Entries

『プリパラ』縦横無尽なカメラワークとコミカルな表情が描き出す新たな未来について

『鉄血のオルフェンズ』。この作品のシリーズ構成において意識されているのは、おそらく「一話の中で一つの物語の決着をつける」なのだと思う。物語の導入部分に当たる一話二話は例外に含めるとして、それ以降の話においてはほぼ「一話完結」と言わんばかりに提起した物語に対して決着を付けており、一話ごとの満足度が非常に高い作品となっている。ロボットアクションがメインならロボットアクションに、人間ドラマなら人間ドラマにと針を振りきった配分をしている点も面白く、引きの作り方も見事である。
少しでも面白くなくなってしまうとすぐに視聴を打ち切られてしまう昨今において、「毎回の面白さ」というものを確保するのは難しいと思うのだが、『鉄血のオルフェンズ』はそうした「毎回の面白さ」を提示することに成功している。それも人間ドラマとロボットアクションの双方に見どころがある形で! 正直凄いと思う。長井龍雪がここまでやれるなんて!
テイワズとの接触も成功したし、おそらくこのあとは地球を区分する各勢力を巡りながら進行していく事になるのだろう。その後はたしてどうなるのかは分からないが、非常に良く考えぬかれた作品なのでこの先も期待したいなぁ。



マネージャーであるユニコンと共にプリパリへと旅だったファルルがついにパラ宿への帰還を果たした。夏休み中も「一時帰宅」という形で登場し、普通の少女が当たり前のように持つ笑みも痛みもある「喜び」を歌った曲へと変化した「0-week-old」を用いてのライブパフォーマンスでファンを魅了したファルルだが、今回はドリームパレード出場のための帰還ということで、ドリームパレードを巡るアイドル達の戦いにも本格参戦が決定。紫京院ひびき=怪盗ジーニアスも「選ばれた天才達だけで結成されるドリームチーム」にファルルを引き入れるべく接触を開始し、そんな怪盗ジーニアスを捕まえるためにプリパラポリスが結成されるなど、プリパラを取り巻く情勢は大きくかつ静かに変わりつつある。残るアイドルドリームグランプリはあと二つ。『2nd Season』の終幕へと動き出しつつある『プリパラ』から目が離せない。
ところで『プリパラ』という作品の魅力の一つになっているのが3DCGによって制作されているライブパートだ
アニメ本編の製作も担当するタツノコプロのデジタル制作部が手掛けるこのライブパートは、アイドル達の細やかな表情とそんなアイドル達がパフォーマンスを繰り広げる空間の広がりの描写が特徴的で、『2nd Season』からはそんな空間の広がりをよりパワーアップさせたものとしてドリームシアターライブが登場。サイリウムエアリーによりステージを飛び出して観客席上空を飛び回りながらパフォーマンスを行うアイドル達を描く事が出来るドリームシアターライブは、これまでライブ会場の空間の広がりを大切にしてきた『プリパラ』ならではのスペシャルなライブとなっている。
それほどまでに魅力的な『プリパラ』のライブパートだが、69話「あぶないプリパラポリス 最前線にほえろ」のらぁら、ドロシー、みかんのプリパラポリス見習いチームによる「ぱぴぷぺ☆POLICE!」が素晴らしいものであった。「ドリームシアターライブを除くと、『2nd Season』でも屈指の出来ではないか」と思うほどお気に入りである。
この「ぱぴぷぺ☆POLICE!」が素晴らしい点は何と言っても「リズムを感じさせながらも、チームの個性を活かすカメラワーク」と「コミカルな表情芝居」だろう。三人の怪盗ジーニアス逮捕にかける決意が、キュートなプリパラポリスの姿と合わせて魅力的に表現されている。

まず一つ目の「リズムを感じさせながらも、チームの個性を活かすカメラワーク」について見ていこう。
この「ぱぴぷぺ☆POLICE!」は全体を通してカメラが縦横無尽に動きまわって、唐突に別の要素が挿入されるなど、これまで『プリパラ』ではやってこなかったカメラワークやカット割りが非常に多い。
冒頭から見ていくと「悪い奴は誰だどこだ」とドロシー、らぁら、みかんの三人のカットインから始まって、みかん→らぁら→ドロシーの順番に右から左にかけてカメラがスライド。アクセントとしてらぁらがアップ気味になるようにする事で三人の立ち位置の違いを印象づける。「ピーポーピーポー」ではカメラを引いてチーム全体を画面の中に収める事で、同じ動きでも「思い切りが良く、動きのキレのいいみかん」と「それについていこうとするドロシー」という違いが生まれ、二人の個性が対比されることで魅力的だ。
Aメロの最後では『プリティーリズム』のプリズムショーパートで見られたような唐突に挿入される足のカットがアクセントとして挿入。フォーメーションの変形という新鮮な要素へ入る前の気分をリセットし、Bメロでは食いしん坊のみかんとらぁらに焦点を絞ったように見せて、「コーデキメて」では「可愛い僕」を見せようとするドロシーにカメラを振る事でチーム内での三人の役割を見せてくる。サビ直前での口元のアップを挟んで、ステージを左から上へ移動しながらアップと「プリパラポリス見習いチーム」と言うチームのパフォーマンスとして仕立てあげ、メイキングドラマとサイリウムチェンジを終えてセンターステージに移動した後は「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ」の繰り返しでみかんからドロシー、ドロシーかららぁらへとPANと組み合わせて順番に描写。「悪い奴は誰だどこだ」では「だ・だ・だ」に合わせてリズミカルにカメラを引くのだが、最後の「だ」に合わせて紙吹雪が吹き出す事で気持ちよい印象を残す。
元々『プリパラ』のライブパートの音楽と映像のリンクはとても完成度が高いのだが、今回の「ぱぴぷぺ☆POLICE!」はアップテンポな楽曲という事もあってか、とてもリズミカルな映像に仕上げられていて音楽との一体感が非常に高い。またアクセントとなるカットの挿入も絶妙なタイミングで行われており、「三人」と言う要素を強く感じさせるものとなっている。
こうした縦横無尽なカメラワークで見せる映像になったのは『プリティーリズム』のプリズムショーパートを担当していた京極尚彦の参加が大きいのだろう。『プリパラ』のライブ演出を担当する菱田正和とはまた違いながらも、彼らしい方向から攻めるライブパートは「プリパラポリス」というチームのデビューライブとして満点と言ってもいいほど素晴らしい出来だ。

そして二つ目の「コミカルで細やかな表情芝居」だが、「ぱぴぷぺ☆POLICE!」のメイキングドラマを見るととても分かりやすい。
サイレンを鳴らしながらドロシーのジト目な表情に一生懸命に走るみかん、怪盗を取り逃して三人で落ち込む表情に「次こそ逮捕だ!」と叫ぶらぁらの表情など、このメイキングドラマでは漫画的な表現が使用されており、いずれもそのキャラクターらしさと共存した可愛い表情芝居が行われている。
あろまのメイキングドラマである『神秘のアメイジングミュージアム!』でも漫画的表現を導入する試みは行われており、こちらもあろまらしさがあるものだったのだが、今回のようなガッツリとした描写がされた事はなかった。『プリパラ』にとってもタツノコプロにとっても大きな挑戦だといえるが、この挑戦は概ね大成功と言っても良いだろう。
『プリパラ』がここまで細やかな表情付けが出来るようになったのは、最初から3Dモデルに対応できるだけのフェイシャルリグが仕込まれていたからなのか、それともアップデートを繰り返してきてようやくここまでの事が出来るようになったのか。それは部外者である自分には分からないが、いずれにしてもタツノコプロが『プリパラ』で行った挑戦は今後の『プリパラ』のライブパートの発展に期待が持てる結果であった。
この表情芝居だけでも一度見ていただきたいところである。

『プリパラ』は二年目に突入してからというもの、攻めに攻める姿勢で猛攻を続けている。
それは『プリパラ』というコンテンツの展開だけではない。内容面でも攻めに攻めていると言えるだろう。
アニメでは「みんな友達!みんなアイドル!」という作品が掲げるテーマそのものを否定する紫京院ひびきの登場し、ゲームではアニメのEDアニメを表示したライブやヤギが登場するライブなど、タカラトミーアーツとシンソフィア、そしてタツノコプロは常に挑戦し続けている。
そんな挑戦の一つとして、アニメのライブパートにも注目して欲しい。
そこには「新たな表現」を模索し続ける制作者達の熱い魂が宿っているのだから。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2194-17078069

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター