Entries

『UQ HOLDER!』が良かったので褒めたい!という話

10月2日に『UQ HOLDER!』の第一話がついに放送されたが、アニメ化決定が発表されてから視聴するまでの数ヶ月間もの期間に自分が何を感じていたかというと、全く何も感じていなかった。面白くなる事を期待する感情もつまらないものになってしまうかもしれないという不安もなく、波風の全くない海面のような心境だったのである。
こうなってしまったのは全て前作『魔法先生ネギま!』が全くと言っていいほど映像化に恵まれていなかったことに起因する。特にアニメ化プロジェクトの最期を飾った『劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL』は、シーンとシーンが繋がっていないレベルでの未完成っぷりでOADで僅かに芽生え始めていた「今度こそはと期待したい」という想いを容赦なく打ち砕き、大いなる絶望と虚無と「期待する方がバカなんだ」という悪い意味での教訓を与えてくれた。その悲しみのおかげで好きな作品がアニメ化されてもスタジオパストラルではない方の制作スタジオが製作だと聞くと、期待するよりも先に失望の方が先に出る始末である。監督もまあうん。製作に関わる全ての責任者が監督だからネ! 「ここ、多分こういうカットがあったんだろうなぁ」というのが誰でも分かるレベルでの未完成作品を観客の前で見せてしまったのはどうかと思うヨ!
そんな本来なら喜ぶべきアニメ化を果たすたびに悲しみを味わい、プロジェクトの最期を飾る映画が未完成という凄まじいまでの爆発炎上具合を見てしまった人間なので、『UQ HOLDER!』のアニメ化を聞いても何も思わなかった。いや違った。厳密には「スタジオパストラルではない制作会社と、あの劇場版を作った監督でさえなければどこでも/誰でもいい」ぐらいには思った。ともあれアニメの放送開始時刻が近づくにつれてそわそわしだす友人知人達を見てようやく「あ、今日放送開始か」という事を知ったぐらいで、どうしようもないぐらいに期待はしてなかった。しかしタイミングが合って、視聴するだけの体力と意欲があるのならば見てしまうのが人間であるので、リアルタイムで視聴した。そして涙を流した。

作画は特別に良いものではない。演出も良くいえば奇を衒わずに基本を忠実に貫いたもので、キャストも「『魔法先生ネギま!』に出演しているキャラクターの声優は続投」というところ以外は特別なものは感じない。刀太の声優も「頑張ってるなぁ」というのが一話を見た限りでの正直な感想だ。
しかし「キャストは頑張っている」という点を除けばよく分からない事をガンガンやってきたのが『魔法先生ネギま!』の映像化プロジェクトだったのだ。「話の流れとしてヒロインを火葬するのは分かるけど本当に火葬する過程を丁寧に見せる奴がいるか!?」とか、「キャラクターの根幹に兆す設定を外してキャラクター同士の関係性をリセットするだけリセットしたものを「完全オリジナルシナリオ」として提示してきたり、前述したように「プロジェクトの最期」となるものを未完成で納品したり……。今だったら大炎上待ったなしの事を平気でやってきたわけだが、今回は本当にまともだったのだ。『魔法先生ネギま!』はとっくに連載終了して、『UQ HOLDER!』という名前になってしまったけれど、ようやく面白くてまともなあの世界を見ることが出来たのだ。
最後の映像化から5年以上の月日が流れた。「あの時に映像化プロジェクトがやらかしてくれたこと」は自分の中では積年の恨みと化しているところはあるが、そんな恨みすらも浄化させるだけの力が『UQ HOLDER!』のアニメ第一話にはあった。「このスタッフならやってくれる」と信じさせるだけの力が今回のアニメにはあったのだ。その事実だけでもう泣かざるを得ない。だって見れなかったものがついに見れたのだもの。
アバンタイトルがエヴァンジェリンの追想という形で『魔法先生ネギま!』をやってしまったことや、オープニングが「ハッピーマテリアル」だった事はとんでもない博打だと思うし、正直今のところは上手いとは思えなくて「同窓会」という印象がぬぐいきれないが、元々完璧な『UQ HOLDER!』原作一話を原作で現在いる地点からのフィードバックを織り交ぜながら展開していくのは調理の仕方としては素晴らしいものだった。アクションについても悪くなかった。何より心配だったグロテスクな描写はほぼそのまま展開されていた。こういうところで逃げないところにこのスタッフの原作への理解っぷりが分かる。不死者をテーマにした作品であるからこそ、こういう描写から逃げてしまえば不死者設定は設定だけのものになり宙に浮いてしまう。だからこそ真っ正面から立ち向かう。本当に良く分かっている。最高だ。二話以降にも期待したい。

ところで長谷川千雨の声優は引退しているわけだけど、今回の『UQ HOLDER!』にもし千雨を出すのであれば彼女を呼び戻すのだろうか……。正直そこまでやってほしいところだが、難しいかなぁ……。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ilya0320.blog14.fc2.com/tb.php/2395-f2648fab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

魔界戦線


■DREAM WING(C87新刊)


■プリズムアライブ(C86新刊)
44829979_m.jpg
とらのあなで委託中

■スイッチオン!(C85新刊)
アイカツ3
とらのあなで委託してました

■RUNWAY
表紙
とらのあなで委託してました

プロフィール

水音

  • Author:水音
  • tumblrの方が積極的に更新してるマン。
    面倒くさがりなので、Twitterのほうが捕まります。

    魔界戦線



    連絡先  :mizune.moon.sounds@gmail.com
    @を半角にして下さい

カウンター