Entries

貴方がプリパラミュージカルに来るのを待ちたい三つの理由について

昨年の1月・2月を思い返してみると『KING OF PRISM』と応援上映会で最高の体験をしていた事がまず最初に思い浮かぶ。
開始当初は本当にいつ消えたとしても決しておかしくはないほどの小さな煌めき。しかしその最高に面白い内容と応援上映会の極上の体験が口コミで広がりはじめ、『KING OF PRISM』はいつしか大きな作品になった。まるで綾瀬なるがプリズムの煌めきを取り戻してくれたように。一人一人のプリズムの煌めきが世界を輝かせていくさまはリアルタイムで見続けていたからこそこみ上げてくるものがある最高の体験だった。
そんな『KING OF PRISM』の次に思い浮かんだ「最高の体験」は『プリパラ』のライブミュージカルだった。
最初に「『プリパラ』を舞台演劇にする」と聞いた時には「そもそも出来るのか」と不安も半分程度あったわけだが、そのステージの上で披露されたものは紛れもなく『プリパラ』で、そのあまりの素晴らしさに落涙すらした。そして涙を流すと同時に「この面白さを知る方法が今しかないなんて」ということに勿体なさを感じたわけだが、そんな『プリパラ』のライブミュージカルが1月26日から29日にかけて再演されることが決定した。というか、もうチケット販売が開始している。

『ライブミュージカル「プリパラ」 み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス2017』公式サイト

このライブミュージカル版『プリパラ』の素晴らしい点は幾つもあるが、まず一つ目に「原作を敬愛しつつ、舞台演劇という器の中で最高の形になるように再構築されている」という事が上げられる。
前回の公演も(そしておそらく今回の公演も)基本的には『プリパラ』の第一期シリーズ、つまり「らぁらがプリパラアイドルデビューを果たしてから、ボーカルドール・ファルルを仲間達と共に救うまで」を再構築した物語になるのだが、「第一期シリーズだけ」と言っても『プリパラ』の第一期シリーズは全部で38話もあるため、全てをやることは不可能に近い。そのため本作ではそらみスマイルとドレッシングパフェ、そしてファルルのメインキャラクター七人を軸に重要なエピソードをピックアップしつつ一つの流れになるように再構成しているのだが、その出来は文句の付け所がないほど素晴らしい。
特に「男なのにプリパラに入れる」というレオナを巡る問題は扱い的にも描写的にも難しく、アニメでも1話丸々かけて描いたエピソードだったりするのだが、そふぃとレオナの友情の軸を活かして「レオナちゃんはレオナちゃんらしくいればいいのよ」として決着をつけた辺りは賞賛する。この他にもオリジナルとして「タイムトラベラー同士の対立」という要素があるのだが、こちらも『プリパラ』らしい友情の光る熱い脚本だった。

二つ目にあげたいのは演出面だ。演出においても本作は素晴らしい公演だった。
メイキングドラマやサイリウムチェンジなど『プリパラ』らしい要素は一通り押さえられているが、個人的に必見なのは「ファルルカムバックライブ」である。放送開始から三年以上経過している『プリパラ』の中でも屈指の名ライブであるあのライブが全て再現されているのである。それも「舞台上」ではなく「会場全体」で。
38話放送当時、全てのファンは「ファルルが目覚めてくれるのかどうか」を画面越しに見守っていたはずだ。
しかしこのライブミュージカルではそうではない。我々はあのファルルカムバックライブに居合わせた観客でありプリパラアイドルであった。あの時画面から聞こえてきた「ファルルに届け」と言う思いを込めた歌は我々のものだったのだ。
会場に来てくれたファンが合唱してくれる事を信じて歌詞カードを配布していたように思うが、その信頼があるからこそ生まれたファルルカムバックライブの感動は本ミュージカルを「最高のもの」にしてくれていたように思うのだ。

最後にあげたいのはキャストの素晴らしさである。
ライブミュージカル版『プリパラ』ではそらみドレッシングの六人はアニメで彼女達を演じるi☆Risの六人が演じており、「キャラクターの解釈の違い」は発生しておらず安心感のある演技なのだが、個人的に注目したいのはそらみドレッシング以外のキャストで、こちらも最高の演技で『プリパラ』とその世界で生きるキャラクター達を表現してくれている。
特に素晴らしいのはちゃん子役の桐木彩乃である。というのも、彼女はあまりにも「ちゃん子ちゃんそのもの」なのだ。
「外見が似ている」という程度のレベルではない。彼女の一挙手一投足がもうちゃん子ちゃんのそれである。
ライブ等で桐木彩乃さんがちゃん子ちゃんとして出てきて、歌に合わせて一曲踊るだけでも成立する程、彼女はちゃん子ちゃんなのである。
そらみドレッシングとの実力差を姿勢一つで表現し切る澪乃せいらも必見だが、ともあれちゃん子ちゃん。ちゃん子ちゃんである。
「ここまでハマっているとは」という感動は最高だった。



なお今回の公演では前回から少しばかりの変更が加えられているという。
公演期間は短いが、興味がある人は――特にプリパラファンは是非見に行って欲しい。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2319-dcaee84d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター