Entries

『KING OF PRISM Pride the Hero』で描かれそうなエピソードのメモ

ついに公開まで残すところあと一週間ほどとなった『KING OF PRISM Pride the Hero』。昨年記録的大ヒットとなった『KING OF PRISM by PrettyRhythm』のファン待望の続編となるタイトルだ。
前作では如月ルヰの導きで神浜コウジ・速水ヒロ・仁科カヅキの「Over The Rainbow」のプリズムショーを見た事をきっかけにプリズムショーの世界に飛び込むことになった一条シンを主人公に、プリズムの煌めきを見失いかけていたエーデルローズ生達が再起するまでが描かれたが、完全新作となる本作では存在だけは『プリティーリズム・レインボーライブ』時代から語られていたプリズムキングカップが物語の焦点になるようだ。
プリズムスタァとしてのプライドを賭けてぶつかりあう少年達とかつて三強と呼ばれながらも決着をつける機会を失ってしまった男達。一体どんなドラマが待っているのか楽しみだが、『Pride the Hero』が始まってしまう前に情報整理も兼ねて前作で最後まで描かれなかったエピソードについて述べていきたい。

『KING OF PRISM』で何と言っても重要なのは「法月仁と氷室聖の確執」だろう。シュワルツローズとエーデルローズの対立も、元を辿れば二人――プリズムショー協会前会長である法月皇の遺児達の確執によるものなので、この二人の長きに渡る因縁をどうにかして決着させることが『KING OF PRISM Pride the Hero』という作品の最大の焦点になるはずだが、この二人の因縁は様々な感情によって構成されているため、簡単に決着をつけるということは難しい。法月仁にとって氷室聖は「妾の子供」であり「自分の腹違いの弟」であり「自分に持っていないものをすべて持っているプリズムスタァ」であり「自分からすべてを奪った男」であるため、氷室聖に向ける思いは愛憎入り混じったものである。長い年月をかけて積み重ねてきた彼の氷室聖への憎悪を完全な形で捨て去ることは、簡単には出来ないだろう。それだけにどうなるのか気になるところだが……。

愛憎入り混じった対決といえばストリート系プリズムスタァ達の戦いも本作に持ち越された重要な要素の一つだ。『by PrettyRhythm』では「ストリート系のカリスマ」であった仁科カヅキと、そんな彼が気に食わない大和アレクサンダー、そしてカヅキを慕いながらも今の彼に不満を抱く香賀美タイガの三人の想いの衝突が描かれていたが、決着がつくことはなかった。カヅキはそのままエーデルローズを出奔し、アレクサンダーはシュワルツローズでその破壊的なプリズムショーに磨きをかけているようだが、この三人のストリート系プリズムスタァ達の己の心をぶつける熱いプリズムショーの決着もおそらく『Pride the Hero』の見どころになるのではないだろうか。

また一条シンと如月ルヰの関係性及び、ルヰの正体と目的についても気になるところである。「過去からやってきた」など意味深なことを口にしているルヰだが、『by PrettyRhythm』での彼の各種演出を見ていると茨りんねや天羽ジュネのような「プリズムワールドの使者」の気配が漂っている。ではそんなルヰが惚れ込んだシンが「プリズムショーをもっと良いものに出来る素質を持つ選ばれしものか」というと、どうもそう簡単なわけではないようだ。ときめきサイクリングでのきらめくペンダント、首の後ろにある不思議な形の痣などなど、そもそもシンが普通の人間であるかどうかもかなり怪しくなっている。はたして彼は何者で、なぜルヰは執拗にシンに接触しようとしているのだろうか。シンから見た世界に話を絞っていたこともあり、そのあたりについては前作ではほぼノータッチで終わった。TVシリーズも構想には入っているらしいので、どこまで本作で描かれるのかは分からないが、注意深く見ていきたい。

以上の要素は主に『KING OF PRISM』というシリーズを構成する三つの柱についての話だが、個人的に気になるのは速水ヒロである。前作では「エーデルローズを守りたい」という意思を組んで神浜コウジと別れた彼だが、本作の中では神浜コウジとの友情の証である「pride」まで奪われ、自身もプリズムジャンプを飛べなくなるという緊急事態であるようだ。絶体絶命の危機ではあるものの、エーデルローズ側の人間としては唯一と言ってもいいほど法月仁と距離が近かった彼である。法月仁の影響をプリズムジャンプの中でも隠さなかった彼である。きっと不死鳥のように蘇り、活躍してくれるに違いない……のだが、どうなるのやら。怖い。

いずれにせよ、あと一週間もすれば必然的にこれらの物語は全て解明される。その時、彼らのプリズムジャンプはどのような美しさを見せてくれることだろうか。楽しみだ……。凄く……。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2359-164f5eed

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター