Entries

集大成となる一夜限りの奇跡――『プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016』

魔界戦線冬コミの新刊情報は告知記事→C91新刊アイカツ!本『スタートライン』&ラブライブ!サンシャイン!!本『Shining Dreamer』のお知らせに書いたのでよろしくお願いします。
頒布場所は「三日目V-18a 魔界戦線」です。



『プリパラ』をあえて一言で表すのであれば、それは「『繋がり』を大切にしている作品」になるだろう。
人と人、キャラクターとキャスト、作品とスタッフ、そしてプリパラアイドル達とファン。
『プリパラ』は様々な出会いとそこで生まれ、育まれてきた繋がりを大切にここまで歩いてきた。
そしてその繋がりは聖夜に一夜限りの奇跡として結実する。
2016年12月25日。クリスマスとなるその日に舞浜アンフィシアターで開催された『プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016』は、『プリパラ』が歩んできた道のりと、大切にしてきた「繋がり」を強く感じさせる、総勢18人+4人によるドリームパレードのような神アイドルライブであった。

このライブはオープニングからして凄かった。
開演前の段階で兄弟作品である『KING OF PRISM』の予告が流れれば応援上映会のように、「コウジー!行かないでー!!」という声が会場の端々から響き渡り、プリパラの宣伝活動を一手に引き受けるあいみぃが登場して恒例の「プリパラダンシング!!!」の振付レクチャーが始まれば会場全員がメイキングドラマをスイッチオン!する。
「訓練されたプリパラアイドルばかり」と言っても過言ではない環境の中、オープニングアクトとして登場したPrizmmy☆は今まででも最高のパフォーマンスを見せてくれた。『プリティーリズム』時代からOPやEDでその歌声で楽しませ、来年3月には解散してしまう彼女達だが、事実上の最後の「プリズムの煌めきに満ちたステージ」を全力でやり通し、会場を盛り上げた彼女達は紛れもなく神アイドルだ。
満を持して登場したSoLaMi Dressingの六人は「Ready Smile!!」を披露。i☆Risとしても活動するだけあって、キレッキレのダンスと盛り上げどころの分かったアピール、そして会場前方にいるファミリー席にいる子供たちを喜ばせようとする姿はとても「プリパラアイドル」らしかった。
18人の紹介とドリームライブの開催の宣言を終えた後は、SoLaMi♡SMILEやDressingPafeが次々と登場して持ち歌を全力で歌い上げていく。本公演では楽曲の最初と最後がアレンジされており、まるで一曲の音楽のような構成となっている事もあって、ステージ上に立つアイドル達が目まぐるしく変化していき全く退屈させない。「一分一秒たりとも、応援してくれているファンを退屈させない!」という鉄の意思を感じるこの演出と構成は、『プリパラ』の大切にする「繋がり」をも感じさせる最高の演出であった。
また黒須あろまと白玉みかんのアロマゲドンの曲の最後にガァルルが登場してGaarmageddonの「アメイジングキャッスル」へと変化したり、山羊を引き連れて「コノウタトマレイヒ」を歌っていた緑風ふわりが「貴方が落としたのは金のひびき像?それとも銀のひびき像?」とメイキングドラマ中に問いかければ「本物の紫京院ひびきだ!」という声と共に奈落から紫京院ひびきが登場してデュエット版に変化したり(「コノウタトマレイヒ」ではあじみガチ勢による「レッツゴッホ!レッツゴーギャン!」コールが巻き起こっていた事を付け加えておく)、ファルルとガァルルのデュエットがあったりとプリパラファンが喜ぶ演出が随所に仕込まれている点も見逃せない。
Tricoloreやジュリィ、コズミックオムライスダ・ヴィンチといった今回でしか見られない面々のパフォーマンスは壮観だった。

山本希望が上田麗奈、赤﨑千夏の無茶ぶりにより即興ラップを披露させられ、上田麗奈の天運によりパンフの自分のページを見せられて照れるグッズ紹介コーナーの後は、じゅのん、ぴのん、かのんのTRiANGLEの出番。楽曲はもちろん「かりすま~とGIRL☆Yeah!」だが、作中でもやっている事から理解はしていたものの、「一人三役」をステージ上でも披露してしまう田中美海には驚天動地、驚きである。
その田中美海、一人三役のオンステージから、ちりとペッパーを招いてのNonSugar「シュガーレス×フレンド」はとてもキュート。観客達のグーチョキパー!のコールもびしっと決まり、神アイドルグランプリ本選へ出場するための最後の一席を確保したチームに相応しい貫録を見せた。
「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」「アラウンド・ザ・プリパランド!」の総勢十人のアイドル達によるパフォーマンスを終え、最後の『Growin’ Jewel!』の前で全員で挨拶。口癖とコール&レスポンスがしっかりとした『プリパラ』らしいやりとりも楽しく、ちりの「かしこまりなさい!」で会場全体が平服する様は作中再現そのものである。ドロシーの「思わずやっちゃったよ!」の台詞も完璧で、キャスト同士の仲の良さが垣間見える素晴らしいやり取りであった。
アンコールでは「ラッキー!サプライズ☆バースデイ」のアレンジとして「ラッキー!サプライズ☆クリスマス」が披露。最後の最後までクリスマスに相応しい楽しい気分にさせてくれる、一年を締めくくるにふさわしい最高の神アイドルライブだった。

ところで。
いつちゃん子ちゃんのステージが見れるのだろうか。どこかで見られることを楽しみにしてます。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2314-ef33554d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター