Entries

『アイカツ!』スターライト学園で見つけた藤原みやびのアイドル道について

『探偵歌劇ミルキィホームズ』五話視聴。「ISILの日本人人質事件をパロディにしていると思われたくない」という『ミルキィホームズ』らしからぬまっとうな理由で放送休止に追い込まれた五話だが、放送された内容を視聴してみたところ、あの事件のパロディだと思われそうな部分はサブタイトルの「キャロルの身代金」ぐらいだ。これを「パロディだと思われたくない」というのは些か過敏な反応だと思うが、作品としてはとても面白いものだった。
「アイドルである依頼人、天城茉莉音のボディガードとして映画の撮影現場にやってきたミルキィホームズ。しかし子役にしてハリウッドスターのキャロル・ドジソンの元に脅迫状が送られてくる。真犯人をすぐに突き止めたミルキィホームズだったが、何を思ったのか彼女たちは真犯人を誘拐してしまう!」というこの五話だが、誘拐部分は物語の導入に使われているだけで、物語の本筋は「「子供だから必要とされているだけで、大人になったら必要とされなくなるのでは?」という恐怖心を抱えている子役の心がエレメンツによって暴走。「奇跡の歌を失って誰からも必要とされなくなった」という天城茉莉音はそんな子役の心と向きあう」の方だ。そしてこの物語がまた面白い。
前述したように天城茉莉音は奇跡の歌を失ったことでアイドルとして誰からも必要とされなくなってしまった。しかしそんな彼女だからこそ必要とされなくなる恐怖をよく知っている。そんな彼女だから「子供でなくなったら必要とされなくなってしまう」というキャロルの恐怖を理解して、彼女を包み込むような優しさと強さが彼女のその恐怖心を乗り越えさせるのだ。
またこのキャロルの声優に悠木碧を連れてきているのも面白い。というのも悠木碧はかつて八武崎碧という名前で子役として活動していた時期があるからだ。子役経験のある悠木碧にやらせることで、キャロルの「大人になってしまい、必要とされなくなる」という恐怖は「中の人ネタ」な側面も含んでいて、コメディという本作の色に馴染んでいる。さりげないところだが、地味に上手いところだ。
何だかんだでコメディ作品として見られがちだが、エレメンツに暴走させられる人間達の感情の動かし方はそれなりに一貫されたものがあるため、笑わせながらも時に真面目な顔を見せる本作はとても楽しい作品だと思う。



2015年の『アイカツ!』のドレスは童話モチーフをコンセプトとなっている。様々な童話が各ブランドのコンセプトに沿って華やかなドレスとなって作中に登場し大空あかり達のアイドル活動に華を添えている。また新たなブランドとしてはエンジェリーシュガーのデザイナー、天羽あすかの弟子、瀬名ツバサが立ち上げた「ドリーミークラウン」とエンシエロ篤によるスパニッシュ系の「サングリアロッサ」が登場しているが、2015年シリーズ第三弾からは新たに「桜色花伝」が登場した。
和をテーマとした桜色花伝だが、この桜色花伝を愛用しているのが藤原みやびだ。スターライト学園ではなく京都にあるアイドル学校、姫桜女学院に通うアイドルの彼女だが、アニメでも118話から一ヶ月限定の交換留学生という形で大空あかり達と熱いアイドル活動をする姿が描かれている。
容姿端麗でアイドルをやり始めたのはここ最近であるにも関わらず、デザイナーに認められなければ手に入れられないプレミアムドレスを持つ藤原みやび。「大和撫子」という言葉がぴったりのアイドルである彼女だったが、心のうちには「自分がアイドルとして相応しいのか」と言う悩みを抱えており、姫桜女学院からスターライト学園にやってきたのも彼女の恩師である長岡先生がスターライト学園ならばその回答を見つけられるはず!と勧めてくれたからだった。
名門アイドル学校として有名なスターライト学園へ姫桜女学院の代表として留学することを承認されたり、デザイナーに認められなければ手に入れられないプレミアムドレスをアイドル活動を始めてすぐにも関わらず持っていたりと、アイドルとして高い素養と能力を持つ身である藤原みやびだが、その悩みは「自分がアイドルに相応しいかどうか」というのはなかなか贅沢な悩みだといえるだろう。しかし「持てる者」だからこそ、彼女は自分が魅力溢れるアイドルであることに気づけない。「誰かの話ではなく、自分の話だからこそ気づく事が出来ない」という物語の流れはなかなか面白いが、なぜ村岡先生は藤原みやびにスターライト学園への留学を勧めたのだろうか。それはスターライト学園は「所属する生徒全員がアイドル」だからだ。全員がアイドルである以上、自分の存在感を高めようと思うとそれぞれの個性を見つけて磨いていくしか方法がない。藤堂ユリカのように過剰なまでのキャラクター作りをすることで自身の個性とするものや、己の得意な事を個性とするものもいる。そんな中に「自分の個性を自分で見つけられない」という藤原みやびが飛び込むことで、周囲の中で磨かれていくものがある。多くのアイドルと自分を比較した事で「自分のようなアイドルはいない」という結論に至った藤原みやびだが、「自分のようなアイドルはいない」ということはそれこそが彼女の個性がオンリーワンで、アイドルとして唯一無二の輝きを持っているということの何よりの証明なのだ。
その事を藤原みやびに気づかせたのが大空あかりなのもまた面白い。星宮いちごが好きすぎてモノマネから始まった大空あかりのアイドル道。自分のオリジナルスターの可能性をいちごに示されたことで、大空あかりは自分なりの道を歩み出し、大スター宮いちごまつりのお手伝いでは広報活動の一環としていちご達の仕事っぷりを見たことで、「自分の個性を自分の武器とするために見つけていく」という道へと踏み出しており、お天気キャスターとして今彼女は自分なりの輝きを宿すために日夜アイドル活動に励んでいる。
そんな彼女だからこそ藤原みやびの輝ける魅力を気付き、そして自信を持って「みやびの魅力」として言い切れる。そんな大空あかりの言葉で気付かされた事で藤原みやびは苦悩から解き放たれ、その名に相応しい雅やかなパフォーマンスを伸び伸びと出来たのだろう。
119話ではファンの少女から「可愛いコーデをしたいものの、自身の身長や周囲から求められる姿に悩んでいる」という相談を受けた藤原みやびの姿が、自身の言葉で伝えようとする姿が描かれた。自身が苦手とするアイカツフォンだからこそ、ファンの悩みに自分なりの言葉で真摯に伝えようとする藤原みやびの姿が胸を打つ。また彼女のファンに対する姿勢は不器用ではあるものの、その真摯な向き合い方はとても彼女らしい。「自分なりのアイドル道を歩みだした」という事を感じさせてくれる。
しかし一ヶ月と言う月日はあっという間に過ぎ去っていく。最終日に行われることになった藤原みやびのスペシャルステージで、彼女が対決相手に選んだのは北大路さくら。一年生にも関わらずスターライト学園のトップアイドル達で結成されたSTAR☆ANISに選ばれ、有栖川おとめに巻き込まれて結成したPowa2×PuRiRiN!!!では一人だけ年下にも関わらず独特の存在感を確立している北大路さくらは、作中でも藤原みやびが言っているように万に一つの勝ち目がない対決だろう。
なぜ藤原みやびは勝ち目がないのにも関わらず北大路さくらに挑んだのだろうか。
作中では語られていないので憶測になるが、北大路さくらは「自分の意志でアイドルの道を歩み、巻き込まれて結成したPowa2×PuRiRiN!!!の中でも自分の立ち位置を確立したトップアイドル」だからだろう。藤原みやびは北大路さくらのように「アイドルをやる理由」というのはそれほど強いものではない。だからこそ「自分はアイドルに向いているのか」ということで悩んでしまう。
しかし北大路さくらはあくまで自分のためにアイドル活動を始め、有栖川おとめに巻き込まれるような形で結成したPowa2×PuRiRiN!!!でも独特の立ち位置を確立して、自らのアイドル道を確立している。そんな自分の道を確かに歩いている北大路さくらだからこそ、藤原みやびは挑戦することで彼女のアイドル道に触れることが出来る。北大路さくらのアイドル道に触れる事で、彼女は自分のアイドル道を今一度見つめなおし、スターライト学園で学んだ全てを込めた一歩を踏み出せるのだ。北大路さくらとの対決は確かに「敗北」と言う結果に終わったが、藤原みやびにとっては勝ち負け以上の何かを得るための戦いだった。だから彼女は明るい表情で自分のアイドル道を肯定出来るのではないだろうか。

「私の熱いアイドル活動」と言う台詞が本編が始まる前に挿入されるとおり、『アイカツ!』と言う作品はそれぞれのアイドル活動を描いている。三年目に入って大空あかり達に主人公のバトンが受け継がれてからは、そんな「自分達のアイドル活動」というものを見つめなおす物語が展開されているのだが、藤原みやびが抱えていた悩みは「自分のアイドル活動を見つめなおす」と言う三年目だから描けるものの一つだ。
姫桜女学院へと戻っていった藤原みやびだが、彼女が自分のアイドル道を進み続ける限り、またいつか大空あかり達と出会うこともあるだろう。再び藤原みやびと出会った時、彼女がスターライト学園で得たものが彼女の輝きをより強いものにしていることを楽しみにしたい。



Beautiful SongBeautiful Song
(2015/02/25)
AIKATSU☆STARS、もな from AIKATSU☆STARS! 他

商品詳細を見る

TVアニメ/データカードダス アイカツ! 3rdシーズン新OP/EDテーマTVアニメ/データカードダス アイカツ! 3rdシーズン新OP/EDテーマ
(2015/04/29)
AIKATSU☆STARS!

商品詳細を見る


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2118-722af62a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター