボットというものの存在意義」というものを大変よく理解したものであるといえる。
で、それが今のロボットアニメでどうなるかというと、「パイロットの本能をダイレクトに反映する」というシステムを投影した『マジェスティックプリンス』なんかがその辺の「パイロットの身体の延長線」としてロボットを描写していて、だからこそ「ロボットアニメとしてはむしろ王道」という描写に落ち着いているし、『ガンダムAGE』のロボット描写というものも概ねそういった「パイロットの身体の延長」としてのロボット描写で、だからこそ「そこにコックピットはないにも関わらず、ロボットの頭に対してビームサーベルを突きつけられるとロボットは動きを止まる」という描写の意味があって、あれもそうした「パイロットの身体の延長としてのロボット描写」という奴で、だからこそ「パイロットの主張と実際のロボットのアクションというものが重なった時の面白さ」という部分に繋がっている。
『ガンダムAGE』という作品は穴は無茶苦茶多いし、俺もお世辞にもよく出来た脚本であるという気はさらさら無いのだが、俺がそこまで嫌いになれないのはそうした「身体の延長であるロボット」というものを意識したロボット表現になっていて、それとパイロットの思いが重なった瞬間の輝きというものが何よりも面白かったからである。
アセムの「スーパーパイロット宣言」とかの面白さっていうのは、『ガンダムUC』とかでは絶対に見れないものだったと個人的には思うけど、まあこのへんは好みの問題だし話がそれるのでおいておく。
で、『ガルガンティア』なんだけど、今までの『ガルガンティア』におけるロボット=チェインバーは「人格のあるキャラクター」として描写されてきた。
言ってしまえば『トランスフォーマー』みたいな機械生命体で、実際にパイロットであるレドやレド以外の人間の接し方を見ていくとチェインバーというものを人間と変わらない存在のように接しているし、実際の描き方を見ているとそういう部分を感じられる描き方になっている。
しかしながら今回の11話において面白いのは、レドの認識としてチェインバーというものが「自分の身体の延長」として描かれたと言うことで、チェインバーのやったことですらもレドは自身の罪としてしまっていて、その「身体の延長としてのロボット表現」というものが『ガルガンティア』という作品の中でようやく描写されたこと、その後に提示されるチェインバーのキャラクターとしての魅力への接続を行うことで「チェインバー」という存在の立ち位置というものが定まった感がある。
正直こういうのは好きで仕方がなく、「ようやくガルガンティアがロボットを意識した演出をし始めた」と感じているのだが、話としても大きく動き始めているだけにどういう結末を迎えるのだろうか。ちょっと期待している。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1898-42d0b8e2

1件のトラックバック

[T246] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2013-08-15

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター