Entries

『劇場版アイカツ!』『シン・ゴジラ』に見る作中のリアルを逸脱する快楽について

夏コミで頒布したプリパラ二周年記念本『ビューティフルワールド』ですが、とらのあなさんで委託することになりました。『ビューティフルワールド』の注文はこちらからどうぞ

今回の本は『プリパラ』の二周年ということで、アニメもゲームも映画も各種イベントもプリズムストーンの展開についても収録しておりまして、「『プリパラ』の二年目ってこんな感じだったよね」と思える一冊になってますので、プリパラアイドルの方々はもちろん、「『プリパラ』ってつまるところなんなの?」という方も楽しめる本になっていると思います。
なお例によって再販予定は今のところ無いので、出来る限りお早めに。一冊といわず二冊買っても良いんですよ!!

それはさておき。冬コミの申し込みは無事に完了しております。サークルカットは諸事情により使いまわしましたが、今回こそ受かりたいな、と。流石に二回連続で落ちたので三度目の正直はあると信じております。というか当選しないと仕事量が減らないので本当になんとかこう……。
とりあえず冬は何冊か出したいですね、はい。



『劇場版アイカツスターズ!』と同時上映された『劇場版アイカツ!ねらわれた魔法のアイカツ!カード』は『アイカツ!』ファンにとって最高の気分にさせてくれるファンムービーだった。
この『劇場版アイカツ!』は霧矢あおいがプロデューサーを務め、星宮いちごがメガホンを取り、紫吹蘭が撮影を担当する映画に主演する事になった大空あかり・氷上スミレ・新条ひなきの三人がキーアイテム「魔法のアイカツ!カード」を追いかけていく中で様々な騒動に巻き込まれていくドタバタコメディドラマで、服部ユウや西園寺つばきなど『アイカツ!』に登場したほぼすべてのアイドルが出演し、クライマックスにはアイドル25人によるライブパートが用意されているなど『アイカツ!』を追い続けてきたものにとっては至福とも言える最高の時間を楽しませてくれた。
実に『アイカツ!』らしいファンムービーとなったこの『劇場版アイカツ!』だが、この作品を鑑賞中に自分の脳裏に浮かんでいたのは『アイカツ!』ではなくある別の作品だった。
その作品とは『シン・ゴジラ』だ。自分でもなぜ『シン・ゴジラ』が思い浮かんでいたのか疑問だったのだが、自分には『劇場版アイカツ!』も『シン・ゴジラ』も「積み上げてきたリアリティを逸脱する事で快楽を発生させる」という点では同じように見えていたのだ。

『シン・ゴジラ』は簡単にいえば「我々の世界と酷似した日本にゴジラが出現し、日本政府はこの突然現れた虚構のような存在――ゴジラへの対応を迫られる」という物語で、作中世界と我々の世界と地続きであるかのように見せるために綿密な取材を積み重ね、あたかも本当にゴジラが出現したかのような現実感のある世界を作り上げている。
緻密に作り上げられた画面の向こう側では本当に起きているかのようなリアリティは僅かな時間で東京を壊滅状態に追いやるほどの力を持つゴジラを更に恐ろしく見せるのだが、しかしそんなゴジラも巨大不明生物特設災害対策本部を始めとする日本や世界の人達の活躍によってその能力を暴かれ、虚構の存在から次第に「生物」という現実寄りの存在へと変化していく。と同時にゴジラに対抗する政府や日本の人々はというと現実の存在からゴジラに引っ張られる形で虚構寄りへと変化していき、その変化は物語のクライマックスとなるヤシオリ作戦で昇華される。
「無人新幹線爆弾」に「無人在来線爆弾」。冒頭から中盤にかけて描かれてきた世界とは明らかに異なる世界の発想から生まれた数々の兵器を用いたヤシオリ作戦は、生物としての生態を暴かれて現実に寄りかかり始めていたゴジラを絡めとり、現実の世界へと叩き落としていくのだが、このヤシオリ作戦がどこか痛快な印象を受ける映像に見えるのは、それまで積み上げてきたリアリティをあえて逸脱した映像になっているからだろう。
虚構=ゴジラが生態を暴かれて現実に寄った存在へと変化するように、現実=日本も虚構を受け入れて変化していく。
そうした変化をあの短い時間の中に詰め込み、「我々の世界と地続きであるかのような現実さのある映像」から「虚構と現実が共存する映像」への変化を表現しているからこそ、ヤシオリ作戦は緊張感を漂わせながらも、どこか気持ち良さを感じる映像に仕上がっているように思うのだ。

そんな『シン・ゴジラ』に対して『劇場版アイカツ!』は、三年半と言う年月を積み重ね、ファンとスタッフの間で半ば共通認識となっていた「アイカツ!世界」というものからあえて逸脱する。アイカツ!の世界は拡張現実を用いた空間演出システムであるアイカツ!システムがあるなど部分的に技術が進歩している以外は我々の世界とこれといって変化のない世界ではあるが、この『劇場版アイカツ!』では三年半に渡って描かれてきたアイカツ!システムを始め、あらゆる要素が三年半にも渡って共通認識にまで昇華された「アイカツ!世界でのリアル」を逸脱していく。
ティラノサウルスとスピノサウルスが出てきて戦ったりもするし、ドラゴンが登場して空を飛んだりもする。一応作中で自己言及的には「これはアイカツ!なのか?」と突っ込まれ、「新しいアイカツ!システムのおかげである」と切り返されているが、「ファンムービー」であることを利用して「これまでのアイカツ!世界ではあり得なかったもの」を次々と繰り出していく様は、グルーヴ感があって実に楽しい。時たま正気に戻ったかのように本来のリアリティを取り戻しており、畳み掛けるように繰り出される新たな展開も合わさってジェットコースターのようだ。

『劇場版アイカツ!』も『シン・ゴジラ』も、どちらも見に来た観客を楽しませる事に心血を注いだ素晴らしい作品だと思う。そんな二作品が自分の中で繋がった事は何の因果かさっぱり分からないが、忘れないようにするためにこうしてメモをしておく。万に一つ、いや億が一つにも無いと思うが何かの役に立てば幸いである。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2276-537b4f7a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター