Entries

『プリパラ』と幼年期の終わりについてのメモ

神アイドル編に突入してからの『プリパラ』には『1st season』『2nd season』と同質の「アイドルとして成長していく成長物語の面白さ」と、これまでとは異なる「謎の幼児ジュルルの母親を務める育児の面白さ」の二つが存在している。どちらか一方の面白さに偏りすぎることなく、両者の面白さを織り交ぜながら「人間として」成長していく姿にはたまらない面白さがあり、道中で手に入れた喜びも悲しみも嬉しさも怒りも、その全てが神アイドルが誕生する「神アイドルグランプリ」へと繋がるシリーズ構成には唸るしかない。
「『プリパラ』がファンとスタッフと共に歩んできた約三年間の集大成」と言っても過言ではない。この一年間展開されてきた神アイドル編は最高に面白い長編なのだが、物語も最終盤に差し掛かり、「神アイドルグランプリ」も最後のステージを残すのみとなった現在の状況から察するに、この神アイドル編は「幼年期の終わり」をキーワードにしていたように思うのだ。

神アイドル編の前半から中盤戦にかけての日常パートでは主に母親代わりとしてジュルルを育てる様子が描かれてきた。
神アイドルグランプリに合わせてプリパラがアップデートされたその日、らぁらの前に現れた幼児ジュルルは、らぁらを母親と認識。紆余曲折の末らぁらが母親代わりになってジュルルを育てることになってしまう。
当初は泣いているだけで意思なんて全く読み取れなかったジュルルと突如母親役をやることになって四苦八苦するらぁら。しかし一年間の日々の中で二人は親子の絆を紡ぎ、ジュルルと共に過ごした日々は、らぁらを含めジュルルに関わった全ての人達を一個の人間として成長させてきた。しかしらぁらとジュルルのこの「母親-子供」という関係性が終わりを迎えた時=「幼年期の終わり」が訪れようとする時に何が起きるのか、自分はどう思うのかについては意外と触れられてこなかった。せいぜいジュリィになれることが分かった時に「私はジュルルにどうなってほしいのか」という事に触れたくだりがあったぐらいである。
そして神アイドルグランプリが始まり、ジュルルはジュリィになった。「ジュルルにはもう戻らない」と宣言し、彼女は女神ジュリィとしての責務を果たすべく行動をし始めた。らぁらの目の前で。
しかしらぁらのジュルルへの想いは変わらなかった。ジュルルは本来の姿であるジュリィに戻り、二度とジュルルにはならないと分かっていても、らぁらは「ジュルルの母親」であり続けた。一年間という短い時間とはいえ双方が紡いできた親子の絆は、幼年期の終わりを迎えて、「大人になったとしても」変わらなかったのだ。
あれだけ親子の絆を確かめ合って涙を流したとしても、「もうジュルルには戻らない。女神としての責務を果たす」と告げられても、らぁらの中ではいつまでもジュルルは「最愛の娘」のままなのである。神アイドルグランプリ前夜のジュリィの運命とそれを踏まえてのやりとりは、らぁらに「ジュルルを救う」という思いを強くさせるだけだった。「どれだけ姿が変わったとしても共に過ごした日々と絆はずっと残り続ける」というのはある意味友情に通じるものがあるが、「親子関係」を通じて改めて描いてきた事は本当に素晴らしいものを描いていたように思うのだ。

「幼年期の終わり」というキーワードで見ると、アイドルパートも最終的にそこに話が向かっているように思う。
「神アイドルグランプリに出場し、神コーデを解放することが出来たアイドルが神アイドルになる」という事で始まった神アイドルグランプリだが、そらみスマイルが優勝して神コーデを解放し終えた後、女神達から告げられたのは「私たちを乗り越えていきなさい」ということだった。
「最後に立ちふさがるのは試練を与えていた神そのもの。神を乗り越えることでその偉業を認められる」というのはよくみる流れではあり、「女神自らが立ちふさがる」という展開は「神アイドル」が決して名ばかりではなく、本当に「神の領域にあるもの」であることを物語るのだが、らぁら達の目的が「女神の救済」、つまり「プリパラ」というシステムそのものの改変であることを考慮すると、この展開があまりにも熱い。なぜなら、この展開は「神を超えてシステムを変える=プリパラを神の庇護下から人間のもとに取り戻す」という神話的展開そのものだからだ。
つまりこの神アイドル編は「神々の庇護下から離れ、世界を管理していく資格を得る」という人間の自立を描いた神話なのである。
だから、熱い。どこまで言っても「人間の物語」から離れず、人間が神の考えた世界を否定し、より良い世界を作るためにこの世界の管理者たる女神ジュリィとジャニスに戦いを挑んでいるのだから!
最終的にどうなるのかは分からないが、親子の絆を胸に最後まで人間として世界をより良いものにしようとするらぁら達の意思はとても輝いている。
『プリパラ』も残すところあと少し。
人間が描く、人間のための世界の創造に期待していきたい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2335-07e25b7f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター