Entries

『アイカツ!』「本物」との出会いが切り開くアイドルへの道について

『プリティーリズム・レインボーライブ』発の男性プリズムスターユニット「Over The Rainbow」。そのオバレのベストアルバム発売記念イベントでまさかスピンオフ作品『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の制作が発表されるとは……。誰が予想できるというのか。いや「ベストアルバム発売記念イベントでアキバホールというそこそこ大きな箱を押さえている」と言う段階で、「次の展開の発表かなんかはありそうね」という気配はしていたのだが、まさかこんなにも早く情報が公開されるとは。それも完全新作劇場版アニメ!おそらく『劇場版プリパラ』で「また会える日が来る」というメッセージが出ていた段階で、スピンオフのGOサインは出ていたのだろうが、 まさかの嬉しいサプライズにハピなる!という気分である。
公開は1月6日とまだ少しあるが、ベストアルバムは公開直前の年末に発売されるし、予習として『プリティーリズム・レインボーライブ』を1話から51話まで見る必要もあるという事も考えると、「残された時間はわずかしか無い」と言い切ってもいいほど時間的余裕は皆無である。今日からでも見始めないと間に合わないぞ!
ともあれ放送終了から二年近い時間を経て来年一月に再びヒロ様やコウジ君やカヅキ先輩に出会えるのである。ファンとしては「嬉しい」以外の言葉が見つからない。また新プリズムスター達や法月元主宰率いるライバルチームも登場するという。
菱田監督自ら脚本を手掛けるという事もあって、どういうストーリーになるのか楽しみだが、とりあえず前売券が五枚綴りで一セット×二種類というのは正気か!と言わざるをえない。単売もあるけど……まあ十一回見に行けばいいだけの話か。軽い軽い。



ついに『アイカツ!』の四年目が幕を開けた。
あかり達ルミナスがスターライト学園を飛び出して、全国各地をアイカツ!ワゴンで駆けまわる!という『アイカツ!』にとって挑戦的な物語展開が行われているが、アイカツ!システム起動時に使用される劇伴がマイナーチェンジされるなど細かい点でも「挑戦的」な試みが行われている。その中でも特に挑戦的なのが「大空あかりの髪型の変更」だ。
キッズアニメにおいてキャラクターの髪型を変更する事は、メインターゲットである子供が同一存在である事を認識できなくなるために避けられがちなのだが、あえてそこに挑んでいる点はとてもユニークだ。シルエット面では大きな変更こそ行われていないが、サイドテールの代わりに追加された編みこみが可愛らしい。こうした試みが出来るのも、全体的に挑戦しているからこそだろう。この挑戦が吉と出るか凶と出るかは今後の展開を待つこととして、内容面を見ていくと四年目の幕開けとなる153話では「拠点を持たずに動きまわれる」という特徴を活かした物語が展開されている。
この153話では新キャラクターとなる北海道のアイドル、大地ののと白樺リサに物語の焦点を合わせ、彼女達と大空あかり達ルミナスとの交流を描いているのだが、興味深いのは「本物との出会い」が白樺リサに本気でアイドルを目指すだけの価値と覚悟を誕生させている事だろう。
まず最初に確認しておきたいのは、あかり達と出会った直後の大地ののと白樺リサは、「厳密にはアイドルではない」ということである。本作における「アイドル」という概念は「生き方」を含んだ多種多様な意味あいを持つ言葉なのだが、少なくともあかり達と出会った時点での大地のの達は「アイドル」という自覚を持っていない。「アイドルのように歌う事が好き」というだけのごくごく普通の少女として描かれており、大空あかり達と出会った時も「本物のアイドルに初めて出会った」という事実に心を踊らせ、歳相応の笑顔を見せている。こうした姿は『アイカツ!』のアイドル達では余り見られなかった要素で(それこそ「自分もアイドルである」という自覚に乏しかった頃のいちごやあかりぐらいでしか見られない)、二人が「アイドル」ではなく「どこにでもいるような普通の少女」であることを印象づける。この時点では彼女達はまだ「アイドル」ではなく、「普通の少女」なのである。
そんな「普通の少女」である彼女達を「アイドル」に目覚めさせたのが「本物との出会い」だ。
本当に偶然出会った大空あかり達「本物のアイドル」。そんな本物のアイドルとそのアイドル達がいる「本物の世界」に触れた事で彼女達はこれまでの価値観を根底から揺るがされ、自身の価値観を問い質す事を余儀なくされるのだが、面白いのは白樺リサ&大地ノノの持つ「今までの価値観」を揺るがしながらも、彼女達の歌う原動力となっていた「周囲の人に楽しんでもらいたい」は本物のアイドルと同じものである、という描き方を行っている事だ。
だから彼女達は本物のアイドルへの憧憬を胸に、本物になる事を目指す事を決意するのだ。
「本物のアイドル」も自分達と同じ意識を持っていて、彼女達はもっと大きなスケールで世界を見つめている。本物のアイドルにはそういう凄さがある。そう思ったからこそ彼女達は「本物に憧れる」というだけではなく、自分達も「本物になる」という道を選んで歩き出す。この大空あかり達に触れた事で、胸に湧き上がった本物への衝動と願いはきっと彼女達を照らす「本物」のオリジナルスターになるのだろう。そしてそのオリジナルスターを信じて歩き続けた果てに本物となった大地のの&白樺リサと出会った時、大空あかり達にとっても大きな変化をもたらすはずだ。
本物となった二人との出会いが生み出す新たな物語を楽しみにしたい。

余談だが、アーケードゲーム『アイカツ!』の2016シリーズも非常に面白いことになっている。
新ブランドや新キャラクター、期間限定ステージ、従来のスペシャルアピールを超えるフィーバーアピールなどもさることながら、個人的に一番注目したいのは「アイカツ!ツアードキュメントアルバム」だ。
「「アイカツ!ジャパンツアーモード」に登録されている全てのステージを攻略したユーザーの中から抽選」という形ではあるものの、「自分のマイキャラがデザインされた世界で一冊だけのアルバムがプレゼントされる」というこの企画だが、これはつまるところ自分の頑張った結果が物理的な媒体に反映されるということである。これはユーザーにとって非常に嬉しい事ではないかと思うのだ。
こうした企画ができるようになったのも『アイカツ!』がここまで頑張ってきたからこそである。
2016シリーズも頑張っていただきたいところである。

  











スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2182-c1b9cbb4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター