Entries

アクセス数のために悪口を書くことと本心で語ること

他人の記事を取り上げてポジショントークをする事って苦手というか、それならそれで別に書きたいことがあるからそっちを優先するわー!と思っている内に話題が消化されちゃって書き忘れるんだけど、珍しく面白そうな話題だと思うから書いて見ることにする。

任天堂の悪口を書けばアクセス数が跳ね上がる理由
「これが良い」「これが好き」ということを表明するのは案外大変だ(けど、だからこそ価値がある)
ネガティブの壁を、うちやぶれ

「悪口を書いたほうがアクセス数が跳ね上がる」というやまなしレイ先生には心の底から共感する。
これはもうどうしようもない問題だといえ、このブログでアクセス数が多かった奴って大体批判的な事を書いた記事で、「自分はこれが好きだ」と思って書いた記事はアクセス数的にはそんなに伸びない。
したがってこれはもう仕方がない問題だといえるし、アクセス数を得ることを目的とするだけならば批判的に書き、好きな人を煽ってしまうのが一番正しい方法だというしか無い。
でもなぁ、悪口も結局「褒める事」と同じぐらい「俺が思ったこと」で褒めたり好きだということを表明する事と表現としては同じで、そういう意味ではだからなんだという話でもあると思うの。

確かに今の記事は批判的な記事・煽り記事が圧倒的にアクセス数を集める。これに関しては間違いない事実だろう。では自分はアクセス数のために更新しているのかといわれると、少なくとも俺は違う。これだけははっきり言える。
俺はアクセス数を得るためだけに煽ったり悪口を書くことは出来ない。これは俺が不器用だという話でもあるが、それ以上に最終的に悪口になっているとしても、自分がその作品なり物なりに触れて感じたことを素直に表現するということが、好きな奴や作った奴に対する誠意の見せ方だと思っている。
だから結果的に悪口に聞こえて「お前の個人的な意見だろ」「お前の気持ちは分からない」と言われても、これは俺の表現技法の拙さが問題であり素直に謝るしかないし、誤解が生じていると思ったら誠心誠意を込めて返す事が自分なりの「本気で好きな奴」に対する敬意の払い方であるとも思う。
だから「悪口を言うな」と綺麗事を言うつもりは全くなくて、むしろ「言う以上は誠意を持って本気で好きな奴に向き合え」というしかない。通じるかどうかは知らないが、通じない相手だとしてもそういう姿勢を崩すつもりは全くないし、俺はそういう事も含めてブログを書き続けている。
もちろん「自分はこれが好きだ」という時も、本気で好きな奴に対しては向き合っているのだが、それ以上に悪口をいう時には本気で好きな奴に対しては誠意を込めろという話である。
結局のところ、俺のやり方としては「本心に嘘をついてまで書きたくない」し「嘘をついて書くor書かないぐらいなら誠意を込めて真正面から悪口を書く」という話にしかならないのだが、でも「自分の本心=感想に自信が持てないなら最初から書くな」とは思うし、「自分の感想が他人に伝わるかどうかわからないから煽る記事を書いて注目を集める」って本気で好きな奴に対してはっきり言って失礼だ。
俺が『ラブライブ!』関係で煽った記事を書いた人に対して、いけ好かないと思ったのはそこなのだ。
「その作品が本気で好きなら好きでそう書けばいいし、気に食わないなら気に食わないと書けばいい」のだ。
それをわざわざ「伝わるかどうかわからないから、本気で好きな奴を煽って反応を見てから書く」なんて回りくどく、俺にとっては誠意の欠片も感じさせないやり方をしておいて、後から「褒めても伝わるかどうかわからないから」なんて言われても。説得力皆無としか言いようが無いし、今後どれだけまともなことを言っても真面目に受け取る気が失せる。
「つまりあなたは自分の意見に自信が持てなからといって、誰かを煽ってからじゃないと書けないんですね」としか言えないし、「自分が好きなもの」に対して本気になれない人の話を誰がまじめに受け取るかという話でもある。
好きなものに対して本気で語れない奴とか正直俺はクソだと思ってるけど、まあそういう人って最終的に他人に支持されるかどうかって微妙よね。結局この手のアクセス数増加って一時的なものだし。

というわけで。今後とも俺は自分の言いたいことを言うつもりだけど、ひとまず今はそういう気持ちで書いてますよ、ということだけ書いておきたかったのだが、思った以上に長くなった。反省すべきである。

ああ、あと。
今のこのブログで最も人を集めているのは『ラブライブ!』の感想記事だし、次いで『ラブライブ!』のアイテムで取っ掛かりとして購入しておくべきアイテムはこれだ!という記事だったりする。
したがって「自分が好きだと思ったもの」に対して本気で語ることは瞬間的には確かに批判記事・悪口には劣るが、長期的に見れば違うと言え、ハイコストローリターンなんかではない。
少なくとも「自分の好きだと思っている何か」に対して理解をしてくれる人間はどこかにいて、そういう人間に伝わる事を目的に書くのはありだと思うところである。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1927-b52f06c0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1385]

記事を読んで、
攻殻SAC2期でのクゼの「水は低きに流れ、人は易きに流れる」というセリフと、
capsuleの中田ヤスタカがインタビューで「自分で良いと思ったモノが良いモノなので、
他の人がどうとかじゃない。これダサいよねとかカッコ悪いよねとかいう生き方って
スゴい簡単じゃないですか、カッコ良いとか自分がこれが良いよねとかいうのは
勇気がいるじゃないですか。そういう勇気を持った生き方がスゴく好きなんですよ僕は。」
と言っていたことを思い出しました。

「易きに流れる」―「これダサいよねとかカッコ悪いよねとかいう簡単な生き方」というのは
「言う以上は誠意を持って本気で好きな奴に向き合え」というのを放棄して遠くから石を投げるようなことなのかなーと思ったり。
  • 2013-07-29
  • ヒーホー
  • URL
  • 編集

[C1386]

まー俺も徹底できているとは全く思ってないんですが、少なくとも「良い・悪い」は自分の素直な気持ちなわけで、他人がどう言おうがその気持ちを大事にしないとダメだとは思います。特に自分自身にとっては。
  • 2013-08-05
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター