Entries

『夜ノヤッターマン』と逆転の構図が描き出す新たなヤッターマンについて

プリパラ。プリリズもそうだったように新クールの一話目は大人しい印象なのだが、風邪で倒れたらぁらの妹、のんの夢が「アイドルの頂点に立った姉を超えて一番になる」で野心家にも程がある妹で面白かった。その強い野心ももちろん面白かったのだが、かつて同じようにセインツを見ていた二人だけれどらぁらがアイドルデビューした事で、のんの夢そのものも変わって、その夢の中にはちゃんとらぁらがいる辺りに「追う者と追われる者」に関しては自覚的にやっている辺りが特に面白い。
『プリティーリズム』の後継作を名乗っている『プリパラ』だけど、だからこそ勝敗に関してはきちんと付けて欲しいし、勝敗を超えた先にあるものにも果敢に挑んでいってほしい。
そして今日は『プリパラ』の大型アップデートの日なので当然プレイしているのだが、北条そふぃの姉である北条コスモの追加や新曲の追加はいつものことなので置いておくとして、全体の印象としてはマイマネージャー機能など「試験的な要素の追加」が多いような気もする。特に大きいのはゴールドディスクでプレイする楽曲は全て三属性の他にプレミアムが合致するため、スコアアタックをするのならばプリズムストーンのPRが必要になってくることだが、まあそういうのをやる気が無い人にとっては今回はそこまで大きい変更点はないかな。でもパラプラの屋外ステージは六人に減らした分ステージ演出に凝っているので是非やってほしいところ。



1975年にタツノコプロが送り出した『タイムボカン』は多くのファンに愛された作品だ。その高い人気を受けて『タイムボカン』はシリーズ化され、『ヤッターマン』『ゼンダマン』『オタスケマン』『ヤットデタマン』『逆転イッパツマン』『イタダキマン』などが制作された。2000年には「タイムボカン」改め「タイムボカン2000」として『タイムボカン2000 怪盗きらめきマン』が、2008年にはタツノコプロがタカラトミーの子会社化したことを受けてタイムボカンシリーズの第一作目に当たる『ヤッターマン』のリメイク作品が放送され、2009年には三池崇史監督による『ヤッターマン』の実写映画作品が制作されている(余談ではあるが、2008年版『ヤッターマン』では18話以降、『プリティーリズム』シリーズの監督を務めた菱田正和が監督をつとめている)。
今年2015年はそんな「タイムボカンシリーズ」の放送開始から四十周年に当たる記念の年になる。そんな2015年の幕開けとなる一月から放送開始となったのがタイムボカンシリーズ最新作『夜ノヤッターマン』である。
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」と言う決め台詞を持つ伝説のヒーロー・ヤッターマン。そんなヤッターマンに敗れた者達はヤッターマン達が建国したヤッターキングダムの対岸にある村で、貧しいながらも平和に暮らしており、ドロンジョの末裔にあたるレパードもその日までは母親と共に平和に暮らしていた。しかし病に倒れた母親を救うための行動すら聞き入れられないヤッターマンを目の当たりにしたレパードは「悪だと断罪されたご先祖様達は本当は義賊だったのではないか?」と考え、その真偽を確かめるためにボヤッキーの末裔であるヴォルトカッツェ、トンズラーの末裔・エレパントゥスと共にドロンボー一味を結成し、旅に出るのだった――。
タイトルの通り『ヤッターマン』を原典とする本作だが、前述したように主人公はヤッターマンではない。ヤッターマンと敵対していた悪役であるドロンボー達の末裔が主人公となったスピンオフ作品で、監督は『波打際のむろみさん』で監督を務めた吉原達矢、シリーズ構成にはギャグコメディの名手であり、最近では『ご注文はうさぎですか?』のシリーズ構成を務めたふでやすかずゆき。キャラクターデザインには『Wake Up,Girls』で総作画監督を務めた後藤圭佑など、最近のタツノコプロ作品で活躍が目立つ人物が数多く参加している。
そんな『夜ノヤッターマン』の面白い点としてはやはり「ヤッターマンが敵であり、ドロンボーが主人公達である」という善悪逆転だろう。「原典ではヒーローとして描かれていたものが悪役として描かれ、悪役として描かれていたものがヒーローとして描かれる」という構図の逆転はヒーローであるが故に描けなかった事や悪役を主人公とするからこそ映える事などを描くことが出来るのだが、本作の面白いところは単なる善悪逆転物で収める気がない気配を漂わせていることだろう。
本作の主人公を務めるドロンボー達――とりわけドロンジョに当たるレパードは母親の教育や周囲にいる大人達に愛されていたことで素直で優しい性格をした少女として描かれており、ドロンボーだったご先祖様をあまり良く思っておらず、むしろヤッターマンに対して尊敬の目を向けていた。だから病に倒れた母親を救うためにヤッターキングダムに乗り込むし、尊敬するヤッターマンに助けを求めているのだが、ヤッターマンはそんなレパードの言葉を聞き入れずにレパード達を門前払いをする。
そんなヤッターマンの行いを見たレパードがなぜドロンボー一味を結成して立ち上がるのだが、そんなレパードが立ち上がる理由は「ヤッターマンがやったことが本当に正しかったのかどうか確かめに行く」というもので、「ヤッターマンを断罪する」と言う目的ではないのだ。
ヤッターマンとドロンボーの戦いは既に過去の出来事で、それが正しかったのかどうかは誰もわからない。だから「確かめに行く」。その「確認作業」をレパード達の旅の最初の目的」としていることからは、吉原達矢を始めとする本作の制作陣は、本作を「原典に対する善悪逆転パロディ」で終わらせる気が全くない事がよく分かる。なぜなら「事実を確認した結果、ヤッターマンが悪ならばお仕置き」には「ヤッターマンが正しかった場合」と言う可能性も含まれているからだ。
もしもヤッターマンが正しかったのならば、ドロンジョの末裔である母親の病ですらも「お仕置き」になるのだろうか。もしもヤッターマンが正しかった時、レパードはどうするのだろうか。
ただ善悪逆転して「悪役がヒーローを懲らしめる」と言う話にも出来たはずのところを、「ヒーロー達が本当に正義だったのかどうかを確かめに行く物語」として始動させている本作は、レパード達の旅を通じて「善悪」を描き出すはずだ。
また新生ドロンボー一味のキャラクター付けも面白い。
なぜなら原典から大きく外れているように見えて、実は軸になる部分はさほど変えていないからだ。
例えばボヤッキーの末裔であるヴォルトカッツェはボヤッキーとは似ても似つかないような容姿端麗で長身の青年として描かれているが、「発明家」と「女子高生に対する謎の執着」というボヤッキーの属性を受け継いでいるし、トンズラーの末裔であるエレパントゥスは「すぐに手が出る」や「ボヤッキーに顎で使われがち」なトンズラーとは真逆の「気は優しい」「ヴォルトカッツェの兄貴分」というキャラクター付けがされているものの「一番の力持ち」という点では属性が受け継がれている。ドロンジョの末裔となるレパードも「幼女」と言うキャラクター付けだけみれば原典のドロンジョと似つかわしくないように見えるが、悪女と聖女は表裏一体であるため、ドロンジョの末裔であるレパードを「聖女」のように描写するのは原典の「ドロンジョ」というキャラクターをよく理解しているともいえる。
こうしたキャラクター付けからも制作陣が本作をただの「ヤッターマンの善悪逆転パロディ」で終わらせないようなデザインにしていることがよく分かる。
二話以降ではガリナとアルエットという男女二人が登場し、レパード達の旅に同行するようだが、この二人の声優は2008年版『ヤッターマン』のヤッターマン一号、二号と同じであることや、ヤッターマンと同じペンダントをしていることなど意味深な記号が散りばめられている。彼らが一体何者なのか。明かされる時を楽しみにしておきたい。

「ドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない!」という挑戦的な言葉を公式サイトのキャッチフレーズに採用している『夜ノヤッターマン』だが、キャラクター付けや単なる善悪逆転で終わらせない辺りには、制作陣の原典へのリスペクトの精神とともに挑戦を感じさせる。そんな『夜ノヤッターマン』で描かれる新生ドロンボー達とその旅の結末はどのような光景を見せてくれるのだろうか。それを確かめるために本作を見るのも一興かもしれない。


極限Dreamer(アニメ盤)極限Dreamer(アニメ盤)
(2015/01/28)
SCREEN mode

商品詳細を見る

情熱CONTINUE(初回生産限定盤)(DVD付)情熱CONTINUE(初回生産限定盤)(DVD付)
(2015/02/11)
スフィア

商品詳細を見る


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2106-660314c7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター