Entries

『プリパラ』の神三弾「われらガァルマゲドン」が友情で神すぎる件について

シャドウバース。「CM放送記念」で全ユーザーに「ルシフェル」という「どのデッキにも入る」「フィニッシャーとして強力」と言うカードを配布したのもどうかと思ったが、「9月にサタンかガブリエルを配るつもりなんだけど、どっちがいい?」とか「正気か!」と言わざるをえない。ガブリエルはともかくサタンて。そのカードはルシフェル以上に強力なフィニッシャーなんだけど!?
正直サタンが配布されたらサタンデッキかサタンデッキに速度で勝てるデッキの二極化すると思うんだよなぁ。それぐらいサタンが強い。「重い」とか「サタン一枚では状況を変えられない」とか欠点はあるけど、サタンが出たターンに決着を付けられないならほぼ負け確定と言ってもいいほどサタンが強い。正確にはサタンをプレイした時に変化するアポカリプスデッキの全てのカードが強すぎるだけなのだが、それにしても「サタンをプレイするorされたらほぼ勝負は決まったようなもの」という環境でサタン配布は流石にないなぁ。今のところユーザーの良心でサタンとガブリエルの配布アンケートは拮抗する結果になっているけど、どういう結果になるかなぁ。ガブリエル程度なら入るデッキと入らないデッキがはっきりしてるから別に良いんだけど、サタンが配布されたら流石につらいぜ……。



先日8月4日に『プリパラ』神アイドルシリーズの第三弾となる「われらガァルマゲドン」が稼働を開始した。
タイトルからも分かる通り、アニメ104話~106話にかけて結成する過程が描かれた「ガァルマゲドン」にスポットを当てた弾で、最上位のレアリティとなる「スーパーサイリウムレア」にはガァルマゲドンの三人のコーデが登場しており、ガァルマゲドンファンにとって絶対にプレイしておきたい弾となっている。
この他にも八人のアイドル達でランウェイを歩いてライブする新モード「トモチケランウェイ」や、あろまがデザイナーを務めるニューブランド「ラブデビ」が登場するなど、アニメとの連動と筐体性能を生かして変化をつけてくるアップデートにはこれまでと変わらない卒のなさを感じさせるが、個人的にこの「われらガァルマゲドン」の数々のアップデート内容において最も評価せねばならないのは「トモチケいいね♡システム」ではないかと考えている。というのも、この「トモチケいいね♡システム」は、従来の『プリパラ』から一歩踏み込んだ形でコミュニケーションを発生させるシステムだからだ。

『プリパラ』というゲームの素晴らしい点の一つとして「「トモチケ」というアイテムを使う事で、筐体周辺でのコミュニケーションとローカルなユーザーコミュニティを成立させた」が上げられる事に異論を持つユーザーはおそらくいないのではないかと思う。
トモチケは『プリパラ』のプレイ終了後にその場で印刷されるプリチケの上部を切り離す事で誕生するアイテムで、『プリパラ』ではこのトモチケを名刺のように交換する「ユーザー同士のコミュニケーション」を筐体を中心として成立させた。
自分のトモチケは自分では役に立たない事や、交換したトモチケを自分のプレイ時に読み込ませることで交換相手のキャラクターが画面に登場する事などの理由により、トモチケ交換は老若男女問わず『プリパラ』ユーザーの間では半ば挨拶のように自然な行為として今もなお行われている。「トモチケはユーザーコミュニティの活性化とユーザー同士の結びつきをより強固なものへと変えた」と言っていいほど画期的な発明であったのだ。
一年目終盤にかけてマネージャーシステムが導入され、ユーザー同士にある種のタグのようなものが生まれた事から同一マネージャー同士の結束がより強固に、そして二年目からはトモチケのバリエーションとして「ドリトモチケ」が登場し、巨大なトモチケの交換も積極的に行われるようになるなど、『プリパラ』は「トモチケを中心としたユーザー同士のコミュニケーション」という軸を変えずに絶えず変化をしてきた。
しかしながら、これまでの『プリパラ』は「トモチケはあくまでゲーム中に使用するもの」であり、他ユーザーの存在をゲーム中に感じにくいゲームデザインとなっていた。「挨拶代わりにトモチケを交換したらそれで終わり」となってしまう事も珍しくなく、新たな会話のきっかけを生むには少し弱かった部分があったのである。
そこにメスを入れたのが今年2016年4月から始まった「神アイドルシリーズ」である。
この神アイドルシリーズからはプリチケの連続購入特典として「アンコールミニライブ」が実装されており、もし自分の前にプレイしていたユーザーがアンコールミニライブを行っていたのなら、そのユーザーが手に入れたポイント「いいね♡」が自分にも入るようになるなど、他ユーザーの存在をプレイ前とプレイ後の両方で感じられるようなゲームデザインに変更された。
これだけでも十分に「凄い」と言えるものであり、プリチケ印刷の待ち時間に挿入する事で「手持無沙汰な時間を解消」という二重の意味で上手いアップデートであったが、今回の第三弾において実装された「トモチケいいね♡システム」によって、『プリパラ』は「自分のトモチケを用いてプレイしてくれたユーザーの名前が表示される」と、「トモチケ交換した特定の相手をより具体的な形として知る事が出来る」という変化したのだ。
ここにはやはり「トモチケを交換して終わり」ではなく、「もっとユーザー同士でコミュニケーションを行ってほしい」という願いが込められているのだろう。「自分のトモチケを使ってライブした『誰か』とコミュニケーションする」。そのきっかけとして見るのなら、これ以上ないほど見事なアップデートだ。「画期的」の三文字では言い表せないほど素晴らしいゲームデザインである。
またこのアップデートをあくまで「同一筐体でプレイした時のみ」と限定的なものにしている点も素晴らしい。
『プリパラ』におけるユーザー情報は「誰がどのアイテムを使い、どんな相手とチームを組んでプレイしたか」に至るまで詳細にサーバーに保存されているため、例えば「全国のどこかの街で君のトモチケを使った人がいるよ」ということも表示できるはずなのだが、『プリパラ』開発陣はあえてそれを実装しなかった。
なぜか。それは何度も繰り返し述べているように『プリパラ』は地域レベルでのコミュニティを大切にしているからである。
学校や幼稚園の友達を始め、一台の『プリパラ』をプレイしているのは一人のユーザーだけではない。だからこそ顔を合わせた時には、ユーザーは同じ「プリパラアイドル」としてトモチケ交換をしたり会話を楽しんだりする。
そんな地域レベルでのコミュニティを考えるのならば、「全国レベルでの集計結果」というのは必要皆無。一台のプリパラを中心としたコミュニティの活性化とコミュニケーションの促進において、少なくとも現段階では全く必要ないものなのである。
このアップデートを含む「われらガァルマゲドン」を、殆どの学校や幼稚園で夏休みに突入した後であろう8月の第一週目に投入辺りも実にニクいところだ。
お金がかかるゲームではあるが、夏休みともなればプレイする機会も平日と比べればそれなりに多くなるだろう。そんな時、今回の『プリパラ』で友人のキャラクターの名前を見かけたのならば、『プリパラ』が大切にする「友達との絆」もきっと深くなるはずだ。

『プリパラ』のトモチケ周りのアップデートは端的に言えば「話題の提供」と言い換える事も出来るだろう。
「トモチケの交換」という形で最初の一歩を踏み出し、新たな話題を適度なタイミングで提供し続ける事でコミュニケーションを活発化させていく。そして今回のアップデートのように、他のユーザーの存在を意識させるような「話題」が生まれれば、ちょっと疎遠になっていた相手との繋がりも再び取り戻すことが出来るだろう。
こうしたデザインまでやってしまう辺りが「玩具メーカー」タカラトミーアーツらしさでもある。『プリパラ』という作品が今日まで愛されるようになったのは、ゲーム一台に留まらない面白さを提供できているからこそ、なのである。

なお本稿において簡素に触れるに留まった一年目と二年目の『プリパラ』の変化についてだが、どちらも「魔界戦線」名義で頒布した『プリパラ』の同人誌に詳細に記している。
生憎と一年目の『プリパラ』について収録した『パーフェクトスマイル』は既に完売御礼!な状態であるが、二年目の『プリパラ』についてを収録した『ビューティフルワールド』は、今週末に開催されるコミックマーケット90において委託での頒布を予定している。
場所は8月13日(二日目)は東ツ-32a「Freiheit」さん、8月14日(三日目)は東W-03a「くげ屋」さんで値段は900円になる。
詳細な情報については下記の記事を参照していただきたい。

90新刊「プリパラ二周年記念本『ビューティフルワールド』」のおしらせ

凄まじく濃い内容になったので、出来るだけ多くの方に手に取っていただきたいところである。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2272-c83585f3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター