Entries

『アルジェヴォルン』の主人公機描写に見る渋さについて

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』『幕末Rock』『少年ハリウッド』『プリパラ』と今期もアイドルアニメが豊作なのだが、ここまでアイドルアニメ(的なもの)が増えてくると、アイドルアニメを研究対象としても見ている俺としては結構キツイものがあるぜ。何がキツイって体力と時間が圧倒的に足りなくて『ラブライブ!』の記事を書いてた時以上に厳しい生活を送ることになっている中で、体力も時間もつぎ込んで視聴したいアニメがこれだけあると何を優先していいのやら。
とりあえず『アイカツ!』と『プリパラ』を優先して視聴することだけは決めているのだがなー。



『白銀の意思アルジェヴォルン』一話がちょっと面白かった。
一話のストーリーとしてはロボットアニメの王道を征くようなストーリー構成で、同時期のロボットアニメである『アルドノアゼロ』一話と比較するとどちらも「軍事訓練を受けている主人公」という部分は共通だが、『アルジェヴォルン』一話で主人公機を活躍させており、「ロボットを用いたアクションをどの方向で進めていくのか」という事を感じさせてくれる。
そんな『アルジェヴォルン』一話の中でも面白かったのは「主人公機が強い理由付け」だ。
多くのロボットアニメにおいて「主人公機は強い」。そりゃ主人公が乗り込み、活躍するのだから強いに決まっているのだが、多くの主人公機では「その機体に対して全く知識がない主人公が乗り込む」という関係上、新型機だったりプロトタイプだったりと予算度外視だったり、主人公機だけに積まれた特殊な装置や動力源によって主人公機の、ひいては主人公の特殊性と強さは確保されている。
例えば『ガンダム』では素人同然のアムロ・レイがマニュアル片手とはいえ、ガンダムを操って勝利していく中にはガンダムの装甲やビームサーベルがあったからこそだし、『バディコンプレックス』では「カップリングシステム」というシステムが主人公機に搭載されていて、これは「二機のパイロット同士が同期することによるタイムラグなしの情報交換が可能」というものだった。
これによってロボットなんて操縦したことがない素人同然の主人公は、軍人であるもう一人の主人公の操縦技術を覚えることで強さを保っていたし、操縦技術を覚えたあとはタイムラグなしの連携が本作における主人公達の強さを演出してくれていた。
このようにロボットアニメにおける主人公機の強さは主人公の強さに直結しやすい部分であり、だからこそ主人公機が強い理由付けはきちんとされなければならないし、その描写を積み重ねておく事こそが作中世界における主人公機の特異性を描き出していく。
では『アルジェヴォルン』においてその辺りはどうなっているかというと、『アルジェヴォルン』における主人公=主人公機の強さを見せてくれたのは「機体の反応の速さ」だ。
そしてその主人公機の強さを演出するために、『アルジェヴォルン』では何度と無く「量産機はパイロットの思うとおりに動けないぐらいに反応速度が遅い」という描写を積み重ねており、その反応速度の速さが劇的であるように見せている。
『アルジェヴォルン』では主人公が軍人ということもあって主人公の最初の搭乗機は量産機なのだが、その機体の動きは作中の人物からして「遅い」と言われている。それは民間人を助けに行こうとする主人公が機体の走行速度の遅さに焦れる描写などでも理解できるのだが、自機が大破した主人公がいざ主人公機に乗り込んで敵に殴りかかるも空振りしてしまう描写だ。
ここで面白いのは先ほどまでの量産機と動きの速度が違うということと主人公に「あえて空振りさせる」というところだ。
本作の主人公は軍人で、量産機には乗り慣れているような描写が随所で見られる。
それはつまり「主人公は量産機の反応速度の遅さに慣れきっている」ということなのだが、そこで軍人である主人公機に空振りさせることでそんな量産機の反応速度と対比させている。この対比を象徴するのが「思ったとおりに動く」や「リズムが違う」と言う主人公の台詞で、この台詞が生きるのは量産機の反応速度の遅さを散々描写してきたからだろう。
また主人公自身がその量産機の反応速度の遅さに対して一定の理解をもっている軍人であるという事も主人公機と量産機の反応速度の対比を促している部分だ。
量産機乗りとして自分が乗り込む機体の性能に対してある程度理解しているからこそ、「いつもの操縦」で主人公機を扱おうとした時に「空振り」を生む。空振りした時に「リズムが違う」と主人公が述べるのは、量産機よりも今乗っている機体の方が自分の動きの反映が速いからで、ここにも「量産機に乗っていた主人公」という描写の積み重ねが生きてくる。
そうした描写の積み重ねは地味だが、その地味な積み重ねる描写があるからこそ『アルジェヴォルン』で主人公機が動いた時、それは量産機と一線を画する機体であることが一度見れば理解できるようになっている。
この点は一話の脚本を手がけた佐藤竜雄の上手さというべきか、作家性というべきか。
何にしても物凄く渋いところに目をつけた主人公機の強さ描写であることは間違いなく、あんまり見ないケースの主人公機描写ではあると思う。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2051-9ec3ddd3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター