Entries

『アイドルタイム・プリパラ』夢を追うものと夢を叶える場所について

『アイドルタイム・プリパラ』になってからというもの、『プリパラ』は前作までの面白さを残しつつも、今までとは異なる面白さを展開し続けている。
例えば『アイドルタイム・プリパラ』には「師弟物」としての面白さがそうだ。『プリパラ』には「憧れの存在」や「ライバル」はいても「師匠」と呼べる存在はいなかったのだが、『アイドルタイム・プリパラ』では夢川ゆいにはそらみスマイル、虹色にのにはドレッシングパフェ、幸多みちるにはガァルマゲドンという三つの師弟関係が存在しており、3人組+1人のそれぞれの関係性が前作との違いを明確にし、またそれぞれのキャラクターの魅力を際立たせている。
同年代という事もあり友達関係と師弟関係が重ね合わせられている夢川ゆい、シオン第一主義ながらもドロシーやレオナの事は心の底では信頼している虹色にの、あろま達のおかげで薄幸体質にブレイクスルーを果たし、プリパラ内ではスーパーポジティブキャラとなった幸多みちる。三者三様の師弟関係は『アイドルタイム・プリパラ』が『プリパラ』と地続きの作品だからこその味わいであり、本作の魅力と言い切ってもよいものだが、作品そのものが向かう先も『アイドルタイム・プリパラ』は『プリパラ』とは全く異なったものになっている。

『プリパラ』の舞台となっていたパラ宿は「プリパラ」という場所が「チケットが届いた子なら誰でも行くことが出来て、自分の夢を叶えられる場所」として認知されていた。だからこそ『プリパラ』では様々な夢を持った女の子達がプリパラへ訪れて自分の夢を叶えたり、友達と一緒に夢を叶えるために切磋琢磨し、一つの出来事をやり通すことで友情を育んでいく姿を描くことが出来た。
それに対して『アイドルタイム・プリパラ』の舞台となるパパラ宿はというと、「プリパラ」という場所はようやくできたばかりで、女の子達は「プリパラというのは男子プリパラ(=ダンプリ)のことで、彼らの夢を応援するのが普通」という価値観が支配的になっており、女の子でありながら自分の「プリパラでアイドルになりたい」という夢を追いかけ続けている夢川ゆいは夢想家扱いを受けていた。「夢を叶える事」はおろか「夢を見る事」そのものがどこかおかしなこととして扱われていたパパラ宿。そんなパパラ宿にオープンしたプリパラは女の子達が夢を叶えるための楽園として受け入れられるかというと、そう簡単にはいかない。
なぜならパパラ宿の女の子達は「夢を叶える」ということそのものを封印されていたも同然の身の上であり、その夢は叶えてもいいものだということに気づかなければならなかったからである。
そこで登場するのが「夢を追う者」夢川ゆいと「夢を叶えてしまったもの」真中らぁら。
らぁらは夢を叶えたものとして「プリパラではどんな夢でも叶う」という言葉に説得力を与え、ゆいは夢を追うものとして少女達と同じ立場で手を取って先導する。どちらか片方だけでもダメで、双方が揃うことで名もなき少女達が「プリパラ」という場所を自分達の夢が叶う場所として受け入れていく――。この図式はW主人公を謳う作品としてとても美しい収まり方と言えるだろう。
また「夢を持つ者」を応援する一方で、「夢を持たないもの」「夢を忘れてしまったもの」といった題材を扱い、大切に描いているのも『アイドルタイム・プリパラ』の良いところだ。
虹色にのは夢を持たないし、地獄ミミ子は心無い友達の言葉で夢を忘れてしまっていた。
そんな二人がゆいやらぁらに触発されて「自分の夢を見つけること」を目的にしたり、「自分の忘れてしまっていた夢を取り戻す」と行動したりと「誰もが夢を持っている」とせず、また夢を持っているからこそ嫉妬され、辛く当たられることもあるとする辺りがプリティーリズムから続く物語として魅力的だ。
しかしながらパパラ宿のプリパラはどうも未だに「夢を叶える場所」としての地位を確立できていないらしい。「友達と一緒に何かをする場所」としては成立しているものの、「貴方も夢を叶えられる」と打ち出すところにまでは至っていないようだ。となれば、ここを埋めるのがアイドル達のお仕事なのだろう。アイドルは夢を叶えたもの。夢を叶え続けるもの。アイドル達がステージの上で自分達の夢を叶え続ける事で、パパラ宿のプリパラはもっともっと盛り上がっていくのではないだろうか。
何にせよ、物語はまだ半ばを迎えたところであり、パパラ宿発のアイドルユニットも登場していない。パパラ宿発のアイドルユニットが誕生し、プリパラが「夢の叶う場所」としてパパラ宿での認知度を上げた時、真の意味でプリパラが完成する。そういう日を楽しみにしながら『アイドルタイム・プリパラ』を見ていたら上葉みあをモデルにした華園みあがそろそろ出てきそうで困惑している。
シオンやひびきの師匠枠に収まるとしたら一番面白いのはみあなのだが、しかし……。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2391-16227aa4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター