Entries

『レディジュエルペット』のミウラで描かれる「世界の幸福」と「自分の幸福」の天秤について

『プリパラ』三十三話視聴。「らぁらはなぜアイドルをやっているのか」と聞くファルルに聴かせる形での実質総集編のような一話だったが、「らぁらの視点で語り聞かせる」という別視点があったことで相当別の印象を受ける作りになっていたように思うのだが、個人的に大事なのはプリパラにも閉園の時間があったことで、アイドル達はプリパラから出て帰る場所があるのにファルルにはそういう場所がない。そういう描写を挟むことでファルルとらぁらの関係性が「世界を知らない存在と、世界を教える存在」という見え方をする。些細ではあるけど、個人的にはぐっと来るなぁ。
あとファルルに世界を教える方法としてプリパスを使ってきたのも面白い。プリパスを使うためには友達がいないといけないので、ファルルにとって外部を知る手段は常に友達とともにある。こういうところで「友達」と言うテーマを織り込んだガジェットの使い方をしてくるとは。さすが土屋理敬だぜ!
『プリパラ』二年目からはあろまとみかんという二人のアイドルが登場するのだが、先日のニコ生にてあろまとみかんの声優が発表になった。あろま役には『アイドルマスターシンデレラガールズ』で佐久間まゆや『ガンダムビルドファイターズトライ』のホシノ・フミナを演じている牧野由依、みかん役には『アイドルマスターミリオンライブ』の横山奈緒を演じている渡部優衣だそうで、既に『WUG』に出演している田中美海や『うたプリ』に出演している諏訪部順一に寺島拓篤、『ラブライブ!』に出演している南條愛乃、楠田亜衣奈が参加している事を考えると、『プリパラ』だけでアイドルアニメを網羅している感が凄くあるな。



サンリオとセガトイズのキャラクターである『ジュエルペット』のアニメシリーズ第六作目となる『レディジュエルペット』。素敵なレディになるためにジュエルパレスで日夜修行に励む少女達を描いた物語も結末へと向かいつつある。ももなとリリアンがロイヤルパレスへ移ってからというもの、「世界を滅ぼそうとするビーストをこの世界に招き入れたジョーカーからジュエルランドを護る!」という物語が展開されてきた。ジョーカーは何のためにビーストをこの世界に招き入れていたのだろうか。そしてジョーカーの正体とは一体誰なのか。
四十七話ではそんなジョーカーの正体と目的がついに明かされた。何者だったのかについては伏せておくが、言われてみれば確かに彼女であることには納得しか無い。ファイナルワンドを盗み出せる立場にあり、ルーアがダイアナに捨てられた事を知っていて、ジュエルパレスの構造にも詳しく、そして何よりリリアンをこっそりレディ候補生の中に紛れ込ませることが出来た人物となれば一人しかいない。
「なぜそんなことをしたのか」については本編を見ていただくとして、四十七話で大事なのは何と言ってもミウラだろう。
ジョーカーの企てた計画は完全に自分の幸福のためだった。仮にその計画が成功したとしてもおそらくジュエルランドは幸福にはならないし、満たされるのはジョーカーの欲望だけだろう。ミウラによって正体を突き止められ、改めて自分のしでかした罪の重さを追求されたジョーカーは反省し、贖罪としてファイナルワンドの力で世界を救ってしまうわけなのだが、ミウラにとってジョーカーが罪を償うことも世界を救うこともどうでもいい事なのだ。
リリアンを失ったミウラがなぜジョーカーを追い求めたのか。それはジョーカーならばリリアンを復活させる方法を知っているからだ。ダイアナの残した人形からルーアの魔法によって生み出されたリリアンだが、あれだけ魔法に長けたジョーカーならばリリアンを救う方法を知っているに違いない。だからミウラはジョーカーの正体を突き止めようとしたのだろう。たとえそれが禁忌の手段だとしても。
そんなミウラの存在があるから「個人の幸福を犠牲にして世界の幸福を選択するのか。それとも世界の幸福を犠牲にして個人の幸福を取るのか」というテーマが立ち上がってくる。
振り返ってみればこの『レディジュエルペット』と言う作品は「個人」と「レディ」の二つは切り離されて語られてきたように思う。
多くの場合は「レディらしさ」と「自分らしさ」は共存可能なものとして描かれてきたが、毎回そうだったかというとそうではなかった。例えばレディレクターから素敵なレディになるための試練として「雨の日の傘」と言う課題を与えられた時、みずきは自分らしさを追求してその試練には失敗している。しかし彼女のそうした姿が評価されなかったわけではない。プリンス・ソアラはそうしたみずきの姿を評価していたし、それがきっかけでみずきとソアラの仲は縮まっていった。
文学少女のかろんに目を向ければ、レビンと本格的に仲良くなっていったのはジュエルパレスの規則を破って深夜に図書館に忍び込んで小説の資料集めをしていた頃だ。
主人公となるももなについてもそうで、彼女は当初こそレディらしくない自由奔放な立ち振舞いをしていたものの、そんな自由奔放さが多くの人に好かれる描写につながっていたと言えるだろう。
このように『レディジュエルペット』は自分人らしさ」と「レディらしさ」を分ける事でそれぞれの良さと、「自分らしさ」と「レディらしさ」は両立することもあれば両立しない事もあることを描いてきた。それは彼女たちが目指す「レディジュエル」と言う存在が「自分を犠牲にして世界を救う覚悟を固めた存在である」という事が明かされた事で、より強い意味を持つことになった。
「世界の幸福のために自分を殺すレディになる」と「自分の幸福のために世界の危機に目を伏せてしまう」。この二つは絶対に両立しないものだ。ビーストを封じ込めるためにはレディジュエルとなった人間の犠牲が必要で、ビーストを放置しておけばこの世界は滅んでしまう。
この「個人の幸せか世界の幸せか」という問いがあるから、四十七話でのミウラが非常に面白いのだ。
「人形から命を作り出す魔法」というものは禁忌で、決して手を染めてはいけないものかもしれない。ミウラにとってはそんなことは関係ないのだ。ミウラにとってジョーカーとはリリアンを取り戻すために絶対に必要な存在で、そのためであれば彼は何でもする覚悟を固めてここに立っている。
「禁忌」「世界のために良くない」と言う言葉は確かに正論だろう。しかしその言葉に従うことは「リリアンを取り戻すことを諦めろ」というに等しい。ミウラに「自分が本当に好きだった人を諦めてまで、この世界に平和であって欲しいのか」と言う事をつきつけるのは酷だ。リリアンのことが本当に好きだからこそ、ミウラはジョーカーに聞いているのだから。
同時にミウラの願いが正しいかといえばそうではない。「命を生み出す」ということは、人間の命をもてあそぶ行為であり、結果としてそれがビーストなどの介入を許すことになる可能性もあるし世界が滅びるのかも知れない。世界の平和のためにはリリアンを蘇らせることは諦めてもらった方がいいのだが、じゃあ「ミウラには諦めてくれ」と言えるのだろうか。リリアンを本当に大切にしているからこそ、ジョーカーに問い詰めた彼に。本当に?
ミウラとリリアンを通じて「自分の幸せのために世界を危機に追いやる(=ジョーカーのやろうとしたこと)」か「世界の幸せのために自分の幸せを諦める」と言う二者択一の問い。どちらもが正解であるし、どちらもが間違いでもあるからこそ苦しいものだ。
しかしミウラにその問いの解答を求める前に、ジョーカーはその生命を世界を救うために散らして物語から退場することになった。リリアンを救う手段を目の前で喪失することになったミウラの悲しみがどれだけ大きいものなのかは、あれだけビーストを操るジョーカーに毅然と立ち向かう姿を見せたミウラにビーストが宿る描写からも分かるだろう。
残すところあと五話。ミウラ達が救われることを心から楽しみにしている。

余談だが、ジョーカーのメンターだったラリマーだが、そのモデルとなった同名の宝石は「愛と平和」を象徴とするものだ。この計画を思いついた時にジョーカーに反対したラリマーは、そこでジョーカーと別れることになったのだが、これは「愛と平和を求める心」がジョーカーから失われたことを意味しているのだろう。
ルーアのブルーアパタイトなど、ジュエルペットが宝石であることを存分に活かしている本作だが、ジョーカーのメンターとの別れが物語に意味を残しており、この点から見てもキャラクターが物語にいる意味を強く感じさせる素晴らしい作品だと言えるのではないだろうか。


Your Love (CD+DVD)Your Love (CD+DVD)
(2014/07/30)
Mスリー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2117-9c4253b0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1597] ブログにコメントするのは初めてです。

ダイアナが去った後、雨の中で自分が持っていた傘をルーアに差し出したジョーカーは心の優しい人だと思いました。
自分もダイアナがいなくなって辛いのに同じ辛さを感じてるルーアに傘を差し出した。
それがジョーカーがあのようなことをやった本当の理由だと考察します。(ハリウッド映画理論、雨の中で登場人物が言ったことは真実)

[C1601] Re: ブログにコメントするのは初めてです。

「自分もダイアナがいなくなって辛い」というところで共感したのは本当なんでしょうけど、それがこじれにこじれてああいう形になっちゃったんじゃないですかねぇ……
  • 2015-03-19
  • 水音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター