Entries

『プリティーリズム・レインボーライブ ライブinクリスマス』を見てきた

『プリティーリズム・レインボーライブ』は今までも何度も取り上げる程度には大好きなので見に行ってきたんだけど、二時間半ライブありトークありのイベントとしては正直面白すぎた……!
構成としてはオープニングセレモニー→めが姉ぇの注意→キャスト登場でのトーク→生アフレコ→ライブ→アンコール→めが姉ぇという感じ。
オープニングセレモニーはPrizmmy☆の『EZ DO DANCE』から始まり、i☆Risの『§RAINBOW』、そして第四クールのエンディングテーマになるPrism☆Boxの『ハッピースター☆レストラン』が初公開。ダンスパフォーマンスという意味では本当に頭ひとつ抜けているという話は聞いていたけれど、初めて見るPrizmmy☆やPrizm☆Boxのパフォーマンスは本当に素晴らしかった。体全体を使ったダンスってこれほどまでにダイナミズムを感じさせるんだなぁ、と感心させられた。初公開である『ハッピースター☆レストラン』はそういう魅力に溢れていて、物凄いものを見た気分だったんだけど、本番はこれからなんだよなぁ。
トークパートでは彩瀬なる役の加藤英美里、涼野いと役の小松未可子、福原あん役の芹澤優、蓮城寺べる役の戸松遥、森園わかな役の内田真礼、小鳥遊おとは役の後藤沙緒里、神浜コウジ役の柿原徹也、仁科カヅキ役の増田俊樹、そして速水ヒロ役の前野智昭が一斉に登場し、鷲崎健が司会でキャストが選ぶ名台詞の発表に。
加藤英美里さんは速水ヒロの「情熱!熱風! スターライトキス」の「グンナイ!」。
小松未可子さんは15話(だったと思う)の涼野いとがおとはに向けて言った「紅茶をいれてくれ!」。誰に話を聞いてもヒロさんの話しか出てこなかったのでバランスをとるためにこのセリフにしたとのこと。
芹澤優さんは12話の福原あんの「もっと練習しておけばよかった!」。今でも印象に残っている話とのこと。
佐倉綾音さんは29・30話でりんねが口ずさんでいた「ジンギスカン」。編集指定まで入ってる上に裏話として「歌ってしまって本気で怒られた」という収録中のお話も飛び出していたりしたんだけど、あのセリフだけで色々演じ分けるのがひとつの挑戦だったという。
戸松遥さんは26話の「わかな、おと、愛してる」だそうで、会場からは「あー」という納得の声が上がっていた印象が。
鷲崎さんに「小鳥遊さん」と呼ばれ「後藤です」と訂正していた後藤沙緒里さんは25話の「私はべるさんを癒やす香りになりたい」らしく、「自分もそういうことを言いたい!」とのコメント。
内田真礼さんは「あれあれ~?」と序盤のわかなが嫌味っぽく言っていたセリフを名台詞に取り上げていたんだけど、最近は性格が良くなったのか言わなくなってちょっと寂しいんだとか。会場では「あれあれ~?」を実演。物凄く嫌味っぽかった。
柿原徹也さんは「ボンゴレビアンコでいい?」。脚本中では別の料理名(鳥あんかけ)だったらしく「それはすぐに出来ないだろう」ということでパスタの名前を上げたらしいんだけど、「なぜボンゴレビアンコか」というと単に言葉の響きがエロかったかららしく。後藤さんが真面目にそれを受け止めていたり、柿原さんが物凄くエロティックに「ボンゴレビアンコでいい?」と発言していたりしたので、ボンゴレビアンコがしばらく卑猥な食い物として感じてしまいそう。
前野智昭さんは速水ヒロの「はぅあああぅぁぁぁ」というたじろいだ時のセリフだったんだけど、これも物凄く編集が入っていてヒロさんのたじろぎ動画集になっていたのが面白すぎた。一応文字では毎回微妙に違うらしく、そのへんも演じ分けているとのこと。
増田俊樹さんは「バーニング!」と思いきや「バーニングソードブレイカー」の一連のセリフを取り上げていて、そのシーンに合わせて隣にいた前野さんとバーニングソードブレイカーの一連のやりとりを実演してくれていて、会場から笑い声が。
ビデオ出演で森久保祥太郎さんが登場していて、名台詞には「ハピなる!」を名シーンに32話のべるさんを受け止めるDJ Cooを取り上げていたのも印象的だったかな。「ハピなる!」はテンション上がった時には思わずTwitterとかで呟いちゃうんだとか。

全体的にこのトークパートはヒロさん人気を再確認するトークだったかなぁという印象がありますね。
キャストの間でもヒロさんはやっぱり人気らしくって話によく登るらしいんだけど、もうヒロさん関係で何かある度に前野さんが鷲崎さんに「謝れ!」と言われていてその度に前野さんが「ごめん、皆!」とヒロさんの演技で言うもんだから会場からはずっとキャー!という声が男女問わず巻き上がっていて、それに嫉妬した柿原さんが「俺もやりたかった!」と言い出すなど速水ヒロの愛されっぷりとアイドルとしての才覚を特に感じたなぁ。
前野さんは自己紹介でもずっと「ヒロー!」という黄色い歓声が上がってたぐらいだし、会場にも黄色の薔薇を持ってきている人が多かったぐらい。
そのあとは生アフレコだったんだけど、その前にファンが選ぶ名台詞の発表が。第一位が二つあったんだけど、ファンやキャスト陣の予想通り?速水ヒロの「見たかコウジ! お前の歌を一番上手く表現できるのは俺だ!!」と「絶対アイドル!愛・N・G!」が選ばれて、前野さんに会場全体の視線が行っていたのが面白かったですね。
その辺りを生アフレコで!ということになったんだけど、登場したキャスト陣が遊びすぎていて前野さんがサビ直前で「ヒロ分身!」とアドリブ入れたり、柿原さんがエコーみたいなことをやり始めたりとやりたい放題。それでも演じきっていたのはさすがとしか言えない。
またガヤは会場全体から入っていたのも面白くって「作詞作曲は?」「ヒロー!!」や絶対アイドル!の「ヒロー!」「ヒロ様ー!」という歓声も会場全体から入っていて、ヒロさんと前野さん大人気。男女問わずキャーキャー声が上がるキャラクターって滅多にいないような。
その後はスペシャルドラマとしてプリズムストーンでのクリスマスパーティーの様子をキャスト全員でアフレコ。芹澤さんがセリフを間違えた結果、70メートルもの巨大ケーキが登場することになったり、男性陣がノリノリでアドリブ入れまくってキャラ崩壊しているキャラもいたりと「スペシャル」というだけに相応しい内容に。特にヒロさんは登場するだけで笑いが生まれていたり、絶対サンタ!正体NG!などのアドリブで会場を大いに沸かせてましたねー。さすがヒロさん。
また小松さんが手を滑らせて脚本を全て展開してしまった時には全員でフォローに回っていた光景も見られ、キャスト陣の仲の良さとキャスト全体で共有している向き合い方を感じられるいい生アフレコだったかと。
その後はライブということで、彩瀬なるの『ハートイロトリドリーム』からマイソングメドレー。締めはりんねの『gift』。プリズムボーイ達は三人で『BOY MEETS GIRL』。その後はベルローズの『Rosetta Nebula』とハッピーレインの『どしゃぶりHAPPY!』。『どしゃぶりHAPPY!』ではキャスト陣によるプリズムジャンプ(ジュエルスピンX→スウィンギンハートリズム→100%ピュアピュアアロー)なんかもあって短いながらも要所は押さえたライブパートになっていたかと。
そして一旦閉幕ということでキャスト陣のコメントが一言づつあったけど、ちょっと増田さんはバーニング!とフリーダム!でトーク部分を乗り切り過ぎな気がw 鷲崎さんも「それでいいのかお前は」みたいなコメントをしてたけど、他の面々はこの作品に対する思いを語ってくれていて、「ああ、この人達ならこの先もきっと面白いに違いない」と確信しましたわぁ。
アンコールだけど、アンコールで発表されたのはこのイベントのダイジェスト版が2月に出るデュオシングルに収録されるということ。そして2014年4月に『プリティーリズム』がついに映画化! ダンスシーンを中心に『レインボーライブ』だけでなく今までの『オーロラドリーム』や『ディアマイフューチャー』からも登場させるとのこと。会場全体から驚きとともに歓喜の声が上がっていたほか、キャスト陣も驚いていたので本当にサプライズ的な発表だったみたい。
最後は加藤英美里さん指揮のもと、全員で次回予告の「七色ハートではぴな~る!」で締め。最後まで増田さんが「バーニング!」叫んでいたなぁw


全体としてはとてもいいイベントだったかと思います。プリティーリズムシリーズは今までイベントらしいイベントに恵まれてこなかったんだけど、今回のイベントにしてもライブパートはあれども大部分はトークパートで、スタッフやキャスト陣が作品について語っていた。
ただそれだけなのに、「自分達が今まで見てきた物語を作り上げてきた人達がどういう思いでやってきたのか」「その人達がどういう人なのか」がちゃんと伝わってくる。この人達がどれだけ真剣に演じ、どれだけ真剣に作品に向き合ってきたのか。
それが伝わってきたし、安心してこの後を見ていられる!と個人的には感じたところで、それだけでイベントとしては大成功と言ってもいいところなんじゃないだろうか。
欲を言えばまだ聞いていない楽曲があるので確かにそれはライブで見たい部分はある。だけど、それ以上に「こんな人達がこれだけ楽しくやれる作品なんだ」とファンに感じさせたということは、ある意味ではファンとスタッフとキャストが『プリティーリズム』を通じて思いをひとつにしているということなんだと思うのよね。
それって『レインボーライブ』が描いてきた「一つ一つの音が重なり合って音楽となった」という瞬間なんじゃないかなぁ。俺はそういう風に見えたなぁ。

大体言いたいところはそんなところかな。
衣装については演じているキャラクターのイメージカラーをワンポイントで用いていたりしたのが良かったです。
内田真礼さんはわかなと同じ髪型+緑のリボンだったし、戸松遥さんはべるさんが着てそうな雰囲気のあるワンピースだったし。男性陣もそんな感じだったかな。「私服じゃないんですよ!」と柿原さんが言ってたけど、見事なコーデでしたわぁ。

そんなわけでお疲れ様でした。次があるなら是非また参加したいと思える良いイベントでした。
次は現地会場に行きたいな!


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/1988-24ebe37a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター