Entries

『仮面ライダークウガ』と人を笑顔にすることと暴力を振るうということについて


小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)
(2013/06/28)
荒川 稔久

商品詳細を見る


平成ライダーのノベライズが連続リリースされていたのは知ってたんだけど、『W』ぐらいしか読めてなかったので一念発起して『仮面ライダークウガ』を読み終えたのだが、『仮面ライダークウガ』という物語のエピローグとしてはこれ以上無い、素晴らしい作品だった。超面白ぇ。
物語としては『仮面ライダークウガ』から13年後の世界を舞台に、再び現れたグロンギとそんなグロンギと戦うことになった人々を一条薫の視点から描いたもので、『クウガ』放送終了から現実世界で13年経過したこともあって、作中に登場した全ての人物のその後が描かれているのだが、この作品の最も魅力的なところは「今の時代だからこそのクウガ」であるということがあるだろう。
『仮面ライダークウガ』という物語を冷静に分析してみると、話の構造自体はそれ以前の仮面ライダーと大して変わらない物語構造だし、五代雄介というキャラクターも冷静に考えてみれば特筆すべきところは「暴力を振るうことを嫌う」ということぐらいで、性格付け自体はそれ以前のライダー達と変わった部分はないだろう。
しかし『仮面ライダークウガ』がそれでも今もなお色褪せない物語であると感じさせる点は何かというと、現代ドラマの手法を持ち込んだことであり、そしてそれが現代社会の中におけるヒーローというものの位置づけを与えたことがある。
というか「仮面ライダークウガ」というライダーは平成ライダーの中でも異質な存在なのだ。
作中における人々の扱いは未確認生命体だし、人を守るために怪人と戦うことで銃を向けられる。それどころかクウガが怪人を倒すことで、怪人が暴れまわる以上の被害を生み出したことがある。そうした「社会性を丁寧に描いた」ということが『クウガ』に与えたものは何かといえば、「現代社会の秩序を守る存在=警察」との共闘だ。
古代においてリント=人間を守るための戦士であったクウガが現代社会を守る戦士である警察と共にグロンギと戦う。
古代においてもリントとグロンギの戦いは人間対人間であるとされていたが、クウガのもたらしたものはそうした「現代ドラマだからこその社会性を丁寧に描く」ということにより安易な「ヒーロー対怪人」という構図にしなかったところにあるのだ。
そうした試みが五代雄介という主人公の「暴力を振るうことを好まない」し「泣きながら戦うヒーロー」というものに深みを与える。人を殴ることは痛いことなのだと、それしかないとわかっていても心は痛むのだと。五代雄介はそうした姿を一年を通して見せてくれた。「暴力を振るうことの意味」を悩みながら苦しみながら、そして暴力の象徴になるという恐怖に怯えながらも、「誰かの笑顔のために自分が出来る事をやる」という行為を持って魅せつけてくれた。
暴力に依ってしか笑顔になれないン・ダグバ・ゼバとの最終決戦では「暴力を振るう意味」に涙を流しながら戦う彼の姿は「暴力というもの」を視聴者に考えさせてくれたわけなのだが、そんな『クウガ』が13年ぶりに見せてくれた物語は、紛れもなくあの『クウガ』だったのである。
クウガ自体のシンプルな構成をそのままに一条薫の視点から描いたこの物語もまた「暴力」というものの意味を考えさせる物語であったのだが、この物語のもう一つのテーマとしては「笑顔」があるだろう。
13年ぶりに復活を遂げたグロンギはリント=人間を笑顔にすることを目的として行動し、人々を笑顔にするために様々な策略を張り巡らせ、笑顔にしたあとで絶望させることを目的とするグロンギだったのだが、そんな彼は「笑顔にするためなら何でもする」という今の人間を嘲け笑い、誇りを失ったと語る。
「求められたからやったことで、人々はそれで幸せになっている」とも語るグロンギであるが、そんなグロンギの言葉に説得力が生まれているのは、作中において紛れもなく2013年現在の現代社会が描かれているからだろう。
13年という月日の中で様々な人間が変化していき、主人公である一条薫もまた変化した人間の一人だし、五代雄介=クウガであることを知る夏目実加も驚くべき形で登場してくるのだが、そんな彼らが見る現代は13年前とは違うものだ。そしてグロンギもまた現代社会というものを利用して殺人を行ってくるわけなのだが、そんな「現代社会」というものを最大のギミックとして描かれる小説版クウガは「今だからこそ笑顔を守るために戦ったクウガ」という存在とクウガ=五代雄介が暴力を奮ってまでも求めた誰かの「笑顔」というものの価値を考えさせるし、それを見て笑顔になる五代雄介の笑顔の魅力を思い出させてくれる。
だからこそ「五代雄介が再び笑える世界のために」と頑張る一条薫の奮闘とクライマックスでの五代雄介と一条薫のやり取りが映えるのである。
また「俺は……お前の笑顔が見たい! ……お前の笑顔を取り戻せるように、俺達は生きる! ……だから行くな!」の「俺達」とは一条薫とその仲間だけではないのだろう。五代雄介の笑える世界である「悲しみのない世界」。それは五代雄介の笑顔の尊さを知る全ての人間を含んでいるものであるのだから。

あとこの小説版を読み直すと『青空になる』の歌詞が別の意味に聞こえるなぁ。
「五代雄介から誰かへ」ではなく「五代雄介の笑顔に魅せられた者達が五代雄介にかける言葉」のように思えてくる。


仮面ライダークウガ ソングコレクション仮面ライダークウガ ソングコレクション
(2000/09/21)
イメージ・アルバム、橋本仁 他

商品詳細を見る


やっぱりいい曲だなぁ。


それからただ今ラジレンジャーで『クウガ』が取り上げられたということで、youtubeでクウガの25話と26話が期間限定で視聴できるので視聴しておくと、より面白く読めるような気がする。
俺は1回通しで読んだ後、この配信を見てからもう一回読みなおしたマンです。

「仮面ラジレンジャー」 お勧めエピソード 仮面ライダークウガ25話・26話

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1922-1c91b556

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター