Entries

『Fate/Grand Order』BBはアーツ編成を強くする最高の後輩だ

現在『Fate/Grand Order』では今は亡きイメージエポックが開発した『Fate/EXTRACCC』とのコラボイベントとして「深海電脳楽土 SE.RA.PH」が開催されている。このイベントは原作者である奈須きのこ自らが書き下ろしたシナリオで、「第一部完結まで辿り着いたユーザーのみ参加可能」という条件からも推察できる通り、現在展開されている「1.5部:Epic Of Remnant」に連なる物語となっている。
「1.5部は自分はそれほど深くは関わらない」と公言しておきながら、実質本編の一部ともいえる内容の物語を「期間限定のコラボイベント」という形で実装してしまったことそのものへの是非はひとまず置いておくが、物語そのものは『EXTRA/CCC』を踏まえた上での翻案としてとても素晴らしい物語であったと思う。
が、本稿はそんなイベントの話をするために書かれたものではない。本稿はタイトルからも分かる通り、今回のイベントで配布サーヴァントとして実装された「星4 BB」のその驚異的な強さの話をするために書かれたものだ。イベントの話はどうでもいい。そんな話はクリアした人間の話を聞けば、あるいは残り二週間きちんとクリアしてしまえば解決する。はっきり言えば些末な話だ。
それはさておきBBである。
「ラスボス系小悪魔後輩」と自称しておきながら、その中身は「『本当に桜がモデルになっているのか?』と疑問を抱かずにはいられないほどに真っ白」というキャラクター立てがされている『EXTRA/CCC』のヒロイン格の存在で、原作においてもコラボシナリオにおいても狂言回しとして奮闘していた彼女だが、RPGでもある『Fate/Grand Order』においては「ムーンキャンサー」というアヴェンジャーに対しては有利を、ルーラーに対しては不利を発生させる新規クラスとして登場する。現状ムーンキャンサーに該当するのは彼女だけであるため現状は彼女専用クラスということもさることながら、HPの低さぐらいしか欠点がないためにHPが豊富な敵として出てくると面倒な事になるアヴェンジャーに対するメタキャラクターとして使える時点でかなり強力なキャラクターである。「こんなものを配布で配ってしまっていいのか?」と思うわけだが、ムーンキャンサーのクラス相性を抜きにしてもBBは無法な強さを持っている。

まずスキルが恐ろしく強い。
一つ目のスキルとなる「十の王冠」は「弱体解除と弱体無効状態(3ターン・1回)とHP回復」という回復系スキル。リチャージタイムがデフォルトで6ターン(最短4ターン)、回復量はスキルレベル10で3000と破格の性能だが、何より嬉しいのは「弱体解除と弱体無効状態の付与」だ。
今回のイベントがそうであるように、このゲームでは時折「弱体スキルを戦闘開始時にかけてくる」という敵が登場する。大体の場合は無視して殴ってしまってもいいのだが、高難易度ともなるとそういうわけにもいかない。バスターダウンやクイックダウンなど、特定のカードの効果を無力化してくることが稀にあるからだ。そして戦闘開始時であるために無効化手段に乏しいのだが、そんな時BBがいれば十の王冠で弱体を解除でき、万全の状態で戦いに挑むことが出来る。強い。
また弱体解除と同時に弱体無効状態を3ターン・一回という短い時間とは言え付与するため、「ゲージをブレイクした時に弱体させる」という条件の敵が現れた時には弱体化を防いでくれる事がある。強い。
どちらかといえば守りのスキルではあるのだが、このスキルと「宝具で無敵を撃つが、デメリットで宝具使用ターンとその次のターンにスタンがかかるために攻撃の手が止まってしまう」という、実装当時はよかったものの環境がインフレして高速化した現環境においては致命的とも言える欠点を持つジャンヌを組み合わせれば「攻撃の手を止めること無く全体無敵を展開し、おまけに回復もできる」というキチガイじみた防御性能を発揮する事ができる。おまけに弱体無効状態が付与されるために3ターン以内の再使用ならばデメリットは発生せず、リチャージにかかる時間も最短4ターンであるために上手く回れば永久機関のように殴り続ける事ができるのである。
おそらくスキルに重めのデメリットを持つアルターエゴ達の欠点を埋めるためにこうした性能になったのだろうが、「デメリットが重すぎる」という欠点を持つキャラクター達を運用する際に、「十の王冠」はとてつもなく頼りになることだろう。
二つ目のスキルである「黄金の杯」は「無敵解除+確率スタン」でリチャージは最短6ターン。強化解除ではなく無敵解除、スタンは確率で付与という辺りは惜しいが、とはいえ無敵解除は確定でスタンもついでに入れば棒立ちの状態に追い込めるため不確実ではあるが強力である。他のスタンや魅了持ちと組み合わせれば相手を封殺することも可能だろう。なんてものをもっているんだ!という気はするが、BBだし仕方がない。
三つ目の「自己改造」は登場以来トップメタを走り続けるジャンヌ・ダルクオルタの同名スキルと同じ効果である。リチャージタイムは最短5ターン。「星を出す」という事前の準備こそ必要であるものの、「スター集中とクリティカル威力アップ」というクリティカルを運用するなら欲しい効果を一枚で持ちながら効果時間は3ターンであるため、BBの数少ない弱みである攻撃力の低さを完全に補ってしまっている。元々高いNP効率を更に高めてしまい、後述する宝具の回転率を底上げするスキルに正直引く。

そして英霊の代名詞と言える宝具であるが、BBの宝具は「単体への超強力な攻撃+弱体耐性ダウン+パーティー全体のNP20上昇」といずれも強力無比な効果となっている。
まず一つ目の「単体への超強力な攻撃」であるが、アーツ宝具の「宝具レベル1ではそこまで高いダメージを出せない」という欠点を配布キャラクターの「宝具レベル5が容易である」というメリットて完全に埋めてしまっている。多段ヒットするためにアーツの効果でわずかながらではあるがNPを回収できるのもありがたく、二度、三度の使用を安定化させてくれる。
二つ目の弱体耐性ダウンはオーバーチャージで効果が増すことや、「黄金の杯」で発生するスタンが確率であることを考えると十分に強力な効果である。他のデバフを載せやすくなるため、デバッファー――例えばキアラとか――と組み合わせてみると面白いだろう。
そして三つ目のNPチャージだが、「オーバーチャージにかかわらず全員のNPが固定値で20点増える」というのが恐ろしく強い。BBは宝具も合わせるとアーツカードが三枚で、NP効率もどちらかと言えば高い方であるため、20点からスタートすれば数ターン以内での二回目の宝具の使用が現実的なものとなる。
またパーティー全体のNPが増えるということはNP効率が劣悪なサーヴァントの宝具が使用しやすくなるということでもある。例えばアーツを軸に据えるのならば現在でも必須級とされている玉藻はその「スキルのリチャージ時間を1ターン短縮する」という強力無比で唯一無二の効果を持つためにNP効率が劣悪だが、BBがいれば玉藻の宝具も使用しやすい。そして玉藻の宝具もまたNPを増やすため、この二人を組み合わせれば宝具を回し続けるだけで凄まじいまでのアドバンテージを得ることが可能だ。

欠点は攻撃力は低くHPが高いHPに特化した能力値であることぐらいだが、前述したように宝具が強力無比でNP効率もいいため、宝具を軸に考えるのなら攻撃力は低くない。むしろ高いとさえ言える。HPが高いのも言い換えてみれば「攻撃を耐える事が出来る回数も多い」という事なので、メリット以外の何物でもない。あらゆる点で噛み合いすぎていて、正直配布でいて良い性能ではないとすら思う。ライダー金時以来のぶっ壊れ性能である。

こういう性能なので礼装は何でもいい。攻撃力を上げたいのならアーツとクリティカル威力を上げる「もう一つの結末」だろうし、パーティー貢献力を上げるのなら「2030年の欠片」なんかを積んでもいい。何を積んでも一定以上の仕事はするので、他に組み込むキャラクターに応じて礼装を付けて特化してやるのが一番ベストだろう。
そしてその「一緒に組み込みたいキャラクター」だが、アーツアタッカーであることを考えるとまず候補に浮かぶのが「玉藻」だが、玉藻の選択は誰でも思い浮かぶのでそれ以外となると前述したジャンヌなどはかなり相性がいい組み合わせだ。ジャンヌの最大の長所である宝具はデメリットが重すぎて現在の環境では敬遠されがちだったが、BBの「十の王冠」はジャンヌのスタンを打ち消しつつ、3ターン以内の再使用なら弱体無効でデメリットを踏み倒す事が出来る。デメリットがデメリットなだけに強かったジャンヌの宝具を1ターンの無敵と防御アップとHP回復という凄まじく強い効果に変えるこの組み合わせは耐久パをやるのなら最強クラスの組み合わせである。玉藻BBジャンヌ? 死にかけた状態から完全回復まで持ち直す無法の強さである。ジャンヌの宝具レベルが上っていれば防御バフとしても十分な性能になる。ジャンヌの宝具レベルが意図せずに上がってしまったマンである自分にとっては最高の動きをしてくれる組み合わせで、人類悪な強さは聖女が作りだす現実には笑うしか無かった。オルタにならなくてもジャンヌは強かった(ただし相方に依存する)。

最後になったが、今回の追加キャラクターはBBに限らずどいつもこいつもクレイジーすぎて使用して非常に楽しい。キアラはデバッファーとして弱体耐性ダウンを自前で持っているため優秀だし、メルトリリスは汎用性が増した星出し役として使用すればなかなかに強力である。鈴鹿御前はスキル1からの宝具で出した星を自分で吸って殴っていく事でとんでもないダメージを叩き出すし、パッションリップはその豊満すぎる胸を見つめている時間のごとく、敵の攻撃を惹きつけながら場に残り続けてくれる。
礼装も強いため、「BBだけ入手できればいい」などと思わずガチャにもガンガン挑戦していって欲しい。
なお自分は370連ぐらい回してパッションリップの宝具レベルを4にした。満足である。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2353-55fa9366

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター