Entries

『アイカツ!』107話と「外せない」二人とステージについて

『劇場版モーレツ宇宙海賊』のBDソフトが無事に発売された。「待ちに待った」というほど楽しみにしていたソフト化である。今年はまだ『アイカツ!』や『ベイマックス』の公開を控えているのだが、現時点で「今年一番面白かった劇場版アニメは?」と問われれば本作を上げざるを得ない。
公開初日に書いた感想に大体のことは書いたのだが、初日の初回でこれを見ることが出来たと言うのは凄く良い経験だったように思う。初日の初回、中盤に一回、終盤に一回と計三回見ている作品なのだが、何度見ても面白いし、見る度に新しい発見をすることが出来るからだ。
また時期を開けて見ることで客層を観察することが出来たのだけれど、この作品は本当に客層が読めない。というのも子供からお年寄りまで色んな人間が見に来ていたからで、そのほぼ全員が満足気だった。
90分と最近の劇場版アニメにしては短いが、内容は詰まりに詰まっているし、見どころも非常に多く見応えたっぷりだ。
あなたがもし「面白い作品が見たい」ということならば、本作の視聴をオススメする。見て損はしない作品だと思う。



冬コミには落ちたものの同人誌は出すということで色々作業しているせいで『アイカツ!』が二話分ぐらい溜まっていたのだが、ようやく一段落ついたのでドリーミークラウンの瀬名翼が登場する107話「2人のドリーマー」を視聴した。
オーディションや発表会ではソロのステージを経験しているものの、アイドルとしてのソロステージはまだ一度も経験したことがなかった大空あかり。そんなあかりの元に舞い込んだショッピングモールでのソロライブのオファー。
自分にとって外せない、アイドルとしてより高みへ昇るステージを前に、大空あかりはプレミアムドレスで挑むことを決め、ドリーミークラウンのデザイナー、瀬名翼の元を尋ねる。
トップデザイナーを夢見る彼にとってドリーミークラウンのプレミアムドレスは「デザイナーとしてより高みへ飛躍するための外せないステージ」。だからこそ妥協しない彼と共に、大空あかりはプレミアムドレスの完成を目指して走りだす――という107話だが、素晴らしい内容だった。
アバンタイトルで霧矢あおいは「自分にとって絶対に外せないステージは必ずやってくる」とし、「だからこそ、そのステージを外さないために日頃の努力が大事」と語っていたが、前回のハロウィン回では普段からやっていたジョギングがハロウィンライブのステージに繋がっていたし、そのステージがあったからこそドリーミークラウンと出会えた。
今回の主役を務める大空あかりに物語が集約していくような導入になっており、今回の話のセットアップとして申し分ない内容だったと思うのだが、今回の話で素晴らしかったのは「外せないステージだからこそ妥協したくない」という思いがプレミアムドレスのお披露目とソロステージの二つの成功を生む理由になっていたことだろう。
大空あかりにとってのショッピングモールのライブステージと瀬名翼にとってのプレミアムドレスの完成。
どちらも自分の夢へと近づくための第一歩となる絶対に外せないし、外したくない大事なステージだ。
大空あかりは今までオーディションなどではソロステージを経験しているものの、「大空あかり」というアイドルを評価した上で「仕事をしてもらいたい」という形で発生したソロステージのオファーは、彼女がアイドルとして輝き出すための最初の第一歩だ。外せるわけがないし、外したくない。だから彼女は自分に出来る事を全てやるほどに妥協せずにそのステージに全てをかけて挑む。
瀬名翼にとっても同じだ。瀬名翼は天羽あすかの仕事っぷりをみてデザイナーの道を志し、その仕事ぷりを買われて自分のブランドであるドリーミークラウンを立ち上げることになったのだが、プレミアムドレスは未だに完成していなかった。
『アイカツ!』の作中でプレミアムドレスは「そのブランドを象徴する存在」として描かれているため、そのブランドを象徴するプレミアムドレスを完成させることは、そのブランドの地位を確立したということでもあるのだ。
そして瀬名翼個人にとっては自分をアイドル達の命である衣装を作るデザイナーへの道へと歩むきっかけを作った天羽つばさとようやく同じステージに立ったということを意味する。だからこそ、彼は妥協しない。
「芸能人はカードが命」の言葉通り、アイドル達の命となりうるその衣装は、彼にとっても最初の一歩になるからこそ彼はより一層妥協せずに、自分が思い描くプレミアムドレスの完成を目指して努力するのだ。
そんな「自分にとっての最初の第一歩」だからこそ妥協せずに自分にできる全てを持って最初の一歩を創りだそうとする大空あかりと瀬名翼だからこそ、完成したドリーミークラウンのプレミアムドレスもショッピングモールでのソロライブも大成功するのだろう。自分にとっての大事な一歩ということを理解し、自分に出来る全てを尽くした彼女達だからこそ観客達もそれに答えてくれるのだ。
また瀬名翼と大空あかりの間に奇妙な縁が芽生えているかのように描かれているのも面白いところだ。
『アイカツ!』におけるアイドルとデザイナーは言ってしまえばパートナーのようなものだ。
アイドル達はプレミアムドレスを求め、デザイナー達はアイドル達にプレミアムドレスをプレゼントしているが、アイドル達がプレミアムドレスを求めた時には必ずデザイナー達の試練が待ち受けている。これはプレミアムドレスがそのブランドを象徴するものだからだろう。
プレミアムドレスはそのブランドのトップデザイナー達が手がけているのだが、だからこそ「そのブランドが共に歩み、そのブランドをより盛り上げてくれる存在」でなければ、そのブランドのイメージは汚れてしまう。そういう意味ではデザイナー達の無茶ぶりとも言える試練の数々は、彼らが本当にブランドのことをよく知っているからこそ、自分達と共に歩んでくれるような「パートナー」を求めるがゆえの厳しさなのだろう。
「プレミアムドレスを渡す」ということはそれだけデザイナー達がそのアイドルを認め、共に歩んでブランドを作り上げていくパートナーとして選んだということなのだ。そういう意味では、ライブステージで見るプレミアムドレスはデザイナーとアイドルの信頼関係の象徴とも言えるだろう。
瀬名翼にとって大空あかりはどういう存在なのだろうか。パートナーであることはプレミアムドレスを手渡したことからも間違いないだろう。
しかしそれだけの存在かと言われると個人的には少し違うように思うのだ。
「外せないからこそ妥協しない」と決めたデザイナーである瀬名翼だが、大空あかりはそんな彼を自分に出来る事でサポートし続けた。そんな彼女がいたからこそ余計な事を考えずに自分の仕事に打ち込む事が出来、ドリーミークラウンのプレミアムドレスが完成したのだが、その間に流れているのは今まで描かれてきたようなデザイナーとアイドルの信頼関係もあるだろう。しかしどちらかといえば「同じ目標に向かって頑張る仲間」や「戦友」に近いものも流れているかのように感じるのだ。
絶対に外せないからこそ妥協しない二人だからこそ完成することが出来たプレミアムドレス、オデットスワンコーデ。
そのステージで二人のドリーマー達はより高みへと登ることができたが、まだそれは最初の一歩に過ぎない。
最初の一歩を踏みしめながら進む二人に訪れる次の「外せないステージ」を楽しみにしていきたい。

おまけ的になってしまって本当に申し訳ないが、この回のライブもまた素晴らしい。
鏡のように穏やかな水面と大空あかりの動きに合わせて広がる波紋の表現もさることながら、「白鳥の湖」をモチーフにしたドレスを活かしたダンスの優雅さがとにかくたまらない。
今回のダンスはおそらくバレエの動きを参考にしているのだろう。指先にまで意識が届いた振付はその動きの一つ一つに力強さと靭やかさを感じさせるし、跳ねる仕草や水面を滑る動きは重力をまるで感じさせない。
筋肉を意識させる動きが作り出す連動感のあるダンスに水面の表現も加わって生み出される「白鳥の湖」は優雅の一言である。
おそらくスタッフにとっても「外せない」ライブパートだったのだろう。
「外せないからこそ妥協しない」と言う意味では、この107話は色んな意味で「妥協しない」人達だからこそ生まれた一話だったのかもしれない。


Du-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dreamDu-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dream
(2014/10/22)
AIKATSU☆STARS!、るか・もな・みき from AIKATSU★STARS! 他

商品詳細を見る

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- Blu-ray初回生産限定版モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- Blu-ray初回生産限定版
(2014/11/12)
小松未可子、下田麻美 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2087-32415258

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター