Entries

『シンフォギア』の音楽の扱い方につきまとう違和感について

『戦姫絶唱シンフォギア』という作品は上松範康が「ライブシーンがあるアニメは盛り上がる!」という基本コンセプトを元に『ワイルドアームズ』シリーズなどでプロデューサーを務めた金子彰史が脚本を手がけた作品で、王道熱血を持ち味とする金子彰史だけあって物凄く熱量があるアニメであるのだが、「歌で変身し、歌で戦う」というコンセプトであるにもかかわらず、何故に音楽周りについて違和感の残る演出ばかり行われるのだろうか。
一期の頃から「歌で変身する」「歌わないと闘えない」という設定があるにもかかわらず、演出面ではどうにも違和感が残る演出になっている。というか正直、演出面ではその「歌」というものの重要性が伝わってこないとすら個人的には思っている。

戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2013/10/02)
悠木碧、水樹奈々 他

商品詳細を見る


『シンフォギア』における「歌」というのは設定上かなり重要なものだ。
作中の描写を見る限りでは最強クラスのキャラクターである司令が戦えないのも全て「ノイズ」という敵はシンフォギア装着者でなければ戦えないという設定があったからで、そんなシンフォギアを装着できる存在は歌の力を引き出せるからこそ、聖遺物を身にまとうシンフォギア装着者になり得る。
『シンフォギア』という作品において「歌」というものは極めて大事なものなのだ。
少なくとも作品を見る限りでもそれは理解できるし、作中で何度も繰り返されていることだ。
だからこそ自らの命を削ってまでも歌う「絶唱」が捨て身の必殺技として演出され、歌い続けることでその強さというものが演出されている。
それだけ「歌」というものが大事だからこそ、脚本面ではその重要性をきちんと拾い上げた見事な脚本になっている。そういう意味では金子彰史は見事な仕事をしているといってもいいだろう。
しかしながら演出面ではどうかといえば、『シンフォギア』では「キャラクターがリアルタイムで歌っている」という事になっているにもかかわらず、実際の歌はほぼBGM化してしまっており、脚本が展開している音楽の重要性を全く拾い上げていない映像になってしまっている。
これがまだ通常アクションだけなら百歩譲って許さないでもないのだが、『シンフォギアG』二話・三話で「これが私たちの絶唱だ!」とキャラクターに言わせているのに、実際には歌っていないのは演出が脚本の意図を汲み取れていないというしかなく、少なくとも演出面においては歌というものはそれほど大事にされていないように映る。
この「歌が大事な作品なのに、肝心の歌の演出はそれほど重要視されていない」という問題であるが、これは一期の頃から全く同じ問題が存在していた。
しかしながら一期の頃はまだ口パクを合わせようとするなど様々な工夫をしていて、その辺りの雑さ加減も「問題に気づいている」という認識で見れたので違和感はあれども、「いつか改善してくれる」と好意的な捉え方をしていて、それほど問題視していなかった。まあ途中から「本人が歌っている歌なのにBGMとして扱われている」という演出になって萎えたのは萎えたのだが、しかしながら二期になっても全く同じ問題を引きずっているというのはこれはどうなのか。問題を解決したふりをして見て見ぬふりを決め込んでいるだけなんじゃないのか。
この問題はつまるところ「音楽が大事な作品であるのなら、音楽に対してもうちょっと扱いを良くしろよ!」という話なのだが、そもそも「アクション」と「キャラクターが歌っている」というのを同時にやるのは演出的に労力が掛かり過ぎる上に得られる物がつじつま合わせぐらいのものだから労力として割きたくないのは分からないでもない。
しかしながら「歌が重要な作品」なのに、肝心の歌の扱いが極めて雑というのは本当にどうなんだ。
歌が本当に作品にとって大事なものであるのならば、そういう演出を脚本以外のところでもちゃんとやるべきなんじゃないのか?
そういう演出をしていない『シンフォギア』の音響演出というものは正直ほめられたものではないと個人的には感じるところで、現状の『シンフォギア』の変身アイテムでしか無い音楽の扱い方には正直改善して欲しいとすら思っている。せめて必殺技の絶唱ぐらいは「歌えよ」と。
別に口パクを全部合わせろ!とはいわんけど、「キャラが歌ってる」という設定なのに、歌い出しからBGM化するんじゃ何の意味もないんだから、せめてもうちょっと音楽の扱いをよくしてほしいところであるし、音響監督はこの辺りをもうちょっと理解した演出にしてくれねぇかなぁ、と思うのである。
本人が歌うのをやめた時ぐらいBGM止めようぜ!ってのもあるけどさ!
あれも本当にどうなんだろうね。本人が歌ってるんじゃないのかよ!と思うわ。

まあそこを抜きにすれば割と楽しい作品で、立花響の問題に切り込み始めているので割と楽しく見ている作品ではあるかな。
上松範康がライブシーンにこだわりを持っているのは『うたプリ』なんかも見ていて分かるし、サイリウムの演出を持ち込んでいるなど二期はその辺りが演出されているように感じるし。
しかし早くfigmaのクリスちゃん出さねぇかなぁ、グッスマ。
俺、一期の頃から待ってるんですけど。

戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
(2013/07/17)
マリア×風鳴翼(日笠陽子×水樹奈々)

商品詳細を見る


戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
(2013/07/24)
立花響(悠木碧)

商品詳細を見る


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1920-9fd5982e

0件のトラックバック

24件のコメント

[C1362]

初めまして、突然失礼します。
ちょっと良くわからない点があったのでお聞きしたいのですが、絶唱に対しての「歌えよ」というのは「歌いながら攻撃しろ」って意味で良いのでしょうか?一応発動時には毎回歌ってるので。
あと私には装者たちの動きに合わせて歌い方変えたりしてちゃんと「歌いながら戦ってる」演出をしてるように思えるので、その辺についてもう少し詳しく聞いてみたいです。
それと設定だけで本編で描写の無いものを持ち出すのはちょっと卑怯かもしれませんが、「歌ってなくてもBGMが流れる」というのは「ギアから音が流れている」という設定があるんで一応説明はつきますね。
  • 2013-07-22
  • うじん
  • URL
  • 編集

[C1363]

一期の際、佐藤順一さんが「歌唱進行、楽譜に合わせたコンテを切るのが大変」と仰っていたので、きっと「シンフォギア」を理想的な作品にするには、センスと時間が必要になってしまってるのではないかなあ、と。
スタッフに求められている力量のハードルが上がってしまったというのは組織製作における大きな欠点ですし、意欲とそこのバランスが取りづらいのでしょう。

[C1364]

>>絶唱

ですです。
「これが私たちの絶唱だ!」というのなら、せめて歌いながら突撃してほしいし、そこで叫ぶぐらいなら歌って突撃した方が「歌の凄さ」というものが分かるんじゃないの?と素人目には見えてしまう。

>>アクション

歌い方を変えるのはいいんですけど、そういう「本人が歌っているっぽさ」を出してるなら、音の遠近感をもうちょっと意識して欲しいんですよ。
歌っている本人がいてもいなくても、音の大きさは均一ですし。


>>設定

ああ! シンフォギアの各所にある出力系統っぽい意匠ってちゃんと意味があったんですね!
それはさすがに知らなかったです。

>>佐藤順一

労力の割に得られるものも少ないですし、やりたい事を選択していくとどうしても後回しにしてしまいたくなる気持ちは分からんでもないんですけど、歌が本当に大事ならそこは切り捨てちゃならんところだと思うんですよねぇ。
  • 2013-07-22
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1365]

http://www.symphogear-g.com/introduction/keyword.ph
キーワードの一番上ですね。
『身に纏う者の戦意に共振・共鳴し、
旋律を奏でる機構が内蔵されているのが最大の特徴。
その旋律に合わせて装者が歌唱することにより、
シンフォギアはバトルポテンシャルを相乗発揮していく』

複数人の鎧が同時に鳴る演出してたら
それはそれでカオスですが

[C1366]

成る程、音の遠近というのはあまり気にして無かった点ですが言われてみると確かに感じられないですね。好きな作品は良い所しか見えなくなってしまうタチなんで参考になりました。
  • 2013-07-22
  • うじん
  • URL
  • 編集

[C1367]

>>設定

共鳴するなどして、「少しづつ音が入っていく」という演出はできそうですね。
  • 2013-07-22
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1368]

絶唱歌ってたじゃん
「がとらんでぃすばーべるじぐれっとえでなーる♪えみゅすとーろんふぃーねばらるじーる♪」って
あれが絶唱のメロディだよ
1期1話から全装者共通のメロディ&歌詞

[C1369] Re: タイトルなし

「これが私たちの絶唱だ!」と叫ばせるぐらいなら、歌いながら突撃しろよ!って話ですよ。
本当に歌が大事な作品だというのなら、そういうところでちゃんと歌わせてこそ伝わるんじゃないんですか?と思ったわけです。
  • 2013-07-22
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1370]

一応、キャラの動きに合わせて詰まったり、力んだりはしてるんですけどねぇ、それ以上のものにはなってない所はありますよね。

[C1371]

おっしゃることは分かるけれど、三期があればきっともっとすごいものになってるはずだと思いたい、と言う信者の贔屓目

あ、調の偽善者・・・!からの「だーからそんなーせーかいはー きりきざんであーげましょー」は結構こちらのエントリの意に沿う使われ方してたんじゃないでしょうか

[C1372]

>>キャラの動き

なんかもうちょっと工夫すれば、もう一つ上のステージに上がれそうな雰囲気があるだけにいかんともしがたいむず痒さがありますね。

>>三期

クッソ! 俺もシンフォギア大好きだけど、こうして愚痴ってしまった時点で愛情に関しては負けた気がするぜ!

ご指摘の箇所がわからないんで、具体的に何話か言っていただけると確認しておきます!
  • 2013-07-22
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1373]

>具体的
二話の翼さんを守りにビッキーとクリスちゃんがヘリコプターから飛び降りたところです

[C1374] Re: タイトルなし

> >具体的
> 二話の翼さんを守りにビッキーとクリスちゃんがヘリコプターから飛び降りたところです

了解です。確認しておきます!
  • 2013-07-23
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1375]

見てるのか知らないけど、確認したので書いておく。
確かに二話のこの部分はマッチしていて、面白いなーと思いました。こういう演出が毎回ちゃんとやれてればいいのに!
  • 2013-07-24
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1376]

シンフォギアの挿入歌がBGMになってしまうのはもしかしたら商業的な理由ではないかと思いました。
例えばラブライブならライブシーンという形で曲だけ聴かせる事が出来ますが、シンフォギアの場合曲を流しながらバトルや会話もさせないといけない訳で、SEや台詞が邪魔で歌が聞こえないという事態を少しでも回避したかったんじゃないかなーと。ましてやシンフォギアが二期やれるだけ稼げたのはキャラソンの売上が大きい以上、二期でそこを変更するのは難しかったのではないかと勝手に考えてみたり
つまり予算がよりがっぽり貰える劇場版が決定する事に期待ですね!

[C1377]

ああ、なるほど。
商業的理由だと言われれば納得できなくもないんですが、それ優先で音響の演出を設定されてもなぁ、とか思っちゃいますわぁ。
そういう方向で本気でいるのなら不純で邪悪だなぁ、というしか無いですし、ある意味作品に関わる人間に対する冒涜だよなーと。
まあ出てきたもので満足するしか無いですし、好きかどうかで言えば好きですけど。ただ音楽に関しては不満がある、といってるだけで。
  • 2013-07-24
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1378]

躓いたりしたら歌が途切れたりしているしむしろそういう演出は頑張っている方だと思ってみてた。
音の遠近については頭になかったし言われてみると納得できる部分もあるけど、実際音量上げ下げしてよりよくなるのかという疑問もある。
商業的理由はおいといても、歌いながら戦うって設定に加えてBGMとしても使っているのは意図しての物だと思う。
他の装者の歌が混じらないのも結局はそういう事だろうし
(自分以外でも適合者が歌っていれば良いという設定があるなら別だけど)

[C1379]

なるほど。
シンフォギアを歌アニメとしてみている人間にとっては、その辺のこだわりが見られないというのは割とマイナスなんですが、確かにアクション物としてみればそういうこだわりがノイズになる部分はなくもないですね。
よりミュージカル的になる以上の効果は産めなさそうですし。

  • 2013-07-26
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1380]

マクロス7やFよりかシンフォギアは頑張ってる印象。充分でしょ

[C1382] Re: タイトルなし

> マクロス7やFよりかシンフォギアは頑張ってる印象。充分でしょ

マクロスFはともかく、マクロス7よりは頑張ってないと思う。
というかマクロス7はあれだけぶっ飛んだことをやってるが、「シリアスな局面でやってくる脳天気なロックミュージックが戦況を滅茶苦茶にしていく」というところに関して説得力を与えるために、スピーカーポッドを打ち込んでからの歌だの通信を利用してバラまく関係上、音の大きさや楽器の使い分けなどは相当丁寧だった。
  • 2013-07-26
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1383]

設定を補強するためのガジェット的なものがマクロス7にはあって、シンフォギアには足りないという話でしょうか。

マクロス7におけるガジェットは相手とのコミュニケーション手段としてのバサラサイドと、歌エネルギーを殺傷兵器的に利用する軍サイドの両方の要望を実現する上で最適化されたデザイン
一方シンフォギアは聖遺物・シンフォギアを起動、運用する上で歌をエネルギーとして用いる。シンフォギアは対ノイズ用の兵器、また装者を保護する為のプロテクターとしてデザインされている
そもそも歌を聴かせる対象が外にあるか、内にあるかという点でデザインや演出の方向性が異なっている感じがします

とはいえシンフォギアの方が優れている、という物言いは言い過ぎました。
余談ですがマクロス7で演出として最も頑張っていたと感じたのは記者を庇い、苛立つギギルにフルボッコされるバサラのシーンでした。神奈さんの歌いながらの演技はシチュエーションと合わさっていて、グッときましたね

[C1384] Re: タイトルなし

ガジェットというか「設定を汲み取った映像にしましょうよ」という話ですね。

仰るとおり、マクロス7は「コミュニケーション手段」として歌があるのであり、シンフォギアは「歌わなければ戦えない」という設定上、自己暗示的というか内に潜るための手段であって、「歌」と単純に言いながらも全く別のアプローチをしていて、デザイン面でそれが現れているというのは間違いないと思います。
しかしながらシンフォギアもマクロス7も「過程がどうあれ出てきたものは結局外に発するものである声であり歌である」ということを考えると、ガジェットや音響などにおいてさほど重要じゃないとしてもコダワリを見せている作品とそうでない作品とでは、どちらが音楽が大事に扱われているように感じられるのかと思うわけです。
もちろんこれは俺の好みもありますし、見方の問題もあるので「これが正しい!」というわけではないんですが、そういうところに拘ってくれた方が少なくとも俺は「もっと好きになれるなー」とは思います。




  • 2013-07-26
  • 水音
  • URL
  • 編集

[C1387]

初めまして。いつも水音さんのブログ、楽しみに読ませてもらっております。
ここまでのコメントに出ていなかったので、水音さんも知っているかもしれないですが一応書いておきます。
そもそもシンフォギアの「歌いながら戦う」という設定は偶然できた物です。
原案の一人の上松氏が「歌って何かを召喚しながら戦う」という設定を金子氏が「歌の力で戦う」とブラッシュアップしたところ、1期監督の伊藤達文氏が「歌いながら戦う」と勘違いし、結果として出来上がったのものが現在のシンフォギアです。
ソースは確か1期の頃に出されたアニメ雑誌でしたと思います。この作品を継続的に視聴してる人は割と知ってるんじゃないかな?
つまるところうっかり出来てしまった設定をそのまま押し通しているのがシンフォギアなのです。
個人的には、歌に合わせてバトルのシーンを演出するという予想以上の負担が強いられているということを前提に考えると(特に1期は制作のエンカレッジフィルムが途中で戦線離脱してしまう中)、比較的良く頑張った方だと思います。
とはいえ水音さんの意見も全体に渡り頷けるものがありました。続編があればより良い改善を見込みたいものです。
余談ですが雪音クリスのfigmaはグッスマでfigma化して欲しいキャラクターアンケートで上位に食い込んでいたらしいです。
では、長文失礼しました。

[C1389]

>>シンフォギア

なるほど。「歌いながら戦う」という演出は後付けで設定されたものだったんですね。
そう考えると一期の段階では「不慣れ故にああいう形にするしかなかった」と考えた方がよさそうですね。

  • 2013-08-09
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター