Entries

『Fate/Grand Order』「好敵手」となったウェイバー・ベルベットとイベント総評について

キンプリ本こと『プリズムサンシャイン』。通販販売分は完売しているのですが、在庫の変動は大人しいので「何故?」と思っていたら、一部店舗にて店頭販売がされているようです。部数そのものはいつもより少なく、また店頭販売など一度もされたことがないため、完全に見落としておりました。その店頭販売分の扱いですが、秋葉原店と池袋店にはあるようです。購入希望の方はそちらに行ってみるとあるかもしれません。
なお冬コミで出したラブライブ!本の『SHINING DAYS』も同じように店頭販売されているようです。アレは『ラブライブ!』の今日の歩みを全部詰め込んだので、『ラブライブ!サンシャイン!!』がアニメ化に向けて動き始めた今読むとまた違ったものが見えてくるかと思います。キンプリ本とはまた違う感じの作りのほんですが、そちらも是非どうぞ。



マチ★アソビのトークショーにて水着イベントが今夏開催される事が発表された『Fate/Grand Order』。Fateシリーズからは既に『Fate』最後のルート「Heaven's Feel」と今は亡きイメージエポックが開発を手がけた外伝作品『Fate/EXTRA』のアニメ化、『EXTRA』シリーズの新作となる『Fate/EXTELLA』の制作が発表されており、『Fate』という作品はこれまで以上に大きな広がりを見せているが、これらの作品と『Fate/Grand Order』とコラボする日は来るのだろうか。俄然気になるところだが、そんな『Fate/Grand Order』にて現在開催中なのが『Fate/Accel Zero Order』だ。
その名の通り『Fate/Zero』を題材にしたイベントで、シナリオは『Fate/Zero』の作者でもある虚淵玄が担当。かねてから実装が待ち望まれていた征服王イスカンダルも今回のイベントで実装され、またイベント開始直前までの間、騎士王アルトリアと英雄王ギルガメッシュが限定ガチャとしてピックアップ(ギルガメッシュに至ってはニューイヤーガチャ以来のピックアップ)されるなど、今まで以上に気合の入ったイベントとなっている。
イベント全体としては『空の境界』コラボイベントを踏襲している。「特定の敵を倒せ」や「このアイテムを集めろ」などのミッションを攻略していく事で新たなエリアが解放され、シナリオを読み進めていく。ミッションの幅も広く用意されており、呼符(他ソシャゲにおけるガチャチケに相当)や聖晶石などもミッションクリア報酬で配布されるなど初心者でも楽しめるイベントとなっているのだが、特筆すべきはやはり虚淵玄自らが書き下ろしたシナリオの面白さだろう。
ロード・エルメロイ二世=ウェイバー・ベルベットが第四次聖杯戦争当時の冬木市へ飛んで、自分が「自分なりに頑張っていこう」と思える理由となった征服王イスカンダルと一人の男として向き合い、全力で戦う。戦った結果、ウェイバーはイスカンダル本人から「好敵手」として認められる。
未熟でどうしようもない自分を「臣下」と言って認めてくれたイスカンダルのために頑張り続け、時計塔でも「プロフェッサー」と呼ばれるほどの存在となったウェイバー・ベルベットが、例え泡沫のような世界の中であってもイスカンダルに「全力を出すに値する相手」として認められる一連の流れは『Fate/Zero』の物語――とりわけライダー組の物語に胸を熱くしたものにとっては「いつかは見たかった光景」であり、それが虚淵玄の手によって描かれているとなればたまらないものがある。イスカンダルとの戦いに挑むロード・エルメロイ二世が、期待と感動に満ちたウェイバー・ベルベットの顔を見せるなど熱い演出も多くされており、『Fate/Zero』に触れた事があるものならより一層楽しむことができるだろう。
クリア後の追加シナリオはギャグ中心のコメディということもあって、続けてプレイすると余韻も何もあったものではなくなってしまうのだが、「開催期間中を全力で楽しんでもらう」ということならこれも選択としては悪く無い。とはいえ、「四人に分かたれたアイリスフィール」はあまりにも頭の悪い展開ではあるのだが……。

残念な点としてはやはりイベント開始直後から臨時メンテナンスを連発してしまった事だろう。
公式アナウンスは「不正アクセスが大量に発生したため」となっているため、ある程度推察できるとはいえ詳しい内部事情を知らない身としてはその説明で納得するしか無いのだが、臨時メンテナンスするにせよ「メンテナンス終了時間は未定」ということを連発しすぎてしまう事はよろしくない。終了時間をある程度見積もってから告知を出した方が良かったように思う。
またハロウィンイベントや空の境界イベントでもあった、「イベントクリア報酬とのサーヴァント」についての情報を今回は完全に伏せていた件については「よくわからない」と言わざるをえない。伏せていようが伏せていまいが、イベント開始から数時間でクリアしてしまうユーザーが出現して詳細な情報はすぐに共有されてしまうのだから、今までと同じように最初から公表していてもよかったのではないだろうか。
サプライズのつもりでやったのかも知れないが、イベント開始からそれほど時間が経たずに情報が共有されていた事もあって特に意味を見いだせない演出になってしまったことが非常に残念である(なおイベント期間が一週間伸びた件については、GW期間中はこのイベントで乗り切ろうという計算だったところが完全に狂ってしまったと思われるので、スタッフの休養期間としても必要な一週間ではないかと思う)。

総評としては「今までよりも遥かに出来の良いイベントであり、今回のイベントを機会と考えてプレイを開始するのも再開するのもアリである」と言ったところだろう。
シナリオは熱く、演出もいい。現在のところイベントで稼ぐしか無いアイテムも、今回のイベントは開催期間が結果として長くなったこともあって当面必要な分は確保しやすい。イスカンダルとともにピックアップされたエルメロイ二世を育成するために必要なアイテムも報酬として充分に揃えられているし、イベント報酬のサーヴァントであるアイリは貴重な回復役だ。手に入れられたのなら大事にしたい。
最初期のダメさ加減とは裏腹にここまでまともなイベントができるようになった『Fate/Grand Order』。一周年記念にも色々と期待したい。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2244-e3906082

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター