Entries

『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!』全ルート公開に寄せて

3月18日に最後のルートが上映開始され、『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!』が一巡目を終えた。
前シリーズとなる『プリティーリズム』の劇場版で行ったものが大好評だったことがきっかけとなり、『プリパラ』へとシリーズが移行してからも続けられてきた「毎週少しだけ内容が変わる」というルート分岐のギミックも今作で三作目ということで、応援上映会共々すっかり定番に。
一作目ではプリティーリズムシリーズの総集編も兼ねた「プリズムショー見学ツアー」だったものも、二作目からは「らぁら達がプリパリを目指していた頃、他のアイドル達は何をしていたのか」と他のアイドル達にスポットライトをあてた新作映像に代わり、徐々にパワーアップ。三作目となる今作は舞台が「プリパラ内の宇宙」というSF濃度が高い場所という事もあり、「あり得たかもしれない可能性を覗く」という、SF的外連味の強い体裁でのライブとなっているが、どのルートも圧倒的な迫力のライブばかり。反面、物語要素はいつもよりも少し短めになっているが、どの道のりを辿ったとしても決して変わらない想いは『プリパラ』という作品の魅力を引き出してくれている。これもまた「『プリパラ』の一つの集大成」と言えるのではないだろうか。
そんな『劇場版プリパラ』の全てのルートを早いうちに見ることが出来たので、以下にルートごとについての感想を含む雑感を書いていきたい。

■ルート1:らぁらルート

第一週となるらぁらルートで描かれたのは「初めてプリパラを訪れたらぁらがみれぃではなく、もしなおと出会っていたら」だ。
描写上は「本編においてみれぃが果たしていた役割をなおがやったら」で、特に変わった事はなく進行し、らぁらはなおと一緒にアイドルデビューを果たす。
描かれるライブパートも第一話のアレンジであり、みれぃをなおに置き換え、コーデを一話の色替えているだけで「一話の変奏曲」と言った趣きを強く感じるが、「らぁらは誰と出会ってもアイドルとしてデビューする」からこそ強調される「そのきっかけを作ってくれた人物との友情」は実に美しい。プリパラレルワールド中ではらぁらとなおの友情を感じさせるが、本編ではらぁらとみれぃ、もしかしたらそふぃがらぁらをアイドルデビューに誘っていたかもしれないし、シオンやドロシー、レオナだった可能性もある。
ともあれ「どういう形であってもらぁらがデビューする事実は揺るがない」という形で「プリパラアイドル・らぁら」を肯定しつつ、「始まりのきっかけを作ってくれた人」との絆を大切に描いてきたこのルート1は最初に持ってくるにしては強力すぎて、何度見ても涙を流す。
SFとしては「並行世界SF」らしいもので、今回の構造的に一番綺麗だったように思う。そういや『インターステラー』っぽいですね、これ。

■ルート2:ひびきルート

昨年に続いて単独ルートを与えられたひびきのルートだが、ほぼ全編に渡って『キャプテンハーロック』のパロディと言って差し支えない。「宇宙海賊となったひびきとふわり、そしてファルルが一緒にライブをする」以上のものは何もないのだが、その分ライブの魅力に特化。ミュージカルのような楽曲に合わせ、映像そのものも変化していく。空間を活かしたカメラワークも多いし、砲撃戦もあり。メイキングドラマではまるで映画のクライマックスシーンのような派手なアクションもありと派手ではあるのだが、「画面が大きな映画館でしか見れないもの」として見るのならおそらく一番満足度の高いリッチな映像である。ライブの最中に片付けられる宇宙人達は可哀想だが、ひびき様なので致し方なし。それにしても船長だからせんちゃんは凄いあだ名である。いつものことだけど。
しかし別の世界観になったからこそ再定義されて描かれる三人の関係性は見ていて面白い。誰よりもリーダーシップを発揮しているのに、ひびき様はいじられ役……。でもふわりが生き生きとしているからいいか。

■ルート3:みれぃルート

最後のみれぃルートはまさかの「南みれぃ三人ライブ」。ファンからずっと望まれていたアイドル検事みれぃとアイドル弁護士みれぃ、そしていつものみれぃの三人でのライブであるが、「アイドルと恋愛の間で揺れ動く乙女心」を裁判に見立てて演出していく流れはポップでコミカルで実に楽しい。みれぃを演じる芹澤優が三人を巧みに演じ分けて歌っているのも最高で、みれぃファンにとってはたまらないライブだろう。
個人的にはドラマとライブパートのつながりがどのルートよりも強い点が本当に好きだった。アイドル弁護士もアイドル検事もノーマルのみれぃも可愛いので雨宮発狂物である。
みーんな大好きみ・れ・ぃ!

個人的な好みもあってひびきルートが一番面白かったが、不覚にも涙してしまったのはらぁらルートだった。というからぁらルートはこれまで見てきた人間にとっては本当に凄い破壊力を誇る映像なので、プリパラファンは必見である。プリパラを見ていない人はひびきルートだけでも見てほしい。東映パロディの多い今作の中でも特に東映色が強いので、統一感が取れて面白いと思う。
何にしても既に全ルート合わせて八回ぐらいみているので、あと二回ぐらい頑張って見に行きたい。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2338-cd68cebb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター