Entries

漫画版『ラブライブ!』を支配する閉塞感と自分の意志で変えていくことについて


ラブライブ! (2) (電撃コミックス)ラブライブ! (2) (電撃コミックス)
(2013/06/27)
鴇田アルミ

商品詳細を見る


漫画版『ラブライブ!』の二巻が出ていたので購入したわけなのだが、うーむ。やはり面白いなぁ。
アニメ版の物語は「本当にやりたい事は何か?」で、「廃校」という終わりを意識した上で自分のやりたい事を突き詰めていく物語だったわけなのだが、漫画版はそういう「終わり」というものの描き方が全く違っているように見える。
というのもこの漫画版の面白さとして「廃校に伴う諦観」とそこから来る「閉塞感」というものが描かれ始めているからだ。
アニメ版はそういった閉塞感を感じない作りになっていたのだけれど、漫画版では一巻の段階で「ファーストライブでの失敗」というアイドル的要素を「九人集めないと部活動にならない」とかその辺の「部活物っぽさ」とミックスしているような物語として動かしていた。しかし二巻ではその要素はそのままに、「高坂穂乃果達以外の存在」を描くことで、「廃校の危機」という状況が生み出す「何をやっても廃校になる」という諦観と、そうした諦めの感情が共有化されることによる「閉塞感」というものが描かれている。
この「何をやっても廃校になる」という事自体は別に間違っていないようには思う。
現に漫画版の冒頭では高坂穂乃果もまた剣道で努力し続けて良い結果を残したのにもかかわらず、廃校を撤回させることは出来なかったわけなのだから、「努力しても結果は変わらない」という思いを一般生徒の抱いていてもおかしくはないし、むしろ妥当なものだろう。
この漫画版の面白さというのはそうした閉塞感を感じさせるように描いていた上で、その「何をやっても廃校に決まっている」という空気感に抗い続ける存在としての「μ's」というところに着地させているところにある。
そうした「状況を自ら変えていこう」「不満のある状況を何としてでも変えてやろう」というのがこの漫画版で描かれる『ラブライブ!』の特徴で、そういう「状況をそのまま受け入れないで、自分の意志で変える」という前向きさ加減が各キャラクター達の魅力に繋がっているし、この作品自体のテーマになっているのではないだろうか
また今回から本格的に描かれ始めた西木野真姫と矢澤にこは「学校自体に対しては思い入れはない」という存在であり、UTXに編入したがっている側であるのだが、それぞれの事情故に音乃木坂に入学したという経歴を持つという設定になっているのだが、この二人についても同じ事が言える。
彼女達は「音乃木坂学院に通っている」という状況が気に入らないからこそ、UTXへの編入を望んでおりそのための最も手っ取り早い手段としてアイドル活動に加わっていく形になっているのだが、これもまた「自分の意志と行動で状況を変える」というテーマに即した行動であるのだが、そうした存在である西木野真姫や矢澤にこもまた一巻冒頭で見せてくれた「ラブライブ!のステージに向かう九人」の一人である以上、どこかで目的を共有する可能性はなくもないし、音乃木坂学院自体の魅力に惹かれる「音乃木坂学院のスクールアイドル」になる可能性もあるだろう。
今回の二巻はその辺りのテーマがかなり掘り下げて描かれているだけに、廃校の危機と閉塞感に囚われた音乃木坂学院を解き放つ存在としてスクールアイドルであるμ'sが描かれるのではないかと思うし、そうなった場合音乃木坂学院の象徴的存在としてのμ'sが生まれるかもしれない。
今回のこの漫画版『ラブライブ!』はそうした「閉塞感」を描いているからこそ、どういう存在としてμ'sを定義し、描いていくのかが個人的に気になるところであるし、本誌での連載においてもまだ絢瀬絵里が加入してなかったりとテーマをじっくり描いていく傾向にあるようなので、じっくり描いているからこその輝きという奴を見せて欲しいし描いて欲しいとは思うところである。

まあそれはともかく、二巻はやたらとキャラクター同士の絡みが多い事と百合的展開が多いので百合好きには必読級ではあるまいか。
「キマシタワー」とは元々はラブライブ!と同じ公野櫻子作品である『ストロベリー・パニック』(アニメ版)の台詞だが、漫画版『ラブライブ!』は本誌の柱でその台詞が出てくるぐらい百合的要素が多いわけであり。つーか穂乃果が絵里と海未ちゃんにキスされすぎである。
サンキュー鴇田アルミ。ニヤニヤしながら読んでるわ!


ラブライブ! 1―School idol project (電撃コミックス)ラブライブ! 1―School idol project (電撃コミックス)
(2012/09/27)
公野 櫻子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1908-262cb9cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター