Entries

『Fate/Grand Order』エルドラドのバーサーカーは可愛いという話

唐突だが、エルドラドのバーサーカーの話をしよう。そう、あの地底世界アガルタでアマゾネス達を率いて暴れまわっていたあの女王の話だ。
彼女を引いたのは不夜城のアサシンチャレンジに励んでいた時の事だった。「新しいサーヴァントが登場したらとりあえず回しておく」という流儀に従い、不夜城のキャスターをとりあえず引いた後に出てきた彼女は、今年登場したバーサーカー達――存在自体が与太話の謎のヒロインXオルタやマスターにまで局注法度を強い、戦う事を諦めた瞬間に「士道不覚悟」の名目で粛清してくる土方歳三、ノッブの姪だけあって与太話のレベルも狂気級の茶々――と比べればあまりにも可憐で、そして普通の姿をしていた。
背の丈は158cmほど。取り立てて背が低いわけではないのにも関わらず彼女を可憐な印象にしているのは、その華奢な体格にある。
下半身の肉つきや腰の構造、そしてその細腕から考えると。おそらく彼女が「肉体の全盛期」として設定したのは少女というにも早すぎるほど幼い年頃なのだろう。成長後の姿が美しすぎたがために敵勢力の勇者に嘗められた過去を持つ彼女である。最盛期として設定したのが「女性としての成長が始まる前」というのは納得がいく。いくのだがそれにしても華奢である。体格だけ見れば「本当にバーサーカーなのか?」と疑ってしまうほど小さく細い体格である。
しかしながら実際に戦場に出してみると彼女は紛れもなくバーサーカーで、華奢な体格もあってどのサーヴァントよりもパワフルな印象を残す戦士であった。割れてこそいないものの鍛え上げられた鋼鉄の腹筋に、一気に間合いに踏み込めてしまうほどの跳躍力を感じさせるその太腿。その鍛え上げられた肉体で無数の棘に覆われた人の頭ほどもある鉄球を操り、重々しい音を立てて相手の頭蓋を叩き割る。鉄球無しでも己の肉体全てを凶器に変えて食らいついていく姿は狂戦士そのものであり、ファンタジックな力などなくとも肉体一つで眼前に立つ者達を蹂躙する。華奢な体格も相成って惚れ惚れする戦いっぷりである。最高かよ。
再臨していくと変化していく装備も素晴らしい。第一段階では鉄球以外に何もなかったが、二段階目では手甲が鉤爪の生えたものへと変更され、腰回りには飾り布が備え付けられており、「アマゾネスの女王」という性質が強化されている。宝具が武器すらも殴り捨てて食らいつくものなので、鉤爪の追加で宝具時の動きに猛獣さ加減が加わってとても良い。
そして三段階目だが、腰回りにさらに装備が増えて重装備化。二振りの剣が腰に装備され、戦闘中にも剣を振り回すようになってくれた。今までの武器がおおよそ人間の使うものとは思えないバカげたものだったので、この武器は素直に嬉しい。投げてくれても構わなかったのだが、そこは「獲物を手放すわけにはいかない」ということか。何にしても暴力的である。さっきまで生命だったものも辺り一面に転がるぐらいの暴れっぷりだが、個人的に一番殺意を感じるのは伸びた髪に結ばれたリボンである。
あれほどまで「自分に美しさを見出すな」と口にしておきながら、この女王が最後に持ってきたのは思いっきり美しさを際立たせるリボンなのだ。それもその白髪にも映える青系統をベースカラーにしたものを!
これは大変よろしくない。「腰の骨格的に明らかに第二次性徴を迎えてないよね」とか「胸下辺りから腰ぐらいにかけての腹筋のライン、無駄な脂肪をそぎ落としながらも実用性のある筋肉をつけてる感じでフェティシズムを感じるたまらないラインをしてるよね」とかそんなことは些細な事である。美しすぎるがために相手に嘗められ、聖杯にも再戦を望んだアマゾネスが! 最後に選んだ姿に! 可愛いアイテムを選択する!とか卑怯である。ずるすぎるのである。これで声が『Go!プリンセスプリキュア』のキュアフローラや『Gのレコンギスタ』の姫様を演じた嶋村侑なのがまた。凛とした中に可愛さを込められる人なのでもう……。可愛い。

性能面についてはそこまで重要ではないのでここまで全部無視してきたが、最後に申し訳程度に性能面の話をしておくと「殴れるバッファー」「バフも出来るアタッカー」とでもいうべき性能になっている。オジマンディアスと同等のカリスマと効果時間3ターンの軽度の全体バスターアップと、戦士としての彼女を侮辱した英雄にちなんでギリシャ神話にルーツを持つ男性サーヴァントに対する強力な特攻を併せた軍神咆哮は自身だけでなく他の仲間の攻撃力を引き上げるのに役に立つ。ギリシャ神話男性特攻は効果範囲こそ狭いがその分倍率は高めに設定されている。今後実装されるだろうアキレウスやケイローンを殴り殺すのに役に立つ。
そして黄金律(美)だが、バーサーカーであるため劣悪なNP効率を完全に補いうる強力な性能となっている。即効性こそないが、バーサーカーでNP効率が補われるのは強力だと言わざるを得ない。防御に使えるスキルはないのでサポートは必要だが、引けたのならばメイン火力として十分に機能してくれるはずだ。あと可愛いし。

アガルタの女と同時に登場したサーヴァント達はどれも素晴らしく甲乙つけがたい魅力があるが、その中でもちょっと特殊な名前を与えられた彼女はその特殊さ通りの面白いサーヴァントなのでこれからもガンガン使っていきたい。ところで『仮面ライダーアマゾンズ』好きの元によくやってくるという話は本当でしょうか? 自分の周囲で『アマゾンズ』見ていた人達は大体引いてるんですけど……。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2371-3d3f7d90

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター