Entries

『Fate/Grand Order』不夜城のキャスターついての雑感

「アガルタの女と共に実装された不夜城のキャスターは弱い」という声をしばしば目にする。曰く「王属性特攻は特攻対象が狭く、スキル構成はチグハグ。NP効率こそいいものの、攻撃力が元々低いのでアタッカーとしては運用できない」というのだ。
確かに不夜城のキャスター――面倒なので以降は真名であるシェヘラザードと書く――はジャンヌに次ぐ高いHPを誇る反面、攻撃力は最高レアリティである☆5の中でも最底辺で、宝具は王属性特攻。メインアタッカーとしては向かないと言われれば全くその通りだ。雑魚を一掃するだけなら☆4のエレナ・ブラヴァツキーや期間限定ではあるがレオナルド・ダヴィンチを使った方が手っ取り早い。特にエレナはNP加速にカード強化といった素直な性能のスキルに加え、最近では防御無視宝具も獲得。無敵や回避を撃ってくる敵以外ならシェヘラザードよりも使いやすいだろう。しかしながらそれは「使いやすい」であって「シェヘラザードを上回る性能を持つ」という意味ではない。どのサーヴァントにもあるように部分的な上位互換こそ存在しているが、シェヘラザードは決して他のキャスターに見劣りするようなサーヴァントではないのである。
本稿ではやり玉に挙げられやすい「王特攻の範囲の狭さ」と「スキル構成」の二点について検証した結果を述べていく。別に参考にしなくてもいいけど、未だに「弱い」という人を殴るための理論補強として使ってください。

まず最初に「王属性特攻は範囲が狭い」という論調について反論しておくこととしよう。
これまでも「アルトリア顔特攻」「アーサー王特攻」など、寝言としか言いようがないような特攻攻撃が数多く登場した『Fate/Grand Order』だが、いずれも「分からないでもない」と思えるものが多かった。アーサー王特攻なんて所有するのはモードレッドである。まあ「父上系」と思えばそれでよかったのだが、それに対してシェヘラザードの「王属性特攻」と分かるようでよく分からない。なので「特攻範囲が狭い」と思いがちだが、実際には王属性に該当するサーヴァントは40人以上と現在実装されているサーヴァントが対象となる。
40人と言われると少ないと思う方もおられると思うが現在実装されているサーヴァントは160人強なのでそのうちの25%が特攻対象になるのならば十分だろう。神性特攻と比較すると神性を持っているのは40人弱なので、単純な数だけなら王の方が上である。
もっともアサシンクラスにこそ王属性を持っているものが少ないのは事実で、そこが短所と言えば短所となるのだが、代わりになのか、最初からセイバー・アーチャー・ランサーと言ったクラスを相手にする事を想定しているからなのか、特攻倍率の最低値は破格の200%。「ライダー以外の王なら等倍とは思えないダメージが出る」。ちなみにOCの対象は特攻の方で100%増えるごとに25%上乗せされ、OC500%だと特攻値は300%。気でも狂った数字である。またライダー以外なら等倍なので、王属性の敵の高g気力を半分にする「対英雄」で宝具の直撃を食らっても生存の目が出てくるのは嬉しい。
社会制度の変化でしか王位は失われない事や、英雄は功績によって王になる物語群が多い事を考えると、シェヘラザードの王属性特攻はただでさえ対象範囲が広いにも関わらず、今後も対象範囲が広がり続ける可能性に満ちている。そんな王属性特攻を「範囲が狭い」というのは「暴論以外の何物でもない」と言わざるを得ない。

さてスキルについてだが、シェヘラザードのスキルは全て「相手に〇〇を行う。自分は〇〇を得る」という効果になっている。
これはシェヘラザードの登場した『千夜一夜物語』の物語上の構図――つまり語り手(=シェヘラザード)と聞き手(=王)がいる事で物語が紡がれていく――という図式を模したものであり、彼女のキャラクター性が分かる面白い効果になっているのだが、敵味方双方に干渉する効果である事もあるため非常に腐りにくい。
「語り手」はチャージゲージの減少に失敗しても最悪アーツ強化の効果を得られるし、「生存の閨」は魅了が失敗しても防御力アップの恩恵を受けることが出来る。「対英雄」は王属性に強力な攻撃力ダウンを与えると同時に自分にはガッツが付与される。
全ての効果が入れば嬉しい事は間違いないが、双方に干渉するからこそ基本的に腐りにくいこれらのスキル群は強いと言わざるを得ない。運が良ければ「チャージ減少と魅了で2ターン行動を遅延させた上、宝具のダメージは雀の涙程度」みたいな動きも理論上は実現できる。面白すぎる。

なおシェヘラザードのスキルレベル上げは星5の中では一、二を争うほど簡単なので、比較的育てやすいのは嬉しい。
大量に消費するものはせいぜい羽根と貝殻ぐらいである。QPこそ星5水準なのでえぐい額を要求されるものの、語り手はスキルレベル10でチャージ減少が確定化して使いやすくなる。そこまで育てればエウリュアレなどと組み合わせたチャージ減少による遅延で封殺する編成が機能すると思うので頑張ってほしい。自分は頑張った。

何にしてもシェヘラザードが「王のでかい一撃を遅延魅了攻撃力ダウンなどで捌き、王には特攻による手痛い一撃を叩きこむ」という受けキャラを意識して製作されたキャラクターであることは間違いない。その軸で見るのならばシェヘラザードはかなりギリギリのところで「強い」という方向へ調整されたサーヴァントだといえよう。宝具レベルを3にしておきたかった……。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2373-4013ae44

0件のトラックバック

1件のコメント

[C1718] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター