Entries

『劇場版アイカツ!大スター宮いちごまつり』と憧れた人への返歌について

『アイカツ!』と言う作品が発表されてから早三年。発表されるやいなや「爆発的」と言う言葉が似合うほどに大ヒットとなり、2013年10月からは第二期がスタート。2014年10月からは大空あかりを主人公にした第三期シリーズが放送開始し、現在彼女と氷上スミレや新条ひなき、紅林珠璃の四人を中心とした新たなアイカツ!が描かれている。そんな第三期シリーズが放送している最中に公開されたのが本作『劇場版アイカツ! 大スター宮いちごまつり』だ。
第二期シリーズまで主人公を務めた星宮いちごにもう一度スポットを当て、彼女を中心としたライブイベントである「大スター宮いちごまつり」と言うライブイベントの始動から成功に至るまでを描いた本作だが、「ライブイベントの企画と運営」といったライブに直接係るような事から「各種グッズがどのような流れで製作されているか」などを描いた『アイカツ!』でしばしば見かける「業界話」的なお話を中心としながらも、「星宮いちごを主人公としたアイカツ!の最終章」を描き切っていた。見てない人は早めに見に行くことを本文の前におすすめしておく。

星宮いちごの活躍を見た学園長の依頼により星宮いちごを中心としたライブイベント、「大スター宮いちごまつり」の開催が決定。仲間達とともにライブの成功に向けて動き出す中、いちごがそのライブを一番見て欲しかったトップアイドル、神崎美月はいちごがトップアイドルになる予感を感じ、自身のアイドル活動を終わらせる覚悟を固めていた――というストーリーの『劇場版アイカツ!』だが、本作では「星宮いちごと言うアイドルにとって特別なイベント」である「大スター宮いちごまつり」に「今の星宮いちごにとっての特別な意味」を与え、それをライブステージで結実するように構成されている事が上げられるだろう。本作で星宮いちごがこのライブを一番見て欲しかったのはファンだけではない。星宮いちごをこの場所まで導いた神崎美月にも見て欲しかったのだ。
大スター宮いちごまつりの会場となるスターライズスタジアムは、親友・霧矢あおいと弟・らいちの付き添いでやってきた星宮いちごがトップアイドル、神崎美月を初めて見た場所だ。このトップアイドル、神崎美月との出会いが星宮いちごにアイドルになるという夢を与え、神崎美月の背中を追いかけ、ここまでやってきた。そういう意味ではこの「スターライズスタジアム」と言う場所は「アイドル・星宮いちご」の原点なのだ。トゥインクルスターカップでは音城セイラと共に神崎美月・夏樹みくるのWMに勝利しても以前神崎美月はトップアイドルのままで、星宮いちごにとっては今でも追いかける対象だった。そしてそんな神崎美月は今の星宮いちごを作り上げた大事な大事な人なのだ。だから星宮いちごは神崎美月に見て欲しかった。今このステージに一人で立つ自分の姿を見て欲しかったのだ。
しかしそんな星宮いちごの原点を作った神崎美月はというと、本作では様々な理由によりアイドルからの引退を決意する。
トップアイドルとしてアイドル業界を牽引してきた神崎美月だが、「その世界のトップに立つ」ということはその世界に飛び込んだ人間全ての規範になるということでもある。アイカツ界をより輝きに満ちた世界にするために、神崎美月は日夜血の滲むような努力をして全てのアイドルに憧れられ、規範となるような「トップアイドル」であり続けた。
トップアイドルで居続けるために疲れたと言う部分もあるのだろう。だが、それ以上にアイドルの輝きをその身に宿し、自分と並び立てるほどのアイドルとなった星宮いちごに後を託したくなったのだろう。星宮いちごになら今のアイカツ界をより輝きに満ちた世界に変えることが出来る。そう確信しているからこそ、美月は引退を決めるのである。
「引退する神崎美月に星宮いちごは何が出来るのだろうか」
それが星宮いちごが大スター宮いちごまつりに重ねたものであり本作のテーマとも言えるものだろう。
引退について知らされてからというもの、星宮いちごは考えて考えて考えぬく。そして彼女が辿り着いたのは、自分に出来る事でそんな神崎美月に応えることだった。
シンガーソングライター、花音と共に作り上げた『輝きのエチュード』はそんな神崎美月への今の星宮いちごのメッセージとも言える曲だった。当初は大スター宮いちごまつりのテーマとなった「見てくれた人が素敵な明日を迎えられるようなステージ」というに忠実な「今の自分で未来の自分をもっと良くしていく」、そんなメッセージを持つ楽曲だった『輝きのエチュード』だが、神崎美月の引退への覚悟を知った星宮いちごの強い思いを汲みとった花音により、星宮いちごの今一番伝えたい人のための楽曲として仕上がったこの『輝きのエチュード』は「見に来るつもりはなかった」と語る神崎美月の心を揺れ動かす。
この『輝きのエチュード』のライブパートでは「観客席側からの逆光を受けて歌い出す」という演出もあって、神崎美月という輝くアイドルがいたからこそ、今の星宮いちごが存在している事を実感させるライブステージになっていた。また今まで以上に拡張されたアイドルオーラはステージ全体を包み込むほど巨大で温かいもので、今まさに去っていかんとする神崎美月にまるで「自分はもう大丈夫」と言っているかのようだ。そんな暖かく包み込むようなアイドルオーラは「星宮いちご」というアイドルが今まで歩いてきたことの意味を感じさせる。そこに「今の星宮いちご」というものが全て詰まっていて、そんないちごの応援とメッセージが届いたからこそ、神崎美月はもう一度、それも星宮いちごとアイカツをした仲間としてステージに立つことを選んだのではないだろうか。

星宮いちごに憧れてスターライト学園に編入し、現在放送中の第三期シリーズで主人公を務める大空あかりの活躍も忘れられていない。
なぜなら神崎美月を探し出しライブへと誘ったのは大空あかりだからだ。
彼女は星宮いちごに憧れてスターライト学園の扉を叩き、編入試験で星宮いちごにアイドルとしての輝きを見出されてアイドルの世界へと飛び込んだ。
そんな彼女だからこそ星宮いちごが神崎美月にどれだけこのライブを見て欲しいかを知っている。星宮いちごにとっての神崎美月は、大空あかりにとっての星宮いちごなのだから。
そんな大空あかりの努力があったからこそ、神崎美月はこの大スター宮いちごまつりを見ることが出来た。見ることで星宮いちごのメッセージを受け取ることが出来た。そんな本作の立役者である大空あかりだから、神崎美月、星宮いちごという二大アイドルとステージに立った時に「輝きを繋ぐ者」としての役割を実感させ、マイクを受け取った時に彼女もまた星宮いちごが大スター宮いちごまつりを成功させ、トップアイドルとなったように彼女もまたそんなトップアイドルとなれるような予感を感じさせるのである。

もう一つ特筆すべきことは3DCGの表現でまた挑戦が行われているということだろう。
元々『アイカツ!』と言う作品の一つの特徴となっている3DCGを用いたライブパートだが、この『劇場版アイカツ!』ではTVシリーズでは見られなかったような挑戦的な表現が幾つも行われている。例えば冒頭のスターライトアイドルライブではライブでの観客への煽りを3Dモデルで行っており、ライブの臨場感がTVシリーズ以上に強化されている他、花音に自分達を知ってもらうために行った路上ライブでは2D作画の背景に3Dモデルを重ねあわせることで「アイカツシステムを使わないライブ」というものを演出している。
また大スター宮いちご祭り本番では中盤に差し込まれたミニドラマパートで観客達の反応を細やかに設定することで、ライブ自体への没入感を上げており、「多くの人が一つの場所で同じものを見る」という映画館という「ハコ」の特性を上手く利用している点も押さえておきたい。「リアルタイムで中継されたライブを映画館で鑑賞できる」というライブビューイングが昨今では盛んに行われており、『アイカツ!』も八月に行われたイリュージョンライブを映画館で鑑賞できるなど行われていることを考えると、このライブの凝った観客達の反応は「映画館の観客すらも画面の中で描かれるライブの中に取り込む」という効果を得るためのものだったのではないだろうか。
こうして観客の反応一つ一つまで徹底して凝った事により、「大スター宮いちごまつり」は「映画」と言うメディアを超え、現実の「ライブ」に近い共有された体験をもたらしてくれる。そんなライブに近い共有体験を作り上げてみせた『劇場版アイカツ! 大スター宮いちごまつり』だが、スタッフロール後の告知を見る限り『劇場版アイカツ!』の第二弾が企画されているようだ。
「ライブのような共有体験」を映画と言う枠組みの中で演出してみせた第一作目に続き、第二弾ではどのような表現を見せてくれるのだろうか。いずれにしても本作を見た以上、第二弾も本作に匹敵する体験をさせてくれるに違いない。
神崎美月が、星宮いちごが、そして大空あかりが繋いでみせた輝きが第二弾にも宿っているのだろう。
そんな輝きが見れる日を心から楽しみにしている。


劇場版 アイカツ!ボーカル集 輝きのエチュード劇場版 アイカツ!ボーカル集 輝きのエチュード
(2014/12/13)
STAR☆ANIS、わか from STAR☆ANIS 他

商品詳細を見る

TVアニメ/データカードダス 劇場版アイカツ! オリジナルサウンドトラックTVアニメ/データカードダス 劇場版アイカツ! オリジナルサウンドトラック
(2014/12/13)
MONACA、こだまさおり 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2096-3c48ffd3

1件のトラックバック

[T248] [アニメ]『劇場版アイカツ!』(大スター宮いちごまつり)とは何か? 見所解説とか感想とか

本日公開の『劇場版アイカツ!』を観てきましたが、とても面白かった! 大満足! なので、徒然と見所解説とか感想とかを述べさせていただきます。ネタバレ全開ですので、視聴予定でネタバレが嫌な人は、視聴後に見ていただくことをオススメします。 食事の示唆 『劇場版ア

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター