Entries

『ファンタジスタドール』におけるアクションについて


ファンタジスタドール vol.1 Blu-ray 初回生産限定版【イベント券封入】ファンタジスタドール vol.1 Blu-ray 初回生産限定版【イベント券封入】
(2013/09/20)
大橋彩香、津田美波 他

商品詳細を見る


今期スタートしたアニメの中で一番楽しんでいるアニメは何だかんだで『ファンタジスタドール』だったりする。
今期始まったアニメは春アニメ以上に話題作が多いのはもちろん承知の上であり、とりあえず一話はチェックするという制約のもと『ガッチャマンクラウズ』以外は全部視聴していると思うし、見ている間はやっぱり楽しかったりするのだが、結局『ファンタジスタドール』に行き着いてしまう辺りはもう好みの問題だというしか無いのである。
『プリティーリズム』や『ジュエルペット』『アイカツ』などの女児向けキッズアニメを持ち込んでいると言いたいところだが、『ファンタジスタドール』は特にそういった文脈を持ち込んでいない。確かに玩具の販促を行わなければならない玩具販促番組っぽい部分はなくもないが、物語としては極めてオーソドックスな作りだと言え、「ひょんなことからファンタジスタドールと呼ばれる存在と契約を結んだ女の子がファンタジスタドール同士の戦いに巻き込まれていく」という巻き込まれ型主人公による契約物、そしてバトルロイヤル物の要素を匂わせているのだが、作りとしては極めて丁寧なもので過激な方向に話を持っていくわけではなく、あくまで「いい話」でまとめているところは見事なものだ。
この面白さは「馬鹿馬鹿しいものをいい話のように仕立て上げることで、そのギャップで笑わせる」という手法を用いる事が多い斎藤久が監督をやっているからこそだろう。原作を担当している谷口悟朗の意図を汲み取って本気で「いい話」を「いい話」としてまとめあげているところなんかは、シリーズ構成として協力している柿原優子やら木村暢の匂いを感じる。そういえばこの作品の中にある悪意の無さは柿原優子が以前やっていた『べびプリ』辺の流れも感じるところであり、ドール達を姉妹のように見立てているような配置のさせ方は結構面白いところなのではないかと思うのだが、それはそれとして『ファンタジスタドール』で個人的に面白いと思っているところはバトル、つまりアクション周りなのだ。
『ファンタジスタドール』ではファンタジスタドール同士の戦いが描かれているわけなのだが、ここで面白いのはファンタジスタドールのマスター達の存在でファンタジスタドールは素体だけでは戦えないという設定が付与されており、マスターが武器やトラップなどの様々なカードを使用することでドール達は武器を振るい、その罠を利用して戦うことが出来るのである。
これの面白いところは直接戦うのはドールだが、実質的な戦略や作戦を立ててカードを使うのはマスターであるということで、カードゲーム的な要素とバディ物やチーム物の要素をミックスしたアクションになっているということで、マスターとドールとの連携だけでなく、マスターはマスターでどのカードをどういう使い方をして、度のタイミングでどのドールに指示を出すのかという要素を多分に含んでおり、マスター視点で見れば戦略物的な、ドール視点で見ればアクション物として見ることが出来るのである。
これを踏まえて『ファンタジスタドール』を見ていくと本作においてマスターは一度として足手まといになっていないということが上げられるし、マスターごとのプレイングスキルの差というものが描写されており、それに依って勝ち負けが決まっているということが見て取れる。
また主人公であるうずめが元々は凄腕カードゲームプレイヤーだったという設定が「そういう過去」というだけではなく「今でも通用するような卓越したスキルを持っている」ということがさり気なく描かれており、「竹輪」というトラップカードを「どう使えば最も効果的に扱えるか」ということを中心に構築し、見事な指揮能力に依って敵を退けているのである。
こうして見ていくと『ファンタジスタドール』は作劇優先のアクションを構成しているように見えるが、プレイヤーごとの傾向やプレイングスキルの違い、そしてドール達の違いを意識し、「そのプレイヤーとドールだからこそのらしさ」というものに重点を置いた組み立て方をしており、そこの性質の違いが『ファンタジスタドール』のアクション面における魅力となっており、二話における「嘘をついて、ごまかして衝突を避けようとするうずめ」と「それを嫌うささら」の衝突とそこから和解した後のうずめとささらが連携して敵を撃破する流れが面白くなるのだ。
『ファンタジスタドール』は肝心の話の進め方としてもかなり上品なものがあるのだが、二話の終盤にてなかなか面白い展開を持ってきただけに今後の展開が気になるところ一作ではある。
しかしそれはそれとしてOP曲である『今よ!ファンタジスタドール』をプリリズやアイカツと同じ「女児向けキッズアニメ」のプレイリストに入れたら何の違和感もなくて困っている。
EDもそうだけど、女児向けアニメの音楽すぎるのはなぜかと思ったら、音楽担当がフレプリからスマプリまでの音楽を担当した高梨康治だった。あと作詞が『ふしぎ星の☆ふたご姫』とかやってた人たちだった。なんか納得した。



今よ! ファンタジスタドール(TVアニメ「ファンタジスタドール」オープニング・テーマ)今よ! ファンタジスタドール(TVアニメ「ファンタジスタドール」オープニング・テーマ)
(2013/07/17)
ファンタジスタドール、大橋彩香 他

商品詳細を見る



DAY by DAY(TVアニメ「ファンタジスタドール」エンディング・テーマ)DAY by DAY(TVアニメ「ファンタジスタドール」エンディング・テーマ)
(2013/07/17)
ファンタジスタドール、大橋彩香 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1923-b47f8866

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター