Entries

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』解法の自由度が面白さを作るという話

先日Nintendo Switchの入手に成功したので、かねてから友人から勧められていた『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をプレイしている。自分は『ゼルダの伝説』をやるのは3DSで発売された『時のオカリナ』以来で、シリーズ全体で見てもプレイした本数そのものはおそらく片手で数えられるぐらいしかプレイしていない人間なのだが、確かにこれは「シリーズに触れているかどうか」に関係なく、万人に勧めたくなるような凄い作品だ。
本作が凄いのは「無数にある解放のその殆どを肯定してしまう」という「攻略の自由度」にある。
広大なハイラルの地には「祠」と呼ばれるスポットが120個も用意され、その120個の大半には簡単なパズルが配置されている。多くのパズルには「模範的な回答」が用意されているものの、その模範的な回答に従わなくてもクリアできてしまう。例えば梁から鎖でつりさげられた鉄球は本来なら「左右に揺らす」という解法で突破するのが正解だが、「鉄球を持ち上げて梁を一周させることでリンク一人分のスペースを確保する」ということも出来るし、Switchの本体を傾ける仕掛けはひっくり返して突破してしまってもいい。出来ること/できないことは確かに存在するものの、出来る事の大半は肯定されるため創意工夫の余地は多分にある。「火を点ける」という動作も火のついた松明でつけてもいいし火打石でつけてもいいし、敵の攻撃を利用してもいい。とにかく肯定されるのでこれがもう楽しくて仕方がない。
またこれらの攻略の自由度は別に祠の中だけに限ったものではない。今作のハイラルは広大であり、魔物達が跳梁跋扈している。一方のリンクは100年間の眠りから目覚めたばかりで力も完全には取り戻せておらず、防具も貧弱で雑魚の代表格であるボゴブリンの一撃ですら即死に等しいダメージを受けてしまう。おまけに大体の状況において敵は徒党を組んでいる。何も考えずに突っ込めば袋叩きにあって10秒もあればゲームオーバー画面を見ることが出来るのだが、本作は別に敵と真っ正面から戦うことを推奨していない。近寄られると痛いのなら近寄られる前に弓矢で頭を射抜けばいいし、そもそも近寄られるような場所に陣取らなければいい。状況に対する解法も無数にあるので、本作のリンクの「大体の場所をクライミングできてしまう」という能力を活かして、ボゴブリンが昇ってこれないような場所にこっそりよじ登って、リモコン爆弾を投げまくって爆殺するのもありであるし、滑空して音もなく近寄って上から一撃を当てるというのもありだ。何気ない状況一つを取ってみても強制されるものはなにもなく、自分の好きな方法で攻略できるので自分の好きな解法を試せばいい。自分はとにかく爆殺するのが好きなので、坂を利用して爆殺している。ふっ飛ばされたボゴブリンが崖の下に吸い込まれるように落ちていくのが大変楽しい。貴様はそこで渇いて逝け。
こうした攻略の自由度はメインストーリーにおいても貫かれている。一応本作の敵もガノンドロフであることは変わらないものの、最初に探索する始まりの台地でほぼ全てのアイテムを渡されてしまい、二つ程度の村を回った後は「ハイラルを滅ぼそうとしている災厄ガノンを倒す」という目的を完遂さえすればどこから手を付けてもいいようにデザインされている。
本作のリンクは「100年の眠りにより記憶が曖昧になってしまっている」という設定があり、「記憶を取り戻すために各地を巡りなさい」と言われるものの、最後にガノンさえ倒してしまえるのであれば記憶を取り戻さなくてもいいし、シリーズすべてに登場するマスターソードすらも必要はない。敵が持っている棍棒や拾った剣や槍程度でもガノンは倒せてしまうし、そもそもガノンを倒すことを一旦忘れて広大な大地を探索するのもありだ。サブクエストとしてそこまで多くはないものの数多くのクエストも存在しているし、民衆たちも一人一人キャラが立っている。やりこみ要素として持ち運べるアイテムの数を増加するポーチの増設や防具の強化なども用意されているので、極限まで鍛え上げた達人のリンクで戦うのもアリである。適当に歩いていても何かには出会えるような配置になっているので何も考えずに探索するのもありであるのがありがたい。『スカイリム』や『Fallout4』ではファストトラベルのスポットを探すのに躍起になりすぎてメインストーリーを完全に忘れてたけども。
とにかく「ガノンを倒すのであれば何をするのも自由」なゲームである。これは『スカイリム』『Fallout3』などの「ロールプレイの自由度」とはまた別種の面白さで、とても楽しい。わざわざ勧めてくれた友人に感謝の言葉を直接言いたいぐらいである。ありがとうの代わりに好きって言わせて。

最後に。本作は「オープンワールド」と呼ばれる事が多いが、厳密には開発者がいうように「オープンエア」と表現するのが正しいように思う。というのも本作は「世界が開かれている」ではなく「空間が開かれている」と表現する方が正しいからだ。確かに本作のハイラルは広大で開かれた大地ではあるが、本作をユニークにしているのは「空間を利用する」という事が出来るからだ。
高所によじ登って爆弾を投げる、風向きを計算に入れて敵の方に炎が燃え移るように野焼きする、山の頂上から見えた祠に滑空して近寄る、など本作は広大な大地とその空間を利用することでどんな状況でも好転させることが出来る。クライミングにしてもそうで、「どこでもよじ登れる」ということはどんな場所でも「高さを生かした戦い方が出来る」という事である。どこまで行っても立体的な戦いを実現させる本作は確かに「オープンエア」と呼ぶに相応しい。この体験はプレイしてみるまではなかなか気づきにくいものなので、気になる人はぜひプレイしてほしい。空間がただそこにあるのではなく、利用することで味方にも敵にもなるので楽しいぞ!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2367-935b6245

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター