Entries

『プリパラ』のレオナに見る「気づく優しさ」について

ウィクロス。最新話でイオナが「タマに会いたい」としか言わないるう子に説教をして、今を受け入れて前に進む覚悟を固めさせる一連の流れが非常に素晴らしい。
タマは既にるう子の元を離れて今はウリスの元にいる。
その事を受け入れず、前に進む覚悟を固めていないままではタマを取り戻すことも、るう子がようやく手に入れた「全てのルリグを元に戻したい」という願いを果たすことは出来やしない。タマに自己犠牲を否定され、自分が周囲からどれだけ大切にされているかを十分に理解し、タマの謝罪も聞いた。にも関わらず、目の前に手がかりがある中でただ現状を受け入れず、真剣にならなければ勝てないような相手を前にくすぶり続けるるう子の姿は「現状を受け止められずに駄々をこねているだけ」である。イオナが言っているのはつまり「現状をひとまず受け入れて前に進む覚悟」のことだ。そうしなければすべてを失うからこそ、そういう覚悟が必要だと言っているのだ。
そしてるう子のその覚悟が本来有り得ないレベル5へのグロウを可能とさせているのだが、そのグロウがちゃんと「るう子の力」とされている点は今後を考える上で大事なところだろう。
タマであればオールリセットが出来るという。そして本来はあり得ないレベル5を作り出したるう子。
イオナがルリグとなったからこそ描き出される全てをリセットする未来への道筋はおぼろげながら見えている。
この作品がどのような結末を迎えるのか楽しみだが、しかしまさかアルテマメイデンが出てくるとはなぁ。
「全てのプレイヤーはドローとシグニが一枚づつになる」というルール介入型の特殊能力だけど、アンに対しては最高に刺さるカードだよなぁ。おそらくだけど、あのるう子のデッキにコードラビリンスクインも入ってるだろうからどうやっても攻撃は通らないしなー。

あ、冬コミは落ちました。でも予定していたラブライブ!本は委託で出します。詳しい場所はまた後日。



放送開始から二ヶ月で五十万人のユーザーを作るという計画を達成。放送開始から一ヶ月で決定した映画化も三月八日に公開が決定するなど、今年の下半期を代表する作品へと成長しつつある『プリパラ』。
十月からは第二クールに突入し、十七話では森脇真琴監督が「ラスボス」と呼ぶファルルが登場するなど物語はまた大きく動き出しつつある。
そんな中で放送された『プリパラ』十八話ではドロシー・ウェストとレオナ・ウェストがらぁら達の通う私立パプリカ学園に転校してきており、プリパラタウンでのアイドル活動だけでなく私生活でもソラミスマイルとドレッシングパフェの交流が描かれていくようなのだが、この十八話で大事なことは「自分の意見を持たないレオナが自分の考えを見つけていく」というところだろう。
思えばレオナは初登場からいつもドロシーの影に隠れており、「ドロシーがそういうなら」で自分の意見を一切持っていないかのような描かれ方をしてきた。
ドレッシングパフェはドロシーとシオンのキャラクターが強いため、それでも今までは何とかやってこれたものの、ソラミスマイルと比較するとどうしてもレオナの自分の意見を持たないような描かれ方が引っかかってくるのだ。
そもそもドレッシングパフェは異なる個性を持つ者同士が衝突しあうからこそ魅力が光るチームであり、だからこそ自分達の個性を共鳴させるソラミスマイルと対になる存在なのだが、レオナの「ドロシーがそう言うなら」は「レオナの個性」ではなく自分の考えを持っていないかのように見える。
だからこそシオンはそんな自分の考えを持たないレオナに対して厳しく当たるし、レオナもまたそのことについて深く悩むのだが、そもそも本当にレオナは自分の考えを持っていないのだろうか。
それは違うといえるだろう。なぜならレオナはプリパラでアイドルをやっているからだ。
プリチケが届いてもシオンや徳田ねねのようにアイドルを始めない少女達がいるように、プリパラでアイドルをやるかどうかはチケットを手にした本人の意思に委ねられている。「ドロシーが始めたからレオナも始めた」ではなく、あくまで「レオナのアイドル活動はレオナ自身のもの」なのだ。
だからレオナがアイドル活動をやっていることにも某かの理由がある。この十八話で描かれたのはそんな「レオナがアイドル活動をやる理由」だ。それはレオナ自身の中にしかないものであり、レオナ自身が気づかなければならないことなのだ。
シオンに押し付けられたメイキングドラマのアイデア作りを考える中で、そふぃとの出会いや幼稚園児達との交流を通じてレオナは自分が「ドロシーと一緒だから続けている」のではなく、別の何かに突き動かされているからこそアイドル活動を続けていることに気づく。
それは「自分は皆を幸せにしたい」という願い。
その願いはレオナ自身が持ち合わせている優しさからくるものだが、思えばレオナはドロシーが一緒なら」とはいうものの、シオンやドロシーが衝突した時は「皆がそれでいいなら自分はそれでいい」と言っていたり、クラスメートとドロシーの約束が被った時も、両方を傷つけないような立ち回りをしている。
つまりレオナは「優柔不断」なのではなく「誰かが傷つく展開なら自分が傷つく」という決断が無意識に出来てしまうほどに「優しすぎる」性格なのだろう。
しかしそれは他人から見ても、そして自分から見ても意外と気づきにくいところだ。気づきにくいからこそ、レオナはシオンの「優柔不断」の言葉を真に受けて悩んでしまう。しかしレオナのその優しさは天性のものであり、変わらなくてもいい部分を多分に含んでいる。
そんな「天性の優しさ」を変えることが大事なのだろうか。
そうではないだろう。大事なことはその事に気づく事だ。
レオナは「自分の優柔不断さを変える」のではなく「より多くの人の幸せを願う自分」に気づく。そのことでレオナはその優しさを肯定した上で見つけた「より多くの人の幸せを願う自分」で前へと進んでいくのだ。
そしてレオナの個性に気づいたドレッシングパフェだからこそ、その新たなメイキングドラマは全ての人を楽しくさせるようなポップなデザインなのだろう。レオナの「みんなの笑顔のための全力さ」を色濃く反映させ、共に作り上げていく非常にメッセージ性の強いメイキングドラマだ。

またこの十八話ではそふぃとレオナが似たもの同士であることを話しているが、確かにこの二人は似ているといえる。
親衛隊や姉に守られてばかりで自分の力で何かをしようとする事も、何かを望むことも諦めていたそふぃと、ドロシーがいないと萎縮してしまい、自分自身では何も出来なかったレオナは似たもの同士と言えるだろう。
しかしそふぃはそれに対してある程度自覚的だった。
だからこそらぁらに梅干しピザの人=そふぃであることがバレた時も「親衛隊やファンはダメな自分のことはきっと嫌いだから」と偽っていたし、自分一人でプリズムストーンに辿りつけなかった後に「守られている」という道を一度は選ぼうとするのだが、レオナのその優しさはレオナが元々持っていたものであり、優しすぎるからこそ誰も傷つけないようにしていた。
言ってしまえばそふぃは自覚的なのに対して、レオナは無自覚的なのだ。
この違いが「自分の意志でもう一度挑戦する」事で変わっていくそふぃに対して、自身の優しさを自覚することで前に進んでいくレオナという違いとして物語に現れてくる。そしてその違いがそふぃとレオナを、そしてソラミスマイルとドレッシングパフェのそれぞれが共有するエピソードの違いとなり、それぞれのチームの特徴となってくるのである。
そういう意味ではドレッシングパフェに不在だった三人だからこそのエピソードが生まれた事でドレッシングパフェの結束が強まり、ソラミスマイルとドレッシングパフェの競いあう関係性がようやく成立するようになったと言ってもいいだろう。
その関係性にファルルがどのように絡んでくるのだろうか。
第三クール目から本格的に参加すると告知されているが、レオナが物語に参加した時にソラミスマイルとドレッシングパフェがどうなっていくのか非常に気になるところだ。


プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】
(2014/11/07)
茜屋日海夏、芹澤優 他

商品詳細を見る

プリパラ アイドルソング♪コレクション byらぁら&みれぃ&そふぃ(CV.茜屋日海夏&芹澤 優&久保田未夢)プリパラ アイドルソング♪コレクション byらぁら&みれぃ&そふぃ(CV.茜屋日海夏&芹澤 優&久保田未夢)
(2014/11/26)
真中らぁら&南 みれぃ&北条そふぃ(cv.茜屋日海夏&芹澤 優&久保田未夢)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2084-3b96ec69

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター