Entries

『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』シンフォギアらしさを演出として突き詰めたスマホゲーム

歌と変身ヒロインを組み合わせたものを『ワイルドアームズ』シリーズの金子彰史が一兆度で熱した事で誕生した『戦記絶唱シンフォギア』。2012年7月の第一作放送開始するや否や適合者達から絶大な支持を集め、ライブ公演なども定期的に行われている人気シリーズだ。現在第四期シリーズとなる『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』が放送中だが、そんな『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』に先駆けるように、2017年6月26日に配信開始されたのがスマートフォン専用ゲーム『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』だ。
「第一期『戦記絶唱シンフォギア』から第三期『戦姫絶唱シンフォギアGX』までのシナリオを総復習。現在放送中の第四期シリーズに至るまでの物語を展開するッ!」というシンフォギアシリーズ全てを包括するようなコンセプトのゲームになっているのだが、シンフォギアシリーズのスマートフォン専用ゲームとしては、先行事例としてハピネット開発の『リズムバトル 戦姫絶唱シンフォギア スケルツァンド』がある。もっとも『スケルツァンド』はシンフォギアシリーズの各種音楽をメインに据えたリズムゲーム要素の強いアクションゲームであり、本作はシンフォギア奏者を育成/強化しながら物語を読み進めていくRPG要素の強いゲームであるため、先行事例との差別化には成功していると言ってもいいだろう。ポケラボが同時期にリリースしたタイトルとは違い、プレイそのものが困難になるような目立った大穴もなく、超快適とは言えないものの楽しくプレイできる作品である。
個人的にこの作品で見逃せないのは「シンフォギアらしさ」の追求だ。
「シンフォギア」という作品自体が濃度の高い作品であるため「らしさ」についても一言で表現するのが難しいが、その「らしさ」の一つとして「歌いながら戦う」という事があるように思う。元々は「歌う事でパワーアップする」という設定だったものを初代監督である伊藤達文が勘違いをした事で「歌いながら戦う」という設定に変更されたようなのだが、結果としてこの設定が「シンフォギア」というシリーズの方向性を決定づけたように思う。アクションで力むところは歌でも力み、声を重ねる事で合体技へと昇華される。この演出こそがシンフォギアシリーズの「らしさ」だと思うのだ。
このシンフォギアシリーズらしさを表現するために本作がとった方法は「戦闘中は出撃したシンフォギア奏者達のキャラクターソングをBGMの代わりに流す」という事だった。もちろん「歌いながら戦う」という設定を活かす以上、単に「キャラクターソングが流れている」だけではない。「短時間の間、固有の効果が発生する」というバフ効果を兼ねることで、シンフォニックゲインの高まりまで表現しているのがなかなか面白い。キャラクターソングも各奏者一種類だけということはなく数種類用意されているため、気分や編成に合わせて付け替えてもいい。シンフォギアらしさの溢れたよいシステムだ。
また各種演出もシンフォギアらしいものばかりで適合者には嬉しい。
「歌いながら戦う」という設定上、凝った名前の必殺技があっても叫ぶ事が出来ない問題を解決するべく存在する必殺技の演出も以下の画像の通りほぼアニメそのままだ。どのシンフォギア奏者にもこうした凝った演出のカードがあるため集めたくなる魅力がある。

DE2UkE3UAAAn6KG.jpg
DE2UkE2UAAAHsYY.jpg

だが、個人的に最高なのは「ガチャでの☆5確定演出」である。
「最高レアリティが出現した時だけ特別な演出が入る」というのは全く珍しくないが、『シンフォギアXD』の場合は司令官である風鳴弦十郎が叫ぶ!驚く!
戦闘面では作中における最強の人物でありながら、実際の描写ではどちらかと言えば驚きと感心をもって相手の強大さを演出する人物である司令の叫ぶ演出は、星5の確定演出としては最高だ。わざわざ「ガングニールだと!?」のような特定のカードに対する台詞まで用意している辺り、本当によく分かっているように思う。ただこの演出を見ることなく引いてしまう事もあるため、そこだけが残念でならない。引けたときは確定で流してくれていいぐらいだ。
残念と言えば「育成するための素材が手に入りにくい」「属性相性が極めて重要なゲームであるにも関わらず、属性相性がイマイチ分かりにくい」「レベルキャップを解放するための条件が『レベルが上限いっぱいまで上がっている』」という点はもうちょっと考慮してくれてもいいように思う。特に「レベルキャップの解放」はどのみち同名カードを重ねなければならない以上、レベル1からでも重ねられるようにしてもよいのではないか。オートバトルを初期から実装している点は良いところなだけに実に惜しい……。

何にしても本作はシンフォギアシリーズから派生した作品としてあまりにもシンフォギアをしている。出来れば第五期シリーズまで続いてほしいなぁ、と願う次第である。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2372-66c6da45

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター